2015年05月20日

「実は私は」第111話「ヒーローになろう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第111話「ヒーローになろう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

登場人物一覧は本記事下部に移動しました。

<あらすじ>

〜〜〜これまでのあらすじ〜〜〜〜

「アナザル」こと「絶対に秘密を守れない男」黒峰朝陽は憧れのヒロイン・白神葉子の秘密を知ってしまった。
その秘密とは「白神葉子がハーフの吸血鬼である」こと。
朝陽は葉子の為に、この秘密を守らねばならない―――。
取り巻く人々を相手に、朝陽は秘密を守り抜くことが出来るのか?

矢先、実は宇宙人であった委員長・渚、狼男で肉食系女子な獅穂、悪魔っ娘の茜、未来人の凛、幼馴染のみかん、天使の華恋も加わって……。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

進路を前にあれやこれやと悩む朝陽。
そんな朝陽に茜は「ヒーローになれ!!」と提案する。

「ヒーロー!?」
突然のことに驚く朝陽だが、茜に連れられて行った先には派手な衣装を身に纏った華恋が。
どうやら、悪役を演じているらしい。

「あの、このヒーロー?」

本当に敵と戦うヒーローになれと言うのか!?
動揺する朝陽に茜は静かに頭を振る。
茜が語るヒーローとは「校内に増えた妖怪や未来人などの相談に乗る存在」のこと。
どうやら、相談窓口的な役割を演じさせたいようだ。

では、華恋の衣装は何なのか……どうやら、またも茜に騙されたらしい。
とはいえ、朝陽も露出の多いヒーロー衣装の被害者にされてしまう。

この衣装は本当に必要なのか……そんな疑問を抱えつつ、早くも相談窓口がオープンされた。

最初に訪れたのは結香だ。
結香はヒーロー姿の朝陽を一目見るなり「格好良い……」と呟く。
これに「お前は本当に誰でも良いんだな」と突っ込む茜。

ぽ〜〜〜っと熱に浮かされた様子の結香はおもむろに相談を語り出した。
なんでも、何故かクラスメートに忍者とバレることで困っているらしい。

絶句する朝陽。
それはそうだろう、結香の衣装や背中に抱えた手裏剣は明らかに忍者アピール以外の何物でもない。
にも関わらず、忍者であることを隠したいらしいのだ。

「いや、その格好で!?」
ついついツッコミを入れてしまう朝陽。
これに結香は「幾ら格好良い人でも心外な!!」と怒って出て行ってしまう。
もっとも、未だに目にハートマークを浮かべていたが。

「あいつ、幸せな奴だな」
再びボソリと呟く茜。

続いての相談者は咲である。
面識の無かった朝陽に「彼女はサキュバスだ」と説明する茜。
咲はと言えば悪魔である茜の前で恐縮しているようだ。
どうやら、茜はかなりの有名人らしい。

そんな咲がおずおずと切り出した相談は「友達が欲しい」こと。
だが、正体露見を怖れるあまり積極的に行動出来ないらしい。

この咲の姿に1年前の葉子を見た朝陽は「恐れずもっと積極的に行動すべきだ」と力説する。
それこそ、葉子に友達が出来たように咲にも出来る筈なのだ。

朝陽の言葉に勇気づけられた咲は笑顔で相談室を去って行く。
その姿を見ていた朝陽は自身が本当にしたいことはコレだったと気付いた。
そう、朝陽がしたいことは葉子たちのような存在と人との架け橋になることだったのだ。

駆け出した朝陽は下校途中の葉子と出会う。
葉子に自身の夢を語る朝陽、これを聞いた葉子の表情が綻んだ。
実は葉子もまた朝陽と同じことを望み、それを実現するべく教師になろうと志していたのだ。

朝陽が同じ夢を持ってくれたと知り喜び抱き着く葉子。
そんな2人の様子を校舎の屋根から見下ろす茜と源二郎。

「やはり親娘か、お前と同じ夢を抱くとは」
葉子の夢を聞き呟く茜だが―――112話に続く。

充実の「実は私は」が読めるのは「週刊少年チャンピオン」だけ。
本誌で確認せよ!!

<感想>

「週刊少年チャンピオン」にて「さくらDISCORD」を連載されていた増田英二先生の新作。
「さくらDISCORD」は未読の管理人ですが、1話を読んで注目している作品です。
コミックス1巻に続き2巻、3巻、4巻、5巻、6巻、7巻、8巻、9巻、10巻も重版出来とのことで、目出度い。
さらに、11巻も発売。
そして、本作かなり面白い!!

ちなみに遂に「実は私は」がアニメ化されるとのこと。
これについては制作会社や監督さん、キャストなどが少しだけ判明。
登場人物に黄龍院凛らの名前が無いことを見ると、序盤をアニメ化する予定なのかな。

【第EXTRA話】アニメ版「実は私は」スタッフさんとキャストさんの一部を明らかにされよう!

その111話。
サブタイは「ヒーローになろう!」。

茜に促され朝陽の進路が遂に確定。
それは「葉子のような存在と人との架け橋になる」こと。
また、これは葉子の進路でもあった。
葉子はこれを具体的に実現するべく教師になるつもりの様子。

そして此処で驚愕の新事実が発覚。
なんと、源二郎もまた過去に教師を目指していたらしい。
しかも、これまた葉子や朝陽と同じ動機で。
どうも、途中で吸血衝動や正体露見があって挫折したことになりそうかなぁ。

この轍を葉子は乗り越えられるのか!?
その為に茜は朝陽に協力させようと仕組んだように見える。
茜はああ見えて教育者としても凄腕っぽいなぁ。

もしかすると、意図的に茜が結香や咲たちを受け入れたのはコレをさらに進めて行き、最終的に学校以外でも人とそれ以外の存在の融和を図って行こうとしているのかも。
その過程で架け橋となる人材を育てることを狙いとしているのか。
これを果たしたのが朝陽たちが垣間見た未来世界になるのだろうか。
だとすると、茜はかなりのやり手となるが。

うむ、今回も充実した回ですな。
多くは語るまい、とりあえず読め!!

そう言えば、上でもお伝えした通りコミックス11巻が発売。
表紙は1巻の葉子、2巻の渚、3巻の獅穂、4巻の茜、5巻のフクちゃんとみかん、6巻の凛、7巻の明里さんに続き、8巻が銀華恋、9巻が渚とみかんのコンビ、10巻が1周回って葉子。
そして11巻は―――獅穂と凛がコンビで表紙に!!
緑苑坂弓は選ばれませんでした……源二郎涙。
今後はヒロイン2人のコンビで表紙になるのかな!?

ちなみに、上記のあらすじは本作の魅力を伝えられるよう改変を加えてまとめていますが、その面白さを伝えきれていません。
やっぱり、あの絵とコマ割りなどのテンポあっての本作。
是非、「週刊少年チャンピオン」本誌を読んで欲しい。

もう1度繰り返しましょう。
本作に興味を持たれた方には、是非、「週刊少年チャンピオン」本誌を捜して読んで欲しい。
最近の「週刊少年チャンピオン」は本作など本当に粒揃いでクオリティが高い作品が多い。
注目の雑誌の1つと言えるでしょう。

◆関連過去記事
「実は私は」第1話から第110話まで(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)まとめ

登場人物一覧:
黒峰朝陽:主人公、通称「アナザル」。
白神葉子:朝陽の意中の人物。ある秘密が……。
紫々戸獅狼:葉子の幼馴染。彼もまたある秘密を……。
紫々戸獅穂:葉子の幼馴染。彼女もまたある秘密を……。

藍澤渚:クラス委員長。彼女にも秘密が……。
藍澤涼:渚の兄、意外な形で登場することに……。
紅本茜:紅本の親族らしい。彼女にも秘密が……。
紅本明里:教師。彼女にも秘密が……。
黄龍院凛:33話より登場した謎の少女。彼女にも秘密が!?
黄龍丸:凛が駆るドラゴン。52話にて意外な正体が明らかに。

朱美みかん:朝陽の幼馴染。新聞部所属。通称「外道クイーン(オレンジ)」。
岡田:朝陽の友人の1人。通称・岡。眼鏡が特徴。割と友人想いの様子。
嶋田:朝陽の友人の1人。通称・嶋。軽い。
桜田:朝陽の友人の1人。通称・サクラ。渋い。
フクちゃん:「福の神見習い」を名乗る眼鏡。
フクの介:フクちゃんの先輩。やはり眼鏡。
フク太郎:フクちゃんとフクの介の先輩。やはり眼鏡。
フク蔵:フクちゃんとフクの介とフク太郎の先輩。やはり眼鏡。
手崎:文字通り茜の手先な料理教室のシェフ。

朝陽の父:朝陽の家族。22話に初登場。
朝陽の母:朝陽の家族。22話に初登場。
黒峰鳴:朝陽の妹。22話、28話、48話に登場。48話にて名前と顔が判明。92話で高校に進学。
白神源二郎:吸血鬼。額に十字傷を抱く巨人。39話にて名前が判明。
白神桐子:葉子の母で人間。和服の美女。38話にて名前が判明。
銀華恋:茜に続く第2のツノツキ……の筈だったが。58話から登場。

緑苑坂弓:朝陽たちの副担任、実は源二郎。92話から登場。
桃地結香:忍者少女、92話(実際は105話)から登場。ある秘密が……。
閃:鳴、結香のクラスメートの男子。瓶底眼鏡に腰の日本刀がトレードマーク。
水奈川咲:結香、閃、鳴のクラスメート。109話から登場。ある秘密が……。

「実は私は(1) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(1) (少年チャンピオン・コミックス)





こちらはキンドル版「実は私は(1)」です!!
実は私は(1)





「実は私は(2) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(2) (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は(3)」です!!
実は私は(3)





「実は私は(4) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(4) (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は(5) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(5) (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は 6 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は 6 (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は 7 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は 7 (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は(8) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(8) (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は(9) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(9) (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は(10) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(10) (少年チャンピオン・コミックス)





「実は私は(11) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
実は私は(11) (少年チャンピオン・コミックス)





「透明人間の作り方 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
透明人間の作り方 (少年チャンピオン・コミックス)





「さくらDISCORD 1 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
さくらDISCORD 1 (少年チャンピオン・コミックス)





「さくらDISCORD 2 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
さくらDISCORD 2 (少年チャンピオン・コミックス)





「さくらDISCORD 3 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
さくらDISCORD 3 (少年チャンピオン・コミックス)





「さくらDISCORD 4 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
さくらDISCORD 4 (少年チャンピオン・コミックス)





「さくらDISCORD 5 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
さくらDISCORD 5 (少年チャンピオン・コミックス)





posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ドS刑事」第6話「女子高生殺人に仕組まれた罠にマヤ怒りの法廷乱入!もう女装はイヤです」(5月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ドS刑事」第6話「女子高生殺人に仕組まれた罠にマヤ怒りの法廷乱入!もう女装はイヤです」(5月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

名門女子高「ヴィクトリア女学院」の学生・めぐみ(恒松祐里)が遺体で発見された。
不二子(吉田羊)の命令でマヤ(多部未華子)と代官山(大倉忠義)が学校に聞き込みに行くことになるが、そこで不二子とソックリな教師・小松原(吉田羊)に会った代官山はビックリ!
しかもマヤはヴィクトリア女学院の出身で、小松原の教え子だったのだ。

学生時代の恩を仇で返すように小松原を追い込み、めぐみが半年前から頻繁にチカンに遭っていたことや、彼女の友人が最近学校を休んでいることを聞き出したマヤ。
そして、バレエを習っていためぐみがライバルを蹴落とすためなら手段を選ばない“ブラックスワン”であったこと、デートクラブに登録して小遣い稼ぎをしていたことも判明する。

女子高生にしては多額すぎる銀行の残高などからめぐみの“裏の顔”に事件を解くカギが潜んでいると睨んだ不二子は、彼女の身辺調査を徹底するよう命じるが、そんな中、由良(石井正則)の情報で、めぐみがチカンの犯人を恐喝していた可能性が浮かび上がる。

めぐみにチカンした男たちへの聞き込みが進む一方で、めぐみが死んでから学校を休んでいるという女子高生・香奈(森川葵)にターゲットを絞ったマヤは、彼女の父がチカンで逮捕されていたことを突き止める。
そして、最近ある女性をストーカーのように追い回している香奈から、直接話を聞くことになるのだが…。
(公式HPより)


では、続きから……(一部、重複アリ)。

今日も今日とて不二子への愚痴を零す有栖川。
そして、それを当の不二子に見つかり慌てて誤魔化していた。

そんな中、名門女子高「ヴィクトリア女学院」の学生・めぐみの遺体が河川敷で発見された。
着衣に乱れがあったことから、何者かに高台から突き落とされたらしい。

早速、捜査が開始されるが今日に限ってはマヤが何故か大人しい。
特に嫌味や反抗するでもなく不二子の指示に従い「ヴィクトリア女学院」へ聞き込みに向かう。

これに同行した代官山は其処で驚くべき事実を知る。
なんと、「ヴィクトリア女学院」はマヤの母校だったのだ。
しかも、マヤの担任教師だった小松原は不二子と瓜二つだったのである。

再会するなり旧交を温めるでもなく嫌味の応酬を始めるマヤと小松原。
だが、卒業したマヤは一味違っていた。

成長したマヤは小松原の異性関係をネタに詰め寄り、彼女が男に騙され貢がされたと的確に責める。
これにあっさりと小松原は精神崩壊し、実家の土地まで奪われそうになったことを自ら自白する。

マヤが不二子に対し大人しかったのは此処で鬱憤を晴らす予定だったからだろう。
とはいえ、今回の聞き込みはめぐみの生活を調べることが目的。
小松原に復讐してもどうしようもない。
ある程度の成果を出したマヤは代官山の執成しで矛を収めることに。

何とか取り繕った小松原から情報を聞き出すマヤ。

なんでも、めぐみは半年前から頻繁に痴漢被害に遭っていたらしい。
さらに、めぐみの友人が学校を休んでいることも聞き出した。

一旦、捜査本部へ戻ったマヤたち。
其処では不二子へ、めぐみについての情報が報告されていた。

すると、めぐみの驚くべき素顔が明らかに。
なんと、めぐみはバレエを習っていたのだが役を得る為にはライバルを蹴落とす手段を選ばなかったそうなのだ。
めぐみは周囲から「ブラックスワン」と称されていたのである。

しかも、めぐみの預金口座に不審な入金が相次いでいたことも判明。
どうやら、めぐみはデートクラブに所属していたようだがそれでも多過ぎる金額であった。

マヤは情報屋の由良と接触、彼からめぐみが痴漢の犯人を恐喝していたことを聞き出す。
めぐみは敢えて痴漢を誘導し、現場を抑えるとこれを恐喝し多額の金銭を得ていたのだ。
多過ぎる入金はコレが理由であった。
しかも、その現場にはもう1人同行者が居たそうだが……。

この報告を受けた不二子はめぐみに恐喝された面々を容疑者として調べ始めた。
一方、マヤはと言えば学校を休んでいるめぐみの友人に注目する。

その友人の名は水上香奈。
香奈を調べたマヤは彼女が安藤リサなる女性を付け回していることを知る。
さらに、香奈の父である水上がリサに痴漢行為を働いたとして裁判中であることも分かった。

マヤと代官山は例のグルグルを行うことに。
死亡しためぐみ、その友人である香奈、水上の痴漢、めぐみの恐喝時に同行していた人物……様々なフレーズがマヤの脳裏を駆け巡り、マヤは何かを閃いたようだ。

リサについて調べ始めたマヤ。
すると、リサの素行が彼女自身が訴えていたような慎ましいものではなく、派手に遊びまわっていることが判明。

さらに、水上の調書を確認したマヤは彼の犯行が不可能であると結論付けた。

そして、水上の裁判当日。
マヤの姿が無いことに気付いた不二子と有栖川は濱田から行き先を聞き出し、マヤを追いかけることに。
なんと、マヤの行先は水上の裁判が行われている法廷であった。

駆け付けた不二子たちの前で、マヤが特別弁護人として登場。
証言台に立つリサを問い詰め始めた。

まず、マヤはリサの素行の悪さを証明。
その上で、リサが水上を冤罪に陥れたことを指摘する。
さらには、リサに余罪があることや彼女自身がそのことを自慢していたことまでも暴露する。

事此処に至り逆上したリサは本性を剥き出しに。
男への恨みを口走りながら手当たり次第に周辺の男性を襲撃し始めた。

これを取り押さえるべく鞭を奮うマヤ。
この一閃でリサは大人しくなり拘束されることに。
同時に水上の無罪がスピード判決された。

此処に1つの悪が滅びた。
とはいえ、何故マヤが水上を救ったのか?
答えは香奈にあった。

父の無実が証明された香奈はマヤにめぐみ殺害を認め自首することに。
香奈こそ、めぐみが恐喝していた際の同行者だったのだ。

弱味を握られていた香奈はめぐみに協力を余儀なくされていた。
そんな折、水上がリサの罠に嵌り逮捕された。
バチが当たったと考えた香奈は恐喝について自首するとめぐみに告げた。
これにめぐみが憤り、揉み合いになって殺してしまったのだそうだ。

逮捕された香奈にマヤは「香奈が父を想ったように、めぐみにも娘を想う家族が居た」と厳しく罪を償うように伝えるのであった。

不二子は呟く。
「マヤは香奈の出頭を促す為に水上を助けたのだ」と―――7話に続く。

<感想>

原作は七尾与志先生「ドS刑事シリーズ」。
2015年4月時点でのシリーズは既刊4冊、それぞれ第1弾『ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件』、第2弾『ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件』、第3弾『ドS刑事 三つ子の魂百まで殺人事件』、第4弾『ドS刑事 桃栗三年柿八年殺人事件』となっている。
過去には第1弾『ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件』をネタバレ書評(レビュー)してますね。

『ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件』(七尾与志著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

そのドラマ版。

テーマは「家族の愛情」と「痴漢冤罪」か。

「痴漢冤罪」についてはめぐみがわざと誘導し恐喝のネタにしていたこと。
さらにはリサのように全く無関係な人々を私怨で仕立てたことなどが描かれました。

「家族の愛情」はラストのマヤの台詞通り。
香奈が父を想ったように、めぐみにも彼女を想う家族があった。
立場を変えることで見えることもあるのでしょう。

なかなかでしたね。
ただ、此処に来て「瞬間接着剤」と「女装」がまた出て来るとは思わなかったなぁ。
サプライズでした。

◆「七尾与史先生」関連過去記事
【ドS刑事ドラマ版】
「ドS刑事」第1話「攻撃系女子とピュア巡査バディの痛快ポリス・コメディー!潜入捜査で女装しなさい」(4月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ドS刑事」第2話「連続放火殺人!だけど合コンに潜入しなさい!?爆走ポリス・コメディ!」(4月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ドS刑事」第3話「恐怖の連続放火にマヤの怒り爆発!恨みの連鎖の謎を解く涙のドS攻撃!」(4月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ドS刑事」第4話「囚われの少女は超ドS!?マヤVSリトルマヤ究極の対決 疑惑の誘拐事件!」(5月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ドS刑事」第5話「サプライズパーティ殺人事件!マヤも逆上・横暴上司に復讐したのは誰だ」(5月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【著作関連】
『ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件』(七尾与志著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

『死亡フラグが立ちました!』(七尾与史著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『キルキルカンパニー』(七尾与史著、宝島社刊『「このミステリーがすごい!」大賞作家書き下ろしBOOK』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【ドラマ関連】
「超再現!ミステリー」(日本テレビ系、2012年)まとめ

「超再現!ミステリー」第5回「“大人気…死亡フラグが立ちました”超天才バナナを使った殺人犯IQ手口&興奮ラスト」(5月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

シリーズ第4弾「ドS刑事 桃栗三年柿八年殺人事件」です!!
ドS刑事 桃栗三年柿八年殺人事件





シリーズ第1弾「ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件 (幻冬舎文庫)」です!!
ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件 (幻冬舎文庫)





シリーズ第2弾「ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件 (幻冬舎文庫)」です!!
ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件 (幻冬舎文庫)





シリーズ第3弾「ドS刑事 三つ子の魂百まで殺人事件 (幻冬舎文庫)」です!!
ドS刑事 三つ子の魂百まで殺人事件 (幻冬舎文庫)





キンドル版「ドS刑事 桃栗三年柿八年殺人事件 (幻冬舎単行本)」です!!
ドS刑事 桃栗三年柿八年殺人事件 (幻冬舎単行本)





シリーズ既刊3冊がセットになったキンドル版「ドS刑事 シリーズ3冊セット【電子版限定】」です!!
ドS刑事 シリーズ3冊セット【電子版限定】





「死亡フラグが立ちました! ~カレーde人類滅亡!? 殺人事件 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)」です!!
死亡フラグが立ちました! ~カレーde人類滅亡!? 殺人事件 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)





「死亡フラグが立ちました! (宝島社文庫) (宝島社文庫 C な 5-1)」です!!
死亡フラグが立ちました! (宝島社文庫) (宝島社文庫 C な 5-1)



posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。