2015年10月23日

早川書房さんにて新レーベル「ハヤカワ・ミステリ文庫 my perfume」始まる!!

読者層を拡大すべく様々な取組に挑んでいる出版社の1つが早川書房さん。

例えば「カフェ・ポアロ」や「パブ・シャーロック・ホームズ」などの期間限定イベント。
あるいは「ミステリーの女王」の名を冠した「アガサ・クリスティー賞」の開催。
他にも「ハヤカワ文庫 夏に読もうフェア」や「ハヤカワ文庫補完計画」など、その取組はかなり意欲的です。

2015年はポアロがブームに!?先駆けとなる「カフェ・ポアロ」が期間限定でオープンとのこと!!

【2015年】「クリスティ」が「ホームズ」に再び変身!?「パブ・シャーロック・ホームズの帰還」が7月31日より開店!!

第5回「アガサ・クリスティー賞」受賞作決定!!清水杜氏彦先生『うそつき、うそつき』に!!

【2015年】早川書房さんにて「ハヤカワ文庫 夏に読もうフェア」開催!!

早川書房さんにて「早川書房創立70周年文庫企画 ハヤカワ文庫補完計画」遂行中!!

その早川書房さんに新たな取組が加わりました。
レーベル内レーベルとして新規レーベル「ハヤカワ・ミステリ文庫 my perfume」を開始されたのです。

「ハヤカワ・ミステリ文庫 my perfume」は「職業警察官ではない女性が立ち向かう事件物(日常の謎も含む)」を扱うとのこと。
また、レーベル名「my perfume」の由来は「香水のように愛されたい」ところから来ているのだそう。

早川書房さんによる「ハヤカワ・ミステリ文庫」と言えば「本格、ハードボイルド、コージー、冒険小説、サスペンス、警察小説、ノワール」など様々なサブジャンルを発掘して来ました。
其処に新たに「職業警察官ではない女性が立ち向かう事件物」を加えることに。

また「ハヤカワ・ミステリ文庫 my perfume」は読者層として「若い女性」を想定しているのだそう。
其処で想定している読者層から意見を求めるべく昭和女子大学と提携し在籍中の学生さんに協力を要請したのだとか。
学生さんは邦題、デザイン案、キャッチコピーなどに協力された他に、学生さんによる店頭販売も予定されているそうです。

そんな「ハヤカワ・ミステリ文庫 my perfume」記念すべき第一作は『ケチャップ・シンドローム(原題:Ketchup Clouds)』(アナベル・ピッチャー著、吉澤康子訳)とのこと。
『ケチャップ・シンドローム』のあらすじは次の通り。

<あらすじ>

新レーベル/ハヤカワ・ミステリ文庫〈my perfume〉 MWA賞最優秀ヤングアダルト賞受賞作

ハヤカワ・ミステリ文庫 my perfume 第1作 アメリカ探偵作家クラブ賞ヤングアダルト部門受賞作 「今からちょうど三か月前に、彼を殺したんです」両親と妹二人に囲まれて暮らすイギリスの女子高校生ゾーイは、サイトで知ったアメリカの死刑囚スチュアートに宛て、秘かに手紙を書いた。家族のこと、アルバイトのこと、私が二人の男の子にしたひどいこと――罪を犯したあなたなら、わかってくれるはず……ゆっくり紐解かれる、ゾーイが綴る〈ほんとうのこと〉とは――
(早川書房公式HPより)


さらに、早川書房さんでは「エンジェルハートの香水プレゼントキャンペーン」も実施中。
詳細については『ケチャップ・シンドローム』帯を参照のこと。

新レーベル「ハヤカワ・ミステリ文庫 my perfume」チェックすべし!!

「ケチャップ・シンドローム (ハヤカワ・ミステリ文庫 マ 13-1 my perfume)」です!!
ケチャップ・シンドローム (ハヤカワ・ミステリ文庫 マ 13-1 my perfume)





「エンジェル ハート ヴェローナ オーデトワレスプレー 50ml A13」
エンジェル ハート ヴェローナ オーデトワレスプレー 50ml A13





「ライオンハート ビューティ&ビースト EDT 100mL」です!!
ライオンハート ビューティ&ビースト EDT 100mL





posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 既刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木曜ドラマ「青春探偵ハルヤ」2話「違法ドラッグ・監禁…事件は闇の中へ」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

木曜ドラマ「青春探偵ハルヤ」2話「違法ドラッグ・監禁…事件は闇の中へ」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります!!注意!!

<あらすじ>

ストーカー事件が解決したはずの能見美羽(新川優愛)が謎の不審者に襲われた。浅木晴也(玉森裕太)はその正体を探るため奔走するが、事態はますます深刻になり、危険度を増していくーー
(公式HPより)


<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:
浅木晴也:主人公、苦学生。
楓花:晴也の妹。
篠原俊喜:晴也の友人、同居している。腕っぷしが強い。
窪寺和臣:晴也の友人、金持ちのボンボン。
能見美羽:ストーカー被害者にして依頼者。
葵たち:晴也のファン3人組。

磯部克夫:晴也のバイト先の先輩。
石田静枝:スナック「アラバマ」のオーナー。
冬本薫:スナック「アラバマ」アルバイト。

大谷雅人:ストーカー候補。美羽の元恋人。
松本:ストーカー候補。美羽のバイト先の客。
広沼:千晶の兄、晴也にある依頼を……。
千晶:広沼の妹。
増田加奈子:千晶の友人。
高木:千晶の恋人。
尾上:サークル幹部。


・前回はこちら。
木曜ドラマ「青春探偵ハルヤ」1話「ミスキャンパスを狙うストーカー」(10月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

何者かに連れ去られようとした美羽。
これに気付いた晴也はその場に駆け付け彼女を助けるが、犯人には逃げられてしまう。

其処へ広沼から連絡が入った。
マンションに呼び出された晴也は管理人室から出て来た男性に千晶についての情報を尋ねるが素っ気ない対応をされてしまう。

「じゃ、鍵を貸してください」

仕方なく男性から鍵を借り、広沼と共に部屋へ入った晴也。
室内に家捜しの痕跡を発見し事件の匂いを嗅ぎ取る。
さらに、千晶の部屋から脱法ハーブを見つけてしまう。

千晶が脱法ハーブに手を出したのでは……と不安に怯える広沼。
だが、晴也は室内の匂いから「使用はしていないが預かっていたのではないか」と推測する。
おそらく、これが原因で千晶は身を隠しているのだろう。

一方、未だ危険の去らない美羽は晴也の部屋に身を隠すことに。

同じ頃、磯部は静枝に猛アプローチを繰り返していた。

翌日、葵たち3人組の協力を得て千晶の友人・増田加奈子から情報が得られた。
千晶には彼氏の高木が居るらしい。
晴也は高木宅へ向かうことに。

その頃、磯部は静枝が店の前に黄色いハンカチを吊るす姿を見かけ愕然とする。

高木宅を訪れた晴也、彼が留守と知ると侵入を試みる。
晴也はするすると壁をよじ登ると、窓ガラスを割って屋内へ。
すると、室内には千晶宅と同じく家捜しされた形跡が。
さらに、尾上と写った高木の写真を発見する。

尾上は過去にサークル入会金を巡り晴也と揉めた因縁の相手。
なかなかに厄介な人物だ。
おそらく、脱法ハーブ事件に尾上も関与しているのだろう。
姿を見せない高木も尾上に連れて行かれたものと考えられた。

直後、美羽が姿を消した。
マンションに着替えを取りに戻ったところ、消えてしまったらしい。
もちろん、美羽宅を訪れても鍵がかかっており、外から呼びかけても返事もない。

晴也は千晶を狙う尾上が美羽を連れ去ったと考え、尾上を追うことに。
とはいえ手掛かりがない為、自宅へ戻ることとなった。

すると、磯部が待っていた。
磯部は「静枝が黄色いハンカチを吊るし誰かの帰りを待っている」と泣き言を口にし始める。
緊急事態にも関わらず悠長な磯部に頭を抱える晴也。

其処に和臣から連絡が入った。
尾上の居場所について手掛かりを入手したらしい。

その頃、美羽は暗い部屋に立て籠もり、ストーカーから身を守っていた。
だが、扉一枚隔てた向こうではストーカーがナイフを手に隙を窺っている。
さらに、今も美羽を威圧するようにドアノブをガチャガチャと弄り続けて居たのである。
晴也に助けを求める美羽だが……。

和臣の情報でクラブへ赴いた晴也。
客を装いつつ尾上一派に取り次ぎを依頼する。
こうして晴也たちは尾上のもとへ。

尾上はオートロック式マンションに暮らしていた。
尾上の部下らしき人物を1人ずつ倒しつつ、尾上に辿り着く。

バットを手に襲い掛かる尾上だが、晴也には敵わない。
数発殴られ床に沈むことに。

高木と千晶は奥の部屋で拘束されていた。
だが、美羽の姿はない。
捕まえた尾上を脅し付ける晴也だが「美羽については知らない」と繰り返すばかり。
どうやら、尾上は美羽の件には本当に関与していないようだ。

此処で静かに事情を聞いていた千晶の口から意外な事実が判明する。
なんと、美羽と千晶のマンションには管理人が居ないそうなのだ。
前の管理人が問題を起こして以来、管理人は置かない方針なのだそうだ。

だとすると、晴也が見た管理人らしき男は一体!?
そう言えば、あの男は千晶の部屋の鍵を所持していた。
もしかして、あの男こそ前管理人なのではないか。
そして、美羽のストーカーも!?

晴也は美羽のマンションへ急ぐ。
ベランダから美羽宅へ侵入した晴也、中には前管理人が居た。
前管理人は美羽に告発され職を追われたことを恨んで復讐しようとしたのだ。
其処で美羽を襲撃したが室内に逃げられ、扉越しに膠着状態を続けていたのだ。
刃物を手に抵抗する前管理人だが晴也に締め落とされることに。

こうして、晴也は広沼と美羽の依頼を果たすこととなった。
美羽に感謝されつつ多額の報酬を手にした晴也だが、静枝と和臣から借金を差し引かれ手許に残ったのは僅かな金額であった。
どうやら当分の間、晴也のバイト生活は続くようだ。

ちなみに、磯部によれば黄色いハンカチは特に意味が無かったとのこと。
静枝からは先代から続く習慣だと教えられたのだそうだが……。
何故か静枝は意味深な視線を磯部に向けるのであった―――3話に続く。

<感想>

ドラマ原作は福田栄一先生『青春探偵ハルヤ』(東京創元社刊)。
過去にネタバレ書評(レビュー)していますね。

『青春探偵ハルヤ』(福田栄一著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

では、ドラマ版の感想を。

今回も全体的に原作を上手く活かしていた印象。
特に今回は管理人のアレが炸裂しました。
また原作は登場人物の間の意外な人間関係がポイントの作品でした。
これについて詳しくは原作の書評(レビュー)をご覧頂ければお分かりの筈。

ただ、美羽が尾上に攫われたと考えているのに「現状、手掛かりがないから」と晴也が自宅に戻ってしまったのは頂けないかなぁ……。
此の改変はオリジナルの磯部が加わったことが理由だと思うけど「美羽を探し回っている最中に遭遇した」でも良かったような。

でもって、当の磯部と静枝の関係。
ラストの静枝の視線の意味は何なのか!?
黄色いハンカチが「黄色い服を着用していた磯部を想って」のものだったことを指すのか?
それとも、磯部に説明したことはまるきり嘘でやっぱり別の誰かを待っているのか?
此の点、次回以降が気になりますね。

そう言えば、次回は原作での馬場のエピソードの様子。
だからこそ1話でのストーカー候補が松本に変っていたのですね、納得。
この感じだと「美羽の年上好き」のアレも別のキャラで別エピソードとして再現されそう。
もしかすると、俊喜や和臣のエピソードもあるのかな!?
ちなみに「美羽のアレ」が再現されるとすれば薫か葵たち3人組でかなぁ……。
特に葵は原作でのあの役割だし、注目すべきかも。

ちなみに、今回も晴也の秘密の一端が。
千晶の部屋にて脱法ハーブの匂いが無いことから使用していなかったと断定した晴也。
それはハーブの匂いを知らなければ断定出来ないこと。
また、高木宅への侵入は経験が無ければ出来ない。
さらに、物凄く強い。
そして、何故か実家から距離を置かれている。
それこそ晴也の過去が関わって来る筈、この具体的なエピソードも登場するのかも。

2話もかなり好印象でした。
3話以降もアレンジを加えつつ原作を活かして貰えると楽しめそうです!!
また、晴也の過去も丁寧に描いてくれそうだし期待!!

◆関連過去記事
木曜ドラマ「青春探偵ハルヤ」1話「ミスキャンパスを狙うストーカー」(10月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「青春探偵ハルヤ (創元推理文庫)」です!!
青春探偵ハルヤ (創元推理文庫)





キンドル版「青春探偵ハルヤ (創元推理文庫)」です!!
青春探偵ハルヤ (創元推理文庫)





「エンド・クレジットに最適な夏 (ミステリ・フロンティア)」です!!
エンド・クレジットに最適な夏 (ミステリ・フロンティア)



posted by 俺 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木曜ミステリー「科捜研の女15」2話「オーロラに殺された女!?科学が暴く透明な壁画の謎!」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

木曜ミステリー「科捜研の女15」2話「オーロラに殺された女!?科学が暴く透明な壁画の謎!」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

主婦の久保美也子(柊瑠美)が、自宅で刺殺体となって発見された。発見したのは、浮気相手と外泊を続け、2週間ぶりに帰宅した夫だった。
榊マリコ(沢口靖子)ら科捜研のメンバーが現場で特殊ライト“ALS”を当てて潜在指紋の有無を調べていたところ、真っ白な壁に突如、美しい蝶の絵が浮かび上がった…! 特殊ライトを当てて光るということは、紫外線を吸収し発光する物質を使って描かれたもののようだ。もしや、警察がALSライトを使用することを想定した犯人からのメッセージなのか…!? このほか、事件前日の夜、美也子が“左大文字山”を見上げて何やら驚愕する様子が、商店街で目撃されていた。
鑑定を進めた結果、蝶の絵は蛍光増白剤入りの洗濯用洗剤の水溶液で描かれていたことが判明。絵筆として使われたブラシも見つかり、絵は犯人からのメッセージなどではなく、被害者が自宅にあった道具で描いたものと思われた。だが、描いている途中で、液が乾いたら絵は見えなくなってしまうはずだ…。マリコは美也子が、普通の人間には見えない紫外線を色としてとらえることができる“四色型色覚”、いわゆる“スーパービジョン”の持ち主だったのではないかと考えはじめる。
手がかりを求め、スーパービジョンであることを公表している画家・司麗香(笛木優子)を訪ねたところ、やはり美也子は特別な目の持ち主で、麗香とも交流があったとわかる。マリコは事件前日、スーパービジョンの人間しか見えない何かが左大文字山方面に発生し、美也子はそれに驚いたのではないかと推測するが、麗香はその日、特に気づいたことはなかったと話す。
そんな中、美也子が事件当日の昼間、学長・仙川京一郎(北見敏之)に会うため、母校である美術大学を訪れていた事実が発覚。仙川は、かつて普通の人には見えないものを描く美也子の作品に対し、「平凡」とけなした因縁の存在だった…。仙川に事情を聴きに行ったマリコと土門刑事(内藤剛志)は、指に絆創膏を貼った付属美術館の学芸員・佐藤志穂(小橋めぐみ)と出会い、事件現場から検出された、上部が直線的に途切れた残留指紋のことを思い出すが…!?
(テレビ朝日公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……

主婦・久保美也子が自宅で刺殺された。
第一発見者は愛人と遊び歩いており2週間ぶりに帰宅した夫であった。
美也子の夫は妻を亡くしたにも関わらず、特に悲嘆に暮れるでもなく淡々としていた。

この捜査にマリコと土門が乗り出した。

潜在指紋を調べていたマリコは上部が直線に途切れた残留指紋を発見する。
さらに調べていたところ、突如壁に浮かび上がった蝶の絵に驚くことに。
それは特殊ライト「ALS」の光線下でのみ視覚出来るものであった。
どうやら、紫外線を吸収し発光する何かを用いて描かれたらしい。
マリコたちは犯人からのメッセージではないかと色めき立つが!?

一方、美也子の周囲を調べていた土門は「事件前日に彼女が左大文字山の方角を眺めて何かに驚き逃げるように駆けて行った」との目撃証言を得る。

蝶の絵を鑑定した結果、蛍光増白剤入り洗濯用洗剤の水溶液で描かれていたことが判明。
また、絵筆として用いられたとみられるブラシも発見され、蝶が美也子自身の手による絵と分かる。
美也子は美術大学を中退しており絵画に対して技術があったことからもこれが裏付けられた。

しかし、これには1つ問題があった。
洗濯用洗剤の水溶液は濡れている間は良いが、乾くと常人では視認出来ないのだ。

これからマリコは美也子が紫外線を色として捉えることが出来る「四色型色覚」、すなわち「スーパービジョン」の持ち主なのではないかと推測する。
「スーパービジョン」の持ち主は紫外線を目にすることで「三色型色覚」では認識出来ない「色」を目視出来るらしい。

マリコは美也子の夫に事実確認することに。
ところが、夫は「そんなことは知らない」と語る。
だが、重ねてマリコに問われると「美也子に蝶のオスメスを見分ける力があった」ことを思い出す。
これを聞いたマリコは美也子の「スーパービジョン」を確信し、彼女が周囲との摩擦を怖れて隠していたことに気付く。

当の夫はと言えば「あいつは俺を見下していたんですよ」と激怒。
「だから、あんなに愚痴っぽかったんだ!!」とまで口にする。

「スーパービジョン」の持ち主は全世界でも数人しか居ない。
そんな1人が京都に居ると聞かされたマリコは情報を求めて有名画家・司麗香のもとへ。
麗香は「スーパービジョン」の持ち主として知られ、その視界を通して描かれる独特な世界観が支持を集めていた。

彼女のマネージャーに案内され、麗香と初対面を果たすマリコ。
麗香は美也子を知っていた。
どうやら、同じ「スーパービジョン」の持ち主として交流があったようだ。
美也子は麗香の絵の信奉者であり、また唯一の仲間として麗香を慕っていたそうだ。

マリコは土門から「美也子が左大文字山に何かを見たようだ」と聞かされると、これを麗香に尋ねる。
「スーパービジョン」の持ち主のみが視認出来る何かが「左大文字山」にあったのではないかと考えたのだ。
だが、麗香には特に覚えはないらしい。

矢先、殺害当日に美也子が学長である仙川京一郎を訪ねて母校を訪れていたことが判明。
仙川はマリコと土門を目にするなり、マリコを「何事をも見抜く眼」、土門を「猟犬の眼」と評して大喜びする。
仙川によれば「芸術を解する為には対象を深くまで見詰める観察眼」が求められるのだそうだ。
マリコと土門にそれを見出したらしい。

仙川に美也子について尋ねたところ、彼は「行き違いになって会えなかった」と述べる。
しかも、仙川によれば美也子から恨まれているらしい。

美弥子は他者が目に出来ない「スーパービジョン」に驕り表面を飾る絵しか描かなかったのだそうだ。
仙川はそんな美也子を「お前は内面を見抜けていない」と批判していた。
結局、美也子はコンクールで受賞を逃すなりショックを受け「自分はスーパービジョンで捻じれてしまった」と自主退学してしまった。
仙川はその背中に「捻じれたならやり直せばいい、その時は会いに来い」と声をかけていたそうだ。

もしかして、美也子はその言葉を思い出し仙川を訪ねたのだろうか。
また、当時の美也子は自身を「捻じれた蝶」と評していたと言うが……。

さらにマリコたちは聞き込みで訪れた付属美術館で学芸員・佐藤志穂と出会うことに。
彼女の指を見たマリコは注目する。
志穂の指には絆創膏が貼られていたのだ。
上部が直線に途切れた指紋の正体はこれであった。
つまり、志穂は美也子宅を訪れていたのだ。
だが、何故か志穂は事実を認めようとしない。

手掛かりを求めたマリコは麗香を伴い「左大文字山」へ。
だが、麗香は「特に何も見えない」と語る。
「その日が満月ならば紫外線に浮かび上がる物もあるんだけど」と洩らす麗香。
だが、美也子が何かを見ていた日は新月であった。
しかし、麗香の言葉に引っ掛かりを覚えたマリコはある事実に気付く。

翌日、マリコは再び志穂のもとへ。
ポイントは紫外線であった。
「スーパービジョン」には美術品の真贋を鑑定する際に用いる紫外線照射分析と同じ効果があったのだ。
付属美術館を訪れた美也子は其処で桃山時代の黒楽茶碗・比叡を鑑賞しそれが贋作であると見抜いたのである。
美弥子はこれをアンケートに記した。

美也子の指摘を受けた志穂は仰天し、アンケートにあった美也子宅へ。
ところが、其処で何者かとぶつかった。
首を傾げつつ美也子宅を訪れたところ、既に美也子が死亡していたらしい。
だが、贋作の件もあり第一発見者として名乗り出られなかったのだと言う。
指紋はこの際に付着したのだ。

志穂とぶつかった人物が犯人だと考えたマリコは、当時に着用していた服を提出するよう依頼。
これを鑑定する。
一方で事件前日に磁気嵐が発生したことを知り、真相を突き止める。

向かった先は麗香のもとだ。

マリコは事件前日の美也子が「左大文字山」ではなく「左大文字山上空」を見ていたと指摘。
事件前日に磁気嵐が起こったことで太陽フレアが降り注ぎ「左大文字山上空」にオーロラが現れていたと告げる。
ところが、同じ「スーパービジョン」を持つ筈の麗香はこれについて何も語らなかった。
つまり、麗香は「スーパービジョン」を持っていないのだ。

事件前夜、美也子はオーロラを目にし恐怖を覚え唯一の仲間である麗香のもとへ向かった。
恐怖を分かち合おうと思ったのだろう。
ところが、麗香にはそれが見えない。
美也子は麗香が嘘を吐いていることに気付いた。

だが、美也子は麗香の絵が「スーパービジョン」に頼らない本物であると知り感動した。
其処でこの秘密を明かさないと約束して帰ったのだ。

しかし、そんな美也子の存在を許さない人物が居た。
マリコは志穂が犯人とぶつかった際の衣服から証拠が出たと述べ、犯人が麗香のマネージャーであると告発する。
麗香の嘘が露見することを怖れたマネージャーの犯行だったのだ。

こうしてマネージャーが逮捕され、麗香は真実を世間に公表した。

「嘘だったんでしょ〜〜〜裏切られた気分です」
数日後、自称ファンによる麗香へのバッシングが続いていた。

「今までそれを認めていた筈なのに……ねぇ」
これを目にしていた仙川が呟き、同席していたマリコと土門が頷く。

「本物を見抜く眼を持っているのは一握りなんだねぇ」
見ることこそが闘いだと主張する仙川は美也子を思い浮かべる。

美弥子は仙川を母校に訪ねた。
そして、彼女が自宅に描いた蝶は捻じれた蝶ではなく綺麗な蝶であった。
おそらく彼女は本物が何たるかを知り、再出発を心に決めていたのだろう。

仙川に挨拶し、その場を去ろうとするマリコと土門。
そんな2人に仙川は告げる。
「あんたは何事も見抜く菩薩様の眼、あんたは猟犬の眼、良いコンビだよ」と―――エンド。

<感想>

「科捜研の女 シーズン15」2話。
テーマは「本物(真実)を見抜く眼」か。

仙川の言葉はいろいろと示唆に富んでいましたね。
彼が言うように「人間の内面(真実)」を覗くには特別な力は不要なのでしょう。
あくまで必要なのは「他者に興味を抱き、その内面を注視し続け力を磨く」こと。

例え、「スーパービジョン」を以てしても美也子は「人を見抜く力」が無かった。
だから、夫を見抜くことが出来ず、麗香を見抜くことが出来なかった。

一方、マリコ、土門、仙川は「他者の内面」に注視し続けて居る。

科学を以て「人間の内面」を覗くマリコ。
足で稼いだ事実を以て「人間の内面」を覗く土門。
そして芸術の対象として「人間の内面」を観察し続けた仙川。
そう言えば『無痛』にて「診る眼」を手に入れた為頼も同様に観察し続けた結果でしたね。

『無痛』(久坂部羊著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

ある意味、4人は「真実を追求する徒」として同志なのでしょう。
だからこそ、仙川はマリコと土門を見出し喜んだ。
まるで異郷の地で出会った数少ない同朋のように。

その一方で、唯一の仲間を見つけたと思いながらその仲間が真っ赤な偽物だった美也子。
これは彼女にとって唯一の同朋を失ったことを意味します。
ですが、美也子はこれを寧ろ喜んだ。

何故なら、美也子は麗香の絵に「本物の美しさ」を見出しており、これが「スーパービジョン」によらない物だと知ったから。
つまり、奇しくも仙川の言葉がその時に実感出来たのでしょう。

そして、「スーパービジョン」抜きでも芸術が追及出来ること。
また、自身が捻じれたのは「スーパービジョン」だけではなく、自身が他者に興味を抱かなかったからであることにも気付いた。
だから、再出発を決意出来た。

ところが、そのきっかけをくれた麗香の周辺者により命を奪われることに。
何とも切ないです。

そして、当の麗香もまた切ない。
何しろ、彼女は「スーパービジョン」に頼らずとも、その持ち主である美也子を感動させる絵を描けた。
つまり、実力は本物。
それこそ、仙川が言う「本物を見抜く眼」を持っていた。
にも関わらず、嘘だった筈の「スーパービジョン」に溺れ、その眼を曇らせた。
結果、麗香の真価を知る大切な美也子を失うこととなった。

「現代社会は芸術ではなく情報を鑑賞する」と称されることがあります。
芸術そのものではなく、それに付随する作者の情報やプロフィールで評価するアレです。
端的な例だと映画「ビッグ・アイズ」のモチーフにもなった事件がそうでしょうか。
それが1つの目安にもなるでしょうし、プロモーション上付加価値が求められるのも理解出来なくもないですが、それが先行し過ぎて本物が否定されてしまうのでは本末転倒な気がしますね。

何とも含蓄のある回でした。
やっぱり、この「テーマ性の高さ」こそが「科捜研の女」です。高評価でした!!

えっと、そんな余韻を台無しにしかねないのですが一言。
それにしても「潜在」指紋を調べるライトで浮かび上がる絵が「洗剤」で描かれていたのは少しツボでした。

◆関連過去記事
【科捜研の女】
科捜研の女2時間スペシャル「恐怖の200メートル狙撃疑惑の体内弾道!?矛盾する発射タイミング!!京都〜小豆島、逃げる女vs迫る狙撃者の謎」(3月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

科捜研の女スタートスペシャル「狙われた科捜研!残された指紋容疑者にされた研究員DNAの罠!仕組まれた誤認逮捕!!接点なき二つの殺人」(7月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

木曜ミステリー 科捜研の女・最終回スペシャル「予告された連続殺人刑務所の中からの告発無実の人間が殺される京都の街を殺意で結ぶ五本線の罠」(9月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

科捜研の女・2時間スペシャル「狙われた大型客船!深夜の海上爆破!!奇妙な航路、不規則な数字の秘密!音カメラが暴く逃走迷路」(3月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

科捜研の女スタートスペシャル「法務省から来た女!疑惑の検事!隠された銃弾の秘密!!京都〜奈良を結ぶ冤罪の罠!?」(10月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

年末ドラマスペシャル 科捜研の女「白骨死体は30年前に夜逃げした親友!?涙と執念のDNA型鑑定!東京〜大阪1100キロの大捜査!繁華街の大爆破 迫る女探偵の罠〜マリコの過去が明白に!!」(12月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

新春ドラマスペシャル 科捜研の女「科学捜査VS祟りの村 恐竜の化石発掘現場から出現した白骨死体!京都〜日本海を結ぶ奇妙な手紙!わらべ唄通りに連続殺人が!!鑑定が告げる壮絶な真実」(1月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

木曜ミステリー「科捜研の女15」初回2時間スペシャル(1話)「マリコVS死神と呼ばれた女刑事!鑑定の盲点を突いた肌色の銃弾!!刑事の命を奪う危険なお守りの謎!?」(10月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【木曜ミステリー関連過去記事】
・「853〜刑事・加茂伸之介」
「853〜刑事・加茂伸之介」(テレビ朝日、2010年)
各回ネタバレ批評(レビュー)あります。

・「女刑事みずき」
京都ミステリーSP 女刑事みずき「二人きりの特命捜査…毒殺事件は序章だった!!死者が死者を隠す殺人トリック!?偽りの夫婦、哀しき過去」(6月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・「京都地検の女」
木曜ミステリー 京都地検の女スタートスペシャル「母を殺しにきた天才画家!上海〜京都、34年目の再会が招いた殺意!!二つの名を持つ女の謎」(10月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

木曜ミステリー「京都地検の女 シーズン7 スタートスペシャル 恋人殺しの罠…それは運命の雪夜から始まった!京都〜琵琶湖〜大阪、四人の男女をつなぐ愛欲の相関図!!」(7月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ビッグ・アイズ [Blu-ray]」です!!
ビッグ・アイズ [Blu-ray]





「ビッグ・アイズ [DVD]」です!!
ビッグ・アイズ [DVD]





「科捜研の女 オリジナル・サウンドトラック」です!!
科捜研の女 オリジナル・サウンドトラック





「新・科捜研の女’06 VOL.1 [DVD]」です!!
新・科捜研の女’06 VOL.1 [DVD]





「新・科捜研の女’06 VOL.2 [DVD]」です!!
新・科捜研の女’06 VOL.2 [DVD]





「新・科捜研の女’06 VOL.3 [DVD]」です!!
新・科捜研の女’06 VOL.3 [DVD]





「新・科捜研の女’06 VOL.4 [DVD]」です!!
新・科捜研の女’06 VOL.4 [DVD]





「新・科捜研の女’06 VOL.5 [DVD]」です!!
新・科捜研の女’06 VOL.5 [DVD]



posted by 俺 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。