2015年09月04日

『赤い部屋異聞』(法月綸太郎著、角川書店刊『小説野性時代 2015年9月号』掲載)

『赤い部屋異聞』(法月綸太郎著、角川書店刊『小説野性時代 2015年9月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<感想>

江戸川乱歩『赤い部屋』をモチーフに法月先生がアレンジを加えた短編。
原典が持つ「不安」や「恐怖」に対し、そのエッセンスを引き継いだ上でさらに濃厚にした作品です。

真相としてはおおよそKの推測が正しいのでしょう。
しかし、最終的な結論について明言されない結末だからこそ、その「不安」と「恐怖」が際立たされています。
これにより「おおよそKの推測が正しいと思われる中でそれでも最後の1点に残る危うさ」や「Kの推測が正しいとすれば生じる(過去のK自身も含めた)彼らの業の深さが垣間見える点」が恐ろしい。
この辺り、まさに江戸川乱歩の神髄と言えるのではないでしょうか。

特に「Kの推測が正しいとすれば生じる(過去のK自身も含めた)彼らの業の深さが垣間見える点」。
これについては「恐ろしきは好事家の性」と言えるでしょう。

彼らにとってKの悲劇は他人事に過ぎなかった。
だからこそ、更なる欲望をKに強いた。
これについて、過去のKもまた彼らの仲間であったことが悲劇をより強調しています。
だからこそ、Kには彼らの考えが分かり彼らの計画が見えて来る。
すなわち、Kも決して彼らとかけ離れた存在ではなく、むしろ彼ら寄りの人間なのです。
だとすれば、場合によってはKも彼らと同じ行動を取っていたかもしれないことに……。

この事実こそが読者を「何とも言えない」読後感へと運び去るのです。

ちなみに、ネタバレあらすじはまとめ易いように大幅に改変しています。
興味のある方は本作それ自体を読むべし!!

<ネタバレあらすじ>

滅多に自分について話をしないKさんが、その日に限って身の上話を始めたのは何か思うところがあったからだろうか。
Kさんは過去に出入りしていた「赤い部屋」について語り出した。

「赤い部屋」は料理屋アカシャ亭の2階にある一室に集った有志により催されていた密かなイベントであった。
当時、アカシャ亭の主人を中心に奇妙な話や殺伐とした話を持ち寄っては内輪でワイワイと遣り取りしていたのだそうだ。

しかし、不謹慎なことを続けていたバチが当たったのだろうか。
ある日のことKさんの奥さんが鉄道事故に遭ってしまった。
何でも架線に落石があったらしく、それを踏んだ列車が脱線したのだ。
多数の死傷者が出て、Kさんの奥さんもその中に居た。
奥さんは子供を妊娠しており、母子ともに即死であったと言う。

Kさんは一度に妻子を失ったことにショックを受けて「赤い部屋」から遠ざかることとなった。
到底、そんな気持ちにはなれなかったのだ。

そして1年半ほどが経過したある日、Kさんはアカシャ亭の主人に再会した。
無沙汰を謝罪するKさんを、主人は再び「赤い部屋」へ誘った。

最初は断ろうと考えていたKさんも、やはり好事家の血が騒いだのであろうか。
結局、「赤い部屋」に参加することに。

すると「赤い部屋」には新規会員が参加していた。
その名はT、主人によれば気鋭の新会員だそうだ。
Tは彼が行った完全犯罪について語り出した。

それは「プロバビリティの殺人」である。

例えば、落雷が激しい日に子供に対して避雷針に向かって小便するように誘導し感電死させたりといった具合だ。
他にも、その先が危険であると知りつつも敢えて誤った誘導を行うなどもコレである。
言わば「確実に相手を殺害出来るかどうかが曖昧な反面、成功しても犯行を立証しづらい殺害方法」のことだ。

当初は「そんなことも出来るのか……」とぼんやり聞いていたKさんだったが、次のTの話を聞いて顔色を変えた。

続いて、Tが語り出したのは数十人を殺害した列車事故。
Tは都合の良い崖地に目を付けると何度となく石を蹴落とし線路上にそれが残るよう練習を重ねた。
そして、これを可能にしたところで決行に及ぶ。
崖上から石を線路上に蹴り落とすと「過失で石を線路に落としてしまった。取り去りたいのだが崖の上では手が出ない。危ないから早く列車を止めてくれ」と近くの駅に駆け込んだのだ。
もちろん、間に合わないのは承知である。

Tの狙いは的中し事故が発生してしまった。
そして、多数の死傷者が出た。
ところが、Tは過失ということで謝罪だけで済んだのだと言う。

これを聞いていたKさんの胸中に黒い感情が沸き起こった。
と、そんなKさんの気も知らずTは自身の完全犯罪に酔いしれるように自慢を続けていた。

すると、此処にアカシャ亭の女給が飛び込んで来た。
女給は何処で手に入れたものやら握り締めていた拳銃を発砲する。
Tは胸元から血を流し倒れ込んだ。

唖然とする一同。
しかし、Kさんだけは快哉を叫んでいた。
だが、そんな気分もすぐに吹き飛んだ。

撃たれた筈のTがむっくりと立ち上がったのだ。
胸元の出血も血糊であった、全てはTの仕掛けた芝居だったのだ。
Tはしてやったりとの表情を浮かべ、血糊を落とすべく階下へと歩み出た。

そのときである。
Kは叫んだ「危ない!!」と。
アカシャ亭の階段は3段目が腐っていて体重のかけ方を誤ると転落する恐れがあったのだ。
ところが、Kの声に驚いたTはバランスを崩して階下へと転落して行った。

これにより、Tは首の骨を折って死亡してしまった。
そんな中、主人を始め「赤い部屋」の面々はKに奇妙な視線を向けていた……。

Tの死は事故として処理された。
Kさんはそれ以来「赤い部屋」に一度も参加したことはない。

あの日、KさんはTに殺意を抱いた。
Kさんは確信したのだ、Tが妻子を殺したと。
そして、Tが階下に降りようとしたところでワザと驚くように声をかけた。
結果、TはKさんの狙い通りに転落死を遂げたのだ。

しかし、近頃になってKさんは思うのだ。
ひょっとすると、すべてKさんを殺人者にする為に「赤い部屋」の面々が仕組んだことではなかったか。

まず、あのTが本当にKさんの仇だったのかが分からない。
もしかすると、売れない役者を「赤い部屋」の面々が雇ったのかもしれない。
そして、Kさんに対しT自身の口から「プロバビリティの殺人」を吹き込んだ。
そもそも、Tが誇らしげに自慢していた計画がそんなに上手く行くとはどうしても思えなかった。
さらに、例のTと女給の芝居を見せることで「Tの命を奪うことへの抵抗感」をKさんから奪った。
最後に、階段の不具合を残しておくことでKに犯行に踏み切らせた。

そう、物語に飽きた「赤い部屋」の面々が新たな刺激を求めて仕組んだのではないか。
Tの死亡直後の奇妙な視線は殺人を成功させた男を目の前にした好奇の視線では無かったか。
そう言えば、彼らの表情には何処か微笑みが浮かんでいなかったか―――エンド。

◆関連過去記事
『キングを探せ』(法月綸太郎著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『三人の女神の問題』(法月綸太郎著、光文社刊『犯罪ホロスコープII 三人の女神の問題』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『一の悲劇』(法月綸太郎著、祥伝社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『挑戦者たち』(法月綸太郎著、新潮社刊『小説新潮 2014年5月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『挑戦者たち 2』(法月綸太郎著、新潮社刊『小説新潮 2015年1月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『挑戦者たち 3』(法月綸太郎著、新潮社刊『小説新潮 2015年9月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『赤い部屋異聞』が掲載された「小説 野性時代 第142号 (新野性時代)」です!!
小説 野性時代 第142号 (新野性時代)





『挑戦者たち 3』が掲載された「小説新潮 2015年 09 月号 [雑誌]」です!!
小説新潮 2015年 09 月号 [雑誌]





『挑戦者たち 2』が掲載された「小説新潮 2015年 01月号 [雑誌]」です!!
小説新潮 2015年 01月号 [雑誌]





「挑戦者たち」が掲載された「小説新潮 2014年 05月号 [雑誌]」です!!
小説新潮 2014年 05月号 [雑誌]





『ノックス・マシン』です!!
ノックス・マシン





『都市伝説パズル』が収録された「法月綸太郎の功績 (講談社文庫)」です!!
法月綸太郎の功績 (講談社文庫)





コミック版もあります。
「都市伝説パズル―法月綸太郎の事件簿 (SUSPERIA MYSTERY COMICS)」です!!
都市伝説パズル―法月綸太郎の事件簿 (SUSPERIA MYSTERY COMICS)





posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「英国一家、日本を食べる」17話「すしの源に」(9月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」17話「すしの源に」(9月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<17話あらすじ>

一家で京都の寺を訪れていたマイケルは、日本料理界の重鎮・鬼塚とばったり再会。昼食にすしを食べようと誘われ、ついていくと出てきたのは京都名物の鯖(さば)ずしだった。握りずしを期待していたアスガーは不満げ。一方、マイケルは、得意になって鯖ずしのなんたるかを解説し出す。すると鬼塚は、すしの源流とも言われる滋賀の鮒(ふな)ずしをマイケルたちの前に出してきた。初の鮒ずしを前にマイケルは…。
(公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)

マイケル、リスン、アスガー、エミルたちは精神修養すべく寺院を訪れていた。

ところが、今日もエミルが大暴走。
ちょっと目を離した隙に、美しい白砂であつらえられた石庭の中心に座り込んでいたのである。

石庭への立ち入りは禁止されている。
驚き慌てるマイケルたちは必死にエミルに呼びかけるのだが……。

驚くべきことにエミルは座禅を組むや無我の境地に達していた。
幾らマイケルたちがその名を呼ぼうとも聞こえていない様子である。

仕方なくマイケルもまた立入を試みる。
石から石へと渡り歩けば物理的には崩すことは無い……筈であった。
ところが、マイケルは一歩目から石を踏み外して転んでしまう。

前のめりに倒れ込んだマイケル、其処を見知った黒服に助け上げられる。
まさか……恐る恐る背後を振り返ったマイケルは鬼塚の姿を目撃する。

鬼塚と言えば日本料理界のドン(3話「日本料理の神髄」参照)である。
どうやら、例の料理大会の全国コンテストが開催される為に京都を訪れていたらしい。

「英国一家、日本を食べる」3話「日本料理の神髄」(4月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

緊張しつつも鬼塚との再会を喜ぶマイケル。
そんなマイケルに鬼塚は取材の進捗について尋ねる。

「やっぱり、日本料理は寿司ってイメージがあるじゃないですか。其処で本のタイトルなんですが『寿司だけじゃない日本料理』とか『日本人は寿司だけでは生きていない』にしようかと思うんです」

活き活きと語るマイケルに「ほう」と頷いていた鬼塚。
しかし、マイケルが調子に乗って続けた次の言葉に表情が凍り付いた。

「もしかして、鬼塚さんの著作よりも素晴らしい物になるかも」

聞くなり無表情へと変じた鬼塚に、周囲の黒服は慌てふためくばかりだ。
一方、マイケルはそれに気付いていない。

と、際どい空気の中で鬼塚が用意した寿司が運ばれて来た。
これを見るなり「知ってるのと違う」と驚くアスガー。
それもその筈、運ばれて来たのは「鯖寿司」だったのである。
アスガーの反応に気を良くした鬼塚は説明を始めようとするのだが……。

「実はこの寿司はね、握るのではなく……」
「ぎゅっと押し固めて作るんだよ」

意識していないのか鬼塚の台詞を奪ったマイケルはさらに作り方まで説明をし始めてしまった。
これに再び鬼塚の表情が凍り付く。
当然、周囲の黒服たちの顔は真っ青だ。
服装と顔色のコントラストが美しくさえある。

そんな中「鯖寿司こそが寿司の源流」と説明しているマイケル。
これに鬼塚が満を持して「否や」を唱えた。

握り寿司や鯖寿司のように飯を酢で味付けしたのは近代からのことなのだそうだ。
それ以前には「鮒寿司」こと「熟れ(なれ)寿司」が存在しており、これこそ「でんぷんの自然発酵により魚が腐ることを防いだ寿司の源流」らしい。

さらに畳みかける鬼塚は「琵琶湖から取り寄せた鮒寿司」を取り出す。
これにマイケル一家は仰天することとなった。
匂いが特徴的過ぎるのだ。

アスガーは匂いを嗅ぐなり痙攣して倒れ込んでしまった。
それほどインパクトのある匂いだったのだ。
それもその筈、鬼塚によれば鮒寿司は1年寝かしているのだそうだ。

その匂いに恐れ戦くマイケル一家。
そんなマイケルに鮒寿司を口にするよう奨める鬼塚。
その表情には挑戦的な微笑みが浮かんでいる。

「こんなの僕たちの知っている寿司じゃないよ」
思わず叫ぶアスガーに、我が意を得たりと鬼塚が説明を開始する。

江戸前寿司は江戸時代に生まれた。
だが、鮒寿司は1000年の歴史を誇るらしい。
さらに、寿司は火を用いない料理として生まれたもので、握り寿司は歴史の浅いファーストフードなのだそうだ。

未だ鮒寿司を前に硬直しているマイケル。
そんなマイケルの前で鬼塚は鮒寿司に箸を付ける。

「これぞ選ばれた者のみが楽しめる至福の味。これが食べられなければ私の勝ちですよ、あ〜〜〜っはっはっは!!」
宣言するや勝ち名乗りを上げ始めた。
どうやら、先に2回ほどマイケルにしてやられたことを根に持っていたようである。

挑もうとするも未だに踏ん切りのつかないマイケル。
しかし、マイケルは1人では無い。
マイケルの背中を押すようエミル、アスガー、リスンが鮒寿司を口にし悶絶する。
そんな家族の姿にマイケルも遂に意を決し鮒寿司を頬張った。

「濃厚な匂いの爆発だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」
叫び声を上げるや意識を失うマイケル……。

次にマイケルが目覚めた時、其処は先程の寺であった。
隣の部屋から笑い声が聞こえる……ふと、マイケルが覗き込むと笑顔の鬼塚がアスガーやエミルをあやしていた。
負けず嫌いな鬼塚だが本質は気の良い人なのだ。

鬼塚と挨拶を交わすマイケルは「家族」を「共同執筆者」だと語る。
家族全員で取材しているのだ、と。
これを聞いた鬼塚は「4対1じゃ分が悪い」と笑うのであった。

一方、マイケルの胸中には出版予定の本のタイトルが浮かんでいた。
そのタイトルこそ「SUSHI&BEYOND」である―――エンド。

<感想>

原作はマイケル・ブース著『英国一家、日本を食べる』と『英国一家、ますます日本を食べる』(共に亜紀書房刊)。
NHKさんにて毎週木曜日0時40分から1時まで放送中、全24話予定。

前半はマイケル一家を中心としたカートゥーンパート、後半はトシ視点のドキュメンタリーパートからなる。

この17話のテーマは「寿司&鬼塚」について。
「寿司の歴史」と「鬼塚の人柄」が語られました。

ちなみに、ラストにマイケルが口にした『SUSHI&BEYOND』との書名。
これこそ『英国一家、日本を食べる』の原題だったりします。

そんな今回ですが、具体的にはカートゥーンパートでは「鮒寿司」を中心に、実写パートでは「まさかの江戸前寿司ヒップホップ」が取り上げられました。

まずはカートゥーンパート。

今回もエミルの魅力が爆発。
まさかの石庭で無我の境地に達するとは……。
でもって、おそらく今回のお寺は「龍安寺」がモチーフなのかな。

同時に、鬼塚の魅力も大爆発。
いや〜〜〜鬼塚は渋い良いキャラです。

続いて実写パート。

ヒップホップ調の「今日も道の途上、OH勘定!!」にはやられた。
他には「江戸の民たち、寿司の価値」もツボだったね。
でもって「時価っていくら?」で締めるんだもんなぁ。
「江戸前LOVE、江戸前LOVE、江戸前LOVE」の連呼も良かった、インパクト大です。

ちなみに本作「英国一家、日本を食べる」の旨味も此の点にあるような気がします。
「熟れ寿司」のような熟成した描写がある一方で「ヒップホップ」のようなリズミカルな描写もある。
この「緩急自在ぶり」が視聴者の心を動かすのでしょう……面白いワケです。
次回も楽しみな作品です。

◆関連過去記事
「英国一家、日本を食べる」1話「新宿・思い出横丁」(4月16日)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」2話「最高の天ぷら」(4月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」3話「日本料理の神髄」(4月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」4話「力士サイズになる料理」(5月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」5話「第五の味覚」(5月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」6話「世界一硬い魚」(5月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」7話「魚屋の魚屋」(5月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」8話「本物のワサビ」(6月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」9話「道具の楽園かっぱ橋」(6月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」10話「箸の流儀」(6月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」11話「カニ、カニ、北海道」(6月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」12話「北の海藻キング」(7月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」13話「ラーメンキング」(7月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」14話「京の魔法・豆腐」(7月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」15話「KAISEKI」(8月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「英国一家、日本を食べる」16話「日本酒の危機」(8月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

原作「英国一家、日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)」です!!
英国一家、日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)





キンドル版「英国一家、日本を食べる 亜紀書房翻訳ノンフィクション」です!!
英国一家、日本を食べる 亜紀書房翻訳ノンフィクション





同じく原作「英国一家、ますます日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)」です!!
英国一家、ますます日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)





キンドル版「英国一家、ますます日本を食べる 亜紀書房翻訳ノンフィクション」です!!
英国一家、ますます日本を食べる 亜紀書房翻訳ノンフィクション





こちらは同作者によるシリーズ最新作「英国一家、フランスを食べる」です!!
英国一家、フランスを食べる



posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。