2015年11月04日

「相棒season14」第4話「ファンタスマゴリ」(11月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「相棒season14」第4話「ファンタスマゴリ」(11月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

日本で100番目に早い(たぶん)、「相棒season14」第4話「ファンタスマゴリ」(11月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)。

<ネタバレあらすじ>

深夜の女性宅に2人組の男が侵入していた。
女性が男の存在に気付いた時には既に手遅れであった。
女性は男たちにより拘束されると連れ出されて行く……。

一週間後、右京(水谷豊)は街中で20年ぶりに片野坂(岩松了)と出会う。
片野坂は捜査二課時代の右京の上司で、今は金融コンサルタントを行っていた。

何やら親しそうな様子を見せる片野坂に反し、右京は何処か不機嫌であった。
片野坂の様々な悪評を耳にしていたからである。

金融コンサルタントに転身した片野坂は二課時代の正義感を忘れたように豹変していた。
客も選ばなければ手段も選ばない、遂には脱税指南により逮捕されてさえいた。
右京はそんな片野坂を軽蔑すらしていたのである。

だが、その一方で2人には共通する苦い想い出があった。
それが政財界のフィクサーと称される譜久村清太郎(織本順吉)。
20年前、譜久村が巨額の脱税を行っていることを突き止めた右京と片野坂はその逮捕に動いた。
ところが、譜久村逮捕のキーマンとなる筈の証券会社社員・柳本の謎の死により事件は闇の中となった。
当時から譜久村周辺には「真実を知る者は死ぬ」との噂があり、柳本の死も譜久村の意向によるものと思われた。

しかし、右京をもってしてもこの死の真相を明らかには出来なかったのである。
上層部から圧力がかかったのだ。
結果、片野坂が責任を取り辞職していた。
言わば、片野坂にとって譜久村は憎むべき宿敵でもあった。

ところが、それから20年が過ぎた今になって右京の前に現れた片野坂が意外なことを言い出した。
なんと、今の片野坂は譜久村の為に動いているのだそうだ。
そして、柳本の娘・愛と譜久村のもとで再会し、愛を育むようになったらしい。

此処で片野坂はさらに意外な言葉を口にする。
片野坂によれば、愛と一週間前から連絡が取れなくなったと言うのだ。
其処で愛を探して欲しいと頼んで来たのだ。

事の成り行きに些か驚きつつも、20年越しの譜久村逮捕に繋がる何かを得られればと考えた右京は片野坂の依頼を引き受けた。

早速、愛周辺を調べる右京。
すると、愛が産婦人科で堕胎手術を行っていたことが分かる。
しかも、愛の自宅マンションには何者かが侵入した痕跡が残されていた。
どうやら、愛はマンションから拉致されたようだ。

すなわち、大掛かりな陰謀が動いている……そう、確信した右京は譜久村宅を訪れる。
「外にまで香っているご自宅の薔薇を是非拝見したい!!」
右京は大胆不敵にも譜久村自身に申出た。

右京の身分を知らない譜久村。
どうやら彼にとって薔薇は自慢らしく、これをあっさりと了承。
こうして右京は薔薇に埋められた庭を見回ることに。

譜久村は1つ1つ薔薇を自慢しつつ、薔薇は良いと連呼する。
何でも20年前に飼い犬に手を噛まれて以来、動物は飼わないことに決めているのだそうだ。
「ほぉ……」と何やら感嘆する右京は、庭の中央に植えられた一際目立つ青い薔薇に目を留める。

「それはいかん!!」
途端に激怒する譜久村、右京はその態度に不審を覚える。
同時に、何やら別の違和感が……。

青い薔薇のことで右京に不快感を抱いたらしい譜久村は今更ながら名前を尋ねる。
これに素直に応じた右京。
すると、譜久村の表情がさらに険しいものに転ずる。

それもその筈、譜久村は右京の名前を「自身に歯向かった者」として覚えていたのだ。
結局、右京は譜久村に追い出されてしまう。

この右京の行動が大きな波紋を生んだ。
譜久村が各方面に捻じ込んだのだ。

内村が頭を抱える一方、冠城(反町隆史)は法務事務次官・日下部彌彦(榎木孝明)に呼び出された。
日下部は冠城に右京を監視するよう密命を下す。

こうして、今回も右京と冠城が捜査に乗り出すことに。

同じ頃、片野坂は譜久村に面会し自身が構築したデジタルマネーシステム「ファンタスマゴリ」への加入を奨めていた。
片野坂によれば「ファンタスマゴリ」により、譜久村には多大な利益が転がり込むらしい。
譜久村はこれを契約することに。

一方、右京と冠城は愛の過去を調べていた。
愛は父の死後、譜久村に支援して貰い学校を卒業し就職していた。
どうやら就職先も譜久村の紹介らしい。
言わば、愛の人生は譜久村が用意した物であった。

愛の高校時代の同級生を訪ねた右京と冠城。
学生時代、愛はシスターを目指していたのだが、高校2年の夏休みを境に夢を断念したそうだ。
シスターによれば愛は筆まめで夏休みの間も手紙を頻繁に送って来ていたのだそうだが、8月13日を最後にプツリと途絶えていた。
どうやら、8月13日以降に何かが起こったらしい。

愛の現在の給与は職務に比して高額なモノであった。
おそらく、譜久村からの手当だろう。
右京は「愛が支援の代わりに譜久村の愛人にされた」と考える。
この譜久村と愛の関係が始まったのが高校2年の夏休みからだったのだろう。

右京は調査結果を伝えるべく片野坂のもとへ。
片野坂は自身の依頼にも関わらず、特に愛の安否に興味を示す様子が無い。
それどころか、何故か「ファンタスマゴリ」について説明を始めてしまう。
「ファンタスマゴリ」とは「幻灯機を用いた幽霊」のこと、つまり「実体がない」。
片野坂を知る右京にはそれが何処か皮肉に聞こえるが……。

愛のマンションの防犯カメラ映像から不審な2人組が浮上した。
角田によれば、それは金次第で動く闇の業者らしい。
どうやら、譜久村が手配した部下のようだ。
右京は譜久村が部下を使って愛をマンションから運び出したと考える。

だが、此処まで分かっていても次の一手がない。
頭を悩ませる右京に冠城が同期で東京地検特捜部の黒崎を紹介する。

黒崎もまた譜久村を追っていたが、アンタッチャブルとされる彼に困り果てていた。
そんな黒崎は右京の名を聞くや驚きの表情を浮かべる。
それほど、譜久村に戦いを挑み生き残った者は居ないのだ。

黒崎から譜久村についての資料を入手した右京たちは内容を精査することに。
譜久村は戦後、天才的な錬金術師として名を挙げ、今の地位を得た。
そんな譜久村の最近の趣味が薔薇。
特に彼は品種改良にまで挑んでおり、あの庭で目にした青い薔薇の名は「聖なる愛」と言うらしい。
奇しくも「愛」である。
さらに、右京は譜久村と共に薔薇の管理を行っていた東海林祐介が数日前に謎の死を遂げていたことにも注目する。

此処で冠城はある仮説を立てる。
愛が別の男性との間の子供を妊娠し堕胎したことを知った譜久村が激怒し、これを殺害。
東海林は譜久村と愛の関係を知っていた為に口封じされたのではないか!?
まさに「真実を知る者は死ぬ」の言葉の如く。
しかし、右京は何処かに引っ掛かりを覚えていた……。

右京は90歳の譜久村がテクノロジーを本当に理解しているのかに対し疑問を呈する。
確かに片野坂が構築した「ファンタスマゴリ」は匿名性が高く金の出処が掴みにくい巧みなシステムだ。
だが、このシステムを果たして譜久村は厳密に理解出来ているのか?
其処でハッと何かを閃いた右京は「古巣に協力を依頼する」と口にする。

翌日、片野坂のもとに警視庁捜査2課が踏み込んだ。
「ファンタスマゴリ」に穴があることが判明したのだ。
こうして、片野坂は脱税容疑で逮捕された。

右京は片野坂を皮切りに譜久村まで迫るつもりであった。
だが、肝心の譜久村逮捕に上層部の了承が得られない。

今度こそ打つ手を失ったかに見える右京に冠城が助け船を出す。

日下部は冠城に「不可能ならば譜久村には手を出すな」と言い含めて右京を見張るよう命じた。
しかし、これにはもう1つの意味があった。
不可能ならば譜久村には手を出すな、裏を返せば逮捕が可能ならば突き進めとの意味である。

日下部の意向を知った右京は冠城に日下部を紹介するよう依頼。
日下部と対面を果たした右京は協力を要請する。

此処に譜久村逮捕に向けて日下部が動き出した。
翌朝、譜久村宅の家宅捜索が開始。

立ち会った右京たちは例の青い薔薇「聖なる愛」が植えられた地面を掘り起こす。
其処から出て来たのは……行方不明とされた愛の遺体であった。

右京は譜久村の「聖なる愛」への態度に不審を覚えていた。
さらに、薔薇の香に混じって動物の匂いを嗅いだのだ。
譜久村は動物を飼っていない、もしかしたら……そう右京は考えたのである。

20年前、譜久村は片野坂や右京の追及に対し強引な手法で勝ちを収めた。
だが、当時の譜久村は70歳、既に老いによる衰えを感じていた。
そんな中、10代の柳本愛を見て彼女に若さを見出した。
譜久村は愛を求め、欲望に溺れることに。

そんな譜久村に反し、愛は冷たかった。
それはそうだろう、其処に愛自身の意志は欠片も無い。

それから20年、愛を拘束し続けた譜久村だが愛が堕胎したことを知り驚愕した。
部下に命じマンションから彼女を秘密裏に連れ出させると、これに詰め寄ることに。
当初、譜久村は子供が浮気相手との間のものだと思っていた。
ところが、愛は譜久村の子供だと明かした上で「あんたの子供なんて絶対に生みたくない」と言い切った。
逆上した譜久村は初めて自ら手を汚してしまった。
ところが、処分に困り使用人の東海林と共に「聖なる愛」の下に埋めたのだ。
その後、口封じに東海林を殺害したのである。

右京はこの譜久村の行為を「獣はあなたです。庭内に埋めれば見つからないとの傲慢、死してなお愛さんを手元に置こうとした支配欲。いずれも救いがたい!!」と一刀両断する。

譜久村は殺人容疑で逮捕された。

その午後、右京は保釈された片野坂のもとを訪れていた。

「まさか、あんな穴があるなんてケアレスミスだな」
「いいえ、あれは罠ですね」

完全と思われた「ファンタスマゴリ」の穴、それが片野坂を逮捕し、譜久村宅の家宅捜索に繋がった。
だが、そもそも「ファンタスマゴリ」の穴について片野坂が気付けなかったものだろうか?

答えは否だ。

20年前、卑劣な手段で逮捕を免れた譜久村。
片野坂は譜久村の隙を突き、これを逮捕する為に敢えて毒を喰らい彼自身が毒となった。
そして、譜久村の傍で彼を蝕みつつ隙を窺ったのだ。
遂に「ファンタスマゴリ」で罠に嵌めたのだ。

片野坂と愛は恋人でも何でもなかったのだ。
老いにより衰えを覚えていた譜久村。
だが、周囲に舐められたくない彼は愛人である愛に「ファンタスマゴリ」を精査させた。
しかし、譜久村を憎んでいた愛は問題点に気付きつつも「ファンタスマゴリ」の穴を黙認したのである。
それが譜久村の逮捕に繋がった。

巨大な怪物だと思われていた譜久村。
だが、その実際は単なる老人だった……そう語る片野坂。

「誰も倒せなかった怪物を俺たちが倒したんだぞ!!」
興奮しながら語る片野坂。
俺たちとは片野坂、愛、右京の3人だ。

すると、右京宛に冠城から連絡が入る。
譜久村が逮捕直前に体調を崩し急死したのだ。
真実を知る者が必ず死ぬ―――譜久村のそのルールは彼自身にも適用されたのである。

これを聞いた片野坂は言葉を失う。
何故なら、譜久村は法の裁きを逃れてしまったのだから。
そして、片野坂には未だ罪の精算が待っている。
しかし、片野坂はそれすら許されなかった。
その夜、片野坂は譜久村の残党に「裏切り者」として刺殺されてしまったのだ。

「自らの正義の為とはいえ、罪に手を染めるとは……」

片野坂の行動を理解出来ないと首を傾げる右京。
だが、それに反して冠城は片野坂の貢献を評価する。
片野坂が居たからこそ突破口が開いたのだ。
片野坂の行動が無ければ譜久村を追い詰めることが出来なかったに違いない。
だが、「絶対的正義」を標榜する右京にはどうしてもそれが認められないのであった。

その数ヵ月後、右京の姿は片野坂の墓標の前にあった。
右京はそっと片野坂に背を向けると歩き出した。
それは互いの道が異なったことを示すのか、あるいは右京なりの片野坂への餞なのか。
真実は右京にしか分からない―――4話了。

<感想>

シーズン14第4話。
脚本は真野勝成さん。

サブタイトルは「ファンタスマゴリ」。
意味は作中でも説明されていましたが「幻灯機を用いた幽霊ショー」のこと。

まさに「すべては幻灯機の幻」のごとく。

怪物とされていた譜久村は単なる欲深な小人物に過ぎなかった。
片野坂と愛はそんな人物の為に共に20年を浪費した。
片野坂の20年に渡る戦いは譜久村に罪を償わせることも出来ず泡と消えた。
そして、何時の間にやら片野坂自身が譜久村の仲間と認識されており「裏切り者」として処分されてしまう。
愛はと言えば、その名の通り「愛」を見出すことも出来ず、譜久村の掌の上で死亡してしまった。
このように、譜久村は死して片野坂と愛を道連れにした。

まさに「無為」、まさに「泡沫の夢の如し」。
あまりにも虚しい結末となりました。

ただ1つ、片野坂の行動だけは冠城により評価されました。
いや、右京も認められないとしつつも、彼の墓標の前に立つことで認めているのかもしれません。

何しろ、右京自身も「正義を行う為には手段を選ばない」タイプ。
とはいえ、其処には右京なりのルールがあって「組織としては逸脱しても法的範囲内で必ず決着させる」。
此の点が右京と片野坂の相容れない部分なのだと思われますが、だからこそ認めないとしつつも片野坂の行動自体には理解を示しているような気がします。

また、ある意味で片野坂は「立場を違えた小野田」と言えなくもない。
此の点、今回も「右京の絶対的正義」と「相対的正義」の対立だったと言えるかも。

物語の要素としては「過去に右京が罪を問うことが出来なかった巨悪」、「消息不明の女性から物語が始まる」との点から冠城版「午後9時30分の復讐 特命係、最後の事件(season1 最終話)」、「杉下右京 最初の事件(season5 1話)」と「消えた女(season10 5話)」とも言えそうですね。

そう捉えれば、本作は譜久村を閣下、片野坂を小野田とする「もしかするとあり得たかもしれないストーリー」、すなわち「幽霊ショー」だったと言えなくもないのかもしれない。

「相棒season10(ten)」第5話「消えた女」(11月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

ちなみに来週(2015年11月11日)は「相棒」はお休み。
次回5話は11月18日の放送だそうなので注意!!

「相棒 season9 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]」です!!
相棒 season9 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]





「相棒 season9 DVD-BOX I(6枚組)」です!!
相棒 season9 DVD-BOX I(6枚組)





「相棒 season9 DVD-BOX II(5枚組)」です!!
相棒 season9 DVD-BOX II(5枚組)





「相棒 Season8 DVD-BOX1」です!!
相棒 Season8 DVD-BOX1





「相棒 Season8 DVD-BOX2」です!!
相棒 Season8 DVD-BOX2





「相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版DVD BOX (初回完全限定生産)」です!!
相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版DVD BOX (初回完全限定生産)





「相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版Blu-ray BOX (初回完全限定生産)」です!!
相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版Blu-ray BOX (初回完全限定生産)





「相棒 Season 9 オリジナル・サウンドトラック」です!!
相棒 Season 9 オリジナル・サウンドトラック





◆「相棒」に関連した商品はこちら。


posted by 俺 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 相棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第22話「第四の手紙」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第22話「第四の手紙」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)です!!

登場人物一覧:
英玖保嘉門:往年の名探偵、引退を考えていたが……。ポアロポジション。
朝倉平助:英玖保の元助手、ブラジルから帰国した。ヘイスティングズポジション。
日之元警部:英玖保や朝倉と知己の警部。共に多くの事件を解決した英玖保を信頼している。
布村女史:英玖保嘉門の古馴染、ライバルにして同志。

ABC:英玖保に挑戦状を送り付けた犯人。
阿部力:『歯車』に執着する男。
馬老大人:華僑の元締。英玖保の依頼人。

芦屋留三:安の別れた夫。
芦屋安:煙草屋を経営する老女、第一の被害者。
土浦まり子:安の姪。

坂東美代:弁天島のカフェに勤める女給。第二の被害者。
鳴門降三:美代の婚約者。
たま:美代の姉。
灰川善太郎:静岡県警察部長。
片山清:浜松署署長。
黒武:浜松署の刑事。実は英玖保のファン。

千代田千寿郎:千倉に住む富豪。第三の被害者。
千代田祐司郎:千寿郎の弟。
ソーラ・グレコワ:千寿郎の女性秘書。

<22話あらすじ>

〜〜〜これまでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

バーバラ・アレンの死の真相を暴いた名探偵・英玖保嘉門。
そんな英玖保に「ABC」を名乗る人物から挑戦状が届く!!

犯行を阻止しようとする英玖保だが「ABC」からの挑戦状通り3件の連続殺人が発生。

「A」で「浅草」の「芦屋安」。
「B」で「弁天島」の「坂東美代」。
「C」で「千倉」の「千代田千寿郎」。

既に3人もの被害者が出てしまった。
此処で英玖保は被害者遺族から情報を募り、共通点として化粧水セールスの阿部力に注目する。

さらに舞い込んだ「ABC」からの4通目の挑戦状、其処には「田園調布」の文字が!!

・前回はこちら。
「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第21話「阿部の不安」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ABCより4通目の挑戦状を受け取った英玖保は日之元警部の協力を求める。
こうして公開捜査が行われることとなった。

一方で化粧水販売員・阿部の捜査も行われる。
似顔絵を作成すべく阿部と接触したと思われる被害者遺族を集めることに。
ところが、まり子と連絡が付かない。

それもその筈、同じ頃、まり子は医院にて空となった阿部のベッドを前に呆然としていた。
そんなまり子に医師は阿部が戦傷が原因で不意に凶暴性を露出する可能性あると示唆する。
まり子は阿部を信じたいと強く主張するのだが……。

その頃、阿部は下宿で4通目の挑戦状を発見。
「田園調布」へと向かう。

翌日、英玖保は犯行予告の日付が国際的なテニス大会と重なることを知る―――23話に続く。

<感想>

エルキュール・ポワロが名探偵・英玖保嘉門として我々ファンの前に再臨しました!!
この英玖保嘉門、まさにポアロそのものの容姿です。
そして、その助手である朝倉もまた、まさに和製ヘイスティングズとの風貌。
これはかなり期待出来そうな作品ではないでしょうか。

遂にそんな本作の1巻と2巻が発売予定、見逃すな!!

その22話、サブタイは「第四の手紙」。
英玖保、阿部ともに「田園調布」へ集結しつつあるようです。
これにより、さらに阿部がクローズアップされることに。
とはいえ、原作通りだとすれば真犯人の狙い通りか。

祐司郎が懸賞金導入を口にしたことからも分かる通り現状は未だ「ABC」の計画通り。
そもそも、三件目に限って予告状到着に差異が出たのは何故か?
その意味は明瞭です、三件目の犯行のみは何としても阻止されるワケにはいかなかったから。
英玖保は「ABC」の奸智を破ることが出来るのか!?

次回にも注目です!!

なお、3話までの原作『厩舎街の殺人』は早川書房『死人の鏡』収録作品なので興味のある方はチェックするべし!!

そうそう、ポアロと言えばデビッド・スーシェ版「名探偵ポワロ」のBlu-ray BOX化が明らかになりました。
なんと、2ボックス構成でそれぞれ「BOX1」が2015年11月3日、「BOX2」が2015年12月18日発売予定とのこと。

【注目せよ】遂にデビッド・スーシェ版「名探偵ポワロ」Blu-ray BOXが発売決定とのこと!!

さらに、アガサ・クリスティーと言えば2015年末に『そして誰もいなくなった』がミニドラマシリーズ化されることも判明!!

【2015年】『そして誰もいなくなった』ミニドラマシリーズ版が製作中とのこと!!

さらにさらに「トミーとタペンス ―2人で探偵を―」が2015年10月からNHKさんで放送開始!!

【朗報】英国ドラマ「トミーとタペンス ―2人で探偵を―」がNHKさん日曜23時枠にて放送開始とのこと!!

他にも2015年1月には三谷幸喜先生版「オリエント急行の殺人」が2夜に渡って放送されました。
こちらでのポアロポジションは「勝呂武尊」。

フジテレビ開局55周年特別企画「オリエント急行殺人事件 第1夜(前編) 原作アガサ・クリスティ 黒幕三谷幸喜 史上最も豪華な容疑者たち・世紀の話題作は今夜発進!」(1月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

フジテレビ開局55周年特別企画「オリエント急行殺人事件 第2夜(後編) 原作アガサ・クリスティ 黒幕三谷幸喜 犯人側から事件を描く世界が初めて目にする復讐劇・今夜完結!」(1月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

過去には赤冨士鷹も居ましたし、今度は勝呂武尊に英玖保嘉門とポアロこそ、まさに八面六臂の活躍を示す怪人物となりつつあるようです。
同時にこれはシャーロック・ホームズに続くエルキュール・ポアロブーム到来の兆しか!?

それを証明するように「カフェ・ポアロ」も期間限定オープン。
こちらは2015年2月27日(金)まででした。

さらに幻のシリーズ続編『ポアロとグリーンショアの阿房宮』も2015年1月9日に発売!!

2015年はポアロがブームに!?先駆けとなる「カフェ・ポアロ」が期間限定でオープンとのこと!!

やっぱりポアロブーム!!幻のポアロシリーズ続編『ポアロとグリーンショアの阿房宮』が2015年1月9日発売!!

ポアロシリーズと言えば、公式に正統続編として認められた『モノグラム殺人事件』もあります。
ファンはチェックせよ!!

これまでの登場人物一覧:
英玖保嘉門:往年の名探偵、引退を考えていたが……。ポアロポジション。
朝倉平助:英玖保の元助手、ブラジルから帰国した。ヘイスティングズポジション。

・「厩舎街の殺人」編(1話から3話まで)
馬老大人:華僑の元締。英玖保の依頼人。
加藤警部:地元の警部。
バーバラ・アレン:被害者。
プレンダーリース:バーバラと同居していた女性。
西喜一郎:バーバラの婚約者。
ユースタス:バーバラの元夫。貿易商。

・「ABC殺人事件」編(4話以降)
日之元警部:英玖保や朝倉と知己の警部。共に多くの事件を解決した英玖保を信頼している。
布村女史:英玖保嘉門の古馴染、ライバルにして同志。
ABC:英玖保に挑戦状を送り付けた犯人。
阿部力:『歯車』に執着する男。
馬老大人:華僑の元締。英玖保の依頼人。
芦屋留三:安の別れた夫。
芦屋安:煙草屋を経営する老女、第一の被害者。
土浦まり子:安の姪。
坂東美代:弁天島のカフェに勤める女給。第二の被害者。
鳴門降三:美代の婚約者。
たま:美代の姉。
灰川善太郎:静岡県警察部長。
片山清:浜松署署長。
黒武:浜松署の刑事。実は英玖保のファン。
千代田千寿郎:千倉に住む富豪。第三の被害者。
千代田祐司郎:千寿郎の弟。
ソーラ・グレコワ:千寿郎の女性秘書。

◆関連過去記事
「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第1話(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第2話「南京街の事件」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第3話「死の真相」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第4話「手紙」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第5話「戒厳令下の殺人」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第6話「英玖保の憂い」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第7話「歯車の男」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第8話「第二の手紙」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第9話「弁天島へ」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第10話「湖畔の殺人」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第11話「第二の被害者」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第12話「捜査方針」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第13話「第三の手紙」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第14話「第三の被害者」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第15話「秘書の証言」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第16話「千代田千寿郎の妻」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第17話「遺族会議」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第18話「遺書」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第19話「ソーラの失踪」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第20話「化粧水」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第21話「阿部の不安」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

◆関連過去記事
【書評(レビュー)】
・「ホロー荘の殺人」ネタバレ書評(レビュー)
「ホロー荘の殺人」(アガサ・クリスティー著、中村能三訳、早川書房刊)

『オリエント急行の殺人』(アガサ・クリスティー著・山本やよい訳 、早川書房刊)ネタバレ書評(レビュー)

・ポアロシリーズ最終作「カーテン」ネタバレ書評(レビュー)はこちらから。
「カーテン」(アガサ・クリスティー著・中村能三訳 、ハヤカワ書房刊)

「ねじれた家」(アガサ・クリスティ著、早川書房刊)ネタバレ書評(レビュー)

【映像化作品】
フジテレビ開局55周年特別企画「オリエント急行殺人事件 第1夜(前編) 原作アガサ・クリスティ 黒幕三谷幸喜 史上最も豪華な容疑者たち・世紀の話題作は今夜発進!」(1月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

フジテレビ開局55周年特別企画「オリエント急行殺人事件 第2夜(後編) 原作アガサ・クリスティ 黒幕三谷幸喜 犯人側から事件を描く世界が初めて目にする復讐劇・今夜完結!」(1月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【映画化関連情報】
【速報】ミス・マープルものがディズニーで映画化されるとのこと!!

アガサ・クリスティ原作「ねじれた家(Crooked House)」が映画化!!

アガサ・クリスティー原作映画「ねじれた家」キャスト発表!!

シュワちゃんがアガサ・クリスティ原作映画に出演!?「そして(敵が)誰もいなくなった」な映画のタイトルは「サボタージュ(原題)」!!

映画「オリエント急行殺人事件」がリメイクとのこと!!

【イベントその他】
アガサ・クリスティー生誕120年展覧会開催中!!

金沢にてアガサ・クリスティー原作「検察側の証人」舞台上演決定!!

舞台「検察側の証人」東京公演決定!!

「名探偵ポワロ」ニュー・シーズン DVD-BOX3は2010年12月3日発売開始!!

アガサ・クリスティ「ポアロにうんざり」発言にファン「え〜〜〜っ!!」と叫ぶ

「ザ・リッツ・カールトン大阪」にて「アガサ・クリスティー ナイト」開催!!

【注目】「アガサ・クリスティ大事典」が話題に

「名探偵ポワロ DVDコレクション」刊行中!!

アガサ・クリスティー『オリエント急行の殺人』が初の邦版翻案ドラマ化!!その名は「オリエント急行殺人事件」!!

2014年の今もポアロシリーズ続編が刊行されていた!?その名も『モノグラム殺人事件』(早川書房刊)に注目せよ!!

2015年はポアロがブームに!?先駆けとなる「カフェ・ポアロ」が期間限定でオープンとのこと!!

やっぱりポアロブーム!!幻のポアロシリーズ続編『ポアロとグリーンショアの阿房宮』が2015年1月9日発売!!

【注目せよ】遂にデビッド・スーシェ版「名探偵ポワロ」Blu-ray BOXが発売決定とのこと!!

「ABC殺人事件 名探偵・英久保嘉門の推理手帖(1): ビッグ コミックス」です!!
ABC殺人事件 名探偵・英久保嘉門の推理手帖(1): ビッグ コミックス





「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖(2): ビッグ コミックス」です!!
ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖(2): ビッグ コミックス





「ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)」です!!
ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)





これを読めばあなたもアガサ・クリスティー通!!
「アガサ・クリスティー完全攻略」です!!
アガサ・クリスティー完全攻略





こちらもアガサ通必読の書!!
「アガサ・クリスティ大事典」です!!
アガサ・クリスティ大事典





「名探偵ポワロ Blu-ray BOX1」です!!
名探偵ポワロ Blu-ray BOX1





「名探偵ポワロ Blu-ray BOX2」です!!
名探偵ポワロ Blu-ray BOX2





こちらは「名探偵ポワロ 全巻DVD-SET」です!!
名探偵ポワロ 全巻DVD-SET



posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『千年ジュリエット』(初野晴著、角川書店刊)

『千年ジュリエット』(初野晴著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

あの日々のきらめきを閉じ込めた、笑って泣ける青春ミステリ!!

清水南高校、文化祭間近。晴の舞台を前に、吹奏楽部の元気少女・穂村チカと、残念系美少年の上条ハルタも、練習に力が入る。そんな中、チカとハルタの憧れのひと、草壁先生に女性の来客が。奇抜な格好だが音楽センスは抜群な彼女と、先生が共有する謎とは?(「エデンの谷」)ほか、文化祭で巻き起こる、笑って泣ける事件の数々。頭脳派ハルタと行動派チカは謎を解けるのか? 青春ミステリの必読書、“ハルチカ”シリーズ第4弾!
(角川書店公式HPより)


<感想>

「ハルチカシリーズ」第4弾。
シリーズには他に『退出ゲーム』『初恋ソムリエ』『空想オルガン』『惑星カロン』がある。
なお、いずれも連作短編集であり、タイトルは表題作となっている。

そんな『千年ジュリエット』の収録作は表題作の他に『エデンの谷』『失踪ヘビーロッカー』『決闘戯曲』の4作。

本作では文化祭を舞台に様々な事件が発生。
それをお馴染みのハルタとチカが解決して行く。

そして、本作の表紙はマレン。
それもその筈、『千年ジュリエット』では彼がキーキャラに。
他にも個性的な新キャラが続々登場しストーリーを盛り上げます。

『失踪ヘビーロッカー』から登場した甲田は『千年ジュリエット』にて失恋を体験することに。
『エデンの谷』から登場した真琴は吹奏楽部の指導を手伝いつつ『千年ジュリエット』で弾き語りとして登場。
また、「ブラックリスト十傑」もたびたび登場し大活躍!!

そんな本作の白眉は『決闘戯曲』。
何と言っても、あの結論には驚かされた。
まさかの「蒲田行進曲」が活きて来るのだものなぁ……。
これについては『決闘戯曲』ネタバレあらすじ後の補足をご覧になられたし。

そして、表題作である『千年ジュリエット』もなかなかに凄い。
トモの秘密に繋がる伏線がかなり巧みに配されている。
例えば「マフラー」や「マヤの態度」、他には「甲田が一目惚れしたこと」も挙げられるか。
甲田の恋は破れるものと決まっているのです。

そして、トモと心を通わせるハルタ。
同じ立場として感じるものがあったのだろうか。
其処にあの花火の黒玉エピソードが重ねられることでマイノリティの切なさが胸に来る。

同時に、ポップな中にも重く深い想いを込める作風も健在。
これは『エデンの谷』と『千年ジュリエット』に顕著ですね。
それにしても、山辺の弟子は草壁、真琴、遠野も何等かの事情を抱えてしまうなぁ……。
それほど、その世界が厳しいということか。
読後、なかなかに考えさせられることでしょう。

ちなみに、ネタバレあらすじはまとめ易いように改変しています。
あくまで雰囲気を掴むに留めて下さい。
興味をお持ちの方は本編それ自体を読まれるようオススメします!!

<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:
穂村千夏:通称・チカ。吹奏楽部に所属しフルートを担当する。
上条春太:通称・ハルタ。吹奏楽部に所属しホルンを担当する。
草壁信二郎:吹奏楽部顧問。生徒から慕われている。
片桐圭介:吹奏楽部部長。
成島美代子:オーボエ奏者。『クロスキューブ』より登場。
マレン・セイ:サックス奏者。『退出ゲーム』より登場。
後藤朱里:バストロンボーン奏者。『エレファンツ・ブレス』より登場。
芹澤直子:クラリネット奏者。『スプリングラフィ』より登場。
檜山界雄:通称・カイユ。打楽器奏者。『周波数は77.4MHz』より登場。
日野原秀一:生徒会長。『エレファンツ・ブレス』より登場。
名越俊也:演劇部部長。日野原のブラックリスト十傑の1人。
マヤ:演劇部を代表する看板女優……らしい。
萩本兄弟:発明部の兄弟。日野原のブラックリスト十傑の1人。
麻生美里:地学研究会代表。日野原のブラックリスト十傑の1人。
朝霧享:初恋研究会代表。日野原のブラックリスト十傑の1人。
堺:藤ヶ咲高校吹奏楽部の顧問、あだ名はゴリラ。
大河原:藤ヶ咲高校にやって来た教育実習生、堺の元教え子。
渡邊:草壁の過去を知るジャーナリストと思われていたが……。『ジャバウォックの鑑札』に登場。
上条南風:ハルタの姉、上条家の長女。『ヴァナキュラー・モダニズム』に登場。
上条つぐみ:ハルタの姉、上条家の次女。『ヴァナキュラー・モダニズム』に名前だけ登場。
上条冬菜:ハルタの姉、上条家の三女。『ヴァナキュラー・モダニズム』に名前だけ登場。
天野:大家の孫娘。『ヴァナキュラー・モダニズム』に登場。
ナナコ:清新女子高校吹奏楽部のメンバー。『十の秘密』に登場。
遠野:清新女子高校吹奏楽部のメンバー。アルコール中毒、『十の秘密』に登場。
孝志:オルガンおじさんの親友。『空想オルガン』に登場。
マンボウ:振込詐欺グループの黒幕。『空想オルガン』に登場。
ガクシャ:振込詐欺グループの一員。『空想オルガン』に登場。
ボーボ:振込詐欺グループの一員。あまり向いていないようだ。『空想オルガン』に登場。

・新キャラたち。
山辺真琴:草壁の師・山辺の孫娘。天才ピアニストとして将来を嘱望されていたが……。『エデンの谷』より登場。
甲田:アメリカ民謡研究会のメンバー。『失踪ヘビーロッカー』より登場。
清春:アメリカ民謡研究会のメンバー。『失踪ヘビーロッカー』より登場。
大塚:演劇部のメンバー。『決闘戯曲』より登場。
新垣智子:ジュリエットの秘書・はごろも支部のメンバー。『千年ジュリエット』に登場。
柏原智之:???

・『エデンの谷』

芹澤直子を仲間に加え再始動した吹奏楽部。
そんな吹奏楽部に来客が。

現れたのは女性スナフキン。
彼女は直子のピアノに挑戦的な態度を取り、これと対決。
ピアニカを用いてあっさりと降してしまう。
ピアノが直子の専門では無いとはいえ、只者ではない。

それもその筈、彼女こそ草壁の師である故・山辺の孫娘の真琴であった。
真琴はピアノの天才少女と称されていたが、草壁と同じく突然姿を消してしまっていた。
真琴が吹奏楽部にやって来たのは草壁に会う為らしいが……。

そんな真琴を追って生徒会長の日野原も登場。
日野原によれば、真琴は町内でピアニカの買取を行ったとのことで来る文化祭に寄付を求めたのだ。
真琴に興味を抱く日野原により、ハルタとチカは真琴の事情を調べることに。

すると、山辺家の金銭問題が判明する。
どうやら、真琴の父には放蕩癖があり金策の為に山辺が所持していた遺産のピアノを売却したいらしい。
ところが、ピアノの権利は草壁と真琴の2人が管理しており許可を取ろうとしていたようだ。
さらに、ピアノの鍵盤を施錠した鍵が見つからず、この在処を真琴に尋ねたがっていたのである。

其処で草壁が間に立って進めていたのだ。
しかし、真琴は鍵の在処を知らないと主張。
だが、山辺は鍵を真琴に預けたと遺言していたと言う。
これは一体、どうしたことか?

真琴はあり得るとすれば……と1台のピアニカを差し出す。
それは山辺からの唯一の贈り物らしい。
だが、分解してみたところで鍵は見当たらない。

巻き込まれ、この謎に挑むこととなったハルタとチカ。
ハルタは天才ピアノ少女であった真琴がピアニストを辞めた理由を「視力を失いつつあるため」と看破。
スナフキン姿も相手から遠目でも確認し易いように配慮されたものであった。

だとすれば……と、ハルタはピアニカに仕掛けられた点字を解読する。
すると、其処には「鍵、無くした」と書かれていたのだ。
絶句するハルタたち、大笑いする真琴。

さらに後日、当のピアノの鍵盤がピアニカに移植されていたことが判明し山辺が不器用なりに真琴を愛していたことが明らかとなるのであった。

この騒動を経て、真琴は吹奏楽部の指導を引き受けることに。
また、ハルタの姉たちと飲み屋で出会った真琴は上条家に居候を始めるのだが……別の話である―――エンド。

・『失踪ヘビーロッカー』

文化祭当日、吹奏楽部の演奏を前に出番を控えたアメリカ民謡研究会で大騒動が勃発。
実はアメリカ民謡研究会はその名に反してヘビーロッカーを好むサークルだったのだが、ボーカルの甲田が何時まで経っても現れないのだ。
不思議なことにタクシーで正門まで来たにも関わらず、降りることなく何処かへ行ってしまったらしい。

困り果てるアメリカ民謡研究会のメンバー・清春。
これに手を貸すことにしたハルタとチカは甲田が演奏に来られない理由を突き止める。

実は甲田は玩具の蛇を先輩に借りて舞台で使用するつもりだったのだが、その中に本物が混ざっていたのだ。
しかも、これをタクシー内で当の先輩から電話で知らされた。
おそるおそる見てみると、蛇が居ない。
どうやら、タクシー内で逃げられてしまったようだ。

学校に着いても大騒ぎになりかねない。
かといって放置するワケにもいかない。
其処で甲田は対応策を練るべく時間を稼ごうとタクシーを延々と走らせていたのである。

これに気付いたハルタらは甲田に助言を施した。
こうして、罠により蛇は無事に確保することができ、甲田は無事に出番を迎えることとなったのだ―――エンド。

・『決闘戯曲』

文化祭当日、演劇部長の名越から特別部員のハルタとチカにSOSが届く。
別段、特別部員になった覚えはないハルタとチカだが巻き込まれることに。

名越によれば当日の出し物の脚本を担当していた大塚が逃げ出してしまい困っていると言う。
実は大塚の脚本には結末が無く上演出来ないのだ。

その演目は時を超えた大塚一族3代による決闘戯曲らしい。
大塚一族は時代時代に決闘を挑まれ、それに生き残ったのだ。
だが、大塚一族は片目と片手にハンデを負っていた。
そして、相手はその時々に名を売った凄腕たち。
それでも、大塚一族が生き残った理由は何か!?
そんな舞台なのだそうだ。
以前に大塚が語っていたところによれば「驚天動地」の結末なのだそうだが……。

困り果てた名越の提案でハルタとチカが結末を推理することとなった。
こうして、演劇部のメンバーを交え推理を開始する。

どの時代でも、決闘は銃によるもので背中合わせに立ち、号令と共に数歩進んで振り返りながら撃つとのルールである。
ハルタは大塚の脚本から次の3つのポイントを指摘する。
それが大塚一族を生き残らせたものなのだ。

1.決闘の勝敗は「相手を殺す」ことではなく「大塚が生き残る」こと。
2.何故か、背中合わせに立つ際の方角が定められていた。
3.場所の指定も大塚が行った。

これからハルタは大塚が予定していた結末を見抜く。
だが、大塚が思い描いた結末を演じるにはある道具が不足しておりその調達に姿を消したのだろう。

ほぼ同じ頃、当の大塚がトラックで学園に戻って来た。
荷台には「演劇用の階段」が積まれていた―――エンド。

管理人による補足:つまり、大塚一族は階段上を舞台に指定し敵対者と背中合わせで決闘を開始。
この際に方角を定めたことで大塚一族は数歩進むうちに階段を下りることになる。
相手が如何に凄腕であろうとも振り返ったときには、標的は階段の角度により視界の外なのだ。
当然、直線で飛ぶ弾丸は当たらないのである。
大塚の勝利条件は「生き残ること」なので、これで勝利できる。

また、あらすじからは省略したが、本作では「蒲田行進曲」の名が登場していた。
「蒲田行進曲」は「階段落ち」で有名、これを示唆することで「舞台用の階段を利用する」ことを示していた。

・『千年ジュリエット』

文化祭当日、女子用制服に身を包んだトモが学園を訪れた。
トモの目的は初恋の相手・マレンに逢うことであった。

恋愛相談に乗る「ジュリエットの秘書 はごろも支部」をトモたちが開設したのは少し前のことだ。
トモたちは難病を患い余命幾許もない状態であった。
だから、少しでも生きた痕跡を残そうとしたのだ。
初期メンバーは5人。
だが、時間と共に1人、また1人とメンバーは退席して行った……。

ふと、恐怖を覚え首に巻いたマフラーを掴むトモ。
それでも勇気を出して、見知らぬ学園に飛び込んで行く。

マレンを求めるトモだが学園は広い。
ブラックリスト十傑や海賊のコスプレをした男性と遭遇し、初日に会うことは叶わなかった。

その一方、トモを目にした甲田は一目惚れし彼女に懸賞金をかける。

意を決して2日目。
校内を歩き回るトモは甲田の懸賞金がきっかけでハルタとチカに捕まってしまう。
ところが、ハルタは此処で甲田の恋があっさりと破れたことに気付いた。
トモは男性だったのだ。
だからこそ、マフラーで咽喉仏を隠していたのである。

トモの本名は柏原智之。
智之は男性の身体に女性の心を持っていた。
好奇の視線に耐え兼ねた智之は引き籠りになってしまう。

そんな智之は新垣智子と親友関係にあった。
この智子こそが「ジュリエットの秘書 はごろも支部」のメンバー。
そして智子の初恋の相手こそマレンだったのだ。

智子は病気と戦ったが儚く世を去った。
其処で残った智之が智子に代わりトモとしてマレンに会いに来たのであった。

そして、智之は既に目的を達していたのだ。
海賊のコスプレをしていた男性こそ、マレンだったのだ。

そんな中、文化祭は終わりを告げる。
日野原は文化祭の売上を用い、花火を決行。
空に散る花火を目にしつつ、ハルタは何処か自身に通じる智之に微笑むのであった―――エンド。

◆関連過去記事
『退出ゲーム』(初野晴著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『初恋ソムリエ』(初野晴著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『空想オルガン』(初野晴著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

キンドル版「退出ゲーム<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)」です!!
退出ゲーム<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)





キンドル版「初恋ソムリエ<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)」です!!
初恋ソムリエ<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)





キンドル版「空想オルガン<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)」です!!
空想オルガン<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)





キンドル版「千年ジュリエット<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)」です!!
千年ジュリエット<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)





キンドル版「惑星カロン<「ハルチカ」シリーズ> (角川書店単行本)」です!!
惑星カロン<「ハルチカ」シリーズ> (角川書店単行本)



posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。