2015年10月10日

「破裂」1話「超高齢化をめぐる問題作、始動…エリート医師に国家的陰謀が迫る」(10月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「破裂」1話「超高齢化をめぐる問題作、始動…エリート医師に国家的陰謀が迫る」(10月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<1話あらすじ>

香村鷹一郎(椎名桔平)は冷徹なエリート医師。年老いた心臓を若返らせる画期的な新療法で注目を浴びる中、怪しげな官僚・佐久間和尚(滝藤賢一)から国立ネオ医療センターにスカウトされる。大学教授選の勝利が確実視されていた香村は誘いを断るが、その直後、過去の医療ミスを告発する怪文書騒ぎに巻き込まれる。一方、心不全で引退状態の国民的名優・倉木蓮太郎(仲代達矢)が香村の治験を希望し入院して来る。香村と倉木には秘密があった…。
(公式HPより)


<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:
香村鷹一郎:エリート医師。
佐久間和尚:官僚。
倉木蓮太郎:国民的名優。


香村鷹一郎はエリート医師。
超高齢化社会を控え、画期的な新療法を開発しようとしていた。
この療法をマウスのサリーに試したところ、サリーは奇跡的な回復を見せる。
こうして、香村の前途は洋々と思われたが……。

そんな中、香村に官僚の佐久間和尚が接近を図る。
佐久間は香村を「国立ネオ医療センター」にスカウトしようと言うのである。
だが、佐久間には何やら狙いがあるようで……。

矢先、香村が過去に担当した患者について医療ミスを告発する文書が届く。
これに動揺する香村。

並行するように香村の療法について治験を受けたいと心不全で引退状態の国民的名優・倉木蓮太郎が入院して来た。

実は香村は倉木の隠し子であった。
過去、親子ともども倉木に捨てられたと信じている倉木は愛憎半ばする気持ちを抱えつつ、この申出を受け入れることに。

こうして倉木は療法を受けて飛躍的な回復を果たした。

ところが、直後にマウスのサリーが急死してしまう。
解剖したところ、サリーの心臓はマウスとは思えぬほどに肥大し破裂していた。

香村の療法にはまさに致命的な副作用があったのだ。
療法により回復した心臓はそれに耐えられず破裂してしまうのである。
言わば、時限爆弾を抱える代わりに元気になるのだ。
もちろん、同じ療法を施された倉木も……。

一方、佐久間は香村の療法を以て自身が提唱する「プロジェクト天寿」を始めようとしていた。
療法の開発者である香村の意志に反し、療法が1人歩きを始める―――2話へ続く。

<感想>

ドラマ原作は久坂部羊先生による同名作品。
過去にネタバレ書評(レビュー)していますね。

『破裂』(久坂部羊著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

タイトルにもなっている「破裂」の意味は香村が開発した「ペプタイド療法の副作用」を示しています。

では、ドラマ版1話の感想を。

原作を香村視点で再編集したと言った印象のドラマ版。
とはいえ、香村と倉木の関係は完全にオリジナルです。

それにしても、本作も原作を活かしたキャストの良さを感じさせます。

香村を演ずる椎名桔平さんの苦悩を抱える研究者ぶり、倉木を演じる仲代達矢さんの重厚さ。
そして、佐久間を演ずる滝藤賢一さんの怪演ぶりも素晴らしかった。
やっぱり、佐久間はドラマを引っ張る人物だけにあれくらいの方が良い。
次回にも期待出来ると思います。

原作通りならば物語はさらに加速して行く筈、2話にも注目ですね!!

◆関連過去記事
【久坂部羊先生著作関連】
『無痛』(久坂部羊著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

『第五番 無痛2』(久坂部羊著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

『破裂』(久坂部羊著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

【ドラマ関連】
「無痛 診える眼」1話「新ヒーロー誕生…!?病気を見抜く天才は、犯罪を見抜けるか?」(10月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

文庫版「破裂〈上〉 (幻冬舎文庫)」です!!
破裂〈上〉 (幻冬舎文庫)





文庫版「破裂〈下〉 (幻冬舎文庫)」です!!
破裂〈下〉 (幻冬舎文庫)





キンドル版「破裂(上)」です!!
破裂(上)





キンドル版「破裂(下)」です!!
破裂(下)





posted by 俺 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「掟上今日子の備忘録」第1話「僕が恋した白髪の美女探偵…寝たら記憶を無くすので難事件も1日で解決致します」(10月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「掟上今日子の備忘録」第1話「僕が恋した白髪の美女探偵…寝たら記憶を無くすので難事件も1日で解決致します」(10月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

ネタバレあります、注意!!

<1話あらすじ>

不運続きの人生を送る隠館厄介(岡田将生)は、事件に巻き込まれては身に覚えのない罪で疑われてばかり。その不運のせいで定職にも就けず、職を転々としてきた。
そんな中、厄介が勤める、ある企業の研究室で、機密事項のデータが入ったSDカードが盗まれるという事件が発生。研究室室長の笑井は、もしもそのデータがライバル会社の手に渡ったら一大事、と犯人探しを始める。研究所員たちは誰もが無実を主張し、一番新入りの厄介に疑いがかけられてしまう。いつものことではあったが、厄介にはまったく身に覚えがなかった。
厄介は無実を証明するため、絆井法郎(及川光博)が所長を務める探偵あっせん所に連絡。厄介は事件に巻き込まれると、真犯人を突き止めてくれる探偵の派遣を法郎に頼んでいた。しかし、これまで頼んでいた馴染みの探偵が仕事を辞めてしまったという。
代わりにやってきた探偵は、掟上今日子(新垣結衣)。彼女は、1日で記憶がリセットされる“忘却探偵”。一度寝ると今日あったことを忘れてしまうため、事件に関する秘密保持は確実。しかも、事件は必ず1日で解決するという“最速の探偵”でもあった。今日子は、まだSDカードが研究室の中にあると推理し、研究室の人々を一人ずつ呼び出し、話を聞くことに。
厄介は、自分の不運な身の上を今日子に語る。今日子は厄介に、真犯人もSDカードのありかも見当がついていると言い「私があなたの無実を証明する」と断言。厄介は今日子の言葉に感動するのだった。
しかし、まもなく今日子は突然、眠気を覚える。今日子が眠ってしまえば、起きた時には記憶が失われ、SDカードのありかも真犯人も分からなくなってしまう。眠りそうになる今日子を、厄介は必死に目覚めさせようとするが…。
(公式HPより)


登場人物一覧:
掟上今日子:「最速探偵」にして「忘却探偵」の名を冠する少女。
隠館厄介:あらゆる事件に巻き込まれる男。
絆井法郎:今日子が所属する探偵斡旋所の所長。
笑井:隠館が勤務する研究所の所長。
岐阜部:隠館の同僚。
本田:隠館の同僚。
里井:売れっ子漫画家。
重信:里井の担当編集者。
紗流:里井のチーフアシスタント。

<あらすじ>

あらゆる事件に巻き込まれる男・隠館厄介は勤務先の研究室にて窃盗事件の容疑者にされてしまった。
盗み出されたのは機密事項のデータが入ったSDカード、まさに一大事である。
とはいえ、隠館は身に覚えがない。

そこで隠館はいつもの手段を用いることに。
流石はあらゆる事件に巻き込まれる男、対処法にも長けていたのだ。

隠館は絆井法郎の探偵斡旋所に連絡を入れ、探偵の出動を要請する。

こうしてやって来たのは隠館の知らない女性探偵。
彼女は名を「掟上今日子」と名乗った。
しかも、彼女はどんな事件でも1日で解決する「最速探偵」にして、完璧な守秘義務を誇る「忘却探偵」だと言う。
それもその筈、今日子は一度寝てしまうと記憶がリセットされてしまう名探偵だったのだ。

早速、事件解決に乗り出した今日子は笑井室長や研究員の岐阜部や本田らと言葉を交わす。
すると、急ごしらえなのだろうか輪ゴムで髪を結んだ岐阜部に注目するや犯人が分かったと宣言する。

依頼人である隠館に相談すべく資料室に籠るのだが……用意された紅茶を飲むなり眠気に襲われてしまう。
寝てしまえば今日子の記憶はリセットされてしまう。
今日子の推理を怖れた犯人が睡眠薬を盛ったのだ。

慌てる隠館だが、今日子は深い眠りについてしまう。
少しして目を覚ました今日子はおもむろに自身の身体を眺め始める。
どうやら、今日子は身体に残したメモを読んで改めて現在の状況を確認しているようだ。

一旦、リセットされてしまったことに絶望する隠館。
だが、今日子は睡眠薬を盛られたことで研究所員の中に犯人が居ると確信する。

気落ちした隠館はボールペンを手に溜息を吐く。
それは熱によりインクが消えるボールペン。
研究所員1人1人に与えられたものだそうだ。
これに、今日子は興味津々だが……。

改めて事件解決に乗り出した今日子。
用いられた睡眠薬が室長のデスクの上にあったもので、研究所の面々がブラックを好む為にマドラーを用いないことを知るや「犯人が分かった」と宣言する。

今日子は研究所の面々を集めると、紙に「私は無実です」と各人のボールペンを用いて書くように迫る。
今日子によれば犯人はそれを書くことが出来ないらしい。

全員がボールペンを手にする中、岐阜部の表情が凍り付く。
書けないのだ。

マドラーはなく、棒状のものもない。
犯人は睡眠薬を溶かす為にボールペンを用いたのだ。
そして、熱でインクが消えるボールペンならばその熱でインクは使えない。
当然、犯人のボールペンは何も書けないのだ。

今日子は岐阜部が犯人だと断言するとSDカードを返却するように促す。
SDカードは岐阜部が輪ゴムを使って結んだ髪の中にあった。

岐阜部は自身への待遇に不満抱いていたらしい。
自身と比べ昇給を重ねる本田が妬ましく、彼に罪を着せる為に犯行に及んだのだそうだ。
だが、本田に罪を着せる前に隠館に容疑が向かってしまったのだ。
結局、岐阜部は自主退職することとなった。

無事に濡れ衣を晴らし帰路に就いた隠館と今日子。
ところが、今日子の目の前で隠館が集団に拉致されてしまう。

隠館が連れて行かれたのは以前の勤務先である里井家。
どうやら、隠館に100万円窃盗の容疑がかかっているらしい。

里井は売れっ子の漫画家。
担当編集者の重信と共に二人三脚でやっていた。
隠館を連れ去ったのは重信の部下のようだ。

不思議なことに窃盗犯は「100万円を返して欲しければ1000万円を用意しろ」と要求しているそうだ。
さらに不思議なことに里井はこれに応じるつもりらしい。
「明日、朝一番で銀行に行く」と主張して譲らない。

其処に未だ依頼人である隠館を追って今日子が現れた。
こうして、引き続き事件解決に挑むことに。

盗まれた100万円が里井のデスクに収納されていたものと知り、里井に興味を示す今日子。
今日子はそれとなく里井にネタ帳について尋ねるが、里井は顔を曇らせる。
これにより、今日子は里井には犯人の心当たりがあると気付く。

今日子はスタッフ内に犯人が居ると看破。
近頃になった退職したチーフアシスタント・紗流に目を付ける。
さらに、里井にとってその100万円は1000万円以上の価値があるのだと語る。

どうやら、今日子は全てを見抜いたようだ。
未だ首を傾げる隠館や重信を前に推理を述べる今日子。

里井は支払いの為に銀行へ向かうと口にしていた。
つまり、里井はネットバンキングにアクセスすることが出来ない状態なのだ。

そして、今時のデータ保存はクラウドである。
里井は漫画家としての生命であるネタ帳をクラウドに保存しているに違いない。
だとすれば、ネットバンキング同様にネタ帳にもアクセス出来ない状況なのではないか。

里井は100万円分の紙幣番号を様々なパスワードにして管理しており、これを盗まれてしまったのだ。
だからこそ、1000万円を支払うことも辞さなかったのである。
そして、この犯人こそ価値を知る紗流だったのだ。

里井はふとしたきっかけで紗流と揉めてしまった。
漫画家を目指す者として里井に憧れていた紗流は嫉妬の鬼となった。
其処で100万円を盗んだのだ。
こうして100万円は無事に回収され、クラウドデータも守られた。

里井と紗流の仲の良さを知っていた隠館はこの結末にショックを隠せない。
今日子によれば「人は良い記憶は忘れるが、悪い記憶は忘れない」ものなのだそうだ。
「人の記憶も復元出来れば良いですね」ポツリと呟く隠館。

これを聞いた今日子は岐阜部の真の狙いに気付く。
同じ頃、笑井は退職する岐阜部に請われ想い出として予備のSDカードを贈っていた。

岐阜部は機密データを持ち出すことを諦めていなかったのだ。
彼女はSDカードに機密データをコピーし、復元を前提にコピーした機密データを消去する。
その上で、そのSDカードを持ち出せば良いのだ。

その頃、岐阜部は今日子の推理通りSDカードを持ち出していた。
ギリギリで岐阜部を取り押さえた今日子と隠館はSDカードを取り戻すことに成功する。

こうして事件は無事に解決。
隠館は類稀なる推理力を誇る掟上今日子との出会いに感謝すると共に彼女へ惹かれる自身を感じるのであった―――2話に続く。

<感想>

ドラマ原作は西尾維新先生『掟上今日子の備忘録』シリーズ(講談社刊)。
ちなみに『月刊少年マガジン』では浅見よう先生によりコミカライズされています。

そのドラマ版1話です。

コミカライズ版の1話と2話がドラマになっていた印象です。

「掟上今日子の備忘録」第1話(西尾維新原作、浅見よう画、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年9月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「掟上今日子の備忘録」第2話「隠館厄介A」(西尾維新原作、浅見よう画、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年10月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

ドラマ版2話はアリバイがポイントになるとのことでコミカライズ版では3話に当たる物語の様子。

「掟上今日子の備忘録」第3話(西尾維新原作、浅見よう画、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年11月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

では、ドラマの内容を。

かなり良かったですね〜〜〜。
今日子を演ずる新垣結衣さんと隠館を演ずる岡田将生さんとの掛け合いのテンポも非常に良い。
及川光博さんもポイントを抑えた演技で良かった。
もちろん、今日子と隠館との恋愛模様にも注目です!!

ただ、コミカライズ版でも気になったけどやっぱり100万円の紙幣番号をそれぞれ暗証番号にするのは無茶かなぁ。
紙幣に用途を記載しているのかと思いきや、紗流の様子によるとそうでもないようだし。
だとすると、里井は100枚のどれがどれか分かるほど記憶力が良いことに。
それなら普通にメモを取った方が良いような……。
あるいは、コミカライズ版の感想でも書いたけど「1万円が盗まれて100万円を要求された」的なストーリーの方がスマートかなぁ……とも思う。

そう言えば、今日子は眠りにつくことで基本情報に立ち戻ると言った形のようです。
それ以外のことは身体に記したメモにより情報を得ている様子。
つまりはメモを偽装することさえ出来れば今日子の行動を操ることも出来そうですが……。
なかなか興味深い設定ですね、次回にも期待!!

◆関連過去記事
「掟上今日子の備忘録」第1話(西尾維新原作、浅見よう画、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年9月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「掟上今日子の備忘録」第2話「隠館厄介A」(西尾維新原作、浅見よう画、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年10月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「掟上今日子の備忘録」第3話(西尾維新原作、浅見よう画、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年11月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

西尾維新先生「傷物語」がアニメ映画化決定!!

コミック版「掟上今日子の備忘録(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン)」です!!
掟上今日子の備忘録(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン)





「掟上今日子の備忘録」です!!
掟上今日子の備忘録





キンドル版「掟上今日子の備忘録」です!!
掟上今日子の備忘録





「掟上今日子の推薦文 (講談社BOX)」です!!
掟上今日子の推薦文 (講談社BOX)





キンドル版「掟上今日子の推薦文」です!!
掟上今日子の推薦文





「掟上今日子の挑戦状」です!!
掟上今日子の挑戦状





キンドル版「掟上今日子の挑戦状 忘却探偵」です!!
掟上今日子の挑戦状 忘却探偵





「掟上今日子の遺言書」です!!
掟上今日子の遺言書





キンドル版「掟上今日子の遺言書 忘却探偵」です!!
掟上今日子の遺言書 忘却探偵



posted by 俺 at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「掟上今日子の備忘録」第3話(西尾維新原作、浅見よう画、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年11月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「掟上今日子の備忘録」第3話(西尾維新原作、浅見よう画、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年11月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)です!!

ネタバレあります、注意!!

登場人物一覧:
掟上今日子:「最速探偵」にして「忘却探偵」の名を冠する少女。
鯨井:事件の容疑者。
宇奈木:事件の被害者。
肘折:事件を捜査する警部。

<あらすじ>

掟上今日子は一度寝てしまうと記憶がリセットされてしまう名探偵。
だからこそ、どんな事件でも1日で解決する「最速探偵」にして、完璧な守秘義務を誇る「忘却探偵」を名乗っている。

そんな今日子にある事件を捜査する肘折警部から容疑者のアリバイ証言を求められた。
だが、数日前の出来事ならば当然の如く今日子に記憶はない。
また、過去に今日子と仕事をしたと語る肘折警部だが、これも今日子の記憶にはない。

困った肘折警部は改めて今日子に事件解決を依頼する。
これに今日子は報酬を請求、その金額に戸惑う肘折に「消費税分はおまけしますよ」と天使の微笑みを浮かべる。

早速、事件解決に乗り出す今日子。
今回の事件はスイマーの宇奈木の死亡事件。

宇奈木は自宅の浴槽でドライヤーにより感電死していた。
この第一発見者が宇奈木のライバルであった鯨井だったのだ。
肘折警部は状況から他殺と判断し鯨井を容疑者とした。

ところが、鯨井はアリバイを主張したのだ。
そのアリバイこそが掟上今日子と会食していたとのものだったのである。

とはいえ当然のこと、今日子にその記憶はない。
結局、アリバイは確認出来ない。

今日子は様々な可能性を検討して行く。
まず、宇奈木の死亡状況から事故はあり得ないと断定。

その上で鯨井が宇奈木宅を訪問しドライヤーのショートにより停電していた浴室を確認したことを疑問視する。
浴室の明かりが消えて居る以上、其処に宇奈木が居るとは考えない。
にも関わらず、鯨井は第一発見者となった。
それは浴室で宇奈木が死亡していることを知らなければ不可能だ。

次いで、鯨井のアリバイ証言に工作の余地があるかどうかの検討を開始する。
此処で疲れた今日子はリフレッシュの為に一旦睡眠を取ることに。
もちろん、事件についてはメモに残している。

リフレッシュを終えた今日子。
その甲斐あって「何らかの時限式トリック」でならば宇奈木殺害が可能と断定する。
これを鯨井にぶつけるのだが、鯨井は静かに笑うばかり。
結局、「何らか」とは説明がつかないものなのだ。

もっとも、今日子もこれは本気では無かった。
実は今日子は既に真相を看破していた。

事故でもなく、他殺でもない。
だとすれば、残るは自殺だ。

宇奈木は自殺したのだ。
そして、事前に容疑がかからないようにと鯨井にこれを予告した。
だから、鯨井は予告された時刻に今日子とアリバイを作った。
そして、宇奈木を気に掛け明かりの消えた浴室へ足を踏み入れた。

もっとも、アリバイは相手が今日子だった為に意味が無くなってしまったが。

宇奈木は誰にも弱味を見せたがらなかった。
唯一、ライバルである鯨井にだけ弱味を見せたのだそうだ。
鯨井もこれを汲んで真相を隠そうとしたのだ。

こうして真相が明らかになった。
報酬を現金で持参した肘折警部、封筒の中を覗き見た今日子は首を振る。
「金額が足りない」と。

そう、今日子は一度寝てしまったことで記憶がリセットされてしまった。
結果、消費税分のおまけも忘れてしまったのだ―――エンド。

<感想>

西尾維新先生原作『掟上今日子の備忘録』が浅見よう先生によりコミカライズされました。
連載が開始されたのは「月刊少年マガジン 2015年9月号」から。

その3話です。

今日子さんの「忘却探偵」との特性を活かした回でしたね。
鯨井のアリバイしかり、肘折の支払額へのおまけもしかり。

そして折角の鯨井のアリバイがあっさりと水泡に帰し、折角の鯨井の配慮もあっさりと無に帰した。
それもこれも相手が今日子さんだった為。
まさにこれこそが「探偵」か。

そして、クローズアップされる今日子の過去。
此の点も気になります。

そう言えば、今日子は眠りにつくことで基本情報に立ち戻ると言った形のようです。
それ以外のことは身体に記したメモにより情報を得ている様子。
つまりはメモを偽装することさえ出来れば今日子の行動を操ることも出来そうですが……。
なかなか興味深い設定ですね、次回にも期待!!

また『掟上今日子の備忘録』は日本テレビ系にて実写ドラマ化も決定。
こちらも期待!!

ちなみに、あらすじでは良さを伝え切れてません。
本作自体を読むべし!!

◆関連過去記事
「掟上今日子の備忘録」第1話(西尾維新原作、浅見よう画、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年9月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「掟上今日子の備忘録」第2話「隠館厄介A」(西尾維新原作、浅見よう画、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年10月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

西尾維新先生「傷物語」がアニメ映画化決定!!

コミック版「掟上今日子の備忘録(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン)」です!!
掟上今日子の備忘録(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン)





「掟上今日子の備忘録」です!!
掟上今日子の備忘録





キンドル版「掟上今日子の備忘録」です!!
掟上今日子の備忘録





「掟上今日子の推薦文 (講談社BOX)」です!!
掟上今日子の推薦文 (講談社BOX)





キンドル版「掟上今日子の推薦文」です!!
掟上今日子の推薦文





「掟上今日子の挑戦状」です!!
掟上今日子の挑戦状





キンドル版「掟上今日子の挑戦状 忘却探偵」です!!
掟上今日子の挑戦状 忘却探偵





「掟上今日子の遺言書」です!!
掟上今日子の遺言書





キンドル版「掟上今日子の遺言書 忘却探偵」です!!
掟上今日子の遺言書 忘却探偵



posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「実は私は」第131話「海に行こう!!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第131話「海に行こう!!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

登場人物一覧は本記事下部に移動しました。

<あらすじ>

〜〜〜これまでのあらすじ〜〜〜〜

「アナザル」こと「絶対に秘密を守れない男」黒峰朝陽は憧れのヒロイン・白神葉子の秘密を知ってしまった。
その秘密とは「白神葉子がハーフの吸血鬼である」こと。
朝陽は葉子の為に、この秘密を守らねばならない―――。
取り巻く人々を相手に、朝陽は秘密を守り抜くことが出来るのか?

矢先、実は宇宙人であった委員長・渚、狼男で肉食系女子な獅穂、悪魔っ娘の茜、未来人の凛、幼馴染のみかん、天使の華恋も加わって……。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・前回はこちら。
「実は私は」第130話「海に行こう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

葉子と2人、日帰りにて海水浴へ出かけた朝陽。
だが、その帰路に茜の陰謀により最終バスに乗り遅れてしまう。
途方に暮れる朝陽と葉子だが……。

取り敢えず、2人きりになったことを喜ぶ朝陽。
だが、葉子は既に睡眠時間に片足を突っ込んでいるようで半ば寝言を呟きつつ歩いている。

限界は近い……焦る朝陽だが葉子に野宿はさせられない。
困り果てていたところ、当の葉子からある提案が。

海水浴場へ戻ろうと言うのだ。
何時になく強引な葉子に連れられ朝陽は浜辺へ戻ることに。
すると、何時の間に用意した物やら葉子の手には花火が握られていた。
2人は浜辺でロマンティックなひと時を過ごす。

むしろ2人きりの時間を積極的に楽しもうとする快活な葉子に朝陽は改めて心惹かれ、勢いで口づけを交わしてしまう。
これに照れる葉子だが、葉子もまた朝陽に口づけを迫る。

顔を近付ける2人、だが葉子の顔はすっと朝陽の首筋に伸びる。
気付けば朝陽は「ちゅうちゅう」と吸血されていた。

不意の出来事に戸惑う朝陽はぼんやりしつつ「吸血行為は愛の証なのでは……」と考える。
だが、身体は痺れたように動かない。

やがて、満足したように顔を離した葉子。
その表情はこれまで朝陽が知らない程、残酷な笑顔を浮かべていた。
これが吸血鬼たる葉子の性だ。

「よ、葉子さん」
「あ、あ……れっ!?」

それを目のあたりにし絶句する朝陽、同時に覚醒する葉子。
葉子はと言えば自身の行動を未だ理解していない様子だ。

ショックを受ける朝陽の前に、中空から茜が浮かび現れる。
その手には葉子の写真が握られていた。

そして、茜は問う。
お前はコレをどう呼ぶか、と。

以前、朝陽はその写真を「吸血鬼」ではなく「葉子」と呼んだ。
今、同じ口でどう答えるのか!?
朝陽の愛が問われる時が来た―――132話に続く。

充実の「実は私は」が読めるのは「週刊少年チャンピオン」だけ。
本誌で確認せよ!!

<感想>

「週刊少年チャンピオン」にて「さくらDISCORD」を連載されていた増田英二先生の新作。
「さくらDISCORD」は未読の管理人ですが、1話を読んで注目している作品です。
コミックス1巻に続き2巻、3巻、4巻、5巻、6巻、7巻、8巻、9巻、10巻、11巻、12巻、13巻も重版出来とのことで、目出度い。
さらに、14巻も発売予定。
そして、本作かなり面白い!!

そんな「実は私は」が遂にアニメ化。
テレビ東京系列にて2015年7月6日から放送開始とのこと見逃すなかれ!!
ちなみに、登場人物に黄龍院凛らの名前が無いことを見ると序盤をアニメ化する予定なのかな。
さらに、アニメ版は早くもブルーレイ、DVD化が発表されています。

【第EXTRA話】アニメ版「実は私は」スタッフさんとキャストさんの一部を明らかにされよう!

その131話。
サブタイは「海に行こう!!」。

再びサブタイは「!」シリーズに。

やはり全ては茜の掌の上!?
甘い時間も束の間、朝陽は思わぬ決断を迫られることとなりました。
130話で華恋、源二郎、桐子が朝陽たちの様子を覗き込むシーンがあった以上、朝陽の回答を息を潜めて窺っているものか。
源二郎と桐子は回答によっては、これ以上葉子が傷付かないように連れ戻すつもりなのかも。

「実は私は」第130話「海に行こう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

大いなる試練に曝される朝陽。
とはいえ、おそらくこれは源二郎と桐子も通過した道の筈。
決して前人未到の道ではない。

また朝陽のことだけに「正直、怖いけど……」と言いつつも此処は葉子への愛を貫き通して欲しい。
いや、そう思いたい!!

だが、吸血は吸血鬼である葉子の本能が行わせたもの。
決して理性によるものではない。
これを朝陽がどう受け止めるのかはかなり難しい。
おそらく、一度は訣別展開になりそうかなぁ。
何しろ、王道展開としては「朝陽が本意ならずも恐怖心から葉子を認められず訣別。しかし、これを後悔する中、みかんや渚や獅穂らの後押しを受けて改めて葉子を迎えに行く流れ」だろうしなぁ。
此処であっさり落着は無いと見るが……。

いよいよ2人の間に種族の壁が立ち塞がる!!
その結果は如何に!?

うむ、今回も充実した回ですな。
多くは語るまい、とりあえず読め!!

そう言えば、上でもお伝えした通りコミックス14巻も発売。
表紙は1巻の葉子、2巻の渚、3巻の獅穂、4巻の茜、5巻のフクちゃんとみかん、6巻の凛、7巻の明里さんに続き、8巻が銀華恋、9巻が渚とみかんのコンビ、10巻が1周回って葉子、11巻は獅穂と凛コンビ、12巻は緑苑坂弓と桐子の夫婦コンビ。
そして、13巻は桃地結香!!
となれば、14巻は登場順で水奈川咲かな?

ちなみに、上記のあらすじは本作の魅力を伝えられるよう改変を加えてまとめていますが、その面白さを伝えきれていません。
やっぱり、あの絵とコマ割りなどのテンポあっての本作。
是非、「週刊少年チャンピオン」本誌を読んで欲しい。

もう1度繰り返しましょう。
本作に興味を持たれた方には、是非、「週刊少年チャンピオン」本誌を捜して読んで欲しい。
最近の「週刊少年チャンピオン」は本作など本当に粒揃いでクオリティが高い作品が多い。
注目の雑誌の1つと言えるでしょう。

◆関連過去記事
「実は私は」第1話から第130話まで(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)まとめ

登場人物一覧:
黒峰朝陽:主人公、通称「アナザル」。
白神葉子:朝陽の意中の人物。ある秘密が……。
紫々戸獅狼:葉子の幼馴染。彼もまたある秘密を……。
紫々戸獅穂:葉子の幼馴染。彼女もまたある秘密を……。

藍澤渚:クラス委員長。彼女にも秘密が……。
藍澤涼:渚の兄、意外な形で登場することに……。
紅本茜:紅本の親族らしい。彼女にも秘密が……。
紅本明里:教師。彼女にも秘密が……。
黄龍院凛:33話より登場した謎の少女。彼女にも秘密が!?
黄龍丸:凛が駆るドラゴン。52話にて意外な正体が明らかに。

朱美みかん:朝陽の幼馴染。新聞部所属。通称「外道クイーン(オレンジ)」。
岡田:朝陽の友人の1人。通称・岡。眼鏡が特徴。割と友人想いの様子。
嶋田:朝陽の友人の1人。通称・嶋。軽い。124話にてフルネームが「嶋田結太」と判明。
桜田:朝陽の友人の1人。通称・サクラ。渋い。
フクちゃん:「福の神見習い」を名乗る眼鏡。
フクの介:フクちゃんの先輩。やはり眼鏡。
フク太郎:フクちゃんとフクの介の先輩。やはり眼鏡。
フク蔵:フクちゃんとフクの介とフク太郎の先輩。やはり眼鏡。
手崎:文字通り茜の手先な料理教室のシェフ。

朝陽の父:朝陽の家族。22話に初登場。
朝陽の母:朝陽の家族。22話に初登場。
黒峰鳴:朝陽の妹。22話、28話、48話に登場。48話にて名前と顔が判明。92話で高校に進学。
白神源二郎:吸血鬼。額に十字傷を抱く巨人。39話にて名前が判明。
白神桐子:葉子の母で人間。和服の美女。38話にて名前が判明。
銀華恋:茜に続く第2のツノツキ……の筈だったが。58話から登場。

緑苑坂弓:朝陽たちの副担任、実は源二郎。92話から登場。
桃地結香:忍者少女、92話(実際は105話)から登場。ある秘密が……。
閃:鳴、結香のクラスメートの男子。瓶底眼鏡に腰の日本刀がトレードマーク。
水奈川咲:結香、閃、鳴のクラスメート。109話から登場。ある秘密が……。
箱入り娘:114話終盤に登場した謎の人物!?

「【Amazon.co.jp限定】実は私は 1(オリジナルスタンディPOP付) [Blu-ray]」です!!
【Amazon.co.jp限定】実は私は 1(オリジナルスタンディPOP付) [Blu-ray]





「声優パラダイスR号外 TVアニメ『実は私は』ヒロインスペシャル【付録DVD付き】(AKITA DXシリーズ)」です!!
声優パラダイスR号外 TVアニメ『実は私は』ヒロインスペシャル【付録DVD付き】(AKITA DXシリーズ)





「実は私は I am・・・ キャラクターソング vol.1」です!!
実は私は I am・・・ キャラクターソング vol.1





「実は私は(14): 少年チャンピオン・コミックス」です!!
実は私は(14): 少年チャンピオン・コミックス





こちらはキンドル版「[まとめ買い] 実は私は」です!!
[まとめ買い] 実は私は





キンドル版「透明人間の作り方 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
透明人間の作り方 (少年チャンピオン・コミックス)





キンドル版「[まとめ買い] さくらDISCORD」です!!
[まとめ買い] さくらDISCORD



posted by 俺 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。