2015年09月05日

「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」第38話「騙された死神」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」第38話「騙された死神」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

第38話登場人物一覧:
赤木蛍:主人公。今年の春から「聖マルス学園」に特待生として進学した。
圭一:蛍の兄。正義感の強い警官だったが失踪。幽霊となって戻って来た。

死神:黒い影の男の正体。「桐島静香の秘密」「謎の桃園」「騙された死神」に登場。

丹下七郎:携帯ショップの店員、35歳。
真利奈:七郎の姪。

これまでの登場人物については過去記事リンクの後に記載しています。

<ネタバレあらすじ>

〜〜〜これまでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

高校生になった赤木蛍は行方不明となっていた兄・圭一と思わぬ形で再会を果たすことに。
なんと、圭一が幽霊として蛍のもとに戻って来たのだ。
しかも、圭一は悪意が関わる事件を察知し悪意を消滅させる能力を手に入れていた。
だが、圭一は現世に介入することが出来ない。
これでは折角の力も無意味である。
其処で圭一から協力を求められた蛍は、兄妹で力を合わせ1人でも多くの人を助けるべく動き出すことに。

・前回までのあらすじはこちら。
「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」第37話「緑川楓の誤算2」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

圭一と共に街を歩いていた蛍。
ところが、携帯ショップ前で思わぬ人物(神)に出会うことに。
そう、あの死神である。

「まさか、本当に契約を!?」
驚く蛍に死神はニヤリと笑う。
どうやら、プライベートではなく仕事らしい。
つまり、誰かが死ぬのだ。

そんな死神が狙うのは携帯ショップの店員・丹下七郎35歳、本日12時までの命だと言う。
反感を抱く蛍だが「それが自然の摂理」と圭一に諭されその場は引き下がることに。
こうして死神は丹下七郎に接触するのだが……。

数日後、登校途中の蛍の前に再び死神が現れた。
何でも困っているらしい。

あの後、死神は丹下七郎に接触し彼に死を告げた。
これに丹下はショックを受けて大粒の涙を流した。
そして、女性と付き合ったこともないのに……と嘆いた。
どうも、丹下七郎には女性経験が無かったらしい。
これを不憫に思った死神は「せめて初体験を済ませてから命を奪ってやる」と温情を見せた。
その日はこうして帰還した死神だったのだが……。

ところが、これは裏を返せば「丹下七郎が初体験をしない限り、命を奪えない」ことになる。
こうして、死神は丹下の命を奪えなくなってしまったのだ。

困り果てた死神は蛍に丹下の初体験の協力をするように依頼する。
これに圭一が激怒した。
問答無用で銃を撃つ圭一、怒りの力で格を上げた圭一の銃弾は傷を負わすまでに至っていた。
消滅までは至らないが痛い物は痛い。
事を構えることを避けた死神はその場を逃げ去ることに。

その晩のこと、難を逃れた丹下は姪の真利奈とゲームを楽しんでいた。
すると、急に真利奈が苦しみ出した。
見れば、その背後には死神が控えていた。
丹下に対し、死神は「12時までにお前の命が奪えないならば代わりにこの娘の命を奪う」と宣言しその場を去ってしまう。

病院に搬送された真利奈。
実は真利奈は丹下の兄夫婦が長年望んでようやく授かった一粒種。
性格も良く、丹下自身も大変可愛がっていた。
身代わりには出来ないと悩む丹下は初体験を済ませようと焦るのだが都合よく出来るものでもない。
ハラハラと涙を流し困り果てていたところに蛍がやって来た。
蛍は圭一に死神を尾行させ、事情を把握していたのだ。
追い詰められた丹下に蛍はある方法を教えることに。

そして、12時が近付く中、真利奈の病室前に死神が現れた。
立ち塞がる丹下、通常ならば万事休すだ。
しかし、此処で丹下は蛍から教えられた方法を実行に移す。

丹下は携帯ショップの店員であるキャリアを活かし、死神が手にしたスマホに目を留めると「ご利用をご検討ですか?」と問うや熱く営業を始めた。
普段の利用量から最適な契約プランについて提案し、よりお得な使い方や各種割引プラン、果ては家族の有無による家族割引に至るまでも次々と述べて行く。
遂にはネットとのセットを提案しつつ、手続き方法として必要な本人確認書類にまで言及していた。

その余りの情報量に圧倒される死神。
同時に彼自身もスマホに興味があったことでフムフムと聞き入ってしまう。

そうこうしている内に12時を過ぎてしまった。
丹下が初体験を済ませない限り命を奪えないように、死神とって約束は重大事である。
真利奈の場合は「12時までに」と指定してしまった。
つまり、裏を返せば12時を過ぎた時点で丹下の命も真利奈の命も奪えないのだ。
蛍の方法とは「12時過ぎまで死ぬ気で営業すること」であった。

こうして、死神は丹下にも真利奈にも手出しが出来なくなってしまった。
一杯喰わされたと察した死神は蛍のことを思い出しつつ、致し方が無いと諦めることに。
ちなみに、どうやらスマホについては本気で検討中のようで「此処まで聞いたからには」とばかりに端末契約の仕方についてきちんと確認して行く姿があった―――次話に続く。

ネタバレあらすじはまとめ易いように展開などをかなり改変してます。
気になる詳細は「週刊少年チャンピオン」本誌で確認せよ!!

<感想>

「名探偵マーニー」から3ヶ月……我らが木々津克久先生が「週刊少年チャンピオン」に還って来た!!
というワケで、その新作「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」です。
1巻、2巻。3巻に続き、早くも4巻が発売予定!!

さて、その38話。
サブタイは「騙された死神」。

「桐島静香の秘密」「謎の桃園」に続き、3度目の死神登場。
彼とスマホの関係はまさに定番となりつつありますね。

同時に、携帯の契約手続きの煩雑さを揶揄する回でした。
確かに携帯契約はプラン決定から始まり実際の契約に至るまでかなり時間がかかるからなぁ。
新規契約なら尚更でしょう。
もっとも、その分利便性も高いし、知れば知るほど更にお得で便利なワケなのですが。

いよいよ本格的に死神がスマホを利用することが出来るのか?
とはいえ、今回の様子だと本人確認書類を揃えることに苦戦しそうだなぁ。

それにしても、彼は静香に続き丹下も見逃したことで立場が危うくなるのでは……。
もしかすると、次は上司登場で蛍に助けを求めて来たりして。
丹下も良いキャラだったし再登場を期待したいところ。

次回にも注目です!!

木々津克久先生といえば「フランケン・ふらん―OCTOPUS―」が『拡張幻想 年刊日本SF傑作選』(大森望・日下三蔵編、東京創元社刊)に掲載されています。
こちらも注目。

木々津克久先生が「週刊少年チャンピオン」本誌に帰還する!!2012年8月16日より探偵物語「名探偵マーニー」連載開始!!

さて、作者である木々津克久先生と言えば、管理人にとっては「週刊少年チャンピオン」本誌での「ヘレンesp」の作家さんとのイメージ。

「ヘレンesp」は、盲目のヘレンがその特別な力(ESP能力)を駆使し、愛犬や叔父さんたちに見守られながら同年代の友人や幽霊など様々なものと交流する物語。

衝突したり理解し合えなかったりと苦難がヘレンを襲うものの、その都度ヘレンの純粋な心で相手に向き合い相手との心の壁を乗り越えていくさまは、心に響きました。
確かにあらすじだけ聞くとよくある展開かと思うものの、本作は不思議な“熱”と“説得力”を持っており、透明感のある淡い絵柄も加え、なかなかの名作といえるでしょう。

既に連載自体は終了していますが、こちらもオススメです。

◆「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」関連過去記事
「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)第1話から第30話までネタバレ批評(レビュー)まとめ

「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」第31話「謎の桃園2」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」第32話「節の反抗期」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」第33話「崖の下の呪い家」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」第34話「崖の下の呪い家2」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」第35話「崖の下の呪い家3」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」第36話「緑川楓の誤算1」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「兄妹〜少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿〜」第37話「緑川楓の誤算2」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

◆関連過去記事
「名探偵マーニー」(木々津克久作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)まとめ

「フランケン・ふらん 最終話(最終回) Dream」ネタバレ批評(レビュー)

「フランケン・ふらん 59話 BestFriend」ネタバレ批評(レビュー)

「Phase20」(木々津克久作、「チャンピオンRED 2012年1月号」掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「鋏女(チャンピオンRED 5月号掲載)」ネタバレ批評(レビュー)

「ヴァンパイア・アナライズ (チャンピオンRED 7月号掲載)」(木々津克久著、秋田書店刊)ネタバレ批評(レビュー)

これまでの登場人物一覧:
赤木蛍:主人公。今年の春から「聖マルス学園」に特待生として進学した。
圭一:蛍の兄。正義感の強い警官だったが失踪。幽霊となって戻って来た。

獣を連れた男(10人と1匹の獣):圭一の死に関わる人物。獣は殺意のことらしい。
PND(疑われざる者):静香によれば圭一が追っていた謎の人物らしい。獣を連れた男と同一人物なのか?
十二人委員会:警察内部に存在する犯罪者を私的制裁する組織、メンバーは12人居るらしい。

死神:黒い影の男の正体。「桐島静香の秘密」「謎の桃園」「騙された死神」に登場。

【赤木家とその周辺】
蛍の父:赤木興業の社長。
赤木真知恵:蛍の母。バーのような店を経営している様子。
節:蛍の妹。
和也:蛍の弟。

謎の少年:蛍の初恋相手らしい。11話に登場。
真島慎一:蛍の幼馴染。彼女に恋心を抱いている。9話から登場。

【聖マルス学園関係者】
志田りか:聖マルス学園の生徒。2話から登場。
塞田康平:蛍のクラスの担任教師。割とミーハーらしい。
見場創太:3話ラストに登場した怪しい男。学園の生徒であった。
緑川楓:蛍のクラスメート。実は少女探偵であった。
校長:聖マルス学園の校長。
教頭:聖マルス学園の教頭。
千葉:鐘楼登頂に挑み謎の転落死を遂げた男子学生。
沼代:22話ラストで鐘楼登頂に挑んでいた男子学生。
5人の成功者:過去に鐘楼に登頂することに成功した面々。
五島:5人の成功者の1人だが……。
桃園霧子:「聖マルス学園」2年生とされる謎の令嬢。「謎の桃園」「崖の下の呪い家」に登場。

【警察関係者】
緑川宗達:楓の祖父。推理能力に長けた名刑事として有名らしい。
逸見:楓の知人の刑事。
桐島静香:圭一の同期であるキャリア。現在は警察署長に。
大島:南具署の刑事。
光芝:圭一と静香の同期。
久毛山:圭一と静香の同期。
紅梅:圭一と静香の同期。
二階堂:警部。白い服の男。静香に想いを寄せていたらしい。
山本巡査長:在りし日の圭一の上司。今は田舎の派出所に勤務している。
蓮宮:県警の担当者。

【その他】
志田高志:りかの兄。りかにストーカーしているとのことだが……。
実山:赤木興業を担当している会計士。
貝塚俊雄:実山会計士事務所の職員。比較的若手。
役丸みつえ:実山会計士事務所の職員。紅一点。
三島:実山会計士事務所の職員。太目。
丸木田:実山会計士事務所の職員。ダンディ。
麻依:貝塚の元婚約者。
緑川宗達:楓の祖父。推理能力に長けた名刑事として有名らしい。
末為良則:12話で遺体で発見される。場津間高校の教師であった。
逸見:楓の知人の刑事。
葉森了:場津間高校の学生。末為の教え子。
葉森美和:蛍が廃病院で出会った女性。了の母で入院していた毛羽病院で落命していた。
間岩:米城警察病院の看護師。
怪物:人中に居ようとも誰も興味を向けない怪物。
大人しい人間:怪物に付き添う不可思議な人影。
栗山将秋:怪物たちが暮らしている部屋の契約者。
三ツ矢:誘拐事件の被害者とされる子供の母親。
満島:節の担任教師。
鏡二郎:呪いの家の過去の所有者。
円卓:「占いの館」の占い師の1人、「ジュエル」を名乗っていた。「緑川楓の誤算」に登場。
蝶野:「占いの館」の占い師の1人、「カラスアゲハ」を名乗っていた。「緑川楓の誤算」に登場。
丹下七郎:携帯ショップの店員、35歳。「騙された死神」に登場。
真利奈:七郎の姪。「騙された死神」に登場。

「兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿 (1) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿 (1) (少年チャンピオン・コミックス)





こちらはキンドル版「兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿 1 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿 1 (少年チャンピオン・コミックス)





「兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿(2) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿(2) (少年チャンピオン・コミックス)





「兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿(3): 少年チャンピオン・コミックス」です!!
兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿(3): 少年チャンピオン・コミックス





「兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿(4): 少年チャンピオン・コミックス」です!!
兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿(4): 少年チャンピオン・コミックス





こちらはキンドル版「[まとめ買い] 名探偵マーニー」です!!
[まとめ買い] 名探偵マーニー





こちらはキンドル版「[まとめ買い] ヘレンesp」です!!
[まとめ買い] ヘレンesp





posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金曜プレミアム「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ52 神苦楽島 淡路島を舞台に最大スケールで送る最新作 国生みの神話とそれを食い物に金儲けを企む自然保護団体…相次ぐ死の原因は古き因習か それとも人の欲望か」(9月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレミアム「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ52 神苦楽島 淡路島を舞台に最大スケールで送る最新作 国生みの神話とそれを食い物に金儲けを企む自然保護団体…相次ぐ死の原因は古き因習か それとも人の欲望か」(9月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

「旅と歴史」ルポライター浅見光彦(中村俊介)は、以前に担当した豪華客船・飛鳥のルポが好評で再度世界一周旅行の取材をしてほしい、と編集長の藤田克夫(小倉久寛)に頼まれて、旅の身支度をするためにショッピングモールを訪れていた。すると、1人の女性が浅見の目の前で倒れ込み、浅見の胸の中で「モスケ」とつぶやき息絶えてしまう。
警察署まで同行した浅見は、知り合いの刑事課長・長谷川幸一(佐戸井けん太)から、女性が中田悠理(上野なつひ)というOLで本籍地は淡路島、死因は毒物であると聞く。事件に興味を覚えるも明後日から海外に行くので関わらない、と自分に言い聞かせて立ち去ろうとする浅見だったが、被害者と最後に通話した国土交通省職員の三浦延之(山崎銀之丞)の任意での事情聴取に立ち会う。「携帯は昨晩紛失した」という三浦の証言に「うそっぽいうそほど真実ということも…」とつぶやく浅見。その後、三浦も被害者と同じ淡路島出身と知った浅見は“モスケ”という言葉について聞くも「知らない」と返される。
打ち合わせに遅刻して現れた浅見は編集長に謝罪。ところが逆に「海外取材はなくなって淡路島に行ってほしい」と頼まれてしまう。
早速、淡路島に渡り取材を始めた浅見だったが、取材中に偶然にも男性死体を発見。しかも、ちょうど取材に来ていたCATVのディレクター松雪真弓(安達祐実)らにその現場を撮影されてしまう…。
(公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

浅見光彦は雑誌『旅と歴史』のルポライターの1人。
しかして、彼にはもう1つの姿があった。
現役の刑事局長である浅見陽一郎を兄に持ち、数々の事件を解決して来た名探偵なのである。

そんな浅見だが、今回は世界旅行に胸を膨らませていた。
以前に浅見が担当した豪華客船・飛鳥のルポ(第50作「貴賓室の怪人」のこと)が好評を博し、その第2弾が企画されたのだ。
もちろん、全ての旅費は編集長である藤田克夫もちである。

金曜プレステージ「浅見光彦50回特別企画 内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ50 貴賓室の怪人 超豪華大型客船で巻き起こる密室殺人!死体消失と仮面の怪人の謎を追え 山形〜ロシア股に掛け浅見史上最大の事件に挑む!」(4月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

いそいそと準備に勤しむ浅見。
ショッピングセンターで身支度を整えていたところ、1人の女性が浅見に近寄り絶命してしまう。
女性は「モスケ」と謎の言葉を遺していた……。

浅見とも顔見知りの刑事課長・長谷川幸一が捜査に乗り出し、女性の身許が中田悠理であると判明する。
悠理は淡路島出身者で遅効性の「ダイシノイド」により毒殺されたらしい。

さらに、長谷川は容疑者として悠理と最後に電話で言葉を交わしていた国土交通省職員の三浦延之に注目する。
ところが、三浦は「携帯は昨晩に失くした」と主張していた。
三浦の言葉が事実ならば、何者かが三浦の携帯を利用して悠理と接触したことになる。

しかも、三浦も悠理と同じく淡路島出身だったのである。
ところが、三浦は「モスケ」について何も知らないと供述していた。

此処で普段の浅見ならば調査に乗り出すところだが世界一周が控えている。
好奇心をグッと堪えて世界一周へ向かうのだが……。

なんと「世界一周旅行自体が立ち消えになった」と藤田から告げられることに。
浅見は代わりに淡路島へ足を運ぶよう藤田に依頼される。

奇しくも悠理と三浦の出身地である淡路である。
何かを感じて淡路島へ向かった浅見。
其処で「モスケ」が「獅子舞の踊り手」を示すことを知る。
どうやら、地元では常識らしい。
「何も知らない」とした三浦の供述は嘘だったのだ。

一方で、浅見は男性の遺体を発見してしまう。
しかも、その被害者こそ三浦だったのだ。

驚く浅見だが、現場を淡路センターテレビのディレクター・松雪真弓に目撃、犯人として通報され身柄を拘束されてしまうことに。
もちろん、すぐに素性が明らかとなり釈放されたのは言うまでもない。

そんな中、浅見を訪ねる人物が。
藤田の甥で神戸新報淡路支局に勤務する記者・藤田次夫だ。
次夫は何かを取材している様子で浅見に協力を申し出る。
どうやら、浅見の世界一周旅行が中止になったのは藤田が浅見に甥の協力をさせる為だったようだ。

ところが、その晩のこと。
次夫は洲本城で何者かの襲撃を受け、重傷を負う。
どうやら、次夫は地元で環境保護活動を行う「陽修会」に纏わる土地開発疑惑を調べていたようである。
しかも、次夫を呼び出した電話も三浦の物であった。
事件は1つに繋がっているのだ。

そんな中、浅見は淡路センターテレビ制作部長の山本に取材協力を依頼。
彼の計らいで真弓と再会すると共に、プロデューサーの相島雅一と出会う。
真弓は報道志望らしく、現状に不満を抱いている様子だが……。

真弓と共に島内を巡る浅見。
其処で浅見は三浦が「拝み屋」と呼ばれる一族出身であったことを知る。

そして、環境保護を訴える筈の「陽修会」が開発支持を表明していることに驚く。
何でも、反対運動参加者が次々と病気や事故に遭ったことが原因で何時の間にやら開発支持に回ったらしい。
普通は開発を進める側が祟られるのではないか……と疑問を抱く浅見。
どうやら、新宮日出夫が「陽修会」の会長になってからこの流れが始まったのだそうだ。

悠理の実家を訪問した浅見は、真弓が悠理の幼馴染であることを知らされる。
また、悠理が幼少時に女人禁制とされる岩上神社に足を踏み入れていたことも明らかに。
真弓が止めたのだが、悠理は敷地内へ侵入したらしい。
さらに、悠理と三浦、相島が顔見知りであったことも判明する。

翌日、浅見は「陽修会」について調査を開始する。
すると、新宮の前任者である加藤代表が謎の不審死を遂げていたことが分かる。
この第一発見者が三浦であった。

矢先、浅見は意外な事実に行き当たる。
北緯34.32上に並ぶ太陽神信仰の遺跡、それを「太陽の道」と呼んでいるのだが、土地開発予定現場が「太陽の道」を分断していたのである。
新宮は「太陽の道を讃える開発」と称しているようだが。
浅見は「新宮が開発に根拠を与えており、何等かの利益を得ている」と指摘する。

そんな折、相島が皆に黙って伊勢へ向かってしまった。
其処は「太陽の道」の終着点だ。
しかも、山本により悠理の死亡日である11月11日に相島が東京出張に出ていたことも判明し、彼に悠理殺害の嫌疑がかかる。
相島を追った浅見は陽修会本部を其処に見出すことに。

直後、相島が大鳴門橋にて死体で発見される。
相島は遺書らしき物を残しており、悠理と三浦殺害、藤田次夫殺害未遂を其処で告白していた。
相島は自殺したのか!?

これを疑った浅見はさらに過去の「陽修の会」について調べ始めた。
すると、前加藤代表時代に「陽修の会」で集団食中毒事件が発生していた。
ところが、当時治療にあたっていた医師によれば「ダイシノイド」による毒殺未遂事件だったことが判明。
どうやら、これと加藤代表の不審死が「先の開発に反対していた者たちの事故」らしい。

これを相島が調べていたことが分かり、浅見は相島は自殺に偽装された他殺と考える。
浅見の考えを知った真弓は相島の仇討をすべく真犯人探しに協力を宣言する。

15年前、相島が「陽修の会」に参加していたことも明らかに。
しかも、相島は三浦の5年後輩であった。

続いて、次のような事実が判明する。

15年前、三浦は土地開発に反対しており反対の講演を行っていた。
このとき、相島も聴衆として参加していた。
その帰路の事、三浦と相島は陽修会の加藤前代表が何者かに連れ去られる現場を目撃したのだ。

どうやら、加藤の死は人為的な他殺のようだ。
三浦は加藤が殺害されたことを察し、第一発見者となったようである。

ダイシノイド混入事件も加藤代表殺害も悠理殺害も三浦殺害も次夫殺害未遂も相島殺害も、すべて新宮日出夫に優位に動いている。
このことから、浅見は新宮の仕業と考える。
どうやら、新宮は陽修会を手に入れるとディベートを受け取り開発側に便宜を図っていたようだ。

おそらく、三浦はこのカラクリに気付き証拠を悠理に預けた。
ところが、この動きを新宮たちに察知され殺害されたのだろう。
次夫が襲われ、相島が殺害されたのも理由は其処にあるに違いない。

一方、浅見は三浦が幼少時から迫害を受けていたことを気に掛ける。
三浦の過去を調べたところ、ある人物と彼が幼馴染であり深い親交にあったことを突き止めた。
しかも、「モスケ」が踊り手ではなくお面を指すこともあると知る。

悠理の実家を訪れた浅見はお面に貼られたSDメモリを発見。
その中身は新宮と黒崎代議士、建設業者の吉岡の写真であった。
明らかな癒着の証拠である。

浅見は山本や真弓と図って新宮の悪事を暴く為に講演会を取材することに。
ところが、スタッフの様子がおかしい。
どうやら、新宮に対し講演会の中止を迫る脅迫電話があったそうなのだ。

そんな中、新宮の講演会が開始。
しかし、浅見はこれを聞くことなく聴衆の面前で新宮と対峙する。

新宮の罪を告発する浅見。
さらに、新宮に代わって聴衆に向け正義を訴える。

続けて浅見は新宮の手足として悠理と三浦らを殺害した人物の名を挙げる。
実行犯として告発したのは山本であった。

全ては浅見の罠であった。
浅見は山本のデスクから三浦のスマホを発見し、これを同タイプの別の物に入替えた。
それを知らずに、山本はそのスマホで新宮に脅迫電話を入れたのだ。
浅見の狙いを知り新宮を護るべく、脅迫電話の形で講演中止を訴えたようだ。

さらに浅見は相島にアリバイがあることを突き止めていた。
相島が東京出張したとされる11月11日には伊勢に居たのだ。
山本は日付を改竄し、相島に容疑が向かうように仕向けたのであった。

しかも、三浦の幼馴染こそ山本だったのだ。
幼い時分から三浦に敵愾心を抱いていた山本は都会に出た三浦に「差を付けられた」と恨みを抱いていた。
そして15年前、山本は新宮と出会いその忠実な部下となったのである。
新宮は山本が三浦にコンプレックスを抱いていること察すると「三浦に勝たせてやる」と約束した。

これに応じ、山本はダイシノイドで中毒事件を起こす。
しかも、加藤を殺害したのも彼だ。

ところが、最近になって事もあろうに三浦から「開発反対に協力して欲しい」と申し出があった。
山本は味方をすると見せかけて悠理を毒殺。
続いて三浦を殺害し、次夫を襲撃、その罪を着せるべく相島を殺害したのであった。

すべてを打ち明けた山本。
しかし、新宮は「あんた何言ってんの?」と彼を切り捨てた。
これに逆上した山本は新宮に襲い掛かる。
周囲を蹴散らし壇上へと駆け上がった山本は新宮に天誅を加えようとするのだが……。
必殺の一撃も、浅見が身を挺して止めたことで失敗に終わった。

その後、新宮から山本へ向けた悠理と三浦殺害命令が音声データとして残されていたことで、新宮も逮捕された。
建設業者の吉岡も黒崎代議士も逮捕されることに。

事件が解決し、浅見は真弓と共に京都へ。
其処で何が行われたかは2人のみが知る……と言いたいところだが。
浅見は母・雪江と彼の地で出会うのである―――エンド。

<感想>

内田康夫先生原作フジテレビ版「浅見光彦シリーズ」第51弾です。
過去作についてはネタバレ批評(レビュー)してますね。
興味のある方は過去記事リンクをどうぞ!!

ドラマ原作は内田康夫先生『神苦楽島』(文藝春秋社刊)。

<あらすじ>

秋葉原で若い女性の不審死に遭遇した浅見光彦は、出張先の淡路にて日本神話、民俗、古くからの習慣が絡み合う、不可解な殺人事件に巻き込まれる。やがて政治家の陰謀まで見え隠れし、事件の背後にある組織に光彦は戦慄するのだった――。

古事記に描かれた「国産み」神話、伊勢や奈良の遺跡、淡路の「拝み屋」の呪詛、民間信仰などが登場する一方、官僚や政治家と大企業の癒着、怪しい団体まで描かれる傑作長編ミステリー、待望の合本!
(文藝春秋社公式HPより)


では、ドラマの感想を。
かなりごった煮的なドラマでしたね。
2時間には収まり切らない程、いろいろな伝統や習俗などが盛り込まれていました。

そんな中でもメインと思われるテーマは「それぞれの故郷への想い」を描いたものか。
例えば、三浦は故郷を出たものの、都会から故郷を想い続け護ろうとした。
これは悠理も同様。
真弓は当初こそ故郷に執着しなかったが、悠理の志を継ぎ護ることを決意。
山本は故郷に残ったことにコンプレックスを抱き、新宮に協力することに。

それにしても、21時12分時点で既に悠理と三浦が殺害されたときには驚いた。
このペースでラストまでに2桁を超える被害者が出るのではないか……と思ってしまったほど。

でもって、浅見は主人公でなければ犯人しかあり得ないほどの関わりぶり。
恐るべし。

そして今回は藤田の甥・次夫も登場。
次夫は藤田役の小倉久寛さんに似てらっしゃいましたね。
そんな藤田次夫役を演じられたのは隈部洋平さんでした。

此処からはイロイロ気になった点を。

まず、ラストで浅見が山本へ仕掛けた罠だけど、既にSDメモリ、三浦のスマホ、さらに音声データまで押さえていたのにあの罠は必要だったのだろうか……。
まぁ、音声データは山本が罪を認めることで新宮を追い込むことに役立つ類の物なので「山本→新宮」の順に罪を立証する必要があったんだろうとは思うけど。
とはいえ、あれは吊し上げだったなぁ。

まぁ、山本は加藤、悠理、三浦、相島の4人を殺害。
他に次夫を殺害未遂に「陽修の会」メンバーの毒殺未遂もやってるからかなりの凶悪犯です。
動機も物凄く自己本位な物だし、此の点で考えれば因果応報とも言えるけど。

そう言えば、山本は三浦のスマホを使うなら脅迫電話ではなく、きちんと新宮に事情を説明すれば良かったのにねぇ。
音声データから分かるように山本と新宮の間にはホットラインがあった筈なのに、どうして脅迫電話なのだろうか、謎だ……。

他にも、悠理が女人禁制の神社に足を踏み入れたことは習俗に縛られない開明的な女性であることを示すエピソードだったのだろうか?
とはいえ、今回のドラマ版ではそれほど影響のないエピソードだった気がする。

一方、浅見光彦シリーズについてですが、遂に「最後の事件」が!!
とはいえ、これにはある秘密が……こちらの動向も注目です。

内田康夫先生、浅見光彦最後の事件を手がける―――その名は『遺譜 浅見光彦最後の事件』(角川書店刊)!!

内田康夫先生から浅見光彦シリーズ完結宣言が!!「最後の事件」は2012年に!!

<キャスト>

中村俊介
安達祐実
野際陽子
榎木孝明
小倉久寛
木下ほうか
山崎銀之丞
モト冬樹
佐戸井けん太
島かおり
堀内正美
菊池均也
隈部洋平
篠田光亮
津川雅彦 ほか
(公式HPより、順不同、敬称略)


◆関連過去記事
【内田康夫先生著作関連記事】
「死線上のアリア」より「死あわせなカップル」(内田康夫著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

【浅見光彦シリーズ(フジテレビ版)】
金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ第36弾 鐘」(1月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ37・長崎殺人事件『肥前路島原・長崎〜父の殺人容疑の陰に悲恋の過去現場に残された短刀と蝶々夫人のロザリオに秘められた驚愕の真実とは?』」(4月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ38最新作・十三の冥府「呪われた津軽王朝〜古代史の謎を追う者は殺される!?20年前の産婦人科で何が起きた?連続殺人事件のカギは子守歌」(9月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ39 遺骨「淡路島の古寺に隠された骨つぼに巨悪の影!秘密を知った者は次々殺される!絶対に知られてはいけない黒い過去とは?遺骨に隠された驚愕の真実」(1月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「内田康夫作家30周年2夜連続浅見光彦第1夜!!シリーズ第40弾『棄霊島』 廃墟に消えた連続殺人の謎〜誰かが血塗られた遺産を狙う呪われた一族の憎悪と殺意!浅見を狙う8人の女とは」(5月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜プレミアム「内田康夫作家30周年2夜連続浅見光彦第2夜!!シリーズ第40弾『棄霊島』 父娘と娘孫・三代に渡る出生の秘密時代を超えて暴かれる驚愕の真相!事件の鍵を握る天才ピアニスト哀しみの鎮魂歌が軍艦島に響き渡る」(5月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ41 佐渡伝説殺人事件 鬼伝説に隠蔽された遍路殺し!地獄からの手紙復讐告げる数え唄の謎同級生を襲う死の連鎖恩讐の彼方から蘇った“願”に込めた親子の業は?」(9月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ42 悪魔の種子 岩手花巻仕組まれた殺人連鎖…稲穂を揺らす亡者の影血塗られた殺意とは?禁断の遺伝子研究に潜んだ巨悪!銀河鉄道の旋律に隠れた罪と罰」(11月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ43 還らざる道 故郷への道に消えた老人?死者から届いた白木の壺!?半世紀に及ぶ贖罪の念・木曽檜盗伐に潜む巨悪親子二代に及ぶ不審な殺人連鎖!」(1月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ44 砂冥宮 砂丘に消えた老人の謎?死者の声を届けたいと残した怨念 泉鏡花の詩がいざなう死の香り?悲しき基地闘争の記憶と熱き友への想いは」(4月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ45 志摩半島殺人事件 伊勢志摩の海女伝説磯笛が誘う連続殺人!有名作家が残した死の伝言?鍵は25年前の海難事故と数奇な運命その渦巻く業とは?」(7月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ46 はちまん 八幡巡りに消えた老人!亡霊の呪いが招く連続殺人の謎忌まわしき戦中の記憶破られた誓い!世紀を超えた悲恋が生んだ復讐と殺意の行方は?」(1月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ47 平城山を越えた女 見た者は呪われる!?盗まれた死を呼ぶ秘仏 古都に消えた女の謎…なりすまされた男の罠 哀しき親子の契りと業 血塗られた殺意とは」(5月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ48 幻香 名探偵に死の挑戦状…幻の香水で連続殺人!女性調香師…悲劇の謎 日光〜川治温泉〜パリ浅見惑わす三人の美女 父娘の悲しき絆とは」(9月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ49 不等辺三角形 消えた呪いの箪笥!?三角形に隠された暗号 老執事の死と失われた財宝を巡る欲望の殺人 名古屋〜松島を舞台に誓った母娘の秘密は」(1月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦50回特別企画 内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ50 貴賓室の怪人 超豪華大型客船で巻き起こる密室殺人!死体消失と仮面の怪人の謎を追え 山形〜ロシア股に掛け浅見史上最大の事件に挑む!」(4月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

赤と黒のゲキジョー「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ51 中央構造帯 平将門の呪い?巨大メガバンクに相次ぐ怪死!送られた脅迫状の謎?隠された権力争い…裏切りと金!将門の末裔が背負った哀しき運命とは!」(12月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【浅見光彦シリーズ(TBS版)】
月曜ゴールデン 内田康夫作家30周年 浅見光彦シリーズ29「菊池伝説殺人事件〜火の国熊本で出会った謎の美女と名門一族を襲う連続殺人!一門の掟と哀しき恋・光彦が見た血塗られた記憶」(2月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ30回記念作品 化生の海・北海道〜加賀〜九州を結ぶ壮大なミステリー 古人形に隠された連続殺人の謎!?光彦が見た哀しき母子の運命」(9月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ31 箸墓幻想〜初恋の君青春の過ちが卑弥呼の呪いを呼び覚ます!女の業と怨念!奈良大和路で最後の事件に挑むさようなら光彦!」(9月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ32 天河伝説殺人事件 奈良路に新光彦登場!能舞台の奇妙な殺人は宗家後継を巡る連続殺人の序章…伝説の鈴に秘めた愛…封印した涙と過去」(2月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ33 蜃気楼〜魚津・金沢・舞鶴…新光彦が辿る謎 富山の売薬さんと加賀友禅美人絵師の連続死 幻の先の夢を求めた男と女…哀しい結末」(9月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ34 壺霊 華やかな京都に渦巻く悲劇…伝説の不幸の壺が呼ぶ恐怖の連続殺人!京女たちの怨念か?光彦の旅」(11月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【福原警部シリーズ】
土曜ワイド劇場「内田康夫の福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査“幸せなカップル”の心中の理由」(6月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査 私の夫が連続殺人犯?レモンの匂いと消えたハーブ畑の謎」(4月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査白骨美女と心中した男…ヤマイモ+わさび=死のレシピ!?」(4月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査!W不倫が呼ぶ連続殺人 かじりかけのリンゴの謎!?」(9月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【鬼刑事と車椅子の少女シリーズ】
水曜ミステリー9「内田康夫サスペンス 多摩湖畔殺人事件 丹波篠山〜酒田〜秋田完全犯罪トリック旅路 車椅子少女の涙が動かす鬼刑事執念の捜査(胃痛刑事と美少女車椅子探偵が挑む丹波篠山〜酒田〜秋田を結ぶ殺人ルート1000kmの謎)」(7月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「内田康夫サスペンス 鬼刑事と車椅子の少女〜ドクターブライダル〜女性を狙う殺人結婚相談所!?輝く歯の死体の謎!囮捜査に罠が(残留フッ素の謎!?)」(5月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【信濃のコロンボシリーズ(TBS版)】
月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス 信濃のコロンボ〜死者の木霊〜伝説蘇る!!青森・信州・鳥羽3都時間差トリックの罠!?悲恋に燃えた花嫁の墜落…伊勢神宮2000年が見た死のルートは?」(10月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス 信濃のコロンボ2 戸隠伝説殺人事件 甦る鬼女復活祭!?愛の炎が結ぶ死のルートは1000年前の平家の道…滅亡と連鎖に隠された真実は瞬間移動劇?」(11月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【内田康夫先生原作ドラマ】
金曜プレステージ 内田康夫ミステリー・湯布院殺人事件「遺産相続を巡る旧家の呪い霧の里で起こった骨肉争いに次々人が消える犯罪心理のプロ和泉が暴く悲しい家族の怨念待望の新シリーズ!」(11月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜ブレステージ「内田康夫旅情サスペンス岡部警部シリーズ〜シーラカンス殺人事件〜幻の魚奇跡の捕獲に仕組まれた完全犯罪物言わぬ生きた化石のみが知る陰謀とは!?」 (11月27日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

【その他関連過去記事】
2010年6月12日、世田谷部文学館にて内田康夫先生講演会開催!!

・2010年5月30日まで開催されていました「ミステリーウォーク2010『記憶の中の公園』」についての記事です。
浅見光彦の住む町で推理に挑戦!?

2011年3月5日「小説舞台を巡る“名探偵★浅見光彦ワールド!横浜ミステリーWalk”」開催!!

あなたに内田康夫先生の本に登場する権利を上げよう!!by大日本印刷&角川書店

名探偵・浅見光彦さん、卒業証書授与される

「第10回北区内田康夫ミステリー文学賞」作品募集中!!

「神苦楽島〈上〉 (文春文庫)」です!!
神苦楽島〈上〉 (文春文庫)





「神苦楽島〈下〉 (文春文庫)」です!!
神苦楽島〈下〉 (文春文庫)





キンドル版「合本 神苦楽島(かぐらじま)【文春e-Books】」です!!
合本 神苦楽島(かぐらじま)【文春e-Books】



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。