2015年06月29日

「実は私は」第117話「先生になろう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第117話「先生になろう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

登場人物一覧は本記事下部に移動しました。

<あらすじ>

〜〜〜これまでのあらすじ〜〜〜〜

「アナザル」こと「絶対に秘密を守れない男」黒峰朝陽は憧れのヒロイン・白神葉子の秘密を知ってしまった。
その秘密とは「白神葉子がハーフの吸血鬼である」こと。
朝陽は葉子の為に、この秘密を守らねばならない―――。
取り巻く人々を相手に、朝陽は秘密を守り抜くことが出来るのか?

矢先、実は宇宙人であった委員長・渚、狼男で肉食系女子な獅穂、悪魔っ娘の茜、未来人の凛、幼馴染のみかん、天使の華恋も加わって……。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

檀上に立ち、英語で教鞭を取る朝陽。
その眼前にはセーラー服姿の明里、茜、葉子、渚、獅穂が座って授業を受けていた。

さて、この状況の理由はと言うと……華恋の仕業である。
朝陽と葉子が教師志望であることを聞き付けた華恋が「応援したい」と朝陽の為にセッティングした模擬授業だったのだ。

とはいえ、この面子である。
既に授業はしっちゃかめっちゃかになっていた。

明里はレディース時代の経験を活かし、木刀を手に自席で凄味を利かせている。
茜は分身しつつ、執拗に朝陽に向けて消しゴムを投げかける。
葉子は授業をクイズに見立て「良しっ、1ポイント!!」などと喜んでいる。
渚は朝陽の授業の進め具合を秒単位で計り、プレッシャーをかけて来る。
そして、獅穂は寝ていた。

何をどうするべきか狼狽する朝陽。
そんな朝陽に明里が声をかけた。

「ほら、おかしな点があるならきちんと注意しろ!!」

どうやら、朝陽が教師として指導出来るかどうかを試しているようだ。

「えっと……じゃぁ、なんで紅本先生はセーラー服なんですか?」
「おまっ、何で木刀を注意しない!!」

セーラー服であることに違和感を覚えた朝陽の指摘に、ツッコミ返す明里。
とはいえ、これで朝陽は緊張がほぐれたのか順調に1人ずつに指導を施して行く。
そして、それを素直に受け入れて行く面々。

これなら何とかなりそうだ……ほっとする朝陽に、明里が次の指摘を。
それは「彼女たちが特別な存在」であることだ。
明里によればいろいろと授業に気遣う必要があるようだ。

そんなことってあるのかなぁ……と不審に思いながら英文を板書して行く朝陽。
その傍から葉子が何故か朝陽を睨みつけている。

なんだろうと不安がる朝陽に、明里が説明する。
葉子は朝陽を睨んでいるのではない。
朝陽が板書した「t」に反応しているのだ。
どうやら、十字架のように見えるらしい。
これには自分も最初は戸惑ったと明かす明里。

一方、そんな自身の癖を知らなかった葉子はこれを聞かされ恥ずかしさのあまり悶絶する。

同様に気を付けるべき点について述べる明里。
例えば、黄色で丸を書くことも禁止。
何故なら、獅穂が変身してしまうからだ。

知らないだけでそんな苦労があったのかと納得する朝陽。

その間にも、次なる問題が。
こんな時に暗躍するのは茜である。

茜は葉子に向けて手鏡で日光を浴びせたのだ。
日光に弱い葉子は驚き、羽根が飛び出た。

背後に居た獅穂にこれが直撃。
獅穂は「いたい〜〜〜」と甘えた声で朝陽にしなだれかかる。

これに葉子がジェラシーを抱いた。
葉子は用意していた月の写真を持ち出す。
途端に、周囲に光が溢れ獅穂が獅狼に変身してしまう。

この光を目にした渚。
獅穂の正体を知らない渚は変身の光を敵襲と誤認。
迎え撃つべく武器を構える。

こうして大混乱に陥った教室を慌てて制止する朝陽、教師の苦労を身を以て知ったのであった。

事の原因となった茜?
もちろん、明里が鉄拳制裁しましたとさ。

模擬授業を終え、貴重な経験を積んだ朝陽は葉子と共に華恋に礼を述べる。
その姿を目にした華恋は朝陽と葉子の姿に源二郎と桐子を見た。

源二郎たちの果たせなかった夢を果たして欲しい……。
そう、胸の中で祈る華恋であった―――118話に続く。

充実の「実は私は」が読めるのは「週刊少年チャンピオン」だけ。
本誌で確認せよ!!

<感想>

「週刊少年チャンピオン」にて「さくらDISCORD」を連載されていた増田英二先生の新作。
「さくらDISCORD」は未読の管理人ですが、1話を読んで注目している作品です。
コミックス1巻に続き2巻、3巻、4巻、5巻、6巻、7巻、8巻、9巻、10巻、11巻も重版出来とのことで、目出度い。
さらに、12巻も発売予定。
そして、本作かなり面白い!!

ちなみに遂に「実は私は」がアニメ化されるとのこと。2015年7月から放送開始だそうです。
これについては制作会社や監督さん、キャストなどが判明。
登場人物に黄龍院凛らの名前が無いことを見ると、序盤をアニメ化する予定なのかな。

【第EXTRA話】アニメ版「実は私は」スタッフさんとキャストさんの一部を明らかにされよう!

その117話。
サブタイは「先生になろう!」。

どうやら朝陽は英語教師を目指すようです。
ただし、明里によれば朝陽の英語の発音はカタカナ英語なのだそうですが……。

そして、今回の描写により公式にも源二郎と桐子が教師を目指していたことが確定。
だが、源二郎の事情(吸血鬼であることがバレた)で諦めた様子。
これは葉子の場合も同様で、特に吸血衝動は大きな壁になりそう。
これを朝陽と葉子がどう乗り越えて行くのかに注目です。

ちなみに、茜も悪戯しつつコレを応援しているようです。
茜は自身が担任でありながら源二郎と葉子を守れなかったことを後悔しているのかもしれません。
ただ、今回は1度苦い経験をした茜に加えて、明里や当の源二郎たちも居る。
何らかの形でこれを乗り越えて行くことになる筈です。

また、今回も中盤にあった「茜の悪戯→葉子が羽根を出す→獅穂が被害を受ける→獅穂が朝陽に甘える→葉子がやきもちを焼く→獅穂を変身させる→これを見ていた渚が誤解から暴走」と怒涛の流れが面白かった。
このスピード感とピタゴラスイッチ的な展開こそが本作の魅力でしょう。

うむ、今回も充実した回ですな。
多くは語るまい、とりあえず読め!!

そう言えば、上でもお伝えした通りコミックス12巻が発売予定。
表紙は1巻の葉子、2巻の渚、3巻の獅穂、4巻の茜、5巻のフクちゃんとみかん、6巻の凛、7巻の明里さんに続き、8巻が銀華恋、9巻が渚とみかんのコンビ、10巻が1周回って葉子、11巻は獅穂と凛コンビ。
そして、12巻は―――遂に緑苑坂弓こと源二郎に、その傍らには桐子も!!
となれば、次回は登場順で桃地結香か。
もしかして、凛や閃と共に未来人組で登場かな?
その次が水奈川咲になるのかな?

ちなみに、上記のあらすじは本作の魅力を伝えられるよう改変を加えてまとめていますが、その面白さを伝えきれていません。
やっぱり、あの絵とコマ割りなどのテンポあっての本作。
是非、「週刊少年チャンピオン」本誌を読んで欲しい。

もう1度繰り返しましょう。
本作に興味を持たれた方には、是非、「週刊少年チャンピオン」本誌を捜して読んで欲しい。
最近の「週刊少年チャンピオン」は本作など本当に粒揃いでクオリティが高い作品が多い。
注目の雑誌の1つと言えるでしょう。

◆関連過去記事
「実は私は」第1話から第110話まで(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)まとめ

「実は私は」第111話「ヒーローになろう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第112話「ゲームをしよう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第113話「動揺しよう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第114話「勉強しよう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第115話「心配しよう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第116話「カレーを作ろう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

登場人物一覧:
黒峰朝陽:主人公、通称「アナザル」。
白神葉子:朝陽の意中の人物。ある秘密が……。
紫々戸獅狼:葉子の幼馴染。彼もまたある秘密を……。
紫々戸獅穂:葉子の幼馴染。彼女もまたある秘密を……。

藍澤渚:クラス委員長。彼女にも秘密が……。
藍澤涼:渚の兄、意外な形で登場することに……。
紅本茜:紅本の親族らしい。彼女にも秘密が……。
紅本明里:教師。彼女にも秘密が……。
黄龍院凛:33話より登場した謎の少女。彼女にも秘密が!?
黄龍丸:凛が駆るドラゴン。52話にて意外な正体が明らかに。

朱美みかん:朝陽の幼馴染。新聞部所属。通称「外道クイーン(オレンジ)」。
岡田:朝陽の友人の1人。通称・岡。眼鏡が特徴。割と友人想いの様子。
嶋田:朝陽の友人の1人。通称・嶋。軽い。
桜田:朝陽の友人の1人。通称・サクラ。渋い。
フクちゃん:「福の神見習い」を名乗る眼鏡。
フクの介:フクちゃんの先輩。やはり眼鏡。
フク太郎:フクちゃんとフクの介の先輩。やはり眼鏡。
フク蔵:フクちゃんとフクの介とフク太郎の先輩。やはり眼鏡。
手崎:文字通り茜の手先な料理教室のシェフ。

朝陽の父:朝陽の家族。22話に初登場。
朝陽の母:朝陽の家族。22話に初登場。
黒峰鳴:朝陽の妹。22話、28話、48話に登場。48話にて名前と顔が判明。92話で高校に進学。
白神源二郎:吸血鬼。額に十字傷を抱く巨人。39話にて名前が判明。
白神桐子:葉子の母で人間。和服の美女。38話にて名前が判明。
銀華恋:茜に続く第2のツノツキ……の筈だったが。58話から登場。

緑苑坂弓:朝陽たちの副担任、実は源二郎。92話から登場。
桃地結香:忍者少女、92話(実際は105話)から登場。ある秘密が……。
閃:鳴、結香のクラスメートの男子。瓶底眼鏡に腰の日本刀がトレードマーク。
水奈川咲:結香、閃、鳴のクラスメート。109話から登場。ある秘密が……。
箱入り娘:114話終盤に登場した謎の人物!?

「声優パラダイスR号外 TVアニメ『実は私は』ヒロインスペシャル【付録DVD付き】(AKITA DXシリーズ)」です!!
声優パラダイスR号外 TVアニメ『実は私は』ヒロインスペシャル【付録DVD付き】(AKITA DXシリーズ)





「実は私は I am・・・ キャラクターソング vol.1」です!!
実は私は I am・・・ キャラクターソング vol.1





「実は私は(12): 少年チャンピオン・コミックス」です!!
実は私は(12): 少年チャンピオン・コミックス





こちらはキンドル版「[まとめ買い] 実は私は」です!!
[まとめ買い] 実は私は





キンドル版「透明人間の作り方 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
透明人間の作り方 (少年チャンピオン・コミックス)





キンドル版「[まとめ買い] さくらDISCORD」です!!
[まとめ買い] さくらDISCORD





posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」第29話「十二人委員」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」第29話「十二人委員」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

第29話登場人物一覧:
赤木蛍:主人公。今年の春から「聖マルス学園」に特待生として進学した。
圭一:蛍の兄。正義感の強い警官だったが失踪。幽霊となって戻って来た。

桐島静香:圭一の同期であるキャリア。現在は警察署長に。
山本巡査長:在りし日の圭一の上司。今は田舎の派出所に勤務している。

これまでの登場人物については過去記事リンクの後に記載しています。

<ネタバレあらすじ>

〜〜〜これまでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

高校生になった赤木蛍は行方不明となっていた兄・圭一と思わぬ形で再会を果たすことに。
なんと、圭一が幽霊として蛍のもとに戻って来たのだ。
しかも、圭一は悪意が関わる事件を察知し悪意を消滅させる能力を手に入れていた。
だが、圭一は現世に介入することが出来ない。
これでは折角の力も無意味である。
其処で圭一から協力を求められた蛍は、兄妹で力を合わせ1人でも多くの人を助けるべく動き出すことに。

・前回までのあらすじはこちら。
「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」第28話「鬼のいる村4」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

誘拐犯に誤解され危く村人たちから私的制裁により殺害されかけた蛍。
事の元凶であった祭壇に祀られたタコを打倒したことで命拾いすることに。
肝心の誘拐事件自体も夫婦間のいざこざが原因であったと分かった。

こうして、すべての事件を解決した蛍は村にやって来た目的を果たすべく山木を訪ねる。
そう、圭一の死の理由について心当たりを尋ねたのだ。
すると、山木は「圭一が十二人委員に所属していた疑いがある」と述べた。

「十二人委員」?
聞き慣れない言葉に戸惑う蛍に、山木は説明を行う。

「十二人委員」とは戦後すぐに発足した警察内部にある急進的なグループ。
その名の通り12人おり、法で裁けない悪人や反省の色が見られない悪人を人知れず抹殺しては行方不明に仕立てていたそうだ。
最近では噂も聞こえず自然消滅したと思われていたのだが……。

しかし、山木は圭一こそがそのメンバーなのではないかと疑っていた。
圭一が「十二人委員」に纏わる資料を所持し、不審な人物と連絡を取り合っていたからである。

これを聞いた蛍は圭一がソレを調べていたからだと考える。
資料はもちろんのこと、不審な人物とは桐嶋静香のことだろう。
だが、同時に圭一が死の直前に見た「10人と1匹のケモノ」に合致することに気付く。
もしも、圭一を加えた12人こそが「十二人委員」なのだとしたら……。

驚くべき想像に戸惑う蛍は山木のもとを辞去し、近隣の温泉宿へ。
気分転換を兼ねて温泉に浸かり、リラックスした状態で考えをまとめようとしたのだ。
ところが、蛍は温泉に浸かるなりリラックスし過ぎて考えがまとまらなくなってしまう。

一方、圭一は蛍の持つ強大な光が様々なモノを惹き付けてしまうと結論付けていた。
それらは蛍に助けを求めたり、蛍を排除しようとしたり、多種の反応を示す。
圭一はそれらから蛍を守るべく、霊体となっているに違いない。
使命を悟った圭一は蛍を守り切ると誓う。

温泉宿を出た蛍。
すると、周囲には村人たちが!!

先の恐怖を思い出し身構える蛍の前に、山木が現れた。
山木は背後の村人たちに号令をかける。
そして、一斉に頭を下げる村人たち。
それは蛍への謝罪であった。

これを見ていた圭一は彼らが根は善良であったことに気付く。
しかし、様々な条件が重なり暴徒となったのだ。
そう、人間は弱い。
だからこそ、迷うこともあるのである―――次話に続く。

圭一の謎は深まるばかり。
ちなみに、ネタバレあらすじはまとめ易いように展開などをかなり改変してます。
気になる詳細は「週刊少年チャンピオン」本誌で確認せよ!!

<感想>

「名探偵マーニー」から3ヶ月……我らが木々津克久先生が「週刊少年チャンピオン」に還って来た!!
というワケで、その新作「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」です。
1巻、2巻に続き、早くも3巻が発売予定!!

さて、その29話。
サブタイは「十二人委員」。

山木により明かされた「十二人委員」、それは私的制裁を目的としたグループのことでした。
圭一が「十二人委員」に纏わる資料を所持していたことや、その手口が「PND」と同様であることから「十二人委員=PND」と考えるべきか。

また、蛍は「10人と1匹の獣」に圭一を加えた「11人と1匹」こそがコレではないかと考えているようです。
それと、以前に蛍は「10人と1匹の獣」の正体が「10体の霊体を従えた1人の悪意」とも考えていましたが、この説がどうなるかも注目か。

そして、気になるのは既存キャラに「十二人委員」に該当するメンバーが存在するのかどうか。
居るとすれば緑川宗達や逸見など楓周辺の人物のような気もしますが……果たして。

次回にも注目です!!

木々津克久先生といえば「フランケン・ふらん―OCTOPUS―」が『拡張幻想 年刊日本SF傑作選』(大森望・日下三蔵編、東京創元社刊)に掲載されています。
こちらも注目。

木々津克久先生が「週刊少年チャンピオン」本誌に帰還する!!2012年8月16日より探偵物語「名探偵マーニー」連載開始!!

さて、作者である木々津克久先生と言えば、管理人にとっては「週刊少年チャンピオン」本誌での「ヘレンesp」の作家さんとのイメージ。

「ヘレンesp」は、盲目のヘレンがその特別な力(ESP能力)を駆使し、愛犬や叔父さんたちに見守られながら同年代の友人や幽霊など様々なものと交流する物語。

衝突したり理解し合えなかったりと苦難がヘレンを襲うものの、その都度ヘレンの純粋な心で相手に向き合い相手との心の壁を乗り越えていくさまは、心に響きました。
確かにあらすじだけ聞くとよくある展開かと思うものの、本作は不思議な“熱”と“説得力”を持っており、透明感のある淡い絵柄も加え、なかなかの名作といえるでしょう。

既に連載自体は終了していますが、こちらもオススメです。

◆「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」関連過去記事
「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)第1話から第20話までネタバレ批評(レビュー)まとめ

「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」第21話「怪物のセオリー2」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」第22話「塔を上る男」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」第23話「塔を上る男2」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」第24話「塔を上る男3」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」第25話「鬼のいる村」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」第26話「鬼のいる村2」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」第27話「鬼のいる村3」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」第28話「鬼のいる村4」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

◆関連過去記事
「名探偵マーニー」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)まとめ

「フランケン・ふらん 最終話(最終回) Dream」ネタバレ批評(レビュー)

「フランケン・ふらん 59話 BestFriend」ネタバレ批評(レビュー)

「Phase20」(木々津克久作、「チャンピオンRED 2012年1月号」掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「鋏女(チャンピオンRED 5月号掲載)」ネタバレ批評(レビュー)

「ヴァンパイア・アナライズ (チャンピオンRED 7月号掲載)」(木々津克久著、秋田書店刊)ネタバレ批評(レビュー)

これまでの登場人物一覧:
赤木蛍:主人公。今年の春から「聖マルス学園」に特待生として進学した。
圭一:蛍の兄。正義感の強い警官だったが失踪。幽霊となって戻って来た。

獣を連れた男(10人と1匹の獣):圭一の死に関わる人物。獣は殺意のことらしい。
PND(疑われざる者):静香によれば圭一が追っていた謎の人物らしい。獣を連れた男と同一人物なのか?

死神:黒い影の男の正体。

【赤木家とその周辺】
蛍の父:赤木興業の社長。
赤木真知恵:蛍の母。バーのような店を経営している様子。
節:蛍の妹。
和也:蛍の弟。

謎の少年:蛍の初恋相手らしい。11話に登場。
真島慎一:蛍の幼馴染。彼女に恋心を抱いている。9話から登場。

【聖マルス学園関係者】
志田りか:聖マルス学園の生徒。2話から登場。
塞田康平:蛍のクラスの担任教師。割とミーハーらしい。
見場創太:3話ラストに登場した怪しい男。学園の生徒であった。
緑川楓:蛍のクラスメート。実は少女探偵であった。
校長:聖マルス学園の校長。
教頭:聖マルス学園の教頭。
千葉:鐘楼登頂に挑み謎の転落死を遂げた男子学生。
沼代:22話ラストで鐘楼登頂に挑んでいた男子学生。
5人の成功者:過去に鐘楼に登頂することに成功した面々。
五島:5人の成功者の1人だが……。

【警察関係者】
緑川宗達:楓の祖父。推理能力に長けた名刑事として有名らしい。
逸見:楓の知人の刑事。
桐島静香:圭一の同期であるキャリア。現在は警察署長に。
大島:南具署の刑事。
光芝:圭一と静香の同期。
久毛山:圭一と静香の同期。
紅梅:圭一と静香の同期。
二階堂:警部。白い服の男。静香に想いを寄せていたらしい。
山本巡査長:在りし日の圭一の上司。今は田舎の派出所に勤務している。
蓮宮:県警の担当者。

【その他】
志田高志:りかの兄。りかにストーカーしているとのことだが……。
実山:赤木興業を担当している会計士。
貝塚俊雄:実山会計士事務所の職員。比較的若手。
役丸みつえ:実山会計士事務所の職員。紅一点。
三島:実山会計士事務所の職員。太目。
丸木田:実山会計士事務所の職員。ダンディ。
麻依:貝塚の元婚約者。
緑川宗達:楓の祖父。推理能力に長けた名刑事として有名らしい。
末為良則:12話で遺体で発見される。場津間高校の教師であった。
逸見:楓の知人の刑事。
葉森了:場津間高校の学生。末為の教え子。
葉森美和:蛍が廃病院で出会った女性。了の母で入院していた毛羽病院で落命していた。
間岩:米城警察病院の看護師。
怪物:人中に居ようとも誰も興味を向けない怪物。
大人しい人間:怪物に付き添う不可思議な人影。
栗山将秋:怪物たちが暮らしている部屋の契約者。
三ツ矢:誘拐事件の被害者とされる子供の母親。

「兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿 (1) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿 (1) (少年チャンピオン・コミックス)





こちらはキンドル版「兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿 1 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿 1 (少年チャンピオン・コミックス)





「兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿(2) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿(2) (少年チャンピオン・コミックス)





「兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿(3): 少年チャンピオン・コミックス」です!!
兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿(3): 少年チャンピオン・コミックス





こちらはキンドル版「[まとめ買い] 名探偵マーニー」です!!
[まとめ買い] 名探偵マーニー





こちらはキンドル版「[まとめ買い] ヘレンesp」です!!
[まとめ買い] ヘレンesp



posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。