2015年09月15日

『デザイナーベイビー』(岡井崇著、早川書房刊)

『デザイナーベイビー』(岡井崇著、早川書房刊)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

NHKドラマ化決定! 現役医師が描く、生殖医療最前線の闇!

【NHKドラマ化】 城南大学病院は衝撃に震えた。生後三日の女児が、新生児室から連れ去られたのだ。誰が、なぜ、どうやって、産まれたばかりの児を? しかも誘拐された児は病気を持っている。救出は一刻を争う。やがて院長あてに身代金要求の電話が入るが……狡猾な犯人に翻弄され、焦慮に駆られる警察。医師たちも動揺を隠せない。だが、事件はまだほんの序の口だった。さらなる衝撃が、城南大学病院を襲ったのだ! 産科医不足問題の実態を描き、社会に大きな波紋を投げかけた『ノーフォールト』、医療改革の闇をえぐった『トライアングル』の著者が、医療最前線のさらに一歩先にある危機を描いた話題作を全面改稿。
(早川書房公式HPより)


<感想>

海外ミステリのような怒涛の展開がポイントの作品。
そして、かなり深い「テーマ」を扱っている点もポイントです。

特に此処では「テーマ」に注目。

タイトルにもなっている「デザイナーベイビー(此処からはデザイナーベビーと表記)」。
その意味は「生まれて来る前に遺伝子に調整を施し両親が望む子供を手に入れる方法」のこと。
此処での調整は「健康」であったり「身体能力の向上」であったりします。
この方法ならば両親が望む子供が得られることに。

この手法は既にSF世界やアニメなどでは一般的となっており、例えば森岡浩之先生「星界シリーズ」(早川書房刊)に登場するアーヴや「機動戦士ガンダムSEED」のコーディネーターなどが挙げられます。

「機動戦士ガンダムSEED」(2002年、日本)

ディスティニープラン発動!!

その作中でも取り上げられていますが「優れた存在ゆえの優越」や「作られた存在ゆえの悲哀」などが問題視されているようです。
言わば「SF世界」では「デザイナーベビー」は「ロボット」や「アンドロイド」に近い存在とされています。

そして、現実でも「デザイナーベビー」には同様の問題定義が為されています。

まず、其処に子供自身の意志は存在するのか?
また、これではまるで両親の目的の為に子供が存在していることになるのではないか?

すなわち「遺伝子調整」が「誰の為に行われるのか」の問題。
「生まれてくる子供の為」ではなく「親の為」ではないかとの倫理的な問題が指摘されているワケです。
まるで「SF世界」のロボットやアンドロイドと創造主の関係のように。

此処では親こそが創造主となることに。
だからこそ倫理面が問題とされる。

ですが、そもそも親たる者が子供に何かを望まずに居られるでしょうか?
出来れば子供には大人物になって欲しい、大成して欲しいと望むのは当然のことではないでしょうか。

その一方で両親から望まれない子供の存在もあります。
それは「意図せず出来てしまった子供」や「両親の望みに叶わなかった子供」たち。
後者は両親からの愛情が注がれていないワケではありません。
しかし、より多くを望んだ場合に望まれないとされるようです。

両親から望まれた「デザイナーベビー」と「望まれない子供」。
果たして、いずれがより幸せなのでしょうか。
これこそが、本作のテーマ。

本作ラストで登場した少女は誘拐された近森望美なのでしょう。
だとすれば、共に居た両親こそは「あの人たち」となるのか。

近森家ではその存在が夫婦の間で問題視された望美。
だが、あの人たちの間ではその遺伝子ゆえに大きな期待がかけられていました。

まさに近森家では望まれず、あの人たちの間では望まれた子。
そして、あの人たちにとって望美は遺伝子調整が施されているワケではありませんが、疑似的なデザイナーベビーとなっています。

他にも遺産相続の条件をクリアする為に子供を望む「あの人」や、その当人自身が実は「アレ」であったり。
そして、自然と子供を得ることとなった「あの人」など。

様々な親と子の形が描かれた本作。
子はいずれ成長し親になります。
読者諸氏は本作を読んで是非、想いを馳せられたし。

ちなみに、ネタバレあらすじについてはかなり改変されています。
本作を楽しんで頂くには本作それ自体をお読み頂くことをオススメします!!

<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:
須佐見誠二郎:城南大学病院産婦人科教授。
柊奈智:城南大学産科病棟医長。
山原あけみ:城南大学病院の看護師。
下地浩介:刑事。後に悠里と……。
速水悠里:刑事。後に下地と……。
江嶋敏幸:資産家の息子、不妊治療により生まれた経緯がある。
江嶋英恵:敏幸の妻、不妊治療を受けて妊娠した主婦。
近森博:情報通信工学の教授でノーベル賞受賞の噂も囁かれている。
近森優子:博の妻、不妊治療を受け望美を出産する。
近森望美:近森博、優子夫妻の生まれたばかりの娘。障害を抱えている。
河窪悟:由佳の恋人、子供を欲しがっている。
槙居由佳:河窪の恋人、子供を欲しがっている。


須佐見誠二郎と柊奈智が所属する城南大学病院にて大事件が勃発した。

情報通信工学の教授でノーベル賞受賞の噂もある近森博とその妻・優子の間に生まれた娘・望美が誘拐されたのだ。
望美は夫妻が不妊治療の末にようやく授かった子供であったが、傷害を抱えていた。
近森は望美に対して不満を抱えていたらしいが……。

こうして、下地浩介刑事や速水悠里刑事が捜査に乗り出すことに。
そんな中、犯人から5000万円の身代金が要求され奪われてしまう。

矢先、同じ城南大学病院で妊婦の江嶋英恵が急死したのだ。
担当看護師・山原あけみによれば投薬すべき薬を投薬し忘れたとのことであったが……。

調べたところ、むしろ山原あけみが指示を受けていない薬物を投薬したことが原因で英恵が死亡したことが明らかになった。
英恵の死は殺人だったのだ。

直後、今度は山原あけみが不審な死を遂げる。
罪が明らかになったが故の自殺と思われたのだが……。
その死がチューブで胃に直接薬品を注ぎ込んだ殺人と判明する。

山原あけみが英恵の夫・江嶋敏幸と愛人関係にあったことが分かった。
しかも、英恵の胎児が障害を抱えていたことも判明。

資産家の息子であった敏幸が父から30億もの遺産相続に当たって条件を提示されていたことも分かる。
それは「丈夫な孫を作ること」だった。
敏幸にとって英恵と胎児が邪魔になっていたのだ。
其処で敏幸が愛人である山原あけみを使って英恵を殺害したと思われた。

そんな折、当の敏幸が姿を消してしまう。
どうやら、海外へ逃げたようだ。

この捜査を続けるうちに、下地と悠里は愛を確かめ合うように。
悠里は下地の子供を妊娠する。

一方、山原あけみ殺害に新展開が。
犯人の遺留品と思われる手袋からDNAが検出されたのだが、これと敏幸の両親のDNAが合致しなかったのだ。
犯人が敏幸ならばその両親のDNAと犯人とが家族であることが証明される筈だったのだが……。

これに対し、須佐見は敏幸もまた不妊治療の末に生まれた子供であることに注目。
当時、受精卵の入違い事件が多発していたことを挙げ、敏幸の受精卵も別の誰かと間違われたのではないかと指摘する。

調べたところ、これが事実であることが判明。
敏幸は江嶋家とは血の繋がりの無い息子だったのだ。

下地たちは敏幸を拘束し、山原あけみ殺害犯のDNAと鑑定しようと考える。
敏幸が遺産相続の為に次なる子供を求めるだろうと予測し、海外で罠を張ることに。

これに敏幸がかかり身柄が確保された。
敏幸のDNAを鑑定したところ、山原あけみ殺害犯と合致する。

敏幸は全てを告白する。
30億の遺産を相続する為に条件をクリアしようとした敏幸。
ところが、英恵の子供には障害があった。
敏幸は英恵に堕胎を迫るが彼女はこれを拒否。
其処で山原あけみに命じて英恵を殺害したのだ。
しかし、捜査の手が山原あけみに向いたことで口封じしたのであった。

また、敏幸は近森望美誘拐事件にも関与していた。
その実行犯は敏幸の友人・河窪悟と槙居由佳だそうだ。
何でも河窪と由佳は非情に優秀な子供を欲しがっていた。
其処でノベール賞受賞を噂される近森の娘に目を付けたのだ。

どうやら敏幸が手引きし誘拐させる代わりに身代金を貰っていたらしい。
敏幸は身代金で自身の血を引く丈夫な子供を手に入れようとしていたようだ。

敏幸は逮捕されたが、河窪たちの行方は杳として知れなかった。

近森家では望美に次ぐ新しい子供をもうけるべくさらなる不妊治療を開始することに。

下地と悠里は結婚した。

それから数年が経過した。
2人の男女が1人の少女を連れている。
少女は障害を抱えながらピアニストとして将来を嘱望されるようになっていた。
両親はそんな少女に大きな期待をかける。
と、其処に下地たちがそっと近付く。
下地は両親を拘束すると少女の名を問う。
少女の名は「望美」であった―――エンド。

◆関連過去記事
「デザイナーベイビー」1話「ノゾミ」(9月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「デザイナーベイビー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)」です!!
デザイナーベイビー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)





キンドル版「デザイナーベイビー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)」です!!
デザイナーベイビー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)





posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月曜ゴールデン「湯けむりバスツアー 桜庭さやかの事件簿6 熊野古道殺人伝説!!探偵ガイドが見た死のバスツアー地獄行き!?人魚が暴く千年の涙…史上最大のミステリー完結か!?」(9月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「湯けむりバスツアー 桜庭さやかの事件簿6 熊野古道殺人伝説!!探偵ガイドが見た死のバスツアー地獄行き!?人魚が暴く千年の涙…史上最大のミステリー完結か!?」(9月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

行けなかった新婚旅行に行こう!というキャッチフレーズで募集した「伊勢〜南紀白浜“新婚旅行”バスツアー」が決まった。桜庭さやか(萬田久子)は、これまでのツアーとは違い、参加する人たちの一生の記念になる最高のツアーにしてあげたいと、出発前の勉強に余念がなかった。
出発当日、富田林(葛山信吾)と共にツアー客を出迎えるさやかだったが、天敵添乗員の牧野(渡辺いっけい)が高熱を出しツアーに同行出来ず、牧野の先輩添乗員である橋口(大谷亮介)が同行し伊勢から南紀白浜へとバスは出発した。
伊勢市に入り夫婦円満のご利益があると言われる二見興玉神社にお参りに行くと、この旅は離婚の記念にするために参加したとツアー客の本間(宮平安春)と奈津美(清水由紀)夫妻がさやかたちに告白した。全く理解できないさやかは、考え直した方が良いのではと助言するが、二人は喧嘩を始めてしまう有り様だった。
一日目の宿泊地・鳥羽に到着し、橋口、さやか、富田林が反省会をしていた。一日目を終えての注意事項や明日のスケジュールの確認だけで、あっさりと反省会を終えようとする橋口に驚いたさやかと富田林は、橋口が添乗員で本当に良かったと喜んだ矢先、急に富田林に熱い眼差しを向ける橋口が…。
翌朝、三重県警刑事の伊藤(磯崎竜一)がさやかたちを訪ねて来た。ホテルの近くで男性の死体が発見され、ツアー客の一人ではないかと言うのだ。三重県警の警部補・鴨志田(小西博之)に案内され、死体の確認をすると、ツアー客の青柳昇(本宮泰風)に間違いなかった。早速、妻の麻莉(安達祐実)に話を聞く鴨志田に、麻莉は青柳とは夫婦ではないと言い出した。青柳とは2週間ほど前に会ったばかりで、仕事が順調に行かず困っていた麻莉にバスツアーに妻として参加してくれれば、ツアー終了後に50万円支払ってくれる約束だったと告白した。こんな事件が起きた以上、ツアーは中止するしかないだろうと言う橋口に、さやかは他のお客のためにもツアーは続けるべきと主張した。結局、ロビーに集まったツアー客の意向も聞き、ツアーは続けることになった。本人の希望で、麻莉もこのままツアーに参加することになり、一行は鳥羽にある海女小屋や海女さんたちに信仰されているという神明神社に向かった。そこで、辻井千秋(田中美奈子)が事件のことをさやかに細々と聞いてきた。不思議に思うさやかだったが…。
一方、東京の牧野のもとに、鴨志田たちが身辺調査のためにやって来た。そして、鴨志田たちは青柳が店長をしていたホストクラブへと足を運んだ。そこで、鴨志田は思いもよらない情報を手に入れる。
南紀白浜で二日目の夜を迎えたさやかたちのところへ鴨志田たちが険しい顔で現れた。ツアー客の山西紀代子(大塚良重)が今どこにいるかというのだ。
そんな時、紀代子の夫・秀則(小野武彦)が、紀代子が部屋を出たまま戻ってこないとの知らせがあった。心配するさやかや秀則の様子を離れた場所から見ている千秋が・・・。そして、翌日早朝、海岸で紀代子の遺体が発見された。
またもや事件が起きたものの、ツアーを中止するわけにもいかず、敢えて明るく振舞うさやかは、熊野古道から那智の大滝へとツアーを進めるが…。
(月曜ゴールデン公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

桜庭さやかはバスガイド。
バス運転手の富田林、添乗員の牧野らと共に様々なツアーに添乗しつつ、其処で起こる事件を解決して来た。

そんなさやかが今回ガイドを務めることとなったのは新婚旅行に行けなかった夫婦を対象にした「伊勢〜南紀白浜“新婚旅行”バスツアー」。
当日になって牧野が高熱を出して病欠、代わりに「ある悪癖」を抱える橋口が参加するなどトラブルがあったものの、順風満帆に終える筈だったのだが……。

橋口はもちろんのこと、参加者も曲者揃いであった。
まずは夫婦仲を深める為ではなく離婚の記念に参加したと言う本間孝史、奈津美夫妻。
夫婦の筈がどうにもよそよそしい青柳昇、麻莉夫妻。
一見仲が良さそうだが、どうもぎこちない山西秀則、紀代子夫妻。
周囲の夫妻に興味津々で何やら調べている様子の辻井俊晴、千秋夫妻。

道中、さやかは麻莉の胸に輝く美しい真珠のネックレスに目を留める。

そして一日目を終えた直後に事件が発生。
なんと、橋口が「悪癖」により富田林を襲ったのだ。
実は橋口はかなり強引な同性愛者であった。
未遂に終わったものの、襲われた富田林は恐怖に駆られ牧野に助けを求める。

その一方で、殺人事件も発生。
青柳昇が殺害されたのである。
どうやら、死体発見現場と殺害現場は別と思われたが……。

ところが、麻莉は悲しむ様子もない。
それもその筈、麻莉と青柳は夫婦では無かった。
麻莉によれば、青柳に頼まれて夫婦役を引き受けたらしい。
そんな麻莉の胸からは真珠のネックレスが消えて居た。

この事態にツアー中止も視野に入れる橋口だが、さやかが反対しツアーは続行されることに。
そんな中、千秋は事件に興味津々である。

二日目も夜を迎えた頃、青柳がホストであったことが判明。
さらに、紀代子が青柳の客であったことも分かる。

そして、三日目の朝。またも事件が発生する。
今度は当の紀代子が何者かに殺害されたのだ。

それでもさやかはツアーを強行。

そんな中、さやかは麻莉が5年前に広瀬彰一なる男性と結婚していたことを聞かされる。
ところが、広瀬にストーカーしていた福永弥生が何者かに殺害され、この犯人として広瀬が逮捕されたのだ。
広瀬は無実を訴えたが、その供述通り凶器が発見されたことで自殺していた。
この捜査を担当していたのが当時刑事であった山西だったのだ。
「広瀬については特に何とも思っていない」と述べる麻莉だが……。

その夜、さやかは山西が「紀代子の為に過ちを犯してしまった」と洩らしている現場に行き会う。

急変する事態に対応すべく牧野が病身を押して助っ人にやって来た。
直後に、山西が青柳と紀代子殺害の容疑で取調を受けることに。
同時に麻莉が姿を消した。

此処で牧野が麻莉を目撃したことを思い出した。
牧野によれば山西夫妻がツアーに申し込んだ際に麻莉が尾行していたらしい。

さらに千秋の職業が判明、実は週刊誌記者であった。
だからこそ、周囲にいろいろと興味を示していたのだ。
千秋は5年前の弥生殺害事件についても取材しており、麻莉とも面識があった。
千秋によれば「当時の麻莉は広瀬の無実を訴えていた」らしい。

さやかは「青柳の遺体が移動させられた理由」に思い至り、彼女を追う。

その頃、麻莉は海岸で真珠を拾っていた。
其処にやって来たさやかたちは彼女が青柳と紀代子を殺害したと指摘する。

青柳殺害前までは真珠のネックレスを着用していた麻莉。
では、ネックレスは何処に消えたのか?

麻莉が青柳を殺害した際に、激しい抵抗に遭い真珠のネックレスを引き千切られてしまったのだ。
だが、暗闇の中では拾い切れず、遺体を動かしたのであった。

この指摘を受けて全てを語り出す麻莉。

5年前、身に覚えのない弥生殺害の罪で逮捕された広瀬。
だが、山西の厳しい取調に屈しありもしない凶器の在処を供述した。
すると、其処から実際に凶器が発見されてしまったのだ。
こうして、逮捕された広瀬は絶望し自殺してしまう。

残されたのは妻である麻莉だ。
麻莉は広瀬の無実を信じ、広瀬の汚名を雪ぐべく調べ始めた。

弥生の過去を調べた麻莉。
すると、弥生が青柳のホストクラブに出入りしていたことを突き止めた。
当時から青柳の客であった紀代子と争っていたことが分かったのだ。
なんと、弥生を殺害したのは紀代子であった。

山西と協議離婚し、その財産を手に青柳とやり直そうと目論んでいた紀代子。
そんな紀代子に弥生は「すべてを山西にバラす」と迫った。
もしも、紀代子の不貞が明らかになれば離婚で得られる財産が大いに減ってしまう。
これを脅威に感じた紀代子が弥生を殺害したのだ。

ところが、此処に及んで紀代子は山西に全てを明かした。
山西は紀代子を庇うべく広瀬に罪を着せたのだ。
すべては山西の陰謀だったのだ。

これを知った麻莉は同じく真相を知っていた青柳に真実を世に明かすよう訴えた。
だが、青柳はこれを無視。
こうして山西、紀代子、青柳へ憎悪を募らせた麻莉は復讐を決意する。

麻莉は青柳に山西殺害を1千万円で依頼した。
とはいえ、これは青柳を呼び出す為の口実である。
麻莉は青柳と紀代子を殺害し、山西に罪を着せるつもりだった。

ツアーに参加した麻莉は青柳を殺害。
ところが、真珠のネックレスを引き千切られてしまった。
其処で殺害現場から遺体を発見現場へ運び込むことに。
真珠のネックレスは広瀬の形見だったらしい。

その後、紀代子を殺害。
この容疑を山西へ向けたのだ。

真実を知ったさやかは山西夫妻を「何処にでもある夫婦が間違えただけ」と庇い、麻莉の罪を批判する。
これに麻莉は後悔し、罪を謝罪するのであった。

麻莉が逮捕され、山西の罪も白日のもとに曝されることとなった。

本間夫妻は旅行の中で離婚を取り止めた。
辻井夫妻も周囲ではなく、自分たちを見詰め直すことに。

こうして、ツアーは一定の成果を収めたのであった―――エンド。

<感想>

「湯けむりバスツアー 桜庭さやかの事件簿」シリーズ第6弾。
原作はなし、オリジナルです。

このシリーズ、どうにも視聴機会に恵まれないようで過去には第2弾だけ批評(レビュー)していますね。
そんな中、遂に2回目の批評(レビュー)に成功です!!

早速、感想をば。

終盤で、波しぶきの中を疾走するバスは格好良かったねぇ。
高波が上手い具合に背景に重なっていたし。

そして、牧野が後半から参加したのは麻莉の目撃証言の為だったのかぁ……。
とはいえ、橋口さんもかなり良かった。

刑事の名前が「鴨志田さん」で「おかしな刑事」を思い出したり。

山西に罪を着せるよりも、青柳に殺害させた方が麻莉の立場では良かった気もするね。

◆関連過去記事
月曜ゴールデン「湯けむりバスツアー桜庭さやかの事件簿2 『連続女子高生殺人〜復讐の鬼と化した父VS追う刑事!金沢・能登緊迫のバスツアーが哀しき家族の絆を救う』」(4月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

桜庭さやか:萬田久子
富田林太朗:葛山信吾
加々見(青柳)麻莉:安達祐実
鴨志田吾郎:小西博之
橋口大造:大谷亮介
青柳 昇:本宮泰風
山西紀代子:大塚良重
広瀬彰一:瀬川 亮
辻井俊晴:藤沢大悟
本間奈津子:清水由紀
本間孝史:宮平安春
桜庭 瞳:池田光咲
桜庭純平:永嶋柊吾
辻井千秋:田中美奈子
山西秀則:小野武彦
牧野安男:渡辺いっけい ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


「バスガイド流プレゼン術 天才ジョブズよりも身近な達人に学べ」です!!
バスガイド流プレゼン術 天才ジョブズよりも身近な達人に学べ





キンドル版「バスガイド流プレゼン術天才ジョブズよりも身近な人に学べ」です!!
バスガイド流プレゼン術天才ジョブズよりも身近な人に学べ





「ダイヤペット DK-4110 1/72スケール はとバス」です!!
ダイヤペット DK-4110 1/72スケール はとバス



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。