2015年06月19日

金曜ロードSHOW 特別ドラマスペシャル「THE LAST COP(ラストコップ) 誰も見たことない!?NEWヒーロー誕生!現代常識を豪快に無視した破天荒捜査で敵も味方も大混乱!?」(6月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜ロードSHOW 特別ドラマスペシャル「THE LAST COP(ラストコップ) 誰も見たことない!?NEWヒーロー誕生!現代常識を豪快に無視した破天荒捜査で敵も味方も大混乱!?」(6月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

1985年。型破りだが熱すぎるほどの情熱で数々の事件を解決してきた刑事の京極(唐沢寿明)は、凶悪犯のカグラを追いつめた。しかしその瞬間、仕掛けられた爆弾が爆発。京極はそのまま昏睡状態に陥り、30年間眠り続けることに…。

そして2015年のある日。突如目覚めた京極は、妻の加奈子(和久井映見)の元を訪れる。しかし、再婚した加奈子から拒絶され、暴れていたところを若手刑事の亮太(窪田正孝)に逮捕されてしまう。そのまま横浜中央署に連行された京極は、かつての後輩・鈴木(宮川一朗太)や上司の鯨井(田山涼成)と再会。

早速刑事の職に復帰することになる。しかし30年間眠っていた京極にとっては、スマホやパソコンなどの最新機器や、喫煙マナー、セクハラ・パワハラ等々の「新常識」は理解不能!現代のルールを豪快に無視して、バディを組むことになった亮太を困らせてばかりだ。そんな中、京極と亮太は世間を騒がせている2人組の犯罪者「シーサー」が狙っているあるイベントの警備を担当することになり、現場でシーサーらしき男を発見するのだが…!?
(公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

1985年、型破りな熱血刑事・京極は妻・加奈子と娘・結衣に囲まれ幸せに暮らしていた。
一方、京極は長きに渡る捜査の末に凶悪犯のカリスマと呼ばれた謎の男・カグラと直接対決することに。

ところが、直後に謎の爆発が!!
京極はカグラもろとも巻き込まれてしまう……。

それから30年経過した2015年、京極は一命を取り留めたものの病院で昏睡状態を続けていた。
ところが、不意に京極が目覚めることに。

目覚めた京極は加奈子と結衣を求める。
しかし、30年の月日の流れは京極から多大な犠牲を強いていた。
加奈子が再婚していたのである。

ショックを受ける京極は暴れまわり、若手刑事の亮太に連行されてしまった。
ところが、其処で30年前の上司・鯨井や面倒を見ていた後輩刑事・鈴木と再会する。

鯨井と鈴木の計らいで京極は刑事に復帰、亮太とコンビを組むことに。

しかし、30年の月日は此処でも京極に犠牲を強いた。
何しろ、京極の常識や知識は30年前でストップしている。
スマホやパソコンなどの電子機器や喫煙マナーなどが全く理解出来ないのだ。

それでも、四苦八苦しつつ現代に対応して行く京極。
そんな彼にリハビリを兼ねて仕事が与えられた。

その内容は先頃、世間を騒がせる「シーサー」なる2人組の犯罪者からイベントを守ること。
彼らがイベントを狙うと予告して来たのだ。

現場に入った京極。
ところが、30年の月日は犯罪さえも進化させていた。

コンピュータ制御のショベルカーがハッキングされ、イベント会場を破壊し始めたのだ。
ゲストで参加していたふなっしーもショベルカーに吹き飛ばされてしまう。

だが、想像を超えると言えば京極もそうであった。
現代的な捜査を知らない京極は経験と勘を頼りに犯人らしき男を特定することに。
ところが、犯人たちに逃げられてしまう。

そんな中、京極が特定した男たちの身許が判明。
ハッカーの安藤と武闘派の五十嵐なる2人組だったのだ。
京極は資料ではなく実地で安藤たちの生い立ちを調べ上げ、手掛かりを突き止めようとする。

一方で、さらなる衝撃の事実が。
なんと、加奈子の再婚相手こそ鈴木だったのだ。
しかも、30年前に幼かった結衣は京極の存在を知らず鈴木を実父だと思い込んでいた。

咽び泣く京極に、当初は迷惑だと考えていた亮太も同情を寄せるように。
何時しか京極は亮太のマンションで共に生活するようになっていた。
そんな亮太はホワイトハッカーについて勉強しているようだ。

と、京極はカグラ事件がどうなったのかを気にかけ始めた。
公的な資料によれば、カグラは京極が巻き込まれた爆発で爆死したことになっていた。
ところが、肝心の捜査資料が悉く消えて居たのである。
これに不審を抱く京極だが、上司の遠藤警視正から「気にするな」と言い含められてしまう。
その場は納得した京極だが、何かがあるようだ……。

数日後、安藤たちが活動を再開する。
雷を落とすと予告して来るが……。

安藤の過去を足を使って調べた京極はコレが「飛行機を落とす」ことだと察知。
空港へ向かう。

京極の読みは的中し、其処には安藤と五十嵐が。
安藤は飛行機や空港設備全てのシステムをハッキングし、飛行機を墜落させようとしていた。
京極は苦戦しつつも、2人を倒しこれを阻止し、なんとか安藤と五十嵐を逮捕した。

すると、安藤から意外な供述が。
なんと、彼らはカグラの信奉者だったのだ。
ネット上でではあるが接触していたのである。

京極は30年越しの仇敵の登場に決着をつける必要性を感じ取る。
そんな京極を陰から狙う男が居た。
その正体は果たして―――連続ドラマ版エピソード2に続く。

<感想>

本作「THE LAST COP」はドイツで人気の「DER LETZTE BULLE」の日本リメイク作品。
昏睡状態に陥っていた刑事が30年の眠りから覚め、時代の変化に戸惑いながら事件を解決して行くとのストーリー。
しかも、Huluで放送予定の連続ドラマ初回スペシャルでした。

京極とカグラとの因縁が気になるドラマですね。
現状、もっともカグラ候補として怪しいのは遠藤なんだけどどうなんだろ。
演じているのが佐野さんだけに、そう見せておいて実は良い人の可能性も拭えないからなぁ……。
ただ、遠藤には注目すべきだろうなぁ。

でもって、本作はなかなかにコメディ要素も満載でした。
例えば、ふなっしーがパワーショベルで吹っ飛ぶシーン。
あれはインパクトがあった。

他にも五十嵐が運転する車が京極を轢こうとするシーンでは、京極の発砲前の時点で五十嵐がきちんと京極を避けてるし。
でないと、真っ直ぐ突っ込んじゃって京極を轢いちゃうよね。

他にも、撃たれた京極がスマホで命拾い。
スマホが役に立つとはその意味じゃな〜〜〜い。

さらに、其処から安藤へのライダーキックも凄かった。

展開のテンポも軽快で、上記の見所シーンも散りばめられていたし楽しめました。
亮太とのバディや加奈子や結衣との関係もポイントでしょう。
さらにカグラの謎も気になるところですが、この続きが視たければ「Hulu」で検索を!!

こちらが人気のドラマ「Der Letzte Bulle [DVD] [Import]」です!!
Der Letzte Bulle [DVD] [Import]





サウンドトラック版「Der Letzte Bulle 3-Sat」です!!
Der Letzte Bulle 3-Sat





サウンドトラック版「Der Letzte Bulle 4-Sat」です!!
Der Letzte Bulle 4-Sat





『月は囁く』第14話「月と哀しいカナリア」(宮崎克原作、青木朋画、小学館刊『ビッグコミックオリジナル7月増刊号』掲載)ネタバレ批評(レビュー)

『月は囁く』第14話「月と哀しいカナリア」(宮崎克原作、青木朋画、小学館刊『ビッグコミックオリジナル7月増刊号』掲載)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:
藤村月:陽一の父が再婚したことで、陽一の義妹となった。犯罪心理学と観相学を駆使する天才少女。
藤村陽一:警視庁捜査一課勤務、35歳。
陽一の父:犯罪心理学者。多くの事件解決に寄与した。

大門夏夫:資産家の男性、謎の死を遂げる。
大門五月:大門の長女。
大門弥生:大門の次女。
田中かんな:大門を担当する介護ヘルパー。


階段からの転落事故により寝たきり生活を続けていた資産家の大門夏夫が自室で急死した。
不思議な事に、大門が室内で飼っていたカナリアもまるで主人に連れ添うように死亡していた。
しかも、部屋に置いていた携帯用酸素スプレーが無くなっていたのである。

この検死に立ち会ったのが陽一。
検死の結果、大門の死因は心臓麻痺とされたが……。
陽一は念の為、大門の娘たちに事情を尋ねる。

大門には2人の娘が居た。
長女・五月と次女・弥生だ。

五月たちによれば、大門はもともと心臓に持病を抱えていたらしい。
それが死の原因に繋がったのか。

しかも、大門は疑心暗鬼気味だったようで最近では被害妄想に囚われるまでになっていたと言う。
階段から転落した事故も何者かに突き落とされた事件だと常々主張していたようだ。
その用心からカナリアと携帯用酸素スプレーを自室に置くようになっていたのだ。

用心の為にカナリアってどういうこと?
疑問を抱く陽一だが、どうやら大門は毒ガスでの攻撃を怖れていたようだ。
そう、大門は「炭鉱ではカナリアを連れることでガスを察知する」との逸話を信じていたのだ。
携帯用酸素スプレーもいざという時の為だったらしい。

大門とカナリアが同時に死亡したことは不可思議だが、それだけで他殺とは言い切れない。
自然死で落着しかけたのだが……。

其処に大門のヘルパーをしていた田中かんなが現れた。
かんなは自然死説を否定し、大門は殺されたと主張する。
しかも、彼女は「自分が大門を殺した」と告白したのである。

こうして一転し、大門の死は他殺となった。
かんなは身柄を拘束され取調を受けることに。
だが、具体的な犯行手段を明かそうとしない。

違和感を覚えた陽一は月に助力を仰ぐ。
かんなの顔を一目見た月は彼女が嘘を吐いていると看破する。
つまり、かんなは大門を殺害していないのだ。

此処でカナリアの死因が判明。
それはヒ素中毒であった。
しかし、大門自身は心臓麻痺と判明している。
何とも不思議なこととなったが……。

月は陽一からこれまでの経緯を聞くや、かんなの心情を推測する。

まず、月はかんなの名前に注目。
かんなはすなわち神無月をもとにした命名。
さらに大門の娘も五月と弥生であり、神無月同様に旧暦の月の名だ。
ここから、月はかんなもまた大門の娘であると見抜いた。
かんなは大門が愛人との間に作った隠し子だったのだ。
大門は介護ヘルパーとしてかんなを手許に置いていたのである。
そして、謎の急死と遂げた。
大門の娘であるかんなは父の死に疑問を抱き、捜査されるように嘘の犯行を自白していたのである。

さらに月は陽一に真相を伝える。

翌日、陽一は月を伴い大門家を訪問。
弥生に大門家の敷地内を捜索させて貰うと予告する。

その夜、大門家の裏庭に人の気配があった。
人影は地面を掘り返しているようだが……。

と、其処に突然、陽一と月が現れた。
人影は彼らが罠を仕掛けたことにようやく気付いた。

諦めたように膝を着く人影、その正体は五月であった。
そう、五月こそ大門を殺害した犯人だったのだ。
そして、その犯行方法を証明する証拠こそ、五月が掘り返した物にあった。
その証拠とは霧吹き、中にはヒ素が収められているのである。

五月は大門がカナリアを信用していることを利用した。
まず、夜中に大門の自室に忍び込んだ。
大門が寝ていることを確認するとカナリアに霧吹きでヒ素を浴びせかけて殺害した。
その上で酸素スプレーを盗み出した。

朝、目を覚ました大門はカナリアが死んでいることに気付き愕然とした。
さらに、酸素スプレーも消えて居る。
そこに外から何やらガスを注ぎ込まれる音が……。

これこそ、五月が扉の外から鍵穴に向けて盗んだ酸素スプレーを吹き込んだ音であった。
この音を聞き続けた大門は毒ガス攻撃を信じ込み、迫る死の重圧に押し潰され心臓麻痺を起こしたのだ。

大門自身が事件だと主張していた階段からの転落事故も五月の犯行だったらしい。

五月はかんなが大門の娘だと知っていた。
しかも、大門はかんなに遺産の半分を残そうとしていたのだ。
これを知り、どうしても許せなくなったのだそうである―――15話に続く。

<感想>

「幇間探偵しゃろく」でお馴染みの青木朋先生が宮崎克先生とタッグを組み、新たなミステリコミックの連載を「ビッグコミックオリジナル 増刊号」で開始されました。
タイトルは「月は囁く」。
捜査官・藤村陽一と、顔相学を修めたその義妹・藤村月が犯罪事件を解決する物語。

まさに陽一(太陽)と月(月)の物語です。

では、14話を読んだ感想を。

心理の陥穽を突いたトリックでしたね。
大門が身を守る為に用意した物が犯人により見事に逆手に取られ、彼自身を追い詰めて行くことになろうとは……。
しかも、大門がソレに絶大の信頼を置いていればいるほど効果も増す。
かなり、皮肉に満ちた殺害方法です。

其処には大門への五月の深い恨みが見て取れます。
恐ろしい話です。

親しい仲であるからこそ、相克は深くなるのかもしれませんね。

そして、陽一と月が順調に距離を縮めていますね。
どうも、それは兄妹よりも異性のソレのようです。
これは……もしかして、もしかするのか。

ちなみに、ルナは父親に対しトラウマがある様子。
その天才的な力により、父に虐待されていたのかな。
結局、父と母はこれが原因で離婚。
そして、母が陽一の父と再婚といった流れか。

ルナとしては離婚の原因が自身にあると考えて、以来、人と距離を置くようになったか。
ところが、無邪気な陽一に癒されていく展開か。
イイですね。
最終的にはルナがトラウマとなった父と和解する(乗り越える)展開もありそうかな。

興味を抱かれた方は是非、『ビッグコミックオリジナル 増刊号』にて本作を確認されたし。

◆関連過去記事
『月は囁く』第1話「月は囁き、花は語る」(宮崎克原作、青木朋画、小学館刊『ビッグコミックオリジナル3月増刊号』掲載)ネタバレ批評(レビュー)

『月は囁く』第2話「月とドッペルゲンガー」(宮崎克原作、青木朋画、小学館刊『ビッグコミックオリジナル5月増刊号』掲載)ネタバレ批評(レビュー)

『月は囁く』第3話「月と幽霊轢き逃げ事件」(宮崎克原作、青木朋画、小学館刊『ビッグコミックオリジナル7月増刊号』掲載)ネタバレ批評(レビュー)

『月は囁く』第5話「月とハロウィーンの怪物」(宮崎克原作、青木朋画、小学館刊『ビッグコミックオリジナル11月増刊号』掲載)ネタバレ批評(レビュー)

『月は囁く』第6話「月と凶相の微笑み」(宮崎克原作、青木朋画、小学館刊『ビッグコミックオリジナル1月増刊号』掲載)ネタバレ批評(レビュー)

『月は囁く』第7話「月と呪いの藁人形・前篇」(宮崎克原作、青木朋画、小学館刊『ビッグコミックオリジナル3月増刊号』掲載)ネタバレ批評(レビュー)

『月は囁く』第8話「月と呪いの藁人形・後篇」(宮崎克原作、青木朋画、小学館刊『ビッグコミックオリジナル5月増刊号』掲載)ネタバレ批評(レビュー)

『月は囁く』第9話「月とブログの女」(宮崎克原作、青木朋画、小学館刊『ビッグコミックオリジナル7月増刊号』掲載)ネタバレ批評(レビュー)

『月は囁く』第10話「月と髪切り魔」(宮崎克原作、青木朋画、小学館刊『ビッグコミックオリジナル9月増刊号』掲載)ネタバレ批評(レビュー)

『月は囁く』第11話「月と悲劇の怪人」(宮崎克原作、青木朋画、小学館刊『ビッグコミックオリジナル11月増刊号』掲載)ネタバレ批評(レビュー)

『月は囁く』第12話「月下のゴミ屋敷」(宮崎克原作、青木朋画、小学館刊『ビッグコミックオリジナル1月増刊号』掲載)ネタバレ批評(レビュー)

『月は囁く』第13話「月と婚活狂想曲」(宮崎克原作、青木朋画、小学館刊『ビッグコミックオリジナル3月増刊号』掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「幇間探偵しゃろく 1 桜 (ビッグコミックス)」です!!
幇間探偵しゃろく 1 桜 (ビッグコミックス)





「幇間探偵しゃろく 2 (ビッグ コミックス)」です!!
幇間探偵しゃろく 2 (ビッグ コミックス)





「幇間探偵しゃろく 3 (ビッグ コミックス)」です!!
幇間探偵しゃろく 3 (ビッグ コミックス)





「三国志ジョーカー 1 (ボニータコミックス)」です!!
三国志ジョーカー 1 (ボニータコミックス)





「龍陽君始末記 1 (ボニータコミックス)」です!!
龍陽君始末記 1 (ボニータコミックス)



posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「英国一家、日本を食べる」10話「箸の流儀」(6月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」10話「箸の流儀」(6月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<10話あらすじ>

食事のとき、なかなか箸を使おうとしないアスガー。その様子を見たマイケルは、家族で日本の食事マナーを習うことにする。厳しい講師の教えのもと、初っ端の箸の持ち方から悪戦苦闘するマイケルたち。特訓の末、箸の持ち方をマスターした一家だったが、箸の使い方にはさらに細かい決まりごとがあって戸惑う。
(公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)

回転寿司に出掛けたマイケル一家。
マイケルは「経済的にも負担が少なく、待ち時間もない」とご満悦である。
ところが、その目の前では惨状が……。

アスガーはナイフとフォークで寿司を頬張り、エミルは箸をバチ代わりにリズムを刻んでいたのだ。
これが意外と上手い。

とはいえ、当然周囲から顰蹙を買ってしまう。
リスンは平謝りである。

これにマイケルは奮起した。
「我が家に食事マナーを導入するっ!!」というワケで一般家庭で行われるマナー教室に参加することに。

途中、電車の中でエミルはCMに夢中であった。
其処では柔道着の男性が箸を用いてハエを次々と捕まえていた。
どうやら、殺虫剤のCMのようだが……。

マナー教室に到着したマイケル一家。
担当講師は篠田と名乗る着物の女性である。
こうして、篠田により正座から箸の持ち方まで教えを受けることとなったのだ。

そう言えば、そもそも箸とは何か?
篠田によれば「二本一対の棒を用いることで物を摘まむ道具」のこと。

マイケル一家はそれぞれ箸を持つことに。
すると……。

マイケルは「平行箸」。
リスンは鉛筆と同じ持ち方で「天箸」。
エミルは綺麗に持ってるから合格。
アスガーは「交差箸」から発展して何が何やら分からない持ち方になっていた。

篠田は箸の理想的な持ち方を指導。
さらに、具体的な箸使いを実践する。
篠田の箸捌きに感嘆する一同だが、エミルだけはこれと対等にやり合う。

残されたマイケルたち、特にアスガーにとって修業はつらく長かった。
それでもなんとか箸使いを極めたかに思われたが……。

篠田から「まだ、ほんの入り口」と一蹴されてしまう。
こうして次なる段階「箸の伝統的な使い方」に挑むことに。

まずは「いただきます」の挨拶から始まり、割り箸を横にして割ることを教わる。
さらに、何を食べるか迷う「迷い箸」、箸で小鉢を寄せる「寄せ箸」、箸を味わう「ねぶり箸」、ご飯に立ててしまう「立て箸」などの指導を受ける一家。
しかし、此処でもエミルは悠々とクリアする。

そんな中、マイケルとアスガーは箸同士で食べ物の受渡しをしてしまい篠田の逆鱗に触れた。
最たる禁忌「渡し箸」だったのである。
こうして、篠田からお小言を頂き、その洪水に溺れてしまうアスガー。

長い時が過ぎた。
機嫌の直った篠田は「これらを嫌い箸と総称すること」を教え「大切なのは思いやりの心だ」とまとめる。

マナー教室を退出したマイケル一家。
アスガーは指を捻挫したようだとぼやく、それほど大変だったのだろう。

その夕方、マイケルはカウンターの寿司屋へ。
其処に居たのは7話「魚屋の魚屋」でお世話になった寿司屋のアキラだ。
こうして、夕食はアキラの握った寿司となった。
寿司の作法に疎い一家は戸惑いながらアキラの指導を受けようとするが……。

アキラは「そんな時は、おまかせにしてください」と「おまかせ」を奨める。
アキラのオススメは「マグロ」から始まるコースであった。
特にアキラは「握り方」に自信があるのだそうだ。

早速、箸使いを試されることとなったアスガー。
緊張に包まれつつ、マグロの握りを持ち上げ口に運ぶ。

すると……上手い、コレは上手い!!

味に大喜びするアスガーと、彼の箸使いを褒め称えるリスン。
マイケルは「うちの子はどうだい!?」とばかりに「箸あっての和食ですから」とまで断言する。

そんな一家の様子を眺めつつ、何やら言い淀むアキラ。
その視線に従い周囲を見渡すと……。

ウニなどネタこそ違えど、皆が皆、手掴みで食べているではないか!?
そう、寿司は手で掴んでも良いのだ。

これを知り、真っ白になってしまうアスガー。

ショックを受けてしまったアスガーにアキラは「マナーとは他のお客さんが嫌な気持ちにならないこと」と告げる。
結局、篠田が言っていたように「思いやり」なのである。
これを聞いたマイケルは「なるほど!!」と膝を打つ。

その帰路の電車である。
アスガーが「もっと箸を使えるようになる!!」と宣言する一方、エミルはと言えばCMの真似をしつつ、遂に飛んでいたハエを箸で掴むことに成功していた―――エンド。

<感想>

原作はマイケル・ブース著『英国一家、日本を食べる』と『英国一家、ますます日本を食べる』(共に亜紀書房刊)。
NHKさんにて毎週木曜日0時40分から1時まで放送中、全24話予定。

前半はマイケル一家を中心としたカートゥーンパート、後半はトシ視点のドキュメンタリーパートからなる。

この10話のテーマは「箸」について。
同時に「箸に纏わるマナー」が取り上げられました。
そして、その心は「同席者を不快にさせない思いやり」にある。

具体的には、カートゥーンパートでは「マナーの数々」を中心に、実写パートでは「箸は工芸品でもある」ことが取り上げられ「若狭塗の箸、お坊さんのお箸、金の蒔絵箸、七角形の箸」などが紹介されました。

さらに今回は「エミル、おそろしい子っ……!!」な回でもあります。
ちらっと見ただけで箸の持ち方と扱い方をほぼマスターしたエミル、器用です。
しかも、いろいろと目聡く利発な子で9話のように感受性も高い。
前回に引き続き、エミルに癒された。

ちなみに本作「英国一家、日本を食べる」の旨味も此の点にあるような気がします。
「マナー」とは「思いやりの心」、すなわち「相手(視聴者)のニーズを察する心」でもあります。
「専門性」や「テーマ性」が作品に問われ「ギャップ」や「メリハリ」が作品に彩りを添える。
さらに「視聴者の欲する情報やシチュエーション」が盛り込まれれば……面白いワケです。
次回も楽しみな作品です。

◆関連過去記事
「英国一家、日本を食べる」1話「新宿・思い出横丁」(4月16日)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」2話「最高の天ぷら」(4月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」3話「日本料理の神髄」(4月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」4話「力士サイズになる料理」(5月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」5話「第五の味覚」(5月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」6話「世界一硬い魚」(5月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」7話「魚屋の魚屋」(5月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」8話「本物のワサビ」(6月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」9話「道具の楽園かっぱ橋」(6月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

原作「英国一家、日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)」です!!
英国一家、日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)





キンドル版「英国一家、日本を食べる 亜紀書房翻訳ノンフィクション」です!!
英国一家、日本を食べる 亜紀書房翻訳ノンフィクション





同じく原作「英国一家、ますます日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)」です!!
英国一家、ますます日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)





キンドル版「英国一家、ますます日本を食べる 亜紀書房翻訳ノンフィクション」です!!
英国一家、ますます日本を食べる 亜紀書房翻訳ノンフィクション





こちらは同作者によるシリーズ最新作「英国一家、フランスを食べる」です!!
英国一家、フランスを食べる



posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。