2014年12月16日

『ダイヤモンドダスト』(安生正著、宝島社刊『このミステリーがすごい!四つの謎』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『ダイヤモンドダスト』(安生正著、宝島社刊『このミステリーがすごい!四つの謎』収録)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

最強の『このミス』大賞作家、書き下ろし4編!豪華作家陣で贈る、ミステリー・アンソロジー。

TBS系にて豪華ドラマ化!『このミステリーがすごい!ベストセラー作家からの挑戦状』

2014年12月29日(月)よる9時〜案内人:又吉 直樹(ピース)×樹木 希林
歴代大賞作家4名×映画監督の豪華コラボレーション!
(宝島社公式HPより)


<感想>

『生存者ゼロ』にて「第11回このミステリーがすごい!」大賞を受賞された安生正先生の短編。
12月29日にはTBS系にてドラマ放送が決定されている。

『生存者ゼロ』(安生正著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

明神はただ自身が生き残る為だけにあの行動を取った。
たまたま集団の方が生き残り易かっただけだ。
それが結果として賞賛されたに過ぎない。
其処には奥脇と何らの差は無かった。
それだけに明神の苦悩は深いのだろう。
短い中にも見事に心の動きを描き切った作品だと思う。

ちなみにネタバレあらすじはまとめ易いように改変しています。
興味をお持ちの方は本作をお読みになることをオススメします。

<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:
明神:営業マン。
奥脇:明神の同期、係長。


明神と奥脇は同期入社の営業マン。
だが、世渡りの上手い奥脇は明神よりも一足先に係長となった。

明神自体はそんな奥脇とは対照的に世渡り下手。
上司からも疎まれていた。

ある日、残業で遅くなった2人が新宿駅から帰宅しようとすると猛烈な寒波が押し寄せて来た。
それはたちまちのうちに猛吹雪となり、遂には周辺を呑み込んでしまった。
停電となり、通信もほぼ断たれている。
もちろん、電車は動かない。

駅構内ではこの緊急事態に怯える人々が集まっていた。
この輪に明神と奥脇も居たのだ。
ところが、外から列を為して避難民たちが押し寄せて来た。

既に構内はいっぱいである。
それでも押し寄せる人々、それは途絶えることは無い。

その内に険悪なムードとなった。

構内の人々は未だ増え続ける外の人々に向けて罵詈雑言を浴びせた。
これに、外の人々は構内に向けて投石することで返事とした。
もはや、一触即発の状況である。

奥脇はこのままでは危険だと主張し、明神に会社に戻ろうと誘う。
確かに、会社まではほど近い。
戻ることが出来れば現状よりは心強いだろう。

明神は奥脇に誘われるまま、構外へと躍り出た。
入替りに数人が嬉しそうに中へと入って行ったことが明神の心に残った。

会社へと来た道を戻り始めた明神たち。
すると、その後ろを一団が付いて来るではないか!!

どうやら、構内に入れなかった人々が外へと出た明神たちを見かけ、何かあると付いて来たらしい。
彼らは同行を願い出た。

これに明神は反対した。
人数が多くなれば動きが鈍る。
危険が増すとの判断だ。

ところが、これを奥脇は許した。
こうして、一団は会社へと進み始めた。

少しして明神の危惧は的中した。
集団行動故になかなか進めないのだ。
そのうちに雪は深くなり、進行方向も定かでは無くなった。

気付けば都会のど真ん中で遭難していたのである。
しかも、奥脇と明神以外の人々が動くのも厳しい状態に陥ってしまう。

そんな中、奥脇が錯乱した。
奥脇は「お前らは死ね、俺は生き残るんだ!!」と叫ぶや、明神たちを置いて先に進んでしまった。

置いて行かれた人々は明神に縋るような目を向ける。
とはいえ、明神自身にも打開策があるワケではない。
気持ちは奥脇と同じであった。
だが、先程までと違い方角も判然としない状況下での単独行動は逆に危険だと判断していた。

明神はイチかバチか地理に詳しいものに情報を聞くと、飲食店がある筈の方角へと向かった。
其処には……あった。
確かに飲食店だ。

明神は一団に指示を出すと、飲食店のごみ箱からゴミ袋を回収させた。
それを身体に巻き付けると、全員で寄り添うように集まった。
そして、暖を取り寒さをしのぐことを選択したのだ。

これで本当に正しかったのだろうか……悩む明神は暫くして眠りに落ちた。

数時間後、明神たちが助け出された。
その一方で、数ブロック先から奥脇が遺体で発見された。

メディアは2人の生死を分けたものについて分析した。
それは遭難した際に動き回らず一箇所に留まったことに尽きると評価された。
すなわち、明神の機転である。

世の中はヒーローの誕生と明神を囃し立てた。
あの明神を疎んでいた上司でさえも彼を称賛する。
一方で、奥脇の行動を激しく批判した。

「そんなんじゃないんだ、そんなんじゃ」
明神は何度も繰り返す。

明神はただ生き残る為だけにあの行動を取った。
それが結果として賞賛されたに過ぎない。
其処には奥脇と何らの差は無かったのである―――エンド。

2014年12月30日追記:

2014年12月29日にドラマ版が放送されました。
ネタバレ批評(レビュー)はこちら。

「このミステリーがすごい!〜ベストセラー作家からの挑戦状〜 天才小説家×一流映画監督がコラボした、一夜限りの豪華オムニバスドラマ!味わいの異なる4つの謎=各25分の濃密ミステリー!又吉×希林の他では見られないコントも!」(12月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)


追記終わり


◆関連過去記事
『カシオペアのエンドロール』(海堂尊著、宝島社刊『このミステリーがすごい!四つの謎』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『黒いパンテル』(乾緑郎著、宝島社刊『このミステリーがすごい!四つの謎』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『残されたセンリツ』(中山七里著、宝島社刊『このミステリーがすごい! 四つの謎』収録)ネタバレ書評(レビュー)

◆関連過去記事
『生存者ゼロ』(安生正著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『ゼロの迎撃』(安生正著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『ダイヤモンドダスト』が収録された「【テレビドラマ化】このミステリーがすごい! 四つの謎」です!!
【テレビドラマ化】このミステリーがすごい! 四つの謎





「ゼロの迎撃 (「このミス」大賞シリーズ)」です!!
ゼロの迎撃 (「このミス」大賞シリーズ)





こちらは文庫版「生存者ゼロ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)」です!!
生存者ゼロ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)





◆「このミステリーがすごい!」関連書籍はこちら。


posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月曜ゴールデン「検事・霧島三郎 ホステス殺しの容疑者は消えた恩師!投薬の期限が迫る中、ゼネコンがらみの不正が浮かび上がる!事件解決の証拠はどこにあるのか!?」(12月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「検事・霧島三郎 ホステス殺しの容疑者は消えた恩師!投薬の期限が迫る中、ゼネコンがらみの不正が浮かび上がる!事件解決の証拠はどこにあるのか!?」(12月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

霧島三郎(柳葉敏郎)は東京地検の敏腕検事。霧島は恩師である弁護士・竜田耕太郎(西郷輝彦)の娘、恭子(黒谷友香)と婚約している。
ある夜、霧島は竜田に連れられクラブを訪れた。竜田の最近の行きつけらしく、ホステスのエリカ(水谷妃里)と親しげに話している。そこへエリカの元夫・小林毅(若山慎)が乱入しエリカに会わせろと騒ぎ出す。霧島と竜田が小林をたしなめるが、エリカはしゃがみ込んで震えたままだった。
その数日後、エリカが自宅マンションで死体となって発見された。桑原警部(平山祐介)が駆けつけ捜査を開始する。凶器は包丁と見られ、強盗の可能性もあるという。時を同じくして霧島は恭子から竜田の行方が分からないと相談を受けて、自宅を訪ねた。竜田には持病があり、定期的に服薬しないと命に関わると、医師でもある恭子は不安顔だ。
霧島と恭子、竜田の部下で霧島の友人でもある河辺達郎(東幹久)が竜田の行方を案じていると、桑原警部がやってきた。殺されたエリカの部屋に竜田が飲まねばならない薬が落ちていたと桑原警部は語る。桑原は竜田を疑っていることをほのめかす。
霧島は公判部長・高橋(中村育二)の要請を受けて、エリカ殺害と竜田失踪事件の捜査に当たることに。霧島とは気心の知れた検察事務官の北原大八(ゴリ)がサポートすることになり霧島は心強い。
やがて、エリカはコンサルティング会社社長の溝口慎一郎(佐藤一平)と恋愛関係にあることと、殺される直前まで溝口と一緒にいたことが分かる。
事件解決の糸口がつかめない中、小林が死体となって発見された。霧島はエリカが溝口とゼネコンがらみの不正に関する証拠をつかみ竜田に渡そうとしていたのではないかと推理する。だが、その証拠はどこにあるのか。さらに投薬の期限が迫る竜田の行方は・・・?
(月曜ゴールデン公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

霧島三郎は東京地検公判部の敏腕検事として知られていた。
そんな霧島は恩師の弁護士・竜田耕太郎の1人娘・恭子との結婚を間近に控えていた。

ある日、霧島は竜田に連れられクラブへ。
其処でホステスのエリカと引き会わされる。

エリカと竜田が互いに信頼を寄せていることに気付く霧島。
エリカは元夫・小林毅がストーカーになったことで竜田に相談、これに救われていたのだ。
竜田はともかく、エリカは竜田に好意を寄せているようだが……。
竜田はと言えばそれに気付いているのかいないのか、霧島のネクタイピンに興味を示していた。

数日後、竜田が消息不明に。
同時に、エリカが自宅で刺殺体となって発見される。
しかも、部屋からは竜田の服用薬が発見されたのだ。
状況から竜田がエリカを殺害し姿をくらませたと思われたが……。

竜田の事務所に所属し、霧島の親友でもある河辺弁護士は竜田の無実を主張。
これを信じる霧島も何とか力になりたいと考え、公判部から刑事部に異動し陣頭指揮を執る。
一方で、捜査に手心を加えたと疑われることを怖れた霧島は恭子に婚約解消を通告する。

父に続き、愛する人から距離を取られたことに心を痛める恭子を支えたのは河辺であった。
河辺は恭子を励まし竜田宅で一夜を明かす。

捜査が進み、エリカが「EIコンサルティング」の社長・溝口慎一郎に接近していたことが分かる。
さらに竜田が豊浜建設の管財人だったことも判明。

豊浜建設は中堅のゼネコン会社。
臨海開発計画を主導していたが、土壌汚染が発覚し計画が頓挫。
これにより負債を抱え再建計画が提出されていた。

ところが、最近になって「EIコンサルティング」の計らいにより臨海開発計画が再始動していた。
豊浜建設が中心となって総工費800億円規模での大工事だ。

竜田はこの流れに疑問を抱いており、不正がある筈と調べていたようだ。
これにエリカが協力していたのだ。
どうやら、エリカは溝口から不正の証拠を手に入れ竜田に渡していたらしい。

霧島は証拠品を取り戻そうとした人間がエリカを殺害し、竜田を拉致したと結論付ける。

その頃、河辺と行動を共にする恭子。
行方を探すべく河辺の提案で竜田の別荘を調べることに。
ところが、其処にも竜田は居ない。

肩を落とす恭子に河辺は墓も調べようと提案。
向かったところ、墓の前で竜田愛用の万年筆を発見する。
これはどういうことなのだろうか!?

矢先、小林が何者かに殺害される。
通話履歴によれば、最後に会話した相手は竜田となっていた。
まさか、竜田の犯行なのか……色めき立つ捜査陣の前で、霧島は竜田の携帯を奪った別人の犯行を主張する。

霧島は竜田の無実を証明する為にも、エリカが竜田に渡した証拠を押さえることを優先する。
エリカから証拠を手に入れたとすれば、竜田は誰かに預けたに違いない。
だとすれば……。

霧島は竜田が信頼する人物として恭子に注目。
預かった物を渡すよう詰め寄る。
すると、霧島宛てにネクタイピンを預かっていたことが分かる。

もしかして……。

そう、竜田が信頼する人物は恭子以外にもう1人居た。
娘婿になる予定であった霧島だ。
竜田は霧島に託したのだ。

ネクタイピンを調べたところ、裏金作りの証拠が発見されることに。
これにより溝口は逮捕された。

だが、溝口はエリカ殺害も竜田拉致も否定する。

そんな中、霧島は竜田の携帯位置情報を調べ、あることに気付く。
さらに、河辺から拾った万年筆を渡された霧島は仮説を確信する。

霧島が犯人として指名したのは河辺であった。
もちろん、エリカと小林を殺害し、竜田を拉致した犯人である。

「アタマは冴えてるよ、ヘイヘヘーイ。アイデアバッチリよ、ヘイヘヘーイ」
その頃、ドロンボー一味のテーマを愛唱する渋い幼稚園児が竜田の弁護士バッチを拾い派出所に届け出た。
その付近を捜索したところ監禁場所が特定され、竜田が救出された。
竜田は生きていたのだ。
河辺も恩師を手にかけるに忍びなく躊躇していたらしい。

霧島は何故、河辺が犯人だとの結論に至ったかを語り出す。

墓の前に置かれていた万年筆は霧島が竜田に贈ったもの。
竜田は紛失しては大変と事務所でのみ使用していたのだ。
それが墓の前に落ちている筈がない。
河辺が事務所から持ち出したものだったのだ。

しかも、霧島は携帯位置情報を繋ぎ合わせ犯人の行動を解き明かした。
すると、河辺の行動と合致したのである。

河辺は真相を明かす。

エリカが竜田に証拠を渡すと知った河辺はこれを襲撃し奪おうとしたが、既に遅かった。
其処で河辺はエリカを殺害し、竜田を拉致した。

小林を殺害したのは口封じの為だ。
エリカ殺害と竜田拉致の一部始終を目撃されていたのである。

河辺が殺人の罪を犯してまで不正の証拠を求めたのは、豊浜建設に復讐する為だった。
河辺の両親は個人で建設会社を経営しており豊浜建設との談合を拒否したことで倒産に追いやられていた。

さらに、河辺は霧島にコンプレックスを抱いていた。
霧島は検事としてエリートコース、竜田からの信頼も厚い。
しかも、恭子と結婚も決めた。
これが河辺は許せなかったのだ。
其処で証拠を用い、溝口を脅迫し大金を手に入れようと考えたらしい。

そんな河辺に霧島は「お前は真っ直ぐな奴だったのに」と気持ちを汲んでやれなかったことを悔しがる。

こうして事件は解決した。
残るは霧島自身と恭子の関係だが……。

霧島のことをよく知る恭子は婚約解消したつもりが無かった。
あっさりと婚約者に復帰する霧島なのであった―――エンド。

<感想>

月曜ゴールデン版「検事・霧島三郎」シリーズ第1弾。
原作は「名探偵 神津恭介」や「近松検事」の生みの親・高木彬光先生による同名作品。

過去にも何度かドラマ化されており、これまでには故・宇津井健さん、平幹二郎さん、竹脇無我さん、北大路欣也さんが霧島を演じて来ました。
この系譜に柳葉さんが名を連ねることになります。

早速、感想をば。

真面目な皮を被った完全なるネタ番組でしたね。
ネタ番組としては年末になかなかの力作が飛び込んで来ました。
携帯が決め手になってるし、たぶん原作とドラマ版は別物なんだろうなぁ……と思う。

ちなみに最後の最後まで、霧島から河辺の間に愛情が存在していると信じていました。
霧島と恭子のシーンよりも、霧島と河辺のシーンの方が長いし濃厚なんだもんなぁ。
霧島が恭子と婚約解消する際も特に悩む様子が無かったし、むしろそれが望むところに見えた。

なので、中盤までこんな人物相関図を思い描いていました。

霧島:実は河辺が好き。
河辺:恭子が好き。
恭子:霧島が好き。

霧島は河辺を愛しているが、河辺が恭子を想っていたことに激怒。
とはいえ、河辺に想いを伝えるのは拒否されることを考えると恐ろしい。
其処で「憎まれてもいい、河辺に想われたい」と恭子と結婚しようと決意した。
しかし、いざ結婚するとなると迷いが生じた。
このままで良いのだろうか……大好きなあいつ(河辺)に本当の気持ちを告げずに良いのだろうか。
思い悩む霧島、其処に事件が発生した。
これは好機である。
今度こそ、自分に正直になって河辺の胸に飛び込んで行こう。
そう決意した霧島は興味の無かった恭子に機械的に別れ話を……。

だからこそ、恭子との別れ話にも動じることはない。
だからこそ、河辺の犯行と知ったときに激しく動揺したのだ。
まさか、自身の行動が其処まで河辺を追い込むなんて……と。

それだけに、親友で終わったラストはショックだったなぁ。

そんな勘違いが芽生えたのも、霧島と恭子の間に愛情があるように見えなかった所為だと思うのだ。
霧島の態度は誠実であろうとしたよりは、ただ冷たいようにしか見えなかったし。
恭子に対して事あるごとに憮然とした表情を浮かべていたしなぁ……。
まぁ、ラストで霧島と恭子がイチャイチャし始めたから作中設定的には仲が良いことになっているんだろうけどねぇ……。

他にも幾つか印象に残った点が。

まず、霧島が冒頭で口にした台詞「違和感を感じる」。
これは「重言」じゃないかなぁ……。

そして「アタマは冴えてるよ、ヘイヘヘーイ。アイデアバッチリよ、ヘイヘヘーイ」。
平成の幼稚園児がまさかの「ヤッターマン(byドロンボー一味のテーマ)」には度胆を抜かれた。
まさか、あの緊張感が必要とされるシーンでそれを投げ込んで来るとは……全く以て侮れない。
確かに、あれは耳に残る名曲だよ。

なかなか驚くべき作品が現れたと思う。
次回にも注目だ!!

◆「高木彬光先生」関連過去記事
【神津恭介シリーズ】
金曜プレステージ「名探偵 神津恭介〜影なき女〜 金田一・明智と並ぶ天才探偵を片岡愛之助熱演!資産家超豪邸で起きた密室殺人事件!消えた3億円のダイヤと黒ずくめの女!密室トリックに天才神津が挑む!」(3月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【近松茂道シリーズ】
水曜ミステリー9「捜査検事 近松茂道14 秘湯・乳頭温泉に消えた女 田沢湖−角館追憶!の殺人ライン〜秋田内陸縦貫鉄道の謎?涙の再会が呼ぶ惨劇(田沢湖−角館殺人ライン〜秋田縦貫線の謎?再会の惨劇)」(11月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「400回記念スペシャル 捜査検事 近松茂道13 せとうち望郷殺人事件 償い〜遠い海の記憶 殺意を秘めた再びの愛 真犯人が堕ちた罠!(容疑者は漁師の兄!30年前の辛い記憶)」(5月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「捜査検事 近松茂道12 帰れない故郷〜新潟佐渡殺人航路!許されない愛に憎み合う姉妹不自然な指紋が明かす真実と嵐の夜の秘密(新潟〜佐渡殺人航路 牧場姉妹にかけられた料理人殺害の疑惑!欠航嵐の夜の謎の密会)」(8月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「捜査検事 近松茂道11 越中富山こきりこ哀歌 殺人事件の謎は秘湯の宿の密会に!愛したから殺した!?子守唄が暴く母娘の哀しい絆(雪降る村で凶悪逃亡犯を匿った女〜秘湯の女将涙の目撃証言)」(2月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「捜査検事 近松茂道10 上州白滝姫伝説殺人事件〜美しい桐生織に秘めた薄幸な女の覚悟13年前の冤罪を恨む男アリバイ黙秘の理由(桐生織伝説殺人事件〜元刑事を恨む謎の男空白の3時間!再会の連鎖が生む湖の悲劇)」(10月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜シアター9 旅情ミステリーSP 捜査検事・近松茂道(9)「みちのく安寿と厨子王伝説殺人事件〜赤い傘が隠した姉弟の別れ獄中死の父が堕ちた罠偽りの12年を暴く!(捜査検事 近松茂道9−安寿と厨子王伝説殺人事件−)」(3月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

霧島三郎:柳葉敏郎
河辺達朗:東 幹久
竜田恭子:黒谷友香
北原大八:ゴリ(ガレッジセール)
竜田耕太郎:西郷輝彦
桑原警部:平山祐介
権藤刑事:宇野祥平
高橋 篤:中村育二
溝口慎一郎:佐藤一平
酒井:とむ畑中
エリカ:水谷妃里
ユキ:川村亜紀
小林 毅:若山 慎 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


ドラマ原作「検事霧島三郎 (光文社文庫)」です!!
検事霧島三郎 (光文社文庫)



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。