2014年12月31日

『ある音楽評論家の、註釈の多い死(※1)』(深水黎一郎著、光文社刊『宝石 ザ ミステリー 2014冬』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『ある音楽評論家の、註釈の多い死(※1)』(深水黎一郎著、光文社刊『宝石 ザ ミステリー 2014冬』掲載)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、未読の方は注意!!

<あらすじ>

名手の読み切り短編をたっぷりと!年末恒例のミステリー別冊が今年も登場。
ベストセラー作家たちによる短編の競演。年末年始を彩る一冊に!

今野敏 湊かなえ 笹本稜平 東川篤哉 若竹七海 小杉健治 長岡弘樹 深水黎一郎 田中啓文 深町秋生 大山誠一郎 長沢樹 曽根圭介 
(光文社公式HPより)


<感想>

『ある音楽評論家の、註釈の多い死(※1)』は「大癋見(おおべしみ)警部の事件簿シリーズ」2014年12月時点での最新短編。

『大癋見(おおべしみ)警部の事件簿』(深水黎一郎著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

シリーズにとってはエポックメイキングな出来事が描かれた作品で、なんと大癋見(おおべしみ)警部が仕事をします。
……って、本来はこれが普通なんだよなぁ。

そして、本作はその特異な構成自体が大掛かりな仕掛けに繋がっています。
あの途中から出張って来る註釈の為に本編が非常に読みにくくなるのだが、それすらも仕掛けの存在を指し示していたとは……。
何しろ、リアルタイムなんだから仕方がない。

また、本作全体に『ジークフリートの剣』(講談社刊)などで挙げられた深水先生の深い音楽への造詣が窺える作品でもある。

同時に、作中では音楽評論で用いられる言葉とその本音が描かれており、此の用例の豊富さに法月綸太郎先生『挑戦者たち』を思い起こさせた。

『挑戦者たち』(法月綸太郎著、新潮社刊『小説新潮 2014年5月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

などなど、見どころも多く読んで損は無い作品だろう。

ちなみにネタバレあらすじはまとめ易いようにかなり改変しています。
本作をきちんと読まれた方が楽しめる筈。
あくまでノリをご確認頂ければと思います。

<ネタバレあらすじ>

著名な音楽評論家の松浦が殺害された。
早速、捜査に乗り出した大癋見(おおべしみ)警部たちだが、案の定、大癋見警部はまともに仕事をしない。
松浦のPCに残された音楽評論家としては表に出せないファイルを嬉々として覗き込んでいる。

一方、そんな大癋見警部たちの行動に註釈を加える者が居た。
元音楽評論家を名乗る増渕である。
増渕はその観点から様々な楽屋裏話や衝撃の真実を註釈との形で明らかにして行く。

そんな中、大癋見警部そっちのけで捜査が進み、遂に容疑者が浮かび上がった。
容疑者の名は……増渕である。

なんと、増渕は自称音楽評論家。
少しばかりネジが飛んでおり、評論家として認めるよう本職の松浦を脅迫していたらしい。
これを拒否した為に松浦が殺害されたのであろう。

それにしても……増渕は何処から捜査状況に註釈を付けていたのか?
これまた驚くべきことに、増渕は犯行現場を監視カメラで盗撮していた。
その映像を自宅で眺めつつ、註釈を付していたのである。

増渕の自宅を急襲した大癋見警部たち。
其処にある註釈を目にした彼らは自身の行動が筒抜けであったことを知る。
さらに、当の増渕が「NASAにスカウトされたので」と国外逃亡を予期させるような台詞を口にしていたことが判明。

早速、大癋見警部らは身柄を抑えるべく空港へ向かう。
しかし、人が多過ぎて増渕発見は容易ではない。

このとき、大癋見警部が意外な行動を取った。
なんと、港内放送で増渕の自尊心を満足させる呼び出しを行ったのだ。

そもそも、自ら評論家を名乗るだけあって増渕の自尊心は驚くほど強い。
あっさりと呼び出しに応じることに。

しかし、カウンターに立っていた大癋見警部の姿に罠を悟った増渕は身を翻して逃走する。
今度こそ、もう駄目か……と思いきや、大癋見警部は大声で叫ぶ。

「おおお〜〜〜い、お前の註釈最高だったよ。他の物にも註釈を付けてみないか?だから、此処は大人しく捕まってくれよ」

あくまで自分本位、興味本位から発せられたこの言葉。
だが、この大癋見警部の言葉が増渕の琴線を揺さぶった。
増渕は註釈家冥利に尽きるとばかりに、求めに応じてあっさりと投降するのであった―――エンド。

◆関連過去記事
【大癋見警部の事件簿シリーズ】
『大癋見(おおべしみ)警部の事件簿』(深水黎一郎著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『現場の見取り図 大癋見警部の事件簿(ザ・ベストミステリーズ2012収録)』(深水黎一郎著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『大癋見警部の事件簿(番外編)』(深水黎一郎著、光文社刊『宝石 ザ ミステリー2』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『大癋見警部の事件簿 青森キリストの墓殺人事件』(深水黎一郎著、光文社刊『ジャーロ』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【その他】
『人間の尊厳と八〇〇メートル(ザ・ベストミステリーズ2011収録)』(深水黎一郎著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『完全犯罪あるいは善人の見えない牙』(深水黎一郎著、東京創元社刊『人間の尊厳と八〇〇メートル』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『特別警戒態勢』(深水黎一郎著、東京創元社刊『人間の尊厳と八〇〇メートル』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『蜜月旅行 LUNE DE MIEL』(深水黎一郎著、東京創元社刊『人間の尊厳と八〇〇メートル』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『五声のリチェルカーレ』(深水黎一郎著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『ある音楽評論家の、註釈の多い死(※1)』が掲載された「宝石 ザ ミステリー2014冬」です!!
宝石 ザ ミステリー2014冬





「大癋見(おおべしみ)警部の事件簿」です!!
大癋見(おおべしみ)警部の事件簿





『大癋見警部の事件簿 青森キリストの墓殺人事件』が掲載された「ジャーロ NO.49 冬号 (光文社ブックス 111)」です!!
ジャーロ NO.49 冬号 (光文社ブックス 111)





『大癋見警部の事件簿(番外編)』が掲載された「宝石 ザ ミステリー2」です!!
宝石 ザ ミステリー2





「ザ・ベストミステリーズ2012 (推理小説年鑑)」です!!
ザ・ベストミステリーズ2012 (推理小説年鑑)





『ザ・ベストミステリーズ2011 (推理小説年鑑)』です!!
ザ・ベストミステリーズ2011 (推理小説年鑑)



posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第2話「南京街の事件」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第2話「南京街の事件」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)です!!

登場人物一覧:
英玖保嘉門:往年の名探偵、引退を考えていたが……。ポアロポジション。
朝倉平助:英玖保の元助手、ブラジルから帰国した。ヘイスティングズポジション。
馬老大人:華僑の元締。英玖保の依頼人。
加藤警部:地元の警部。
バーバラ・アレン:被害者。
プレンダーリース:バーバラと同居していた女性。
西喜一郎:バーバラの婚約者。
ユースタス:バーバラの元夫。貿易商。

<2話あらすじ>

・1話はこちら。
「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第1話(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

バーバラ・アレンが自室で死亡した。
一見、自殺の状況。
だが、其処には何者かによる作為の痕跡が残されていた。
この事件に興味を抱いた英玖保嘉門は探偵業引退を撤回し捜査に乗り出す。

まずは、バーバラの同居人にして第一発見者であるプレンダーリース女史への聴取である。
些かお調子者の気がある朝倉はプレンダーリース女史が美人と聞くや相好を崩す。

早速、プレンダーリースと面会した英玖保たち。
朝倉は噂に違わぬ美女ぶりにデレデレだ。

そんな朝倉の前で、プレンダーリースは無造作に煙草に火を点けると紫煙を燻らせながら死体発見時の状況について語り出した。

プレンダーリース女史は桜木町のバー「ピエタテール」のホステス。
仕事を終え朝一番で戻って来たところ、バーバラの部屋をノックしても返事が無い。
見れば鍵もかかっているようだ。
其処で警察に通報し、部屋の中を覗いたところ死亡していたらしい。

バーバラを亡くしたことについて励ます朝倉。
しかし、プレンダーリース女史はにべもない。
どうやら、バーバラとは余り仲が良くなかったようだ。

プレンダーリース女史によればバーバラとは3年前に旅先の京都で出会ったそうだ。
異郷の地で出会った同朋に親しみを感じたプレンダーリース女史が同居を持ちかけたらしい。
ところが、いざ同居してみるとバーバラは掃除、洗濯、料理と何も出来ない。
仕事もしないバーバラに、プレンダーリース女史は内心業を煮やしていたようだ。

(なんて冷たい人なんだ……)
バーバラを突き放したようなプレンダーリース女史の言葉に絶句する朝倉。
そんな朝倉に英玖保は「バーバラの異性関係を問う」よう指示する。

これにプレンダーリース女史は「バーバラに婚約者が居た」ことを明かす。
婚約者の名は西喜一郎、職業は役人だそうだ。
だが、西には3日前から海外に出張中でアリバイがあった。

他に1年程前からバーバラと頻繁に密会していた男が居たそうである。
男は馬車道で貿易商を営んでいるらしい。

その貿易商の名はユースタス。
加藤警部はこの男を疑っている様子であった。
それもその筈、バーバラとユースタスは元夫婦。
しかも、バーバラからユースタスにあて毎月多額の金が振り込まれていたのだ。
どうやら、ユースタスはバーバラと西が婚約していることを突き止め、過去にあった自分との関係をもとに脅迫していたらしい。

一方、英玖保はと言えばユースタスには目もくれず、バーバラの遺留品を丹念に調べていた。
例えば、バーバラとプレンダーリース女史が暮らす家の物置だ。

其処にはテニスラケットが2つ。
さらに、ゴルフバッグ。
それと、トランクが置かれていた。

トランクの中身に注目する英玖保。
中には古い婦人雑誌が2冊収められていた。

ユースタス犯人説に固執する加藤警部を残し、屋外へと足を運ぶ英玖保と朝倉。
特に手掛かりは無かったと洩らす朝倉だが……。
英玖保はそんな朝倉を「何を見ていたのか!!」と一喝する。

どうやら、英玖保は事の真相を看破したようである―――3話に続く。

<感想>

エルキュール・ポワロが名探偵・英玖保嘉門として我々ファンの前に再臨しました!!
この英玖保嘉門、まさにポアロそのものの容姿です。

そして、その助手である朝倉もまた、まさに和製ヘイスティングズとの風貌。
これはかなり期待出来そうな作品ではないでしょうか。

2話にして思うのですが、やはり本作は原作のテイストを上手く活かしている印象ですね。

例えば登場人物がそう。
バーバラとプレンダーリース女史、ユースタスと言った登場人物名は原作である『厩舎街の殺人』に従ってます。
そして、西喜一郎は原作のウエストからか。

他にも、原作でのガイ・フォークス・ナイトを春節の爆竹に翻案してたし上手いアレンジです。

そう言えば、ポアロが南瓜づくりに専念しようとしたエピソードやヘイスティングズのブラジル農園のくだりなど、ファンにとってはニヤリとするエピソードも登場。
此の点も喜ばせましたね。

基本原作準拠の本作。
となると……結末もほぼ原作に沿う形になりそうです。

ポイントはプレンダーリース女史の行動。
どう考えても、朝一番にドアをノックして出て来なかったからと通報はしないでしょう。
バーバラが寝入っている可能性を考えるべきです。
そもそも、朝一番に訪れたのも奇妙。
さて、このプレンダーリース女史の行動が示すものとは!?

とはいえ、此処からが一筋縄ではいきません。
もう一捻りが待っている筈。

果たして英玖保が辿り着いた真相とは!!
そして、続く『ABC殺人事件』編も期待大!!

そんな本作ですが今回の原作は『厩舎街の殺人』と『ABC殺人事件』の2作。
中でもバーバラ・アレンの死については『厩舎街の殺人』から。
ちなみに『厩舎街の殺人』は早川書房『死人の鏡』収録作品なので興味のある方はチェックするべし!!

そうそう、ポアロと言えば2015年には三谷幸喜先生版「オリエント急行の殺人」も放送予定。
こちらでのポアロポジションは「勝呂武尊」だそうです。

アガサ・クリスティー『オリエント急行の殺人』が初の邦版翻案ドラマ化!!その名は「オリエント急行殺人事件」!!

過去には赤冨士鷹も居ましたし、今度は勝呂武尊に英玖保嘉門とポアロこそ、まさに八面六臂の活躍を示す怪人物となりつつあるようです。
同時にこれはシャーロック・ホームズに続くエルキュール・ポアロブーム到来の兆しか!?

それを証明するように「カフェ・ポアロ」も期間限定オープン。
さらに幻のシリーズ続編『ポアロとグリーンショアの阿房宮』も2015年1月9日に発売!!

2015年はポアロがブームに!?先駆けとなる「カフェ・ポアロ」が期間限定でオープンとのこと!!

やっぱりポアロブーム!!幻のポアロシリーズ続編『ポアロとグリーンショアの阿房宮』が2015年1月9日発売!!

ポアロシリーズと言えば、公式に正統続編として認められた『モノグラム殺人事件』もあります。
ファンはチェックせよ!!

◆関連過去記事
「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第1話(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

◆関連過去記事
【書評(レビュー)】
・「ホロー荘の殺人」ネタバレ書評(レビュー)
「ホロー荘の殺人」(アガサ・クリスティー著、中村能三訳、早川書房刊)

『オリエント急行の殺人』(アガサ・クリスティー著・山本やよい訳 、早川書房刊)ネタバレ書評(レビュー)

・ポアロシリーズ最終作「カーテン」ネタバレ書評(レビュー)はこちらから。
「カーテン」(アガサ・クリスティー著・中村能三訳 、ハヤカワ書房刊)

「ねじれた家」(アガサ・クリスティ著、早川書房刊)ネタバレ書評(レビュー)

【映画化関連情報】
【速報】ミス・マープルものがディズニーで映画化されるとのこと!!

アガサ・クリスティ原作「ねじれた家(Crooked House)」が映画化!!

アガサ・クリスティー原作映画「ねじれた家」キャスト発表!!

シュワちゃんがアガサ・クリスティ原作映画に出演!?「そして(敵が)誰もいなくなった」な映画のタイトルは「サボタージュ(原題)」!!

映画「オリエント急行殺人事件」がリメイクとのこと!!

【イベントその他】
アガサ・クリスティー生誕120年展覧会開催中!!

金沢にてアガサ・クリスティー原作「検察側の証人」舞台上演決定!!

舞台「検察側の証人」東京公演決定!!

「名探偵ポワロ」ニュー・シーズン DVD-BOX3は2010年12月3日発売開始!!

アガサ・クリスティ「ポアロにうんざり」発言にファン「え〜〜〜っ!!」と叫ぶ

「ザ・リッツ・カールトン大阪」にて「アガサ・クリスティー ナイト」開催!!

【注目】「アガサ・クリスティ大事典」が話題に

「名探偵ポワロ DVDコレクション」刊行中!!

アガサ・クリスティー『オリエント急行の殺人』が初の邦版翻案ドラマ化!!その名は「オリエント急行殺人事件」!!

2014年の今もポアロシリーズ続編が刊行されていた!?その名も『モノグラム殺人事件』(早川書房刊)に注目せよ!!

2015年はポアロがブームに!?先駆けとなる「カフェ・ポアロ」が期間限定でオープンとのこと!!

やっぱりポアロブーム!!幻のポアロシリーズ続編『ポアロとグリーンショアの阿房宮』が2015年1月9日発売!!

「ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)」です!!
ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)





『厩舎街の殺人』収録「死人の鏡 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)」です!!
死人の鏡 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)





「名探偵ポワロDVDコレクション 25号 (厩舎街の殺人) [分冊百科] (DVD付)」です!!
名探偵ポワロDVDコレクション 25号 (厩舎街の殺人) [分冊百科] (DVD付)





「モノグラム殺人事件 (〈名探偵ポアロ〉シリーズ)」です!!
モノグラム殺人事件 (〈名探偵ポアロ〉シリーズ)





これを読めばあなたもアガサ・クリスティー通!!
「アガサ・クリスティー完全攻略」です!!
アガサ・クリスティー完全攻略





こちらもアガサ通必読の書!!
「アガサ・クリスティ大事典」です!!
アガサ・クリスティ大事典





こちらは「名探偵ポワロ 全巻DVD-SET」です!!
名探偵ポワロ 全巻DVD-SET





アガサ・クリスティを語るには下記の3作は必須!!
是非、この機会に一読を!!

「そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)」です!!
そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)





「アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)」です!!
アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)





「オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)」です!!
オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)



posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

「サイレーン」第73話「記念碑」(山崎紗也夏作、講談社刊「週刊モーニング」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「サイレーン」第73話「記念碑」(山崎紗也夏作、講談社刊「週刊モーニング」連載)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

登場人物一覧は本記事下部に移動しました。

<あらすじ>

・前回までのあらすじはこちら。
「サイレーン」第72話「淋しき殺人鬼」(山崎紗也夏作、講談社刊「週刊モーニング」連載)ネタバレ批評(レビュー)

猪熊が発見した棺桶は捜査員に衝撃を与えることとなった。
中には「本物の橘カラ」の遺体が眠っていたのだ。

さらに「橘カラを名乗る女性」の毛髪らしきものも共に発見された。
これにより、「橘カラを名乗る女性」の身許確認が可能となった。

身許が特定されれば「橘カラを名乗る女性」の起訴も可能である。
こうして「橘カラを名乗る女性」は起訴された。

一方、「橘カラを名乗る女性」は世間から一部で圧倒的な支持を集め始めた。
連日、彼女のもとには多くの手紙が届けられた。
その中には渡からの手紙も届いていた。

しかし、彼女はそれに何の興味も示さなかった。
ただ、猪熊が棺桶を発見したことを知るや何かを考え始めたようである。

そして公判当日、驚くべき事件が発生した。
渡が手引きし「橘カラを名乗る女性」が脱走したのだ。
当の渡は彼女の手で気絶させられていた。
おそらく、渡はまたも利用されたのであろう。

この事実を知らされた里見と猪熊は絶句する。
「橘カラを名乗る女性」の目的は何処にあるのか―――最終話(74話)に続く。

逃げ出した「カラ」の目的は何か!?
残るは1話……今週号の「週刊モーニング」で確認せよ!!

<感想>

「週刊モーニング」では『レンアイ漫画家』や『シマシマ』、『はるか17』などで知られる山崎紗也夏先生の新連載です。
『レンアイ漫画家』は設定と展開が面白くて読みました。

そんな「サイレーン」。
いよいよカラが逮捕され「最終章」に突入、残りは1話。
とはいえ、此処に来て急展開を迎えることに。

その第73話。
サブタイトルは「記念碑」。

その意味は過去の自分からの決別にあったのか……。
カラを名乗る女性は棺桶に過去の自身を捨て去ったのでしょう。

そんなカラが脱走することに。
自由になったカラの狙いはおそらく猪熊か。
まるで、カラは素の自分を認めてくれる存在を求めて足掻いているようです。
やはり「物語の結末では猪熊とカラが対峙することになる」のだろうか。
あるいは「街中で猪熊がカラの視線を感じる」不穏なラストになるのだろうか。

いよいよ最終話、次回も注目!!

コミックス1巻が2013年9月20日、2巻も2013年12月20日に発売。
さらに3巻、4巻、5巻に続き6巻も発売とのこと、こちらも注目!!
興味のある方はアマゾンさんのリンクよりどうぞ!!

ちなみに、山崎先生と言えば『七瀬ふたたび』のコミカライズでも知られる方です。

「七瀬ふたたび」(筒井康隆著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

◆関連過去記事
「サイレーン」(山崎紗也夏作、講談社刊「週刊モーニング」連載)第1話から第70話までネタバレ批評(レビュー)まとめ

「サイレーン」第71話「会って、話を…」(山崎紗也夏作、講談社刊「週刊モーニング」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「サイレーン」第72話「淋しき殺人鬼」(山崎紗也夏作、講談社刊「週刊モーニング」連載)ネタバレ批評(レビュー)

登場人物一覧:
里見偲:男性。警視庁機動捜査隊所属。相棒の猪熊と恋人同士。31歳。
猪熊夕貴:女性。警視庁機動捜査隊所属。相棒の里見と恋人同士。
橘カラ:女性マネージャー急性アルコール中毒死(実は他殺)の犯人。猪熊に興味を持つ。
渡:猪熊の寮の向かいに住む。カラを家に置くこととなった。
月本:美容整形外科医。実は高級売春クラブ「フルムーン」のオーナー。カラに正義執行される。
乃花:カラの元同僚。不倫の恋に生きていたがカラに殺害される。
千歳:生活安全課所属。
レナ:里見が潜入捜査を行った先の関係者。
アイ:里見が潜入捜査を行った先の関係者。
盛元:テレビ局有名アナウンサー。
田沢麻弥:月本のもとへ出入りしていた少女。カラの犯行を目撃し襲われるも一命を取り留めた。
倉本:入院した田沢麻弥の担当女医。
三河くん:月本の部下。
高槻とおる:5年前に発生した薬局店息子殺人事件の被害者。
時田:捜査一課未解決事件係の刑事。猪熊の先輩。
舞川:5年前からのカラの常連客。

「サイレーン(1) (モーニングKC)」です!!
サイレーン(1) (モーニングKC)





「サイレーン(2) (モーニングKC)」です!!
サイレーン(2) (モーニングKC)





「サイレーン(3) (モーニングKC)」です!!
サイレーン(3) (モーニングKC)





「サイレーン(4) (モーニングKC)」です!!
サイレーン(4) (モーニングKC)





「サイレーン(5) (モ-ニングKC)」です!!
サイレーン(5) (モ-ニングKC)





「サイレーン(6) (モ-ニングKC)」です!!
サイレーン(6) (モ-ニングKC)





「レンアイ漫画家(5)<完> (モーニング KC)」です!!
レンアイ漫画家(5)<完> (モーニング KC)



posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。