2015年01月25日

「実は私は」第96話「前言撤回しよう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第96話「前言撤回しよう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

登場人物一覧は本記事下部に移動しました。

<あらすじ>

〜〜〜これまでのあらすじ〜〜〜〜

「アナザル」こと「絶対に秘密を守れない男」黒峰朝陽は憧れのヒロイン・白神葉子の秘密を知ってしまった。
その秘密とは「白神葉子がハーフの吸血鬼である」こと。
朝陽は葉子の為に、この秘密を守らねばならない―――。
取り巻く人々を相手に、朝陽は秘密を守り抜くことが出来るのか?

矢先、実は宇宙人であった委員長・渚、狼男で肉食系女子な獅穂、悪魔っ娘の茜、未来人の凛、幼馴染のみかん、天使の華恋も加わって……。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「シャー」
唸るような威嚇の声を上げるのは近所の猫……ではなく葉子であった。
その前には「望むところだ!!」とばかり身構えた渚が立っている。

そう、葉子と渚は朝陽を巡る恋敵。
特に90話「お別れしよう!」にて渚が「これからも隙あらば朝陽を狙う」と宣言したことで友人でありながらも牽制し合う仲になっていた。

「実は私は」第90話「お別れしよう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

とはいえ、ソレはソレ。
葉子と手を振り別れ、ファミレスに入った渚はコーヒー片手に席に着くなりどっと溜息を吐く。

(なんで、あんなことを言ってしまったのだ私は〜〜〜)
頭を抱える渚。
そう、90話では勢いでああ言ってしまっただけで渚は朝陽を諦めようとしていたのである。
それなのに、それなのに……葉子に未だに誤解されっぱなしなのだ。

このままではイケナイ。
何とか誤解を解かねばならない。
そう拳を握りしめる渚。
しかし、その脳裏を過るのは朝陽の姿だ。

(まぁ、確かに今でも未練たらたらではあるけどさ……)
頬を赤らめつつも思い出す渚。
その前にはジュースを手にした朝陽が立っていて……。

(そうそう、こんな感じ……って、え!?)
目の前の朝陽は「やぁ、委員長」と気さくに手を振っている。
本物である。

(まさか、こんなときに!?)
動揺した渚は口にしていたコーヒーを吹き出してしまう。
こうして、渚のドキドキタイムがスタートしたのだ!!

挙動不審な渚の様子を気にかけつつ、その向かい合わせの席に着く朝陽。
渚は「これぞチャンス」とばかりに、まずは朝陽に諦めたことを伝えようと思いつく。

「あの、実は……伝えたいことがあって」
おそるおそる口を開く渚に朝陽は「ああ、それのこと……」何やら気まずそうに頷く。
どうやら「またも告白」と勘違いされたようだ。

(私はそんな女じゃな〜〜〜い!!)
憤った渚は混乱し、朝陽に触覚が光っていないだろと主張しようとする。
すなわち、本体を露出しようとしたのである。
しかも、渚の意志に反し触覚は煌々と輝き続けて居た。

周囲を照らす強い光に、客たちにざわめきが広がる。
続いて行われるのは光源の探索だ。

「ちょっ、ちょっ、委員長!!」
朝陽は慌てて渚の本体を隠そうと手で覆う。
これに余計にドギマギした渚はさらに光を強くしてしまう。

数分後―――

「ちょっと、頼むよ委員長。言いたかないけど、こんなところを葉子さんに見られたらどんな誤解を招くか……」
何とか冷静さを取り戻した渚にぼやく朝陽。

ところが、そんな朝陽の危惧は的中。
葉子が一部始終を目撃していたのである。

さらに数分後―――

「シャー」
先程よりもより強固に渚を警戒する葉子が朝陽の隣に座っていた。

「だ〜〜〜か〜〜〜ら〜〜〜」
必死に説明しようとする渚だが……。

「シャー、負けはせんぞ〜〜〜」
「ああ、言いたいことは分かってるよ委員長」
葉子も朝陽も聞く耳を持たないのであった。

「だ・か・ら、違うんだって!!そもそも君(葉子)は勝ってるだろ!!」
渚の声が虚しく周囲に木霊する―――97話に続く。

充実の「実は私は」が読めるのは「週刊少年チャンピオン」だけ。
本誌で確認せよ!!

<感想>

「週刊少年チャンピオン」にて「さくらDISCORD」を連載されていた増田英二先生の新作。
「さくらDISCORD」は未読の管理人ですが、1話を読んで注目している作品です。
コミックス1巻に続き2巻、3巻、4巻、5巻、6巻、7巻、8巻、9巻も重版出来とのことで、目出度い。
さらに、10巻も発売。
そして、本作かなり面白い!!

その96話。

サブタイは「前言撤回しよう!」。

「前言撤回する」べきは渚。
しかし、相手である朝陽と葉子にこれは届かず。
それもその筈、そもそも当の本人が未だに割り切れていないのだから。
そんな96話は90話の後日談的な物語でした。

「実は私は」第90話「お別れしよう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

さて、新キャラ3人のうち2人は既存の登場人物に。
まず、緑苑坂弓は源二郎の変身。
そして、黒峰鳴は以前にも登場済み。
残る忍者っ娘が不明か……もしかして、彼女も既存キャラなのか!?
まさか、渚の後輩か涼だったりして。
いや、武器繋がりで黄龍丸の変身の可能性も捨て難い。
これは新章からも目が離せそうにない。

うむ、今回も充実した回ですな。
多くは語るまい、とりあえず読め!!

そう言えば、上でもお伝えした通りコミックス10巻が発売。
表紙は1巻の葉子、2巻の渚、3巻の獅穂、4巻の茜、5巻のフクちゃんとみかん、6巻の凛、7巻の明里さんに続き、8巻が銀華恋、9巻が渚とみかんのコンビ。
そして10巻は―――1周回って葉子が単独で表紙に!!
うむむ、11巻は誰になるのか……まさか、緑苑坂弓ではなかろうな。

ちなみに、上記のあらすじは本作の魅力を伝えられるよう改変を加えてまとめていますが、その面白さを伝えきれていません。
やっぱり、あの絵とコマ割りなどのテンポあっての本作。
是非、「週刊少年チャンピオン」本誌を読んで欲しい。

もう1度繰り返しましょう。
本作に興味を持たれた方には、是非、「週刊少年チャンピオン」本誌を捜して読んで欲しい。
最近の「週刊少年チャンピオン」は本作など本当に粒揃いでクオリティが高い作品が多い。
注目の雑誌の1つと言えるでしょう。

◆関連過去記事
「実は私は」第1話から第90話まで(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)まとめ

「実は私は」第91話「お花見をしよう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第92話「3年生になろう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第93話「言い張ろう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第94話「言い張ろう!!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第95話「家族と話そう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

登場人物一覧:
黒峰朝陽:主人公、通称「アナザル」。
白神葉子:朝陽の意中の人物。ある秘密が……。
紫々戸獅狼:葉子の幼馴染。彼もまたある秘密を……。
紫々戸獅穂:葉子の幼馴染。彼女もまたある秘密を……。

藍澤渚:クラス委員長。彼女にも秘密が……。
藍澤涼:渚の兄、意外な形で登場することに……。
紅本茜:紅本の親族らしい。彼女にも秘密が……。
紅本明里:教師。彼女にも秘密が……。
黄龍院凛:33話より登場した謎の少女。彼女にも秘密が!?
黄龍丸:凛が駆るドラゴン。52話にて意外な正体が明らかに。

朱美みかん:朝陽の幼馴染。新聞部所属。通称「外道クイーン(オレンジ)」。
岡田:朝陽の友人の1人。通称・岡。眼鏡が特徴。割と友人想いの様子。
嶋田:朝陽の友人の1人。通称・嶋。軽い。
桜田:朝陽の友人の1人。通称・サクラ。渋い。
フクちゃん:「福の神見習い」を名乗る眼鏡。
フクの介:フクちゃんの先輩。やはり眼鏡。
フク太郎:フクちゃんとフクの介の先輩。やはり眼鏡。
フク蔵:フクちゃんとフクの介とフク太郎の先輩。やはり眼鏡。
手崎:文字通り茜の手先な料理教室のシェフ。

朝陽の父:朝陽の家族。22話に初登場。
朝陽の母:朝陽の家族。22話に初登場。
黒峰鳴:朝陽の妹。22話、28話、48話に登場。48話にて名前と顔が判明。92話で高校に進学。
白神源二郎:吸血鬼。額に十字傷を抱く巨人。39話にて名前が判明。
白神桐子:葉子の母で人間。和服の美女。38話にて名前が判明。
銀華恋:茜に続く第2のツノツキ……の筈だったが。58話から登場。

緑苑坂弓:朝陽たちの副担任、実は源二郎。92話から登場。
忍者少女:92話から登場、詳細不明。

「実は私は(1) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(1) (少年チャンピオン・コミックス)





こちらはキンドル版「実は私は(1)」です!!
実は私は(1)





「実は私は(2) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(2) (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は(3)」です!!
実は私は(3)





「実は私は(4) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(4) (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は(5) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(5) (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は 6 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は 6 (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は 7 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は 7 (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は(8) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(8) (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は(9) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(9) (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は(10) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(10) (少年チャンピオン・コミックス)





「透明人間の作り方 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
透明人間の作り方 (少年チャンピオン・コミックス)





「さくらDISCORD 1 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
さくらDISCORD 1 (少年チャンピオン・コミックス)





「さくらDISCORD 2 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
さくらDISCORD 2 (少年チャンピオン・コミックス)





「さくらDISCORD 3 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
さくらDISCORD 3 (少年チャンピオン・コミックス)





「さくらDISCORD 4 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
さくらDISCORD 4 (少年チャンピオン・コミックス)





「さくらDISCORD 5 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
さくらDISCORD 5 (少年チャンピオン・コミックス)





posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「最後の証人 ホテル密室殺人事件!目撃証言、物証…99%有罪確定の法廷に落ちこぼれ弁護士が挑む!!二転三転する真相、誰かが嘘の証言を!?開いたカーテンから見えた予期せぬ真犯人とは!?」(1月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「最後の証人 ホテル密室殺人事件!目撃証言、物証…99%有罪確定の法廷に落ちこぼれ弁護士が挑む!!二転三転する真相、誰かが嘘の証言を!?開いたカーテンから見えた予期せぬ真犯人とは!?」(1月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

都内に事務所を構える佐方貞人(上川隆也)は、検察から転身した、いわゆる“ヤメ検弁護士”。刑事事件を専門に扱い、やり手として通っている。
佐方は突然、舞い込んだ依頼を受け、新米弁護士の小坂千尋(倉科カナ)と共に“米崎”の地に降り立った。佐方に弁護を依頼したのは、米崎のホテルで起きた殺人事件で逮捕、起訴された男・島津邦明(大杉漣)で、すでに公判開始を翌日に控えているという状況だった。島津は米崎で建設会社など手広く事業を展開する、地元の有力者だった。
被害者は、彼との不倫関係を噂されていた女性・浜田美津子(紺野まひる)で、指紋、血痕、防犯カメラなど、あらゆる証拠が犯人は島津であることを示していた。2人の関係を火遊びだと思っていた島津が彼女から結婚を迫られ、言い争ううちに刺殺したものと誰もが考えていた。
だが、接見したところ、島津は無実を主張。佐方に弁護を依頼したのも、前任の弁護士が情状狙いの線を崩さなかったため憤慨し解雇、腕の確かな弁護士を捜して佐方に行き着いたらしい。小坂は“まったく勝算のない事件”と判断するが、佐方は事件の背後に何かが隠されていることを直感、あっさり弁護を引き受ける。
実は、米崎はかつて佐方が検事として勤務していた街で、検察を辞めるきっかけとなった“事件”が起きた因縁の地だった。当時の上司・筒井義雄(伊武雅刀)は現在、公判部長に出世しており、今回の公判を担当するのは佐方の同期で凄腕の検事・庄司真生(松下由樹)だった。
翌日、公判がはじまった。真生は美津子が島津との不倫にのめり込んだ末に、夫の開業医・高瀬(石黒賢)と離婚したという背景を明らかにし、鮮やかに弁護側を追い込んでいく。そして無謀にも無実を主張する佐方に対し、減刑を求める戦術に改めた方が賢明だと忠告までする。
そんな中、佐方は美津子が7年前に小学生の息子を事故で亡くしていた事実を知る。真相を見抜くため、佐方は被害者の過去を洗い直しはじめる。だが、状況は佐方の不利であることに変わりはなかった…。
そして最終弁論、ついに運命の人物が証言台に立った…! それは、佐方が召喚した“最後の証人”だった。その人物によって浮かび上がった、驚愕の真相とは…!?
(公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

米崎のホテルで殺人事件が発生。
被害者は浜田美津子なる女性で胸をステーキナイフで一突きされていた。

この事件の被告となったのが、元公安委員長で陶芸教室を営む島津邦明。
美津子は島津の陶芸教室の生徒であり、2人は不倫関係にあったとされていた。
動機は痴情のもつれにあると思われたが……。

島津は自身が無実であると主張。
確かに不倫関係にはあったが、事件当日には美津子に凶器のナイフで襲われ這う這うの態で逃げ出したと言うのだ。
だが、ホテル従業員や周囲の証言により彼の罪は明らかであると思われた。

この島津の弁護に立ち上がったのが元検事で今は弁護士となったヤメ検弁護士・佐方貞人。
彼は自身が興味を抱いた事件のみ扱うが、彼が担当すれば思わぬ事実が浮上することで知られるやり手であった。

佐方は事務所の新米弁護士・小坂千尋を連れ米崎の地に降り立った。
其処は佐方にとって因縁の土地。
過去、佐方はこの米崎で検事として活躍していたのだ。
そんな佐方が検事を辞めたのには理由があった。

検事時代、佐方は後輩検事である神田が犯した罪を知り慄然とした。
神田は司法修習生を強姦してしまったのだ。
ところが、上層部はこの事実を揉み消した。
組織の正義に失望した佐方はこうして検事を辞め弁護士となった。

そして、彼は島津の弁護を引き受けている。
対するは佐方の検事時代の同期・庄司真生、同期の中でも凄腕で知られる女性だ。
互いに手の内を知る両者だが、真生は佐方の真実を追う姿勢に脅威を抱いていた。

そんな中、公判が開始。
真生は「島津が不倫の果てに美津子を殺害した」と主張。
様々な証人を呼び、これを固めて行く。
美津子は島津と不倫したことで、夫であり開業医の高瀬とも離婚したらしい。

だが、佐方は怯まない。
彼は調書の記述から「現場のカーテンが開いていた」ことに注目する。
島津によればカーテンは閉めていた筈。
だとすれば、何者かがカーテンを開けたことになる。

さらに、佐方にはある疑問があった。
美津子は胸を一突きされている。
しかし、ステーキナイフでそんなに綺麗に相手を刺せるものだろうか。

矢先、佐方は7年前に美津子が当時小学4年生であった息子・卓を交通事故で失っていたことを知る。
佐方は卓の事故について調べ始め、驚くべき事実に行き当たる。

卓の事故の加害者が島津だったのだ。
島津によれば「卓が信号無視をした為に起こった事故だった」とのことだが……。
しかも、島津は美津子が卓の母親だとは知らなかった。

佐方は事故を担当した警察官・丸山秀雄を訪ねる。
しかし、丸山は多くを語ろうとしない。

一方で、佐方は高瀬の犯行を疑う。
美津子の不倫に嫉妬しこれを殺害したと考えたのだ。
しかし、それを証明する筈のホテルの防犯カメラ映像には高瀬の姿は無い。
これでは物理的に不可能だ。

そんな中、美津子を司法解剖した医者から新事実が明かされる。
なんと、美津子は余命幾許も無い身体だったと言うのだ。
さらに、佐方はホテル周辺の聞き込みで「事件当夜に近くの川原で焚き火をしていた男」の存在を知るや、ある結論に至る。

そして、公判最終日。
佐方はある証人の入廷を求める。

証言台に立ったのは丸山であった。

丸山は7年前の事故の真相を語り出した。
あの事故は被害者である卓ではなく運転手である島津の過失だったのだ。
島津が信号無視をした為に起こったことだったのである。
だが、権力を誇っていた島津が圧力をかけ、これに屈した丸山が真相を隠蔽した。
結果、島津は不起訴となった。

しかし、高瀬は卓の過失を信じられず何度となく丸山に真相を尋ねた。
だが、丸山は島津の報復を怖れ真実を隠蔽し続けた。

そんな丸山が7年経過した今になって真実を打ち明けた。
佐方の説得を受けて「嘘を吐くべきではない」と考えを改めたのだ。

7年前の真相は明らかになった。
此処に佐方は「最後の証人」の入廷を求める。
その名は高瀬、被害者の元夫である。

証言台に立った高瀬に佐方は「すべては卓の復讐であった」と断じる。

余命幾許も無かった美津子は自身の命を以て島津への復讐としたのだ。
そう、美津子は自殺だったのである。
自身の死を島津の犯行に偽装することで彼を陥れるつもりだったのである。

高瀬と美津子は夫婦2人で何度となく予行演習を繰り返した。
それはあまりに悲壮なものであった。

佐方は此処で「現場のカーテンが開いていた」理由を語り出す。
復讐に燃える美津子だが、その決行には相当な覚悟が必要であった。
美津子は自身の最期を愛する夫に見ていて欲しいと望んだ。
高瀬は自身の居場所を現場から分かるように焚き火を目印とした。

美津子は計画通り島津を襲い、これを帰宅させるとホテルの一室から外を眺めた。
其処にあったのは高瀬が灯した焚き火。
美津子は涙ながらにこれを見据えると、覚悟を決めて胸を刺した。
こうして、島津を罪に問う復讐が為されたのである。

だが、最後の証人・高瀬は佐方の推理を否定する。

そして判決のときが来た。
下されたのは「無罪」との結果。
佐方の弁護により、美津子殺害については島津の犯行とは言えないと判断されたのだ。
だが、裁判長は「まだ事件は終わっていない」と言い添えた。

島津はこれに喜ぶ素振りも見せず、佐方に詰め寄る。
島津には7年前の事件の再捜査が待っているのだ。

そして佐方はと言えば、小坂を通じ高瀬にあるメッセージを残した。
「弁護士が必要ならば呼んでくれ」と。

「罪は全うに裁かれるべき」が佐方のポリシー。
だが、それは裏を返せば「全うに救われるべき」でもある。
佐方は高瀬を救いたいのだ―――エンド。

<感想>

原作は佐方シリーズの第1弾『最後の証人』。
とはいえ、シリーズでは作中時間でもっとも最新の物語となります。
実は第2作『検事の本懐』以降は作中時間を遡っており、主人公・佐方の過去である検事時代が描かれています。

シリーズは2015年1月現在のところ、次の通り。

シリーズ第1弾にして作中時間でもっとも未来に当たる『最後の証人』。

『最後の証人』(柚月裕子著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

シリーズ第2弾、過去に戻り佐方の捜査検事時代を描く『検事の本懐』。

『検事の本懐』(柚月裕子著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

シリーズ第3弾、公判検事に異動した佐方の活躍を描く『検事の死命』。

『検事の死命』(柚月裕子著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

2014年12月現在シリーズ最新作短編『裁きを望む』。

『裁きを望む』(柚月裕子著、宝島社刊『このミステリーがすごい!2015年版』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

シリーズにストックのある作品だけに、本作が好評ならば連続ドラマ化も狙えそうな予感。

では、ドラマ感想を。

かなりアレンジが施されていましたね。
原作だと高瀬夫妻は離婚してなかった筈だし、原作だと事務員だった小坂が弁護士になってるし。
他にもいろいろ変更点があったように思います。
原作ファンにとってはこの変更点を好意的に受け入れられるかどうかがポイントとなりそう。

とはいえ、佐方の信念=ポリシーは原作と同様。
そのスタンスにより多くの人々が救われるのだ。
悪に厳しい佐方だが、弱者には限りなく優しい……そんな点も過不足なく描かれていたのではないでしょうか。

ちなみに、サブタイは今回も暴走気味だなぁと思う。

<キャスト>

佐方 貞人:上川 隆也
刑事事件を専門に扱う弁護士。いわゆる“ヤメ検”で、12年前まで“米崎”地方検察庁の検察官だったが、自らの“正義”を貫くためにその職を辞し、東京で弁護士事務所を開いた。
佐方の正義とは、“罪をまっとうに裁かせること”。いかにも偏屈でとっつきにくそうな男だが、その胸には自らの信念を貫くための情熱が燃えさかっている。
それゆえ彼が引き受けるのは、充分な捜査もされずに不当な裁きが下りそうな事件や、検察調書からはわからない複雑な動機が隠されているような事件ばかり。その見た目とは裏腹に、いつしか凄腕の弁護人として鳴らすようになり、今回の依頼で久々に米崎の地を踏むが…!?

庄司 真生:松下 由樹
米崎地方検察庁公判検事。明晰さと美貌を兼ね備えた、地検のエース。検事時代の佐方とは同期だった。 “どのような理由であれ、罪を犯した人間は裁かれるべき”という信念を持ち、組織の面子にとらわれることなく、自らの正義感に忠実に仕事に向かっている。
その心情の核には、子ども時代に通り魔に父を奪われた上、犯人が刑法第39条により不起訴になった…という過去があった。誰よりも罪を憎むがゆえに、時には罪そのものしか見えなくなり、人間の真実を見つめることを忘れてしまいがち。上司の筒井を検事として尊敬している。

小坂 千尋:倉科 カナ
佐方の事務所に所属する、新米弁護士。何を考えているかわからない佐方に振り回されながらも、“罪をまっとうに裁く”ことは“まっとうに救う”ことにほかならないという佐方のやさしさを誰よりも理解している。佐方もまた、小坂の“事件の本質を見極めようとする目”を信頼している。仕事以外にはまったく無頓着な佐方をあらゆる角度からサポートしている。

高瀬 光治:石黒 賢
被害者・美津子の元夫。内科医で、市内でクリニックを開業している。美津子との関係はすっかり終わっていたように思えるが…!?

浜田 美津子:紺野 まひる
事件の被害者。島津が趣味で開いている、陶芸教室の生徒だった。痴情のもつれによるありふれた殺人事件と見られていたが、彼女の死には7年前のある事故に端を発した驚愕の真相と、壮絶な決意が隠されていた…!

丸山 秀雄:平田 満
元警察官。7年前の事故の真相を知る人物。調べを進める佐方に対し、固く口を閉ざす。

島津 邦明:大杉 漣
今回の裁判の被告人。当初から一貫して無実を主張しており、情状酌量を狙う前任の弁護士を解雇し、公判直前に佐方に弁護を依頼した。建設会社や運送会社などを手広く経営し、地元では知らない者はいない有力者。元県公安委員長。

筒井 義雄:伊武 雅刀
米崎地方検察庁公判部長。かつては佐方の上司で、彼の優秀さを見込み、検事としての姿勢を事細かに教え込んだ。だが、12年前のある出来事がきっかけで、袂を分かった。今では2人の間に苦い溝が横たわっているとはいえ、筒井と佐方には師弟関係を超えた絆のようなものがある。「罪を犯すのは人間。法より人間を見なければならない」が筒井の口ぐせ。 ほか
(公式HPより、順不同、敬称略)


◆関連過去記事
【佐方シリーズ】
『最後の証人』(柚月裕子著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『検事の本懐』(柚月裕子著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『検事の死命』(柚月裕子著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『裁きを望む』(柚月裕子著、宝島社刊『このミステリーがすごい!2015年版』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【その他】
『臨床真理』(柚月裕子著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【「大藪春彦賞」関連記事】
「第15回大藪春彦賞」受賞作は柚月裕子先生『検事の本懐』に!!

「最後の証人 (宝島社文庫)」です!!
最後の証人 (宝島社文庫)





「検事の死命 (「このミス」大賞シリーズ)」です!!
検事の死命 (「このミス」大賞シリーズ)





「検事の本懐 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)」です!!
検事の本懐 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)





『業をおろす』が掲載された『『このミステリーがすごい!』大賞作家書き下ろしBOOK』です!!
『このミステリーがすごい!』大賞作家書き下ろしBOOK





『心を掬う』を収録した「しあわせなミステリー」です!!
しあわせなミステリー



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。