2015年07月15日

ドラマ「容疑者は8人の人気芸人」がDVD化とのこと!!

土曜プレミアムにて2015年4月18日に放送され、4つのサスペンスドラマが集中したことで「2015年4月18日問題」として本ブログでも取り上げられたドラマをご存知でしょうか。
そう「容疑者は8人の人気芸人」です!!

2015年4月18日21時は3つのサスペンスドラマが対決!?「容疑者は8人の人気芸人」、「切り裂きジャックの告白〜刑事 犬養隼人〜」、「64」が放送!!

そんな「容疑者は8人の人気芸人」がDVD化されることが明らかになりました。
DVD化される「容疑者は8人の人気芸人」のあらすじはこちら。

<あらすじ>

ある日、バナナマン日村勇紀のマネージャーの南麻友(木南晴夏)は、日村勇紀(本人役)が危機的状況に陥っていることを知る。タイムリミットは残り数時間 !!

黒田刑事(カンニング竹山)と二階堂刑事(和田正人)の2人の刑事が捜査を進める中、容疑者として絞られたのは、なんと8人の人気芸人(8人とも本人役)、宮迫博之(雨上がり決死隊)、博多大吉(博多華丸大吉)、設楽 統(バナナマン)、バカリズム、伊達みきお(サンドウィッチマン)、徳井義実(チュートリアル)、いとうあさこ、若林正恭(オードリー)だった。

黒田刑事と二階堂刑事の捜査により、徐々に明らかになっていく容疑者たちの犯行動機・・・。そして見えてくる日村の素顔・・・。
笑いあり!涙あり!?アドリブあり!!ゲスト多数!!のドラマ『容疑者は8人の人気芸人』。

8人の容疑者のうち日村を狙った真犯人は誰なのか!?その結末はいかに!?
(公式HPより)


この「容疑者は8人の人気芸人」は放送当初からかなり反響があり、SNS上でも「ネタドラマかと思いきやシリアスで良かった」と言う声や「まさかのあの人が犯人だった……」とのサプライズを評価する声も上がっていました。

そのDVD化です。
しかも、DVD版特典映像として劇中にて日村さんがWEB配信していた「日村ちゃんねる」やメイキング映像も収録されるそう。
これは気になるのでは!?

そんな本作は2015年9月16日発売予定とのこと。
注目せよ!!

「容疑者は8人の人気芸人 [DVD]」です!!
容疑者は8人の人気芸人 [DVD]





「複数の容疑者」と言えば天藤真先生のこの作品がスゴイ!!
「陽気な容疑者たち―天藤真推理小説全集〈2〉 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)」です!!
陽気な容疑者たち―天藤真推理小説全集〈2〉 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)





こちらはキンドル版「陽気な容疑者たち 天藤真推理小説全集」です!!
陽気な容疑者たち 天藤真推理小説全集





posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『アルゴリズム・キル』2話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2015年7月号』掲載)

『アルゴリズム・キル』2話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2015年7月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

私は今、県警本部の捜査に必要とされていない――大人気警察小説シリーズ、再始動!
(光文社公式HPより)


<感想>

遂にクロハシリーズ最新作が『小説宝石 2015年6月号』より連載開始されました。
そのタイトルは『アルゴリズム・キル』。
『プラ・バロック』『エコイック・メモリ』に続く長編です。

『アルゴリズム・キル』、直訳すると「殺しの手法(解法)」か。
なかなかに意味深長。

そして、『プラ・バロック』では姉と、『エコイック・メモリ』では姉の忘れ形見・アイと、それぞれ形は違えど大切な存在と離れることとなったクロハ。
そんな彼女はそのショックの後遺症から所轄署の警務係に異動。
此の状態で埋もれることも考えていたクロハ。
だが、周囲はともかく事件が彼女を捨て置かなかった。
またも、事件と関わることに。

今回はそんな『アルゴリズム・キル』の第2話。

戸籍上存在しながら実在が確認出来ない児童。
戸籍上存在が確認出来ないが実在を確認している児童。

いずれも、その児童にとっては尋常ならざる状態に置かれていると言えるでしょう。
そんな児童の保護を行ったクロハ。

これが1話冒頭の残酷な殺人事件に繋がって来るのでしょうか。
考えられるのは被害者が戸籍上確認出来ない児童の生みの親などのケースですが、果たして……。

そして、クロハが思い起こすのはアイのこと。
アイは実父のもとですくすくと育っているようです。
これも本編の関わって来るのか?
だとすれば、クロハとアイが再び共に生活する日もやって来るのか?
次話も注目です!!

ちなみに、ネタバレあらすじはかなり改変を加えているので注意!!
あらすじを読んで興味を持たれたら本作にチャレンジすべし!!

<ネタバレあらすじ>

◆前回までのあらすじ

『プラ・バロック』『エコイック・メモリ』と2つの事件により所轄署の警務課へ異動となったクロハ。
続けて大切な者を失ったことで半ば自暴自棄の状態であった。

矢先、イベントの警護に駆り出されたクロハは女性の遺体を発見する。
その遺体は激しい暴行を加えられ、全ての歯を折られた無惨なものであった。
とはいえ、クロハが捜査に携わることは無い―――少なくとも此の時点ではその筈であった。

そんなある日、警務課に出動要請がもたらされた。
児童相談所から児童虐待の現場に同行する人手を出すように依頼されたのだ。
クロハがこれに応ずることに。

・前回はこちら。
『アルゴリズム・キル』1話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2015年6月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

◆2話あらすじ

児童相談所から児童虐待の現場に同行する人手を求められたクロハは自身が赴くことに。
現場には区役所職員のイマイが待っていた。

イマイによると戸籍上存在する筈の児童が不登校状態に陥っており、どうやら父親が登校を拒否させているようだ。
現場に突入したクロハは子供を保護することに成功する。

数日後、クロハはイマイに再び呼び出されていた。
イマイは同僚のタカシロを伴っていた。

何やら沈痛そうな面持ちのイマイ。
今度は先とは逆のケースについて相談したいらしい。
つまり、戸籍上存在しない児童の保護である。

その少年は公園でたびたび目撃されており、その身体には多数の痣があると言う。
だが、付近の学校を調べてみても該当すると思われる児童が発見出来なかったのである。
其処でクロハの助力を求めたのであった。
これにクロハは微力ながら協力を約束する。

その夜、キリとSNSを通じて会話するクロハ。
イマイからの依頼について明かしたところ、キリは対象の児童が外に出たがっていると指摘。
だが、何者かにより自由を奪われているのではないかと分析する。

なるほどと頷くクロハの脳裏に浮かんだのはアイのこと。
実父に引き取られたアイのことを想うたびに、クロハは心に痛みを覚えるのであった―――3話に続く。

◆関連過去記事
『アルゴリズム・キル』1話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2015年6月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『プラ・バロック』(結城充考著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『エコイック・メモリ』(結城充考著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

ドラマスペシャル「クロハ 機捜の女性捜査官 連続殺人と集団自殺…2つの捜査本部8日間の激闘!!悪意に立ち向かう家族の絆!!真相にたどり着いた女刑事が交わす涙の約束とは!?冒頭20分…この中に犯人がいる」(2月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

2話が掲載された「小説宝石 2015年 07 月号 [雑誌]」です!!
小説宝石 2015年 07 月号 [雑誌]





「アルゴリズム・キル」1話が掲載された「小説宝石 2015年 06 月号 [雑誌]」です!!
小説宝石 2015年 06 月号 [雑誌]





「プラ・バロック (光文社文庫)」です!!
プラ・バロック (光文社文庫)





キンドル版「プラ・バロック 女性刑事クロハ」です!!
プラ・バロック 女性刑事クロハ





「エコイック・メモリ (光文社文庫)」です!!
エコイック・メモリ (光文社文庫)





キンドル版「エコイック・メモリ 女性刑事クロハ」です!!
エコイック・メモリ 女性刑事クロハ





「衛星を使い、私に (光文社文庫)」です!!
衛星を使い、私に (光文社文庫)





キンドル版「衛星を使い、私に (光文社文庫)」です!!
衛星を使い、私に (光文社文庫)



posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。