2015年01月28日

「相棒season13」第13話「人生最良の日」(1月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「相棒season13」第13話「人生最良の日」(1月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

日本で100番目に早い(たぶん)、「相棒season13」第13話「人生最良の日」(1月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)。

<ネタバレあらすじ>

茨城県にある一軒のガソリンスタンドに1台の車が入って行く。
やって来たのは近所の主婦である。

「淑子さ〜〜〜ん、居ないのぉ」
彼女は誰も出て来ないことに不審を抱きつつ、店舗を覗き込む。
特に人気は無い。

「変ねぇ?」
さらに身体を寄せて覗き込んだ彼女の目に何かが飛び込む。
それは男性の遺体であった……。

同じ頃、右京(水谷豊)と甲斐(成宮寛貴)はカフェに詰めて向かい側の店を監視していた。
角田課長に協力し危険ドラッグ摘発の為の捜査を行っていたのである。

と、右京はカフェのレジに並ぶ1人の中年女性(床嶋佳子)に注目する。
女性はアイスコーヒーを頼もうとしているのだが、勝手が分からず苦労しているようだ。
見かねた右京は助言することに。

「カフェグラッセ ミディ」
右京の協力で注文を伝え終えた女性は服装に不似合いなエコバッグに手を突っ込む。
ちらりと見えたその中身に瞠目する右京。
なんと、エコバッグの中には札束が複数入っていたのだ。

どうにもエコバッグで運ぶには不釣り合いな金額である。
彼女が気になった右京は甲斐を連れて声をかけてみることに。
ところが、これに女性は「キャッチセールスはお断り!!」と怒り出してしまう。

女性は憤りを抑え切れないと言った様子でその場を離れるのだが……途端に「警察だわ」と呟く。
右京たちを刑事と知って逃げたのである。

同じ頃、伊丹(川原和久)たちはホテルで発生した若い女性・真由美の変死体事件を捜査していた。
真由美のバッグからは大量の覚醒剤が。
どうやら、真由美は麻薬の売人らしい。
同宿していた男が消えていたことから、伊丹たちは男の行方を追う。

その頃、当の男(湯江健幸)は銀龍会の構成員に暴行を受け続けて居た。
男は真由美が銀龍会子飼いの売人とは知らずに関係を持ち、その翌朝に彼女の変死体を発見し慌てて逃げ出したのだ。
どうやら、真由美は薬物が原因で急死したらしい。
当然、真由美の急死に伴い彼女が所持していた薬物は押収されてしまっている。
其処で、お前にも責任はあるのだから押収された分を穴埋めしろと迫られていたのである。
これに、男は今夜になれば金が入ると繰り返す。
どうやら、ライブで収入があるらしい。
男の名は四宮、一時は名を知られたミュージシャンだったのだ。

一方、右京と甲斐はこっそりと女性を尾行していた。
ところが、撒かれてしまう。
右京は女性が刑事だと気付いて逃げ出したことを察する。

真由美変死事件を受けて、伊丹や角田たちが動き出した。
角田は「花房会」や「湘南興業」の動きに注意するよう部下に指示を飛ばす。

同じ頃、茨城のガソリンスタンドでの店主変死事件が報道され始めた。
どうやら、店主の妻・山田淑子が姿を消したことで殺人が疑われているようである。

これを目にした右京はカフェで出会った女性の指先の爪が黒ずんでいたことを思い出す。
ガソリンスタンド店で勤務していたからこそ、指先の爪が汚れていたのではないか。
だとすると、彼女こそが山田淑子なのではないか。

その頃、何の因果か「花の里」に淑子が訪れていた。
東京中を駆けずり回り、疲れ果てたようである。
淑子によれば、地元に同じ名前の鯛焼き屋があって惹かれたらしい。
淑子は友達とよく行ったなぁ……と洩らす。

一方、右京は淑子がライブのチケットをエコバッグの中に居れていたことを思い出していた。
其処から淑子が参加しようとしているライブを突き止めようと調べ始める。

当の淑子は「花の里」にて幸子相手に友達の思い出を語っていた。
淑子はライブのチケットを2枚所持していた。
この1枚を幸子にプレゼントする淑子。
何でも、もう1人は行けなくなってしまったらしい。

数時間後、四宮はライブハウスにて金策に奔走していた。
何しろ命がかかっているのだ、必死である。

其処に大金を抱えた淑子がやって来た。
最初こそ適当にあしらっていた四宮だが、淑子の抱える大金を目にするや態度が一変する。
(これさえあれば……)
四宮は淑子に起死回生の一手を見出した。

その頃、右京と甲斐は淑子が所持していたチケットを特定していた。
コンサート名は「BEST DAY OF LIFE」。
歌手の名は四宮勇二で「人生最良の日」なる歌でヒットチャート第3位になったことがあるらしい。
だが、今はすっかり鳴かず飛ばずなのだそうだ。
さらに、米沢によりカフェの女性の指紋が採取され山田淑子であることが確認された。

淑子はと言えば、四宮からある依頼を受けていた。
四宮は事情を伏せた上で「CD発売の為に金をくれないか」と持ちかけたのだ。
ところが、其処に取り立てを行うべく銀龍会がやって来る……。

右京と甲斐は四宮のライブハウスに向かっていた。
その後の調べにより、淑子の夫・山田勇は自然死と判明。
だとすれば、淑子は姿を消す必要は無かった筈である。
右京は「人は時として不合理な行動を取るものです」と口にする。

一方、四宮は追い詰められつつあった。
やって来た銀龍会は容赦なく彼から搾り取ろうとしていたのである。
四宮の命は風前の灯だ。

これに焦った四宮は淑子の金を取り上げようとする。
しかし、淑子は大金を渡すつもりはないと拒否する。

こうなればもはや手は無い。
連れて行こうとする銀龍会相手に必死に抵抗する四宮だが多勢に無勢、遂に取り押さえられてしまった。
これを見ていた淑子が唐突に呟く。

「薬なら返してしまえばいいのに……殺されるよりはマシでしょ」

これに銀龍会が過剰に反応した。
四宮が何処かに薬物を隠していると思ったのだ。
もちろん、これは四宮を助ける為の淑子の嘘である。
淑子は四宮が薬物を預けている店として「東青山のモンピケ」と口にする。
これに「やっぱりそうか……」と洩らす構成員。
淑子は右京たちが出入りしていたことを思い出し、監視対象となっていた店の名を挙げたのだ。

ライブハウスに辿り着いた右京たち。
其処に伊丹たちもやって来た。
どうやら四宮を突き止めたようだ。
右京は「2つの事件が繋がっていた」と宣言する。

ライブハウスの中では右京たちの到着を知った銀龍会が事態の幕引きを図ろうとしていた。
淑子に四宮を刺し殺すよう強要したのだ。
熱狂的なファンに四宮が殺されたとの態である。
これに四宮は「助けてくれ〜〜〜」と絶叫する。

数分後、ライブハウスの外では伊丹たちが突入のタイミングを見計らっていた。
其処へ、捕まっていた筈の四宮が淑子を人質にライブハウスの外に飛び出して来る。
四宮はナイフを淑子に突き付けると伊丹たちを牽制しつつ、車へと向かう。
だが、その前に右京が立ち塞がった。

「こんなことをしても、何にもなりませんよ」
右京は四宮にではなく、淑子に訴える。

右京は淑子がカフェとは違う靴を履いていることに気付いた。
すなわち、淑子は意図的に靴を履き替えたことになる。
淑子は四宮に協力しているのだ。

時間は数分前に遡る。

淑子に四宮を殺害させようとした銀龍会。
これに淑子は「もっと良い方法がある」と提案した。
それが四宮と淑子による狂言であった。

「こんな茶番はお止めなさい」
繰り返す右京。

「やってらんねぇ〜〜〜や」
これに四宮が応じ、淑子は解放された。

騒動に乗じ逃げ出そうとした銀竜会の構成員だが、駆け付けた角田たちに逮捕された。

騒然となる現場、其処に幸子がやって来た。
淑子に貰ったチケットを使おうと思い立ったらしい。

その目の前で、淑子は全てを語り出した。
結婚以来、淑子は常に夫に拘束されて生きて来たらしい。
親友とライブに行こうとしても、鼻で笑われる日々。

そんなある日、夫が急死した。
解放されるチャンスだと思った淑子はその場から逃げ出したのだ。

そして、鯛焼き屋の「花の里」に関わる友達の名は聡美ちゃん。
聡美ちゃんは先頃、病死していた。
聡美は最後まで「最良の日なんて無かった」と洩らしていたそうである。

淑子はそんな聡美の分も四宮のライブを楽しもうと思っていたらしい。

連行される淑子の背中に右京が声をかける。

「お気の毒です、歌のような最良の日にならずに」
「いいえ、憧れの人とドキドキする時間を過ごせました。これこそ最良の日です!!」

心から微笑む淑子。
その笑顔に嘘は無いようであった―――第13話了。

<感想>

シーズン13第13話。
脚本は山本むつみさん。
シーズン12では15話の「見知らぬ共犯者」を担当された方です。

「相棒season12(twelve)」第15話「見知らぬ共犯者」(2月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

サブタイトルは「人生最良の日」。
本作のテーマは「若かりし日の輝かしい想い出」か。

まず、本作は一見すると次のような物語になる。

夫の死により拘束されていた日々から自由を取り戻し、手に入れた自由を謳歌すべく非日常を求めた1人の女性の物語。
それはつまり、自由を獲得したこの事件の日こそが淑子にとって最良であったことを示す。
だからこそ、淑子は驚くほどの行動力を発揮し非日常を満喫することに全力を尽くした。

利用したことの無いカフェに足を運ぶ。
右京たちから逃げる。
四宮を追い求め、ライブ前に個人的に会いに行く。
騒動に巻き込まれたら前向きにこれに関わって行く。

すべては自由を手に入れたことを確かめる為の確認作業だったのでしょう。
其処に自制心は必要ない。
だから、あれほど大胆になれた。
淑子が求めたのはあくまで非日常なのですから。

ただし、本当に淑子にとって四宮と冒険出来たあの日こそが最良の日だったのか?
これには疑問が生じます。
此処から先のテーマに繋がる。

淑子が四宮を憧れの人と思っていたのは彼女にとって若かりし日のアイドルだったから。
その人との冒険が素晴らしかったと言えるのも若かりし日の憧れに基づいています。
いずれも、淑子が若かりし日に聡美と経験したことが基本にある。

すなわち、淑子にとっては若かりし日の想い出こそが最も尊いものだったのでしょう。
だから、今現在の象徴であった夫が死亡するや、過去の想い出の象徴である四宮を追い求めたのではないでしょうか。
もしも、聡美が生きていれば淑子は彼女にソレを求めたことでしょう。
こう考えれば、淑子にとって「夢や希望を抱いていられた若かりし日」こそが「人生最良の日」だったと言えるのではないか。

だからこそ、本作のテーマは「若かりし日の輝かしい想い出」だったのではなかろうか。
これを表現する為に今回は敢えてテイストも普段と異なるものとなったのだろう。

ただ、それが成功しているかどうかは別だ。
正直、視ていてかなり混乱した。
いや、今も混乱してる。
おそらく、多くの視聴者の方もそうお思いではなかろうか。

その主な理由は今回の「主人公」が「右京」ではなく「淑子」になっていたからだろう。
今回の主人公は明らかに淑子である。
淑子を主人公とした上で「相棒」のストーリーを展開した為に違和感が生じたのだ。

右京の台詞にも些か首を傾げる点が多かったのもその為だ。
例えば、真由美の変死事件と山田の変死事件について。
右京はライブハウス前で「2つの事件が繋がっていた」と宣言する。
だが、あれは結果的にそれぞれの事件の関係者が接触しただけであって「繋がっていた」ワケでは決してない。
これも淑子を主人公とした為に事件を複雑化することに無理が生じた為だ。

此の違和感を「弊害」と捉えるか「味」と捉えるかで本作の評価は異なって来るだろう。

そう言えば管理人はラストまで、淑子が語っていた「鯛焼き屋・花の里の友達」が「淑子の夫」だと本気で信じていた。
上記に基づき管理人が想定していた物語はこんな感じでした。

淑子と夫は高校時代からの親友だった。
それが恋愛に発展し結婚。
2人は周囲にも羨ましがられるほどのラブラブ夫婦で、苦労しながらも助け合ってガソリンスタンドを経営して来た。
ところが、ある日、苦労が祟って夫が急死してしまう。
呆然とする淑子に夫の声が甦る。
そう言えば……ふらふらと歩く淑子の手には夫が楽しみにしていた四宮のライブチケット。
それは夫婦の想い出でもある。
2人が親友となった馴れ初めは四宮の歌であった。
もう2度と行けなくなっちゃったね……と思った淑子は夫の分まで想い出を振り返るべくライブへ―――。
四宮のライブは今日限り、だからこそ無理を押してでも行かねば……。

的なストーリーだと思ってたのになぁ。
全然違った。
此の点、非常にサプライズでしたね。

まぁ、とはいえ、こういったサプライズ回があるのも「相棒」の魅力の1つでしょう。
まさに懐の深いコンテンツだなぁ……と再確認出来ました。

「相棒 season9 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]」です!!
相棒 season9 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]





「相棒 season9 DVD-BOX I(6枚組)」です!!
相棒 season9 DVD-BOX I(6枚組)





「相棒 season9 DVD-BOX II(5枚組)」です!!
相棒 season9 DVD-BOX II(5枚組)





「相棒 Season8 DVD-BOX1」です!!
相棒 Season8 DVD-BOX1





「相棒 Season8 DVD-BOX2」です!!
相棒 Season8 DVD-BOX2





「相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版DVD BOX (初回完全限定生産)」です!!
相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版DVD BOX (初回完全限定生産)





「相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版Blu-ray BOX (初回完全限定生産)」です!!
相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版Blu-ray BOX (初回完全限定生産)





「相棒 Season 9 オリジナル・サウンドトラック」です!!
相棒 Season 9 オリジナル・サウンドトラック





◆「相棒」に関連した商品はこちら。


posted by 俺 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 相棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「おーい!はに丸」世代必見の番組が推参!!その名は「はに丸ジャーナル」だ!!

日々の戦いに疲れ、癒しを求める現代社会の皆さま、こんにちわ(またはこんばんわ)!!
肉体的かつ精神的な疲労を抱えながら戦い続ける毎日、そのうちに様々な疑問にぶつかったりはしませんか!?

あれはどんな意味なのか?
それはどんな意味なのか?
これはどんな意味なのか?
あれは何?
それは何?
これは何?
はにゃ?

湧き上がる様々な疑問の数々。
しかし、疲れ果てた心と身体では疑問を追及するだけの元気が出ない。

今は癒し、癒しが欲しい。
そして、ついでに疑問の答えも一緒に欲しい……!!

そう強く熱望して止まないあなた!!
大丈夫、あなたは熱望するだけ力が残っています。
検索エンジンに疑問の内容を入力して調べて見ましょう。
きっと、力になる筈です。

問題なのは熱望する余力も残されていないあなた。
正直、「その状況下でこの記事を目にしていることはほぼ無いのではなかろうか」とは思いますが、そんなあなたにこそ見て欲しい番組をご紹介。
あっ、もちろん、熱望する余力が残されている方にもオススメな番組です。

その名も……「はに丸ジャーナル」!!
そう、NHKさんが誇る「はに丸」がジャーナリストとして世の不思議に切り込む大人向けの時事教養バラエティー番組です。

さて、此の時点で「はに丸って?」とお思いのあなた!!
では、1つ質問を!!
「おーい」との呼びかけの後に続く「言葉」を思い浮かべてみてください。

此処で「おーい、お茶」が浮かんだあなた。
間違いではないですが、ちょっと違います。
それにしても、あのCM影響力があるなぁ……。

おっと、話が逸れた。
元に戻って、「おーい!はに丸」って聞いたことありませんか?
あるいは、聞いたことがなくともネットで目にしたことはありませんか?

おや、ない!?
うむむ……出て来そうにありませんね。

しかし、世の中ではこんなことは日常茶飯事。
そう、これこそが先に挙げた日常に抱く疑問の1つ。
そして、これを抱えた状態で明日を迎えるのは辛く苦しい。
そこで「はに丸ジャーナル」ではありませんが、その疑問この場で解消しておきましょう。

此処で助っ人、物知りな土地の古老に「はに丸」についてご説明願いましょう。

え〜〜〜ゴホン!!
ただいま、ご紹介に預かりました……。
えっ、読者が待ってる前置きはいいから早くしろ?
いや、じゃからと言うても前置きは必要じゃろ。
いらん!?
う〜〜〜む、其処まで言うなら仕方がない。

さてさて改めて、「はに丸」と申しますのはじゃな。
むか〜〜〜し、むかし、NHK教育にて放送されていた知育番組「おーい!はに丸」の主人公ですじゃ。

ほれ、皆さんも良くご存知の「はにわ」がありますな。
「はに丸」はあの王子で絵本から飛び出して来たとの設定で生まれたキャラクターですじゃ。
「はに丸」には従者役の馬のはにわ「ひんべえ」がおりまして。
この「はに丸」と「ひんべえ」が数々の「言葉のナゾ」に挑んだのだそうです。
多くの子供さんがこの番組で日本語を学んだと聞いとります。
かく言う、ワシの孫もあの番組で……えぇ、それはもう。

えっ、それは言わなくてよい?
はぁ、分かりました。
ちょっとくらい、付き合ってくれても良いじゃろうに全く……(ブツブツ)。
あぁ、はいはい。

ともかく、「はに丸」と「ひんべえ」による楽しく学べる教育番組ですじゃ。
そうですのぅ、具体的には1983年から1989年にかけて活躍したと聞いとります。
そうそう、そう言えば……ワシの孫が。
ちょっ、なんじゃ、こりゃ……おい、触るな、こら。

ご老人、ありがとうございました(古老の背中を押し退場させつつ)。
では、此処から再び管理人が続けましょう。
先程の説明にありました通り、「はに丸」は「おーい!はに丸」に登場したキャラクター。

その「はに丸」が2015年に再臨です。
今度は「言葉のナゾ」ではなく「日常生活に抱く疑問」に挑むのだそう。
例えば、時事問題の現場をリポートする「はにスクープ」。
例えば、話題の人にズバッとインタビューする「はにトーク」。
これらを基に、時に舌鋒鋭く、時に可愛らしく「はに丸」が現代社会を斬る!!

ちなみに、この「はに丸ジャーナル」は2014年8月にパイロット版が放送。
この際の好評を受けてのレギュラー番組化のようです。
パイロット版については管理人もツイッター上で呟いたことがあるので、このツイッターをご覧の方はご存知の方も多いかも。

ああ、此処までが長かった。
お分かりでしょう。
1つの疑問を解消するにはかくも長くの時間と労力が必要となるのです。
それを果たす為のバイタリティ。疲れ果てた身体では到底、叶う筈もない。

ところが、この「はに丸ジャーナル」はそれが可能に。
しかも、可愛らしい「はに丸」に癒しも得られて一石二鳥!!
これはもう見るしかない!!

と言うワケで、現代社会人必見のサプリメント番組「はに丸ジャーナル」は2015年4月以降の祝日の夕方から全6回で放送予定だとか。
具体的な放送予定が分からない。ああ、このアバウトさにも癒される……。

でも待てよ……癒された代わりに「いつ放送されるのか?」との疑問を抱えることになってしまったんじゃなかろうか!!
どうやら、これまた日常に生きる上での疑問を抱えることになってしまったようです。
それと、解説に「何故、古老の出馬を願ったか」の謎も残ったなぁ……。

「おーい! はに丸 はに丸BOX [DVD]」です!!
おーい! はに丸 はに丸BOX [DVD]





「おーい! はに丸 ひんべえBOX [DVD]」です!!
おーい! はに丸 ひんべえBOX [DVD]





「150ピース ミニパズル タイムスリップTV おーい!はに丸 150-032」です!!
150ピース ミニパズル タイムスリップTV おーい!はに丸 150-032





「おーい! はに丸 キャラスナップ」です!!
おーい! はに丸 キャラスナップ



posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【朗報】あの「実は私は」が2015年にアニメ化予定とのこと!!

ツイッター上で驚くべき情報が流れています。
これが事実ならば「まさに朗報」、そんな情報の正体とは!?

な、なんと……遂に、遂に「実は私は」がアニメ化されるとのもの!!

「実は私は」は、増田英二先生による秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」にて絶賛連載中の大人気コミック。
ジャンルとしては敢えて「驚天動地系ラブコメディ」と名付けたい傑作であるっっっ!!

ちなみに、これまでのあらすじはこんな感じ。

〜〜〜これまでのあらすじ〜〜〜〜

「アナザル」こと「絶対に秘密を守れない男」黒峰朝陽は憧れのヒロイン・白神葉子の秘密を知ってしまった。
その秘密とは「白神葉子がハーフの吸血鬼である」こと。
朝陽は葉子の為に、この秘密を守らねばならない―――。
取り巻く人々を相手に、朝陽は秘密を守り抜くことが出来るのか?

矢先、実は宇宙人であった委員長・渚、狼男で肉食系女子な獅穂、悪魔っ娘の茜、未来人の凛、幼馴染のみかん、天使の華恋も加わって……。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なぬ、分かりづらい!?
ならば、詳しくは過去記事に問うが良い!!
そして、その上で至高のコミックスを購入するが良い!!
さらに、購入したコミックスを以て周囲にも宣伝するが良い!!
それだけの価値はある作品なのだ!!

ちなみに、管理人が好きなのは82話「白状させよう!」。
とはいえ、他の回もクオリティが高いので是非確認して欲しい。

「実は私は」第82話「白状させよう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

これがアニメ化されるのだから朗報と言わず、何と言おう!!
と言うワケで皆さんも、本作を推すべし!!

そして、とりあえず続報に注目っっっ!!

【第EXTRA話】アニメ版「実は私は」スタッフさんとキャストさんの一部を明らかにされよう!

◆関連過去記事
「実は私は」第1話から第90話まで(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)まとめ

「実は私は」第91話「お花見をしよう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第92話「3年生になろう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第93話「言い張ろう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第94話「言い張ろう!!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第95話「家族と話そう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第96話「前言撤回しよう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は(1) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(1) (少年チャンピオン・コミックス)





こちらはキンドル版「実は私は(1)」です!!
実は私は(1)





「実は私は(2) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(2) (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は(3)」です!!
実は私は(3)





「実は私は(4) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(4) (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は(5) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(5) (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は 6 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は 6 (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は 7 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は 7 (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は(8) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(8) (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は(9) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(9) (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は(10) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(10) (少年チャンピオン・コミックス)





「透明人間の作り方 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
透明人間の作り方 (少年チャンピオン・コミックス)





「さくらDISCORD 1 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
さくらDISCORD 1 (少年チャンピオン・コミックス)





「さくらDISCORD 2 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
さくらDISCORD 2 (少年チャンピオン・コミックス)





「さくらDISCORD 3 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
さくらDISCORD 3 (少年チャンピオン・コミックス)





「さくらDISCORD 4 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
さくらDISCORD 4 (少年チャンピオン・コミックス)





「さくらDISCORD 5 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
さくらDISCORD 5 (少年チャンピオン・コミックス)



posted by 俺 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。