2015年06月04日

「金曜プレミアム」最初の「2時間サスペンス」は2015年6月19日放送「潔癖クン殺人ファイル2」に……って、この日は「THE LAST COP」も放送だぞ!!の巻

長らく2時間サスペンスの放送が無かったフジテレビ系「金曜プレミアム」。
そんな「金曜プレミアム」初の「2時間サスペンス」放送が2015年6月19日に決定!!

放送されるのは「潔癖クン殺人ファイル2」。
2014年9月26日に放送された「潔癖クン殺人ファイル」の第2弾だそうです。
第1弾については過去にネタバレ批評(レビュー)していますね。

金曜プレステージ「潔癖クン殺人ファイル 汚れた招待状〜毒舌で超潔癖!前代未聞の刑事が奇妙な謎に挑む…死体に送られた届くはずない招待状…悲劇の黒い秘書…(潔癖クンが行く 汚れた招待状〜痴漢係はちょっとツライ!〜)」(9月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

さて、これにより意外な因縁が生じることに。

実は第1弾は「金曜プレミアム」の前身「赤と黒のゲキジョー」の前身である「金曜プレステージ」最後の「2時間サスペンス」だったりします。

第1弾が「金曜プレステージ」最後の2時間サスペンス作品。
第2弾が「金曜プレミアム」最初の2時間サスペンス作品。
偶然とはいえ、なんとも不思議な感じですね。

2014年10月から「金曜プレステージ」がタイトル変更されていた!?新タイトルの名は「赤と黒のゲキジョー」に!!

そんな「潔癖クン殺人ファイル2」は2015年6月19日放送予定!!

というワケで、2時間サスペンスファンとしては本来ならば諸手を挙げて喜ぶべき事態なのですが、此処で1つ問題が。
それが本記事タイトル。

そうなのです。
選りにも選ってまたも2時間サスペンス同士がぶつかりそうなのです。
しかも、どちらもこれまで2時間サスペンスを放送していなかったにも関わらず、放送した途端にかち合う事態に。
まるで狙っているかのようでまたも視聴に悩むことに。

この「潔癖クン殺人ファイル2」と放送時間が重なったのは日本テレビ系「THE LAST COP(ラストコップ)」の特番。

「THE LAST COP」はドイツで人気の「DER LETZTE BULLE」の日本リメイク作品。
昏睡状態に陥っていた刑事が30年の眠りから覚め、時代の変化に戸惑いながら事件を解決して行くとのストーリー。
主演は唐沢寿明さん。

このまさかの放送時間被りについて時系列としては「THE LAST COP」の6月19日放送が先に明らかになっており、其処に「潔癖クン殺人ファイル2」の放送日が明かされた状態。
何故、その日なのか……やはり狙ってなのでしょうか。

既に「THE LAST COP」を視ようと決めていただけに、此処に来てコレはきつい。
さて、どちらを視るべきか……悩むこととなりそうです。

ちなみに、それぞれのあらすじは次の通り。

まずは「潔癖クン殺人ファイル2」。

金曜プレミアム「潔癖クン殺人ファイル2 芸能界ザ・スキャンダル 路線バスロケでタレントが消えた…毒舌&お人好しコンビが業界裏側へ!赤い傘の女が死を招く」(6月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<あらすじ>

今回の事件の舞台は芸能界!相田と速水の二人が生活安全課の仕事で、防犯キャンペーンのために着ぐるみを着て商店街を練り歩いていて、バスの旅番組の撮影に出くわすところから物語はスタートする。速水はバス停で路線を検討している撮影中のお笑いコンビ・タカアンドトシを見つけると、ナゼか得意げに会話に割り込んでバスの乗り方を説明し、二人を間違ったバスに乗せてしまう…。段取りと違うバスに乗ってしまったことに気づいた撮影スタッフは大慌て。本来であればここで、牧瀬里穂演じる美人タレントの沢田由里子(さわだゆりこ)が番組ゲストとしてお笑いコンビと出会う設定にもかかわらず、速水が台無しにしてしまったのだ。非難の目が速水に集中し、撮影スタッフが大慌てする中、事件が発生。先ほどまでスタンバイしていたゲストの由里子がこつ然と姿を消してしまったのだ!その日の深夜になって、泥だらけのコート姿でぼうぜんと立つ由里子が発見された場所は、同じ日に起こった殺人事件の殺害現場のそば。由里子は警察から事情聴取を受けることに。そんな現場に出くわしたら黙っていられないのが、相田亮平。疑問に思ったら捜査するのが刑事だと捜査を勝手にはじめてしまう…。そして捜査の先には、なんと芸能界の一大スキャンダルが潜んでいた!?
(金曜プレミアム公式HPより)


続いて「THE LAST COP(ラストコップ)」。

金曜ロードSHOW 特別ドラマスペシャル「THE LAST COP(ラストコップ) 誰も見たことない!?NEWヒーロー誕生!現代常識を豪快に無視した破天荒捜査で敵も味方も大混乱!?」(6月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<あらすじ>

1985年。型破りだが熱すぎるほどの情熱で数々の事件を解決してきた刑事の京極(唐沢寿明)は、凶悪犯のカグラを追いつめた。しかしその瞬間、仕掛けられた爆弾が爆発。京極はそのまま昏睡状態に陥り、30年間眠り続けることに…。

そして2015年のある日。突如目覚めた京極は、妻の加奈子(和久井映見)の元を訪れる。しかし、再婚した加奈子から拒絶され、暴れていたところを若手刑事の亮太(窪田正孝)に逮捕されてしまう。そのまま横浜中央署に連行された京極は、かつての後輩・鈴木(宮川一朗太)や上司の鯨井(田山涼成)と再会。

早速刑事の職に復帰することになる。しかし30年間眠っていた京極にとっては、スマホやパソコンなどの最新機器や、喫煙マナー、セクハラ・パワハラ等々の「新常識」は理解不能!現代のルールを豪快に無視して、バディを組むことになった亮太を困らせてばかりだ。そんな中、京極と亮太は世間を騒がせている2人組の犯罪者「シーサー」が狙っているあるイベントの警備を担当することになり、現場でシーサーらしき男を発見するのだが…!?
(公式HPより)


さぁ、あなたはどちらを視る!?

こちらが人気のドラマ「Der Letzte Bulle [DVD] [Import]」です!!
Der Letzte Bulle [DVD] [Import]





サウンドトラック版「Der Letzte Bulle 3-Sat」です!!
Der Letzte Bulle 3-Sat





サウンドトラック版「Der Letzte Bulle 4-Sat」です!!
Der Letzte Bulle 4-Sat





キンドル版「潔癖性の人とのつきあい方―職場のやっかいな人とつきあうコツVol.10」です!!
潔癖性の人とのつきあい方―職場のやっかいな人とつきあうコツVol.10





「カビキラー 除菌@キッチン 400g」です!!
カビキラー 除菌@キッチン 400g





「カビキラー つけかえ 400ml」です!!
カビキラー つけかえ 400ml





posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水曜ミステリー9「夏樹静子サスペンス “無敵の法律事務所”弁護士橘明日香 動機証拠も十分な依頼人の無罪を勝ち取れるか!?赤い帽子の謎…脅迫状と指輪が暴く悲しき復讐!(弁護の鉄人)」(6月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「夏樹静子サスペンス “無敵の法律事務所”弁護士橘明日香 動機証拠も十分な依頼人の無罪を勝ち取れるか!?赤い帽子の謎…脅迫状と指輪が暴く悲しき復讐!(弁護の鉄人)」(6月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

五十嵐正樹(榎木孝明)と共に法律事務所を営んでいる橘明日香(沢口靖子)は、信頼できる依頼人のためならとことん闘う冷静沈着な弁護士。しかし信頼関係が崩れると担当を降りてしまう変わった一面がある。自由が丘で起きた殺人事件の容疑者・貝塚陽子(酒井美紀)の担当をすることになり、さっそく接見に行く。被害者の東郷宏康(久保龍一)は5年前に自動車事故を起こしており、陽子の娘はその犠牲者の1人だった。陽子は動機も明確なうえ、事件の3日前に東郷と口論している場面を目撃されている。凶器とみられるナイフからも指紋が検出され、言い逃れのできない状況。しかも犯行時刻のアリバイもない。それでも陽子は容疑を全面的に否認し、「決して嘘はつかない」と明日香に約束をする。

接見を終えた明日香は、事件が5年前の交通事故と関係があるかどうかを確かめるため、同じ事故で息子を亡くした笹井玲子(東風万智子)の元へ。デザイン事務所を経営している玲子は、陽子とは5年前に数回会ったものの最近は会っておらず、今回の殺人事件の犯行時刻頃はタクシーで実家の新潟へ移動中だったという。東京から新潟へタクシーで向かった点に疑問を抱いた明日香は、タクシーの運転手からも話を聞くことに。車載カメラの映像を見せてもらうと、確かに赤い帽子をかぶった玲子が映っていた。しかし明日香は、その映像の中で不自然な点に気がつく。一方、その日の夕方、五十嵐は法務を担当する大手流通企業の会長秘書・望月優介(片岡信和)から、中傷の手紙が送られてきたと相談を受ける。明日香はその会話を何気なく耳にしていたが…。

玲子について調べるため、明日香は新潟へ。一緒に同級生の結婚式に出席した友人によると、玲子は欠席予定だった結婚式に突然出席すると言いだし、二次会の幹事にも立候補。また、「仕事は優秀なアシスタントのお陰で順調」と語っていたという。玲子の行動に不信感を抱く明日香は、5年前の事故をさらに調査すべく、事故当時、東郷と一緒に車に乗っていた男性2人に会いに行く。ところがそのうちの一人、花村稔(野沢大悟)の自宅に到着すると、音信不通な上に彼の車のそばに血痕があったとのことで、土屋賢治(近江谷太朗)ら刑事が集まっていた。そんな中、ふと野次馬に視線を移した明日香の目に飛び込んで来たのは、赤い帽子をかぶった女性の姿だった。
(公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

橘明日香は五十嵐正樹法律事務所の弁護士である。
明日香には「依頼人との間に確かな信頼関係が必要である」との信念があった。
もしも、これに反することがあればどんな依頼人であろうとも明日香は弁護を降りるのだ。

そんな中、明日香は自由が丘で発生した殺人意見の容疑者・貝塚陽子の弁護を引き受けた。
陽子が殺害したとされるのは東郷宏康なる男性。
東郷は5年前に自動車事故を起こしており、陽子の娘・遥たちが犠牲者となっていた。

陽子は事件の3日前に東郷と口論していた。
さらに、凶器のナイフから指紋も検出されていた。
犯行時刻のアリバイもない。
もちろん、動機もある。

明らかに不利な状況であった。
だが、それでも陽子は犯行を否定。
これを信じた明日香は弁護を引き受けることにしたのだ。

明日香は陽子以外にも動機を持つ者が居ることに注目した。
そう、陽子以外の犠牲者遺族にも動機があるのだ。

調べたところ、遥以外に笹井玲子の息子も被害に遭っていたことが判明。
しかし、玲子には「タクシーで新潟へ移動中だった」とのアリバイがあった。

だが、これが明日香の脳裏に赤ランプを灯した。
わざわざタクシーで東京から新潟まで向かうだろうか!?

明日香は玲子を乗せたタクシー運転手から話を聞き、車載カメラの映像を確認する。
映像では確かに玲子らしき赤い帽子を被った女性が乗っていた。
だが、帽子で顔も見えず、特徴的なイヤリングも確認出来ない。

これは……別人なのではないか!?
そう疑い出す明日香だが。

一方、五十嵐が法務を担当する大手流通企業の会長秘書・望月優介からある相談が持ち込まれた。
望月によれば会長である佐伯修造について中傷する手紙が届いたらしい。
どうやら、佐伯は手口がダーティーなことで知られているようだ。

翌日、明日香は玲子について調べるべく新潟へ。
すると、玲子が新潟へ戻った理由が欠席予定だった筈の結婚式に出席する為であり、二次会の幹事を務めたことも分かる。
ところが、玲子を知る人によれば彼女らしくない不自然な行動らしい。

此処で明日香は気付いた。
玲子のアリバイは確かなのだが、行動が何ともチグハグなのだ。

明日香はさらに5年前の事故について調べ始めた。
すると、東郷以外に2人の男性が同乗していたことが分かる。
ところが、同乗者の1人・花村稔は何者かの襲撃を受け誘拐されていた。
この周辺では、玲子の姿が目撃されていたが……。

やはり、5年前の事故に何かが隠されているようだ。
こう確信した明日香は事故の鍵を握ると思われる内海圭太から事情を聞こうと考える。
だが、内海は佐伯の孫であった。
これを盾に、内海は何も明かそうとしない。

そんな中、事故のもう1人の被害者がクローズアップされた。
事故の被害者は陽子の娘、玲子の息子以外に浜田結衣なる女性も居たのだ。
もしかすると、結衣の関係者が犯人である可能性も出て来たのである。

矢先、内海までもが姿を消した。
その前後に、またも玲子が不審な行動を取っていたことで明日香は気付いた。
そう、玲子は囮なのだ。
タクシーに乗ったのは間違いなく玲子だったのだ。
玲子は共謀者であり、主謀者が別に居るに違いない。

其処へ結衣の関係者として望月の名前が浮上。
結衣が身に着けていた指輪を望月も指に嵌めていたのだ。
しかも、東郷殺害時の凶器からこの指輪の痕跡が確認されたのである。
やはり、動機は5年前の事故の復讐であった。

明日香は陽子を問い質す。
玲子が囮であったように、陽子も望月と共謀していたのである。
陽子から望月が「富士見町の空き倉庫」に居ることを報された明日香は現場へ。

倉庫には拘束された花村と内海が居た。
望月は内海を殺害しようとするが……駆け付けた明日香に妨害される。

此処で望月は真実を語り出した。

望月は結衣の仇を討つべく東郷殺害を計画した。
其処で同じ立場であった陽子と玲子に協力を依頼したのである。

望月が殺害を実行。
陽子が容疑者として逮捕され、玲子は陽子に容疑が集中しないように攪乱する。

陽子は表面上では接点の無い望月がアリバイを証言することで助ける。
玲子は容疑を集めるものの、犯人ではないから捕まらない。
こうして捜査は迷宮入りする筈であった。

ところが、望月が東郷を殺害した時点で真犯人が別に居ることが分かったのだ。
だが、東郷は自分の犯行ではないことは伝えたが、誰が真犯人なのかは伝え損ねた。

望月は途方に暮れてしまった。
此処で急遽、計画が変更された。
望月は真犯人を探して彷徨うことに。

事故車は花村の物であったことから、同乗者の中から花村が襲撃された。
ところが、花村から内海が真犯人であったことを聞かされることに。
内海は事故当時に飲酒状態にあり、佐伯に泣きついたのだ。
そして、佐伯は身代わりとして東郷を用意したのであった。

復讐を完遂しようとする望月だが、明日香の説得で投降。
明日香は望月たちの弁護を引き受けることに―――エンド。

<感想>

ドラマ原作は夏樹静子先生の短編集『乗り遅れた女』(新潮社刊)。

<あらすじ>

もしかしたら犯人は私だったかもしれない……。身近で緻密なミステリー6編。快いミスリードをお楽しみください。

新幹線に乗り遅れたと、東京駅から新潟までタクシーを飛ばした女は、好物のはずの夕食の蕎麦をなぜ残したのか?──「乗り遅れた女」。深夜タバコを買いに出、交通事故に遭った男の妻とその犯人は、なぜ監察医に会いに行ったのか?──「三分のドラマ」。もしかしたら犯人は私だったかもしれない……。身近で緻密なミステリー6編。快いミスリードをお楽しみください。
(新潮社公式HPより)


『乗り遅れた女』と言えば、その収録短編の1つ『女請負人』が原作となった同名ドラマもありました。
こちらも過去にネタバレ批評(レビュー)してますね。

金曜プレステージ「夏樹静子サスペンス 女請負人〜仕掛けられた女の罠〜女便利屋に舞い込んだ殺人依頼!?狂わされた犯罪計画…不審死の男と暗躍するストーカーの正体は?なりすまされた容疑者 真犯人との騙し合い!哀しき女の罪を暴け!」(9月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

では、ドラマ感想を。

明日香が玲子に疑惑を抱いたくだりで「まさか、ロング乗車が真っ向から否定されるなんて!!」と衝撃を受けた作品でした。
これは「タクシードライバーの推理日誌」を根底から覆しかねないぞ……とばかりに驚きのあまり固唾を呑んでしまいました。

それと、キャストが超豪華!!
沢口靖子さん、片岡鶴太郎さん、榎木孝明さん、酒井美紀さん、東風万智子さん、西岡コ馬さんも。
そして、望月役を演じた片岡信和さんも良かった。

此の点は特徴的でした。
とはいえ、それ以外はごくごく普通、本当に驚くほど普通。

そんな中、気になる点もありました。

3人も犯人が居ながら実行犯は1人だけ、望月のリスクが限りなく高いとか。
玲子の存在意義は本当にあったのか、とか。
望月の供述1つで本当に陽子は無罪だと判断され得たのか、とか。
それだったら3人でもっと巧妙に立ち回ることも出来たのではないか、とか。

疑問は無尽蔵に湧いて来ますが「東郷以外にターゲットが浮上したことがそもそも想定外だったから計画が対応出来ていなかった」と言われればそうなんだろうし。
ただ、ターゲットが東郷だけの場合でもどうも上手い方法とは言えないような気がするが……。
此の点、妙にモヤモヤした。

とはいえ、全体的に普通で普通な普通の感じだったし、ツッコミどころも奮わないし、かといって泣かせにかかるワケでもなし。
なんとも評価がしづらくはありますが「特に求めはしないけど次回作があっても良いかな〜〜〜」と言った印象です。

◆夏樹静子先生関連過去記事
【書籍】
「見えない貌」(夏樹静子著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「てのひらのメモ」(夏樹静子著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「天使が消えていく」(夏樹静子著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「第三の女」(夏樹静子著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『死なれては困る』(夏樹静子著、徳間書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

【ドラマ】
【検事・霞夕子シリーズ】
金曜プレステージ 夏樹静子サスペンス・検事・霞夕子「首吊り死体が歩いた!悲劇の始まりは1年前の交通事故…歯科医の死体!残された親指の指紋の謎が解けた時…事件の真相が明らかになる(森を歩く死体)」(2月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「3週連続・罪と女とミステリー第2夜 夏樹静子サスペンス・検事霞夕子〜無関係な死〜猟銃に撃たれた老人・痴漢に間違えられた男…2つの事故に疑惑が生じた時女たちの運命が変わる…!」(9月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「検事 霞夕子3 年一回の訪問者〜ピアノの音が聞こえる日は殺人が起きる!?元女弁護士が容疑者になった理由・衝撃の過去を持つ女」(6月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「夏樹静子サスペンス 検事 霞夕子4 誤認逮捕〜もう失敗できない!1年前濡れ衣で人生を狂わされた男の周りで再び起こる怪事件…!かつてミスをした刑事はどう挑むか…?」(6月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「夏樹静子サスペンス 検事 霞夕子5 幻の罪 夫の死をイメージすることは罪なのか?夫が本当に死んだ時、死がもたらす利害と愛憎が浮かび上がる…!」(12月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「夏樹静子サスペンス 検事 霞夕子6 不能犯 同じ日の真夜中に複数の無関係な人間が同一人物を刺殺!?こんな偶然あるわけない…!法律を悪用する強敵の意外な正体」(5月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

赤と黒のゲキジョー「夏樹静子サスペンス 検事霞夕子7 死人に口あり 運び出された遺体が口を開き、男の名前を言って息絶えた 犯人の名?あるいは…死者の遺したメッセージに込められた執念」(10月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【イソベン・里村タマミの事件簿シリーズ】
月曜ゴールデン 夏樹静子サスペンス「見えない貌〜イソ弁里村タマミの事件簿〜ダムに美しき水死体!出会い系美人妻の孤独と禁断愛…真相を追う母を襲う新たな殺人…真実のカギは親子愛」(6月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「夏樹静子サスペンス 霧氷〜イソベン・里村タマミの事件簿〜我が子を殺しました 育児疲れの母が落ちたワナ!霧に消えた更なる殺人!嫉妬・愛憎…家族の秘密とは?」(10月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【弁護士・朝吹里矢子シリーズ(フジテレビ版)】
金曜プレステージ「夏樹静子サスペンス弁護士・朝吹里矢子〜古都・おさない証言にゆらぐ老舗〜能登和倉温泉・目撃者は5才児金沢−東京繋ぐ犯行のシナリオ」(12月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【弁護士・朝吹里矢子シリーズ(テレビ東京版)】
水曜ミステリー9「夏樹静子サスペンス 逆転弁護士ヤブハラ 証言拒否 資産家セレブ一族の連続殺害事件!美しき内縁の妻の2つの顔…黒い保険金6000万円と封印された謎の遺書」(2月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
月曜ゴールデン夏樹静子原作「Wの悲劇」(1月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

NHKドラマスペシャル てのひらのメモ「あなたは本当にわが子を放置したの?裁判員に選ばれた一人の主婦がたどり着く真実」(10月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「夏樹静子作家40年記念 天使が消えていく〜小さな命を守れ!欲望の街を走る女性記者!死者からの手紙!驚愕の結末とは!?」(10月30日放送)ネタバレなし感想

土曜ワイド劇場「女刑事・左近山響子 90便緊急待避せよ 復讐殺人フライト!!ハイジャック未遂の罠隣席は、連続殺人犯!?立ち聞きされた密会」(5月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「夏樹静子・作家40年記念 第三の女 運命の出会いは交換殺人の幕開けフランスで愛しあったあの女は一体誰なのか禁断の恋はエリート准教授を転落させていく…」(12月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「夏樹静子サスペンス 女請負人〜仕掛けられた女の罠〜女便利屋に舞い込んだ殺人依頼!?狂わされた犯罪計画…不審死の男と暗躍するストーカーの正体は?なりすまされた容疑者 真犯人との騙し合い!哀しき女の罪を暴け!」(9月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他情報】
夏樹静子先生インタビュー記事が「asahi.com」に掲載!!

夏樹静子先生、読売オンラインにて囲碁について語られる!!

<キャスト>

橘明日香:沢口靖子
鎌田幹生:片岡鶴太郎
五十嵐正樹:榎木孝明
貝塚陽子:酒井美紀
笹井玲子:東風万智子
佐伯修造:西岡コ馬
土屋賢治:近江谷太朗
磯部明:小宮孝泰
望月優介:片岡信和
真部美波:池澤あやか
矢代昌美:中村綾
矢代尚之:ノモガクジ
内海圭太:三上陽永
東郷宏康:久保龍一
花村稔:野沢大悟 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


ドラマ原作「乗り遅れた女 (新潮文庫)」です!!
乗り遅れた女 (新潮文庫)





キンドル版「乗り遅れた女」です!!
乗り遅れた女





「火曜サスペンス劇場 セレクション1 DVD-BOX」です!!
火曜サスペンス劇場 セレクション1 DVD-BOX



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。