2015年06月14日

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第96話「JOKER」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年7月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第96話「JOKER」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年7月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)です!!

ネタバレあります、注意!!

登場人物一覧:
森羅:主人公。C.M.B.の指輪の主。多大な影響力を持つ。
七瀬立樹:森羅のパートナー。身体を動かすことが得意。

マウ・スガール:「ブラック・マーケットの魔女」と呼ばれる少女。
ベルナルド:マウのビジネス相手だったのだが……。
イネス:ベルナルドの婚約者。
ハビ:イネスの元カレ。道化師。
リカルド:イネスの同僚の道化師。

<96話あらすじ>

「ブラック・マーケットの魔女」と呼ばれるマウ・スガールがスペインに現れた。
彼女の目的はベルナルドが所有している絵画である。

早速、ベルナルド宅へ車で訪問したマウだが、其処は結婚パーティーの真っ最中であった。
しかも、どうも当のベルナルドの結婚パーティーらしい。
当然、招待客であたりはイッパイである。
駐車スペースにも事欠くありさまで、中には二重駐車をしている者さえいるくらいだ。

この有様にマウは苛立ち、二重駐車している車を指差し運転手へと声をかける。
「アレにぶつけろ!!」と。

数分後、何やら上機嫌な様子のマウの姿があった。
どうやら、少し気分が晴れたようである。

上機嫌のマウはバルーンアートで客をもてなす道化師の前を通り抜けながら、ベルナルドのもとへ。
すると、ベルナルドが何者かに刺されて倒れ込んでいるではないか!!

思わず、ベルナルドのもとに駆け付けたマウ。
どうやらベルナルド自身に息はあるようだが……。

と、其処を家人に目撃されてしまった。
こうして、マウはベルナルド殺害未遂の犯人として逮捕されてしまうことに。

思わぬピンチに陥ったマウ。
こんなときに彼女が頼れるのは……。

数日後、マウの前には森羅と立樹が立っていた。
こうして、マウの依頼で森羅たちは彼女の無実を証明することに。

森羅たちはベルナルドの婚約者を訪ねる。
すると、婚約者であるイネスはあっさりと森羅たちを通した。
これに森羅は「イネスが犯人に心当たりを抱いている」と指摘する。
でなければ、ベルナルド殺害未遂犯人とされているマウの仲間を通すワケがないからだ。

森羅の指摘を正直に認めたイネスは元恋人・ハビの名前を挙げた。
ハビは暴力的な性格でイネスを虐待していた。
そんなイネスを助けたのがベルナルドだったのだ。
ハビはイネスを奪ったベルナルドを恨んでいたらしい。

こうしてハビのもとへ向かった森羅たち。
ところが、当のハビはアリバイを主張する。

ハビは道化師の仕事をしているのだが、犯行当日はベルナルド宅から10キロ離れた家でずっと仕事をしていたそうだ。
その姿は周囲の客により確認されていた。
少なくともベルナルド宅との間を往復するだけの時間を空けていたことはないようだ。

これを報告されたマウは当日のベルナルド宅にも道化師が居たことを思い出した。
ベルナルド宅の道化師はハビの同僚・リカルドであった。
これにマウは2人の道化師が入替って犯行に及んだと主張する。
しかし、入替るにはいずれかの道化師が移動せねばならず空白の時間が生じる筈である。
ところが、そんな事実は存在しなかったのだ。

では、ハビに依頼されたリカルドが犯行に及んだのか?
いや、これも不可能である。
何故なら、リカルドは腕を怪我しており物理的に不可能だったのだ。
怪我をして以降のリカルドに出来ることと言えば簡単な軽業と車の運転ぐらいであった。

困り果てたマウ。
森羅は本来マウが入手する筈だった絵画を条件に、真相を明かす。

2人の道化師の入替りと考えるから不可能になるのだ。
3人の道化師の入替りならば問題ないのである。
ハビは同僚のリカルドともう1人仲間を加えて実行したのである。

まず、リカルドがベルナルド宅、ハビが10キロ離れた客宅で仕事を開始。
此処に3人目が登場。
3人目はハビと交代し、ハビは車でベルナルド宅へ。
此処でハビとリカルドが交代し、リカルドは車で第3の男のもとへ。
頃合いを見計らってハビがベルナルドを襲撃し、その場から逃走したのであった。
こうしてアリバイを偽装したのだ。

森羅の告発にも「証拠が無い」と主張するハビ。
だが、森羅は「意外な証拠がある」と譲らない。
それはトリックを実行した為に起こった出来事であった。

まず、ベルナルド宅担当の道化師がバルーンアートを披露していたこと。
これは腕を怪我したリカルドには不可能なことであった。
あくまでハビだからこそ可能だったのだ。

そして、もう1つ。

あの日、マウは二重駐車の車に苛立ち自身の車を衝突させた。
その衝突された車こそ、ハビがベルナルド宅へと乗り付けた際に使用したリカルド所有の車だったのだ。
リカルドは車を修理に出しており、其処からマウの車の塗料が検出された。

こうして、ハビがベルナルド宅へ移動していたことが明らかになった。
ハビは罪を認めることに。

森羅は絵画を手に入れて上機嫌である。
そんな森羅に「愛を失った道化師はピエロでしかない」と告げるマウであった―――エンド。

<感想>

「月刊少年マガジン」2015年7月号掲載「96話 JOKER」です。

マウの冒頭での行動が意外な結末に繋がる点が良かったです。
他にもバルーンアートの件を含め、伏線が配されていました。
何より、2人ではなく3人によって成立するトリックも意外性があったように思います。
この発想もアリです。

次回にも期待!!

ちなみに、あらすじでは良さを伝え切れてません。
本作自体を読むべし!!

なお、講談社さんから『少年マガジン+』に代わって『少年マガジンR』が2015年4月20日に新創刊。
この『少年マガジンR』にて加藤元浩先生『Q.E.D. 証明終了』が『Q.E.D. iff-証明終了-』として再始動!!
こちらも見逃すな!!

「Q.E.D.証明終了 iff」1話(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジンR 2015年1号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

◆関連過去記事
【「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」シリーズ】
「C.M.B. 森羅博物館の事件目録(「月刊少年マガジン」2012年6月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録(「月刊少年マガジン」2012年7月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録(「月刊少年マガジン」2012年8月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録(「月刊少年マガジン」2012年9月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 67話 ガラスの楽園・前篇(「月刊少年マガジン」2012年10月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 68話 ガラスの楽園・後編(「月刊少年マガジン」2012年11月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 69話「螺旋の骨董品店」(「月刊少年マガジン」2012年12月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 70話「4枚目の鏝絵」(「月刊少年マガジン」2013年1月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 71話「足摺厚焼き卵店」(「月刊少年マガジン」2013年2月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 72話「Nobody」(「月刊少年マガジン」2013年3月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 73話「グラウンド」(「月刊少年マガジン」2013年4月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 74話「二笑亭」(「月刊少年マガジン」2013年5月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第75話「ダイヤ泥棒」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年6月号」掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第76話「レース」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年8月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第77話「掘り出し物」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年9月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第78話「バッグ ストーリー」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年10月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第79話「その朝、8時13分」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス) 2013年7号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第80話「香木」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年12月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第81話「ゴンドラ」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年1月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第82話「ライオンランド(前篇)」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年2月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第83話「ライオンランド(後篇)」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年3月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第84話「兆し sign」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年4月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第85話「アステカのナイフ」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年5月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第86話「爆破予告」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年7月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第87話「幸運」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年8月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第88話「キジムナー」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年9月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第89話「空き家」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年10月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第90話「プラクルアン」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年11月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第91話「ホリデー(前編)」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年12月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第92話「ホリデー(後編)」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年1月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第91話「被害者、加害者、目撃者」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年2月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第92話「椿屋敷」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年3月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第93話「自白」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年4月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第94話「ドリームキャッチャー」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年5月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第95話「宗谷君の失踪」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年6月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B.番外編 M.A.U. “ブラック・マーケットの魔女”の事件目録 箪笥の中の幽霊」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス) 2013年6号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【「Q.E.D.証明終了」シリーズ】
「Q.E.D.証明終了(「月刊少年マガジン+(プラス)」2012年3号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス)」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了(「月刊少年マガジン+(プラス)」2012年4号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス)」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 金星(「月刊少年マガジン+(プラス)」2013年5号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス)」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 初恋」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年7月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 失恋」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス) 2013年6号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 巡礼」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年10月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 陽はまだ高い」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス) 2013年7号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 代理人」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス) 2014年8号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 iff」1話(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジンR 2015年1号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.iff ―証明終了―(1): 月刊マガジン」です!!
Q.E.D.iff ―証明終了―(1): 月刊マガジン





「NHK TVドラマ「Q.E.D.証明終了」BOX [DVD]」です!!
NHK TVドラマ「Q.E.D.証明終了」BOX [DVD]





posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土曜ワイド劇場「京都美食タクシー殺人レシピ 元料理人ドライバーと女刑事夫婦!!高級料亭の秘密が呼ぶ連続殺人!?若狭の箸に塗り込められた過去」(6月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「京都美食タクシー殺人レシピ 元料理人ドライバーと女刑事夫婦!!高級料亭の秘密が呼ぶ連続殺人!?若狭の箸に塗り込められた過去」(6月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

北山修一郎(中村梅雀)は観光スポットをめぐり、おいしい食事処へ案内する“京都美食タクシー”のドライバー。実は元料理人で、フランスで修業した経験も持っている。妻は京都府警捜査一課のエリート係長・北山さとみ(賀来千香子)で、おばんざいの店を切り盛りする修一郎の母・鈴乃(草村礼子)と共に暮らしている。ひとり娘の香奈(岡本玲)は神戸の大学に通っており、時々帰ってくる。

その日、京都の老舗料亭“佐々山楼”では“食と文化の交流会”に提供する料理の品評会が行われていた。多くの文化人が揃った審査員の中には、曽根原健二(湯江健幸)、浅野美和子(石野真子)ら料理評論家の姿があった。
若き経営者の佐々山清彦(石垣佑磨)、女将・佐々山絹代(朝加真由美)らが見守る中、曽根原は料理を絶賛するが、なんと美和子が異を唱えた。「この程度のものが、京を代表する料理と思われるのは心外です。佐々山楼に任せるべきではない」――。美和子の発言を機に佐々山楼の評価は落ち、結局、交流会の料理担当からは外されてしまった。品評会が終わった後、店では、女将、清彦、経理責任者の木内康弘(比留間由哲)らが互いに責任をなすりつけあっていた。ネットニュースには、京都新報の記者・谷弘美(大路恵美)が書いた“佐々山楼が凋落”という記事が早くも掲載されていた…。

その夜、曽根原が自宅マンションから転落死する。臨場したさとみはテーブルの上の料理に気づく。レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』のメニューと同じものだった。曽根原は死を前に最後の晩餐を口にしたのだろうか…!? だが、修一郎は同僚のドライバーから、曽根原が転落死する前の晩、彼をタクシーに乗せたという話を聞く。曽根原は上機嫌で“鰆(さわら)”を食べたと話していたという。自殺する人間が出世魚である鰆を食べるだろうかと、修一郎は疑問を抱く。
そんな中、美食タクシーの予約が入った。鈴木明美と名乗る都内在住の女性からの予約で、観光はどこでも構わないが、料理は必ず“佐々山楼”のコースを予約してほしいという。修一郎が食べ物のアレルギーはないか尋ねると、女性はアレルギーを持っていると話した。

そして翌日。美食タクシーを待っていたのは、なんと京都新報記者の弘美だった。弘美は出入り禁止になっている佐々山楼に偽名を使い、美食タクシーを利用して入り込もうとしたのだ。ところが、弘美が食事中に突然苦悶し、息絶えてしまう。弘美が苦しみだしたのは、蕎麦の実を使った特製コロッケを食べた後で、彼女の死因は食物アレルギーによるショック死だった。それを聞いた修一郎は、引っかかる。事前に調べたコースの品書きにはコロッケはなく、修一郎が電話で予約を入れた際、客には蕎麦アレルギーがあることを佐々山楼に伝えていたからだ。
にもかかわらず、蕎麦の実を使ったコロッケが供されていたとはどういうことなのか!? 仲居に確かめると、修一郎が予約をした後、再び美食タクシーを名乗る電話が入り、「アレルギーは勘違いだったためコロッケを出してほしい」という連絡を受けたという。犯人は、美食タクシーを利用して弘美を殺害したのだ…! 自らの仕事を悪用され、大切な客が命を落としたことに強い憤りを覚えた修一郎は、さとみが止めるのも聞かず、調査を開始。元シェフである修一郎は豊富な料理の知識と、誰よりも京都の街を知り尽くしたタクシードライバーとしての視点から、さとみら警察では解明できない謎を解き明かし、意外な真犯人を暴いていく…!
(土曜ワイド劇場公式HPより)


では、続きから(一部、あらすじと重複あり)……

北山修一郎は「京都美食タクシー」のドライバーである。
「京都美食タクシー」とは京都内の観光スポットから美味しい食事処を案内するタクシーのこと。
北山が元料理人であることもあって、その案内には定評がある。

さらに北山の妻・さとみは京都府警捜査一課のエリート係長。
北山はさくらや母・鈴乃、1人娘・香奈に囲まれ暮らしている。

そんな中、京都の老舗料亭「佐々山楼」にて若き経営者・佐々山清彦主導のもと「食と文化の交流会」に提供する料理の品評会が行われた。
参加した審査員は曽根原健二や浅野美和子ら有名な料理評論家たちなど錚々たるメンバーであった。

此処で曽根原は大絶賛するが、美和子が「佐々山楼」を批判することに。
美和子の影響力は大変に大きく「佐々山楼」の評判は地に落ちた。
結果、交流会の料理担当から外されてしまった。

これに追い打ちをかけるように「京都新報」の記者・谷弘美もバッシング記事を寄せた。
「佐々山楼」はさらに追い込まれることに。

清彦や女将・佐々山絹代、経理責任者の木内康弘らはこの事態に頭を抱える。

同日夜、曽根原が自宅マンションから謎の転落死を遂げた。
現場にはレオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」と同じメニューが残されていた。
覚悟の自殺かと思われたのだが……。

北山は同僚ドライバーから曽根原が「鰆を食べていた」との話を小耳にする。
鰆は出世魚である、自殺する人間が食べる筈はない―――そう考えた北山は他殺を疑う。

直後、北山の美食タクシーに予約が入った。
予約を入れたのは鈴木明美なる都内在住の女性で、「佐々山楼」での食事を楽しみにしているらしい。

早速、女性のアレルギーの有無を確認した北山。
すると、女性客には命に関わりかねないアレルギーがあることが分かった。
北山は「佐々山楼」へ予約を入れると共に「アレルギー注意」の旨を伝えるのだが。

翌日、鈴木明美の正体が判明。
実は弘美の偽名であった。
弘美はバッシング記事により「佐々山楼」を出入り禁止になっており、「美食タクシー」を利用して上り込もうとしていたのだ。

この計画は成功したのだが、食事を口にした弘美がアレルギーで死亡してしまう。
なんと、蕎麦の実を用いたコロッケが並んでいたのである。

北山は確かに「アレルギー注意」と伝えた筈であった。
ところが、何者かが北山の名を騙り「アレルギーは無かった」と改めて連絡を入れていたのである。
明らかな殺人であった。

「美食タクシー」の名を穢されたと憤った北山は犯人を突き止めるべく調査を開始した。

彼が疑ったのは元「佐々山楼」の料理人・石井順平。
石井は何かを探っていたようなのだが……。

矢先、当の石井が何者かに殺害されてしまう。
この犯人として清彦に疑惑が向かう。

実は清彦は弘美と恋人同士。
弘美の過剰と思われるバッシング記事も「佐々山楼」を想えばの率直な批判だったのだ。
清彦は北山を騙った電話の主が石井だと考えていた。
その復讐が疑われたのだ。

さらに、清彦が「佐々山楼」の養子であると明らかに。
27年前に引き取られたのだそうだ。

そんな中、北山は香奈を連れて神宮寺の店へ。
神宮司は謎の料理人、過去も知れないが情報通なのだ。
神宮寺によれば美和子は35年前までは料理人であった。
当時、天才料理人と交際していたそうだ。
さらに、その相手が急逝すると27年前から料理を封印し評論家となったらしい。

27年前と言えば清彦が「佐々山楼」に引き取られた時期と合致する。
何かを感じ取る北山。

さらに、北山は曽根原殺害時に現場に置かれていた晩餐を目にしオレンジスライスに注目する。
それにはある料理人の特徴が込められていたのだ。

其処からその人物が犯人だと目星を付けた北山は石井殺害もその人物の犯行だと考える。
だが、さとみによればその人物は鉄壁のアリバイがあった。

困った北山だが、同僚の会話を盗み聞き「地下鉄を使えばアリバイなんてなかったんだ」ということに気付く。

こうして、関係者を呼び集めた北山が犯人として指摘したのは木内康弘であった。
実は木内は元料理人であり、曽根原殺害現場のオレンジスライスは彼独自のアレンジが施されていたのである。
木内は経理担当の立場を利用し産地偽装を行っていたのだ。
それを曽根原に脅迫され殺害したのであった。

そして、もう1人。
石井殺害も木内の犯行であった。

石井もまた木内の産地偽装に気付き、これを脅迫していた。
同時に、弘美もこれに肉薄して来た。

木内は石井に弘美殺害を依頼。
石井は北山の名を騙り「佐々山楼」に連絡を入れアレルギーの罠で殺害した。

しかし、木内は石井を生かしておくつもりはなかった。
清彦と石井を密会させ揉めさせた後に、石井を殺害したのであった。
もちろん、石井殺害に際して主張されていたアリバイは地下鉄を使えば「そんなものはそもそも無かった」。
それどころか地下鉄の防犯カメラ映像が動かぬ証拠となり、木内は逮捕されることに。

続いて美和子の真意が北山により暴露された。
実は美和子の批判もまた弘美同様に「佐々山楼」を励ます為の厳しさであった。
美和子は清彦の生き別れた実母だったのだ。

親子も名乗りを上げ、物語は完結した―――エンド。

<感想>

新シリーズ「京都美食タクシー殺人レシピ」第1弾。
原作なし、オリジナル作品です。

では、ドラマの感想を。

2時間サスペンス界に新たな職業の組み合わせが誕生しました。
これまでにも2時間サスペンス界にはさまざまな職業を経験した主人公が存在していました。

例えば……

「医師と検事」と言えば土曜ワイド劇場「検事・朝日奈耀子シリーズ」。
「芸者と弁護士」と言えば月曜ゴールデン「芸者弁護士シリーズ」。
「元検事と弁護士」と言えば土曜ワイド劇場「ヤメ検シリーズ」。
「裁判官と清掃員」と言えば月曜ゴールデン「ヤメ判 新堂謙介シリーズ」。
「元刑事とペンションオーナー」と言えば月曜ゴールデン「釣り刑事シリーズ」。
「元刑事とタクシー運転手」と言えば土曜ワイド劇場「タクシードライバーの推理日誌シリーズ」。

などなど……このようにさまざまな組み合わせがありましたが、今回のコレはかなり新しい。
なんと「タクシー運転手と料理人」の組み合わせに。

これだけで既にエポックメイキングな出来事に。
なかなかに衝撃的です。

そんな本作でしたが、設定などから分かるようにセオリー打破を狙っていたように思えるのですが何故かセオリー通りに。
もちろん、シリーズによってはセオリーを突き詰めた方が面白いのですが……なんなのだろう?
そもそも、ところどころはなかなかに新しいのですが、全体を通じてみると何処かで見たような気がするシーンの連続となっていました。
何故なんだろう!?

ちなみに例のアリバイトリックが1番脱力ものでした。
あれを知らされた途端にガックリと肩が……。
確かに「北山がタクシー運転手だったからこそ車に拘り鉄道が盲点となった」とは言えそうなのですが、あれはさとみが「鉄壁のアリバイ」と言うようなものなのか?
北山だけならば「意外な盲点」と言える筈なのに、さとみに「アリバイが鉄壁だと主張させた」ことで何とも虚しい構図に。
公共交通機関は真っ先に調べておくべきルートではないでしょうか。
此の点、十津川警部は偉大だと改めて感じました。
彼の警部ならば真っ先に潰して来たルートでしょう。
なんともモヤモヤします……「鉄壁のアリバイ」が北山だけの主張だったならば納得できた筈なのに!!

そして、ヒントおじさんとなっている神宮寺。
正体不明とは言え、あまりに情報通過ぎるぞ。
本当に何者なのだ!?

とはいえ、弘美殺害のアレルギートリックや、ついつい普段の癖を出してしまったオレンジスライスなどはなかなか良かったと思います。
それと、作品全体を覆う雰囲気も決して悪くは無かったと思うので、強くは望みませんが「シリーズ続編があっても良いかなぁ」とは思います。

ただ、アリバイトリック。あれをさとみから鉄壁と主張させたことだけは納得出来ん!!

<キャスト>

北山修一郎:中村梅雀
北山さとみ:賀来千香子
浅野美和子:石野真子
北山香奈:岡本 玲
橋本 暁:竹財輝之助
佐々山清彦:石垣佑磨
谷 弘美:大路恵美
佐々山絹代:朝加真由美
北山鈴乃:草村礼子
神宮寺幸造:勝野 洋 ほか
(敬称略、順不同、公式HPより)


キンドル版「潜入ルポ 東京タクシー運転手 (文春新書)」です!!
潜入ルポ 東京タクシー運転手 (文春新書)





キンドル版「タクシー王子、東京を往く。 日本交通・三代目若社長「新人ドライバー日誌」 (文春e-book)」です!!
タクシー王子、東京を往く。 日本交通・三代目若社長「新人ドライバー日誌」 (文春e-book)





キンドル版「人生と経営はタクシー運転手が教えてくれる」です!!
人生と経営はタクシー運転手が教えてくれる



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。