2015年08月13日

昔話法廷「“カチカチ山”裁判」(8月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

昔話法廷「“カチカチ山”裁判」(8月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

「三匹のこぶた」に「カチカチ山」、そして「白雪姫」。昔話の登場人物を裁判にかける前代未聞の法廷ドラマ!第2話は「カチカチ山」。大好きなおばあさんをタヌキに殺されたウサギがあだ討ちを決意。タヌキに火を放ち、やけどにとうがらし味噌を塗りつけ、さらに泥舟に乗せて池に沈めて殺そうとした。ウサギは実刑にして刑務所に送るべきか?それとも、情状酌量で執行猶予か?
出演:安藤玉恵、モロ師岡、高橋元太郎、宮崎香蓮ほか
(公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)

「カチカチ山裁判」が開廷された。
この裁判で扱うのは「ウサギによるタヌキの殺害未遂事件」。
そして、争われるのは「実刑か執行猶予か」―――すなわち量刑である。
被害者はタヌキ、被告人はウサギだ。

検察側の冒頭陳述によれば「恩人であるお婆さんをタヌキに殺されたことでウサギが復讐を決意。タヌキに火を放ち、やけどにとうがらし味噌を塗りつけ、さらに泥舟に乗せて池に沈めて殺そうとした」らしい。
検察側は「実刑」を主張。
これに対し、弁護側は「執行猶予」を唱え真っ向から対立する。

これにより、この裁判では検察側と弁護側は以下の立証に奔走した。
検察側は「如何にウサギの犯行が残虐であったか、またウサギの再犯の恐れを立証する」。
弁護側は「ウサギの行為に情状酌量の余地があった、再犯の恐れはない」。

まず、証言台に立ったのは被害者のタヌキである。
ちなみに、このタヌキはお婆さん殺害の罪で逮捕され係争中だ。

タヌキは「確かにお婆さんを殺害したことは間違っていたが、復讐の方法が執拗だった」と主張。
まず、タヌキに火を放ち火傷させ、これを治療すると騙し火傷に唐辛子味噌を塗りつけたのだ。
タヌキは悶絶する苦しみを味わったと言う。
極めつけは泥舟に乗せて池に沈めて殺そうとしたのだそうだ。
しかも、狡猾なことに他者に犯行を目撃されるや改心したような素振りを見せ、タヌキを助けようとまでしたのだそうである。
タヌキは「あいつは復讐ではなく、犯行に快楽を感じるサイコパスだ!!」と主張する。

これに弁護側は情状証人として、お爺さんを召喚した。
お爺さんは如何にウサギがお婆さんに親愛の情を抱いていたかを主張。
もともと、罠にかかっていたウサギをお婆さんが助けたことを恩義に感じていたらしい。
そんなお婆さんが惨たらしく殺害されたのだから、方法は間違っていたがウサギの怒りも無理からぬことと唱えた。
また、ウサギも改悛の情を示しているので更生の余地はあるとするや、自身が共に暮らし彼を支えると訴えた。

そんなお爺さんに検察側から反対尋問が行われる。
まず、検察官はお婆さん殺害直後のウサギの挙動について質問。
これにお爺さんは「ショックを受けていたようだが、こんなことをするとは思わなかった」と応じた。
途端、検察官は「実際に犯行に及んだウサギの気持ちも見抜けなかったあなたが、今後の彼の再犯を防ぐことが出来ますか?」と詰問した。
「いや、それは出来るだけ……」と誠意を強調するお爺さんだが、検察官は「気持ちだけではねぇ」と断じる。

続いて、当のウサギが証言台に立った。
ウサギは泣き腫らしたのか目を真っ赤にしつつ、罪を悔いていることを繰り返す。
しかし、検察官から「街でタヌキにバッタリ出くわしたら復讐しないと言えますか?」との質問に答えることが出来なかった。

さて、あなたならウサギの刑は「実刑」?それとも「執行猶予」?―――エンド。

<感想>

おとぎ話世界をモチーフにしながらも裁判の本質をリアルに描いたドラマでした。

誰もが知る『カチカチ山』の物語。
それ故に視聴者はウサギの本質がタヌキが主張したような「サイコパスではない」ことを知っています。
また、タヌキのお婆さん殺害の手口や、これに対しウサギとお爺さんがどういったスタンスで事に当たったかも知っています。
言わば「神」の視点に立っており、真相を全て見通している状態。

ところが、その状態ですら次々と出て来る新証拠や新証言に翻弄されました。
さらに、最後までウサギは「復讐しない」との言葉を口にしませんでした。
すなわち、彼には未だ復讐心が残っている。
だが、それはお爺さんと共に居ることで癒されるかもしれないものです。

果たして、ウサギに対してどうするべきか……。
そう、真相を知っている視聴者でさえも困惑してしまうのです。
これが実際に何も知らずに裁判員の席に座っていたとしたら……。

視聴者は『カチカチ山』の物語を知っているからこそ、嘘に惑わされることはありません。
それこそサイコパスではないことを知って尚、その処遇に悩む。

しかも、物語と異なり現実は結末を先に知ることは出来ません。
それこそ、本作の結末が曖昧であるように。
結果、もしかするとあなたは「真実とは違う事実」を「真実」だと認めてしまうかもしれません。
そんな「裁判員の難しさ」や「責任の重さ」を痛感する番組でした。

また、「裁判員の難しさ」を説明する上で「イチから設定を説明する必要がないように、誰もが知る童話を設定に据えたのも特筆すべき点」でしょう。
此の点、とても分かりやすく為になるドラマだと言えそうです。

同時に、本作は上質な「リドル・ストーリー」でもある。
「リドル・ストーリー」とは芥川龍之介『藪の中』やストックトン『女か虎か』のように「敢えて結末を明かさずに読者(視聴者)に結末を委ねる物語」ですが、本作がまさにソレ。

例えば、先述した内容と相反することになりますが、先のタヌキが主張したウサギの本質がもしも本物だったとしたら……。
それこそ、結末は驚くべきものとなるでしょう。
そんな可能性を純粋に物語として楽しむことも出来る。
それが「リドル・ストーリー」。

「リドル・ストーリー」に興味がある方は山口雅也先生による『謎(リドル)の謎(ミステリ)その他の謎(リドル)』(早川書房刊)がオススメです。
中でも『異版 女か虎か』が面白いので読んでみてください。

『異版 女か虎か』(アブラハム・ネイサン著、山口雅也訳、早川書房刊『謎(リドル)の謎(ミステリ)その他の謎(リドル)』収録)ネタバレ書評(レビュー)

◆関連過去記事
昔話法廷「“三匹のこぶた”裁判」(8月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

昔話法廷「“白雪姫”裁判」(8月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

実は残酷な童話の世界が赤裸々になる!?「昔話法廷」が2015年8月10日午前10時からNHKさんEテレにて開廷!!

「三びきのこぶた―イギリス昔話(こどものとも絵本)」です!!
三びきのこぶた―イギリス昔話(こどものとも絵本)





「三匹の子ぶた [DVD]」です!!
三匹の子ぶた [DVD]





「かちかちやま (日本傑作絵本シリーズ)」です!!
かちかちやま (日本傑作絵本シリーズ)





「白雪姫 ダイヤモンド・コレクション/ブルーレイ (本編DVD付) [Blu-ray]」です!!
白雪姫 ダイヤモンド・コレクション/ブルーレイ (本編DVD付) [Blu-ray]





posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水曜ミステリー9「トカゲの女2 警視庁特殊犯罪バイク班 夏の追跡大捜査線!5000万強奪殺人…犯人は元白バイ隊員!?愛妻と娘を捨てた謎と追跡トリックを暴け!」(8月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「トカゲの女2 警視庁特殊犯罪バイク班 夏の追跡大捜査線!5000万強奪殺人…犯人は元白バイ隊員!?愛妻と娘を捨てた謎と追跡トリックを暴け!」(8月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

重犯罪を担う警視庁捜査一課・特殊犯罪捜査係SITのバイクチーム…通称・トカゲ班。宮益坂署生活安全課少年係の井守響子(黒谷友香)を始め、第二機動捜査隊の矢島健太(渡部豪太)、交通機動隊の郷田修平(大地康雄)などが名を連ねる。ひとたび事件が起きればトカゲ班として招集され、極秘の追尾偵察任務にあたる。任務中は警官の身分を明かすことも許されない。トカゲの如く目立たず迅速に行動し、事件を解決に導く。まさに警視庁の隠密部隊である。

ある日、現金輸送車が強奪される事件が発生。警備員も連れ去られる。急行したバイク班はある倉庫エリアで不審者を発見し、そのまま追跡を開始。ナンバーから所有者が正木隆春(東根作寿英)だと聞いた郷田は、1年前に依願退職した後輩の元白バイ隊員だと言い出す。倉庫に戻った響子は、現金輸送車と白バイ、人質の警備員を発見するが、車の陰で前科三犯の工藤芳樹(檜尾健太)が血を流し絶命していた。また不思議なことに強奪された7,300万円のうち5千万円のみが無くなっていた。一方、郷田と矢島は追跡していた不審者を見失ってしまうが、正木のアパートからは犯人と思しき証拠が発見され、事件の主犯だと目される。

正木は退職後に妻・冬野梢(白石美帆)と離婚していたが、家族思いの様子をよく知る郷田には信じ難い。しかもなぜ5千万円だけ奪ったのか、謎は残されたまま…。しかし警視庁は現金輸送車襲撃事件の主犯、さらに工藤殺しの容疑者として正木の名前と顔を公表する。

さらにその日の深夜、第二の殺人が発生する。被害者は下町にあるケミカル工場の社長・井岡勝(掛田誠)。工場からは薬品が盗まれていたが、駆けつけた強行班係で響子の恋人・津吹新太郎(永井大)は、それらが爆弾の材料だということに気づく。また調べを進めると、1カ月前、トラブルで工場を辞めた立花守(斉藤祥太)が、梢が勤める宅配弁当センターで働いていることがわかる。

そんな中、梢に近づいた響子は、一人娘・絵葉(齋藤志帆)が1年前に大きな心臓の手術をしていることを知る。「幸せはふたついっぺんに追えない」…そんな梢の言葉を聞いた響子は、離婚の裏にはなにか特別な事情があったのではと思い始める。
(水曜ミステリー9公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……。

警視庁捜査一課にはある秘密チームが存在している。
それが特殊犯罪捜査係SITに所属するバイクチーム……その名は警視庁トカゲ班。
トカゲ班には様々な部署の面々が名を連ねており、ひとたび事件が起これば招集され捜査に当たる。

捜査内容は極秘の追尾任務。
任務中は身分を明かすことも出来ず、トカゲの如く隠密行動が義務付けられている。
そして影ながら事件解決に貢献する―――まさに警視庁の隠密部隊だ。

まずは、宮益坂署生活安全課少年係巡査部長・井守響子。
続いて、第二機動捜査隊・矢島健太。
さらに、ベテランの交通機動隊・郷田修平など。
まさに各方面の精鋭たちが集うのだ。

そんなある日、現金輸送車強奪事件が発生しトカゲ班が招集された。
機動力を活かし現場に急行したトカゲ班は不審車両を発見し追跡することに。

車両のナンバーから所有者は正木隆春と判明、これを聞いた郷田は驚く。
正木は1年前に依願退職した郷田の後輩の白バイ警官だったのだ。

とある倉庫まで不審車両を追ったトカゲ班は響子と郷田で2手に分かれる。
倉庫内へ突入した響子は奪われた現金輸送車を発見。
さらに、工藤芳樹の他殺体まで見つけてしまう。

一方、当の不審車両を追跡していた郷田たちは残念ながら撒かれてしまった。
だが、正木宅を調べたところ彼が犯人と思われる証拠が挙がる。

正木と工藤が共謀し現金輸送車を強奪。
その後、仲間割れにより正木が工藤を殺害したと思われた。

そんな中、1点だけ不思議なことが起こっていた。
現金輸送車に積まれていた金額は7300万円。
ところが、そのうちの5000万円のみが奪われ残りは手つかずだったのだ。
何か意味があるのだろうか?

正木への捜査が開始され、彼の元妻・冬野梢にも監視が行われることに。
奇しくも正木の家族への愛情を知る郷田は彼が離婚していたことにも愕然とする。
しかも、離婚もまた1年前の出来事であった。

梢を監視するトカゲ班の面々。
梢は正木と離婚後に、娘・絵葉を抱え宅配弁当センターで働き生計を支えていた。
職場の環境はかなり良いようで、遠目に眺めている限り同僚である村田和男や立花守たちとの関係も良好である。
娘である絵葉も何やら通院しているようだが、それ以外は木村美園に可愛がって貰っているようだ。

その夜、下町にあるケミカル工場の社長・井岡勝が何者かに殺害される。
工場からは薬品が多数盗み出されていた。

この事件を担当したのは、響子の恋人で強行班係に所属する津吹新太郎。
津吹は盗み出された薬品で爆弾が作成可能であることに気付いた。
しかも、梢の同僚の立花が井岡の工場の元従業員だったことも判明。

そんな中、トカゲ班の規則を破り響子が梢と接触してしまう。
身分を隠し梢と親しくなった響子は絵葉が1年前に心臓の移植手術を受けたことを知る。
梢は「幸せは2つ一度には追えない」と意味深長な言葉を洩らす。

矢先、井岡と正木に接点があったことが判明。
井岡もまた現金輸送車強奪グループの一味だったことが明らかとなった。
これにより、正木が5000万円を独り占めにする為に仲間を殺害したとの容疑が深まることに。
また、津吹も捜査本部に合流した。

一方、被害に遭った現金輸送車を警護していた警備会社「プライド警備保障」で正木が働いていたことが分かった。
その社長は真鍋省吾、これまた1年前に警察を退職し直後に警備会社社長の座に就いていた。
しかも、警備会社時代だけではなく警察時代にも正木の上司だったのだ。

その頃、梢が不審な動きを見せていた。
後を追ったトカゲ班は梢が正木と接触する現場を目撃する。
早速、正木確保に動く響子だが、何故か乱入して来た立花により正木に逃げられてしまう。
梢と立花はそれぞれ正木の仲間として疑われ、身柄を拘束されることに。

他方、津吹の捜査により1年前に正木が何者かから5000万円を手に入れていたことが分かる。
どうやら、正木は絵葉の手術費用に困っており5000万円はこれに用いたらしい。

しかも、1年前に正木が担当した轢き逃げ事件が迷宮入りになっていたのである。
被害者は6歳の男子児童・小出勇樹ちゃん。
正木は逸早く現場に到着したが、既に遅かったと言う。

驚くべきことに、この際の証言者が工藤と井岡だったのだ。
調べたところ、2人ともに1年前から金回りが良くなっていたことも分かった。

響子たちはある仮説を立てる。
絵葉の手術、その手術費用、5000万円の出処、退職した正木、警備会社社長となった真鍋、金回りが良くなった工藤と井岡―――すべてが1年前から始まっている。

もしかして、正木は轢き逃げ犯人から真鍋を経由して報酬を貰い事故の真相を隠蔽したのではないか?
だから、罪の意識を感じて退職したのではないか。

そして、「幸せは2つ一度には追えない」と述べた梢。
これも「絵葉の命」か「正木の信念」かの2択を迫られ、絵葉を選んだ為に離婚したのではないか。

また、正木と同じように真鍋は社長職を餌に、工藤と井岡も個別の報酬を得て隠蔽工作に加担したのだろう。

だとすれば、轢き逃げ犯人は真鍋に社長職を与えることの出来る人物である。
調べたところ、真鍋が社長となった「プライド警備保障」は資産家として知られ代議士選に出馬した岩園翼のグループ企業であると判明。
つまり、岩園翼が轢き逃げ犯なのだ。

このとき、報酬を巡る連続殺人事件が轢き逃げ遺族による復讐殺人へと様変わりを遂げたのである。
残る標的は岩園と真鍋の2人だろう。いや、正木も含まれているのかもしれない。
井岡のもとから盗み出された薬品は爆弾として岩園たちへ向かうに違いない。
捜査本部は正木と共に小出勇樹の両親も追うことに。

同じ頃、当の正木は小出夫妻から脅迫を受けていた。
なんと、絵葉が人質に取られてしまったのだ。
正木は小出夫妻の指示に従わざるを得なくなってしまう。

矢先、小出勇樹の父親が教師だったことが分かった。
どうやら、立花は教え子として恩師の為に協力していたようだ。

そんな中、岩園による講演会が開催。
これに真鍋も出席する。
まさに小出夫妻にとって千載一遇の好機である。

トカゲ班は響子が小出夫妻の調査にあたり、郷田たちが会場の警護を担当する。
其処にひょっこり正木が現れた。
郷田がこれを追跡し捕まえることに成功したのだが、正木は自身が囮であると明かす。

1年前、正木は絵葉の治療費欲しさに岩園と真鍋に買収された。
しかし、罪の意識に耐え切れず小出夫婦に真相を明かした。
其処で小出夫婦から復讐に協力するように迫られたのだ。

同じ頃、警護の隙を突き岩園と真鍋が小出の夫に連れ出されていた。
そして、別の場所では絵葉の首に小出の妻が手をかけようとしていた。

その頃、響子は小出夫婦の隠れ家を突き止めていた。
其処で夫婦の正体を知ることに。
夫婦は共にある人物として梢の傍に居たのである。

小出夫こと小出和男こそ村田和男、小出妻こと小出美園こそ木村美園だったのだ。

井岡のもとから盗み出した薬品で製造した爆弾を手に岩園たちを殺害しようとする小出。
其処へ立花を説得し計画を聞き出した響子が駆け付ける。
さらに、正木を伴った郷田も現れた。

包囲された小出は全てを語り出した。

正木から真相を聞かされた小出。
正木に責任を取るよう詰め寄り、現金輸送車強奪を行わさせた。
正木が受け取った報酬と同じ5000万円を奪うことで真鍋への警告に代えたのだ。
同時に、正木に井岡と工藤を計画に巻き込まさせると影で彼らを殺害して行った。
工藤と井岡を殺害したのは小出だったのだ。
最後に小出が岩園と真鍋を殺害し、美園が絵葉を殺害する手筈だった。

これにショックを受ける正木。
だが、響子は「絵葉ちゃんは勇樹君から命のバトンを受け取ったんです!!」と呼びかける。

その言葉に衝撃を受けた小出は投降するが「もう遅い」と呟く。
別の場所に居る美園を止める術は無いらしい。

しかし、響子は「そんなことはない」と力強く語る。
復讐に奔るほど勇樹を愛した美園なら、絵葉の命を奪える筈がないと言うのである。

これを証明するように、絵葉を連れた美園がゆっくりと歩み寄って来た。
どうやら、響子の予想通り不可能だったようだ。

こうして、事件は解決したのである―――エンド。

<感想>

新シリーズ「トカゲの女 警視庁特殊犯罪バイク班」第2弾。
原作なし、オリジナル作品です。

ちなみに「バイク部隊」で「トカゲ班」と言えば同じテーマの作品が存在しています。
それもその筈、テーマとなった「トカゲ班」は実在の部隊。
なるほど、モチーフがあったワケですね。
納得です。

なお、同じテーマの作品とは「ハンチョウシリーズ」で知られる今野敏先生『TOKAGE 特殊遊撃捜査隊シリーズ』(朝日新聞出版社)。
このシリーズは既刊で3冊存在。
それぞれ『TOKAGE 特殊遊撃捜査隊』『天網 TOKAGE2 特殊遊撃捜査隊』『連写 TOKAGE3 特殊遊撃捜査隊』のタイトルとなっています。
当初はこれのキャラ設定を変更したドラマだと思っていました。
シリーズのあらすじはこちら。

<あらすじ>

・TOKAGE 特殊遊撃捜査隊
大手都市銀行の行員が誘拐され、10億円の身代金が要求された。警視庁捜査一課特殊犯係に所属する上野数馬は、バイク部隊「トカゲ」のメンバーとして初の誘拐事件任務に就くが……。本格警察小説の旗手が打ち出す新機軸!

・天網 TOKAGE2 特殊遊撃捜査隊
3件のバスジャック事件が同時発生し、隠密捜査チーム「トカゲ」に出動命令が下る。事件が進行する一方で、ネットには犯人しか知り得るはずのない情報が流れ、警察を翻弄する――。警視庁に実在するバイク部隊の活躍を描くシリーズ第2作。

・連写 TOKAGE3 特殊遊撃捜査隊
東京都内でバイクを利用したコンビニ強盗が3件連続発生。警視庁の極秘バイク部隊「トカゲ」にも召集がかかる。上野数馬と白石涼子は捜査本部が置かれた世田谷署へと急行する。新設されたIT捜査専門組織・警視庁捜査支援分析センターも総動員するが、解決の糸口が見つからない……。本格警察小説、好評のシリーズ第3弾!
(朝日新聞出版社公式HPより)


興味のある方はアマゾンさんリンクよりどうぞ!!

では、ドラマの感想を。

颯爽としたバイクアクションが良かったですね。
下からのカメラを受けつつ路地を走り抜けるバイク同士のチェイスシーンは見応えがありました。

内容的には小出夫婦が復讐対象よりも正木一家に執着していた点が目新しかったかな。
通常だと復讐対象である岩園や真鍋の秘書とか部下として潜り込むだろうところを、梢と絵葉の周囲に潜り込んでたし。
正木を従わせる為なのだろうけど、その労力を思うと直球勝負で良かった気もする。

それと、警告の為だけに現金輸送車強奪を決行させたのも恨みの深さを窺わせていたように思います。
おそらく、正木、工藤、井岡を強奪犯として貶めようとの意図が其処にはあったのでしょう。
ただ、肝心の岩園と真鍋に対する復讐としては弱いかなぁ……そちらこそがより罪深い筈なのに。
それもこれも、憎悪が強過ぎた為なのかもしれませんね。

今回も、いぶし銀の活躍を見せた郷田役の大地康雄さんを始め、津吹役の永井さんや響子役の黒谷さんも格好良かったですね。
シリーズ続編にも期待したいと思います!!

◆関連過去記事
水曜ミステリー9「トカゲの女 警視庁特殊犯罪バイク班 色気ナシ警官&親爺ライダー走る!会長令嬢誘拐… 5934万の謎と追跡トリックを暴け」(11月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

井守響子:黒谷友香
津吹新太郎:永井 大
冬野 梢:白石美帆
矢島健太:渡部豪太
片桐七海:滝沢沙織
小杉 徹:金児憲史
井守英恵:大島蓉子
島岡吾郎:柴 俊夫
立花 守:斉藤祥太
岩園 翼:一色采子
真鍋省吾:五代高之
村田和男:小松和重
木村美園:宮本真希
正木隆春:東根作寿英
郷田修平:大地康雄 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


「TOKAGE 特殊遊撃捜査隊 (朝日文庫)」です!!
TOKAGE 特殊遊撃捜査隊 (朝日文庫)





「天網 TOKAGE2 特殊遊撃捜査隊 (朝日文庫)」です!!
天網 TOKAGE2 特殊遊撃捜査隊 (朝日文庫)





「連写 TOKAGE3-特殊遊撃捜査隊」です!!
連写 TOKAGE3-特殊遊撃捜査隊



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。