2015年11月15日

【2015年12月】米澤穂信先生「ベルーフシリーズ」連作短編集『真実の10メートル手前』が12月21日発売予定!!

2015年7月にシリーズ最新作『王とサーカス』が刊行された米澤穂信先生の「ベルーフシリーズ」。
その連作短編集が2015年12月21日(前後する可能性あり)に東京創元社さんから刊行予定であることが明らかになりました。

その名も『真実の10メートル手前』!!
2015年8月に発表された同名最新短編が表題作となっています。

『真実の10メートル手前』(米澤穂信著、東京創元社刊『ミステリーズ!vol.72 AUGUST 2015』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

収録作はおそらく本シリーズの未収録短編。
詳しくは後述することとして、連作短編集『真実の10メートル手前』のあらすじはこちら。

<あらすじ>

滑稽な悲劇、あるいはグロテスクな妄執──痛みを引き受けながらそれらを直視するジャーナリスト、太刀洗万智の活動記録。『王とサーカス』後の六編を収録する垂涎の作品集。
(東京創元社公式HPより)


注目すべきポイントはココ。
「『王とサーカス』後の六編を収録する垂涎の作品集」との記述。

そう「六編」です。

「ベルーフシリーズ」未収録短編は2015年11月時点で『失礼、お見苦しいところを』、『恋累心中』、『ナイフを失われた思い出の中に』、『名を刻む死』、『真実の10メートル手前』の五編の筈。

つまり、まだ見ぬもう1作が収録されることになります。
これは書下ろしか、それとも12月発売予定の『ミステリーズ!vol.74 DECEMBER 2015』に掲載される作品の存在を示唆しているのか?
いずれにしても、我々読者が初めて目にする一編があることが明らかに。
喜ぶべし(^O^)/!!

ちなみに『失礼、お見苦しいところを』と『恋累心中』は2007年発表作品なので、実に8年ぶりの収録。
これまた、喜ぶべし(^O^)/!!

ただ1つ気になる点があるとすれば『真実の10メートル手前』だけは作中時系列として『王とサーカス』の後ではなく前のエピソードであること。
「『王とサーカス』後の六編」との記述に些か反するところだが……果たして!?

とはいえ、発売予定日からもファンにとっては少し早いクリスマスプレゼントとなりそうです!!
超期待(^O^)/!!

【ベルーフ(太刀洗)シリーズ】
『さよなら妖精』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「名を刻む死(ミステリーズ!vol.47掲載)」(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『ナイフを失われた思い出の中に』(米澤穂信著、東京創元社刊『街角で謎が待っている がまくら市事件』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『真実の10メートル手前』(米澤穂信著、東京創元社刊『ミステリーズ!vol.72 AUGUST 2015』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『王とサーカス』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

◆関連過去記事
「インシテミル」(文藝春秋社)ネタバレ書評(レビュー)

「儚い羊たちの祝宴」(新潮社)ネタバレ書評(レビュー)

「追想五断章」(集英社)ネタバレ書評(レビュー)

「折れた竜骨」(東京創元社)ネタバレ書評(レビュー)

『Do you love me ?』(『不思議の足跡』収録、米澤穂信著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『下津山縁起』(米澤穂信著、文藝春秋社刊『別冊 文芸春秋 2012年7月号』)ネタバレ書評(レビュー)

『川越にやってください』(米澤穂信著、早川書房刊『ミステリマガジン700 国内篇』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『ほたるいかの思い出』(米澤穂信著、新潮社刊『小説新潮 2014年7月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『リカーシブル』(米澤穂信著、新潮社刊『小説新潮』連載)ネタバレ書評(レビュー)まとめ

『リカーシブル リブート』(『Story Seller 2』収録、米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『満願』(米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【古典部シリーズ】
「氷菓」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「愚者のエンドロール」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「クドリャフカの順番」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「遠まわりする雛」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「ふたりの距離の概算」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

『鏡には映らない』(米澤穂信著、角川書店刊『野性時代』2012年8月号 vol.105掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『長い休日』(米澤穂信著、角川書店刊『小説野性時代 2013年11月号 vol.120』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【小市民シリーズ】
「夏期限定トロピカルパフェ事件」(東京創元社)ネタバレ書評(レビュー)

【S&Rシリーズ】
『犬はどこだ』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【ベルーフ(太刀洗)シリーズ】
『さよなら妖精』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「名を刻む死(ミステリーズ!vol.47掲載)」(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『ナイフを失われた思い出の中に』(米澤穂信著、東京創元社刊『街角で謎が待っている がまくら市事件』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『真実の10メートル手前』(米澤穂信著、東京創元社刊『ミステリーズ!vol.72 AUGUST 2015』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『王とサーカス』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

米澤穂信先生、次なる新作は太刀洗シリーズ最新長編『E85.2(仮)』とのこと!!

【シモンズシリーズ】
『913』(『小説すばる 2012年01月号』掲載、米澤穂信著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『ロックオンロッカー』(米澤穂信著、集英社刊『小説すばる 2013年8月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『金曜に彼は何をしたのか』(米澤穂信著、集英社刊『小説すばる 2014年11月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【甦り課シリーズ】
オール讀物増刊「オールスイリ」(文藝春秋社刊)を読んで(米澤穂信「軽い雨」&麻耶雄嵩「少年探偵団と神様」ネタバレ書評)

『黒い網』(米澤穂信著、文藝春秋社刊『オール読物 2013年11月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【その他】
探偵Xからの挑戦状!「怪盗Xからの挑戦状」(米澤穂信著)本放送(5月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

単行本版「真実の10メートル手前」です!!
真実の10メートル手前



短編『真実の10メートル手前』が掲載された「ミステリーズ! vol.72」です!!
ミステリーズ! vol.72





「王とサーカス」です!!
王とサーカス





キンドル版「王とサーカス」です!!
王とサーカス





「さよなら妖精 (創元推理文庫)」です!!
さよなら妖精 (創元推理文庫)





キンドル版「さよなら妖精 (創元推理文庫)」です!!
さよなら妖精 (創元推理文庫)





『失礼、お見苦しいところを』が掲載された「ユリイカ2007年4月号 特集=米澤穂信 ポスト・セカイ系のささやかな冒険」です!!
ユリイカ2007年4月号 特集=米澤穂信 ポスト・セカイ系のささやかな冒険





『恋累心中』が掲載された「ミステリーズ! vol.26」です!!
ミステリーズ! vol.26





『ナイフを失われた思い出の中に』が収録された「街角で謎が待っている がまくら市事件 (創元推理文庫)」です!!
街角で謎が待っている がまくら市事件 (創元推理文庫)





キンドル版「街角で謎が待っている がまくら市事件 (創元推理文庫)」です!!
街角で謎が待っている がまくら市事件 (創元推理文庫)





『名を刻む死』が掲載された「ミステリーズ! vol.47」です!!
ミステリーズ! vol.47





古典部シリーズ『長い休日』が掲載された「小説 野性時代 第120号」です!!
小説 野性時代 第120号





古典部シリーズ『連峰は晴れているか』が掲載された「野性時代 第56号 62331-57 KADOKAWA文芸MOOK (KADOKAWA文芸MOOK 57)」です!!
野性時代 第56号 62331-57 KADOKAWA文芸MOOK (KADOKAWA文芸MOOK 57)





古典部シリーズ『鏡には映らない』が掲載された「小説 野性時代 第105号 KADOKAWA文芸MOOK 62332‐08 (KADOKAWA文芸MOOK 107)」です!!
小説 野性時代 第105号 KADOKAWA文芸MOOK 62332‐08 (KADOKAWA文芸MOOK 107)





◆米澤穂信先生の作品はこちら。


posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土曜ワイド劇場「ゴーストライターの殺人取材2〜セレブの罪を代筆する女! 愛と欲…名門和菓子店、美女たちの跡目争い!!華麗な一族の乱れた秘密と人気スイーツの隠し味に接点!?」(11月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「ゴーストライターの殺人取材2〜セレブの罪を代筆する女! 愛と欲…名門和菓子店、美女たちの跡目争い!!華麗な一族の乱れた秘密と人気スイーツの隠し味に接点!?」(11月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

鮫島悠里(浅野ゆう子)は、売れない小説家。25年前に新人文学賞を取ったデビュー作が唯一ヒットしただけで、その後は鳴かず飛ばずの状態が続いていた。
そんなある日、悠里は、雑誌編集者である妹・彩乃(若村麻由美)から、和菓子メーカー“大滝庵”創業者・大滝燐太郎(螢雪次朗)の自伝のゴーストライターを頼まれる。大滝庵は創業当初は小さな和菓子店だったが、コラーゲン入りのスイーツ“天熟ドルチェ”が大ヒットし、いまや全国に80店舗を構える大企業に成長していた。「もうゴーストライターはやらない」と突っぱねる悠里だが、「これがうまくいけば、小説も発注する」という彩乃の言葉に負け、仕事を引き受ける。

さっそく大滝家の大邸宅へ取材に赴く、悠里と彩乃。家政婦の木島沙代(左時枝)の案内で応対したのは、一族を束ねる美貌の妻・悦子(多岐川裕美)。そのほかにも、“天熟ドルチェ”をプロデュースした長女・千鶴子(中山忍)と、副社長の長男・直樹(東根作寿英)、その妻で商品アドバイザーのやよい(月船さらら)が、次々と挨拶に現れる。そして悦子は、家族の絆が会社を支えてきたのだと、悠里に強調する。
だが、社長の自伝出版を発注したのは悦子らしく、当の燐太郎はがんを患って寝たきりで、取材を受けられるような状態ではないとわかる。無理を言って面会した悠里に、燐太郎は「もし家族が反対しても、自伝を書き続けてほしい」と頼んだ上、突然「私は人を殺したことがある」と告白! だがその直後に容態が急変し、そのまま他界してしまう。

衝撃の展開に動揺しつつも燐太郎の葬儀に参列した悠里と彩乃は、弟で警視庁捜査一課管理官の一希(鶴見辰吾)と鉢合わせする。一希は、フリーライター・河島雪実(大家由祐子)が殺された事件の捜査中で、雪実が殺害される直前に燐太郎と会っていたことをつかんだという。
そんなとき、直樹が会社の金をカジノにつぎ込んでいたことや、千鶴子が天熟ドルチェのヒットを契機に社内人事を一掃するクーデターを画策していたことなどを週刊誌が報じ、大滝家の内紛が一気に明らかになる。もしや雪実は、大滝家内部のスキャンダルを暴こうとして燐太郎に殺されたのでは…!? そう考えた悠里が、殺害される前の雪実が何を書こうとしていたのかを調べはじめた途端に、また新たな殺人事件が発生した!!
(土曜ワイド劇場公式HPより)


では、続きから(一部、あらすじと重複あり)……

ジョアンナは断崖に落ちたケビンを救うべくロープを必死に握り締めていた。
そのロープの先にはケビンがいる。
このロープを離せばケビンの命は無い。
ジョアンナの手には自然と力が籠った。
むしろ掌の痛みさえ、ケビンが生きていることの証と感じられた。
歓喜を覚えつつジョアンナはさらに力を込めた。

此処までをタイプした鮫島悠里は大きく溜息を吐いた。
悠里は25年前に文壇デビューした小説家。
しかし、以降はヒットに恵まれずに居た。

悠里は心の中で呟く。
とはいえ、もう少し、もう少しで完成するのだ。
これが完成すれば変わる―――と。
そう思えば悠里のタイピングも自然と速度を速めて行く。

同じ頃、???は手にしたロープに力を込めた。
このロープには1人の女性の命がかかっている。
とはいえ、こちらの場合はジョアンナとケビンと異なり女性の命を奪うものであったが。
???の手に更に力が籠る、同時に女性の意識は消えて行く……。

翌朝、悠里は雑誌編集者の妹・彩乃から、大手和菓子メーカー「大滝庵」の創業者・大滝燐太郎の自伝を書かないかと誘われる。
すなわち、ゴーストライターだ。

「大滝庵」はコラーゲン入りのスイーツ「天熟ドルチェ」で大成功を収めていた。
彩乃にとっても大きな仕事になるらしい。
熱心に奨められた悠里は結局、引き受けることに。

大滝家へ向かった悠里たち、大滝家は以下の面々で成り立っている。
病床の当主・大滝燐太郎、その妻・悦子、長女・千鶴子、長男・直樹、直樹の妻・やよい。
これに家政婦の木島沙代、顧問弁護士の宇佐美、主治医の徳間である。

千鶴子は「天熟ドルチェ」をプロデュースした立役者として家内に君臨。
だが、この「天熟ドルチェ」は盗作であった。
一方で、千鶴子は宇佐美と秘密裏に男女の関係にもあった。

直樹はやよいとの不仲に加え、横領疑惑を抱えていた。

内情はかなり揺らいでいたのである。

そんな状況のもと、燐太郎は悠里に自伝製作を正式に依頼。
早速、燐太郎本人から聞き取りを始める悠里。

すると、燐太郎は「信義が大事」と語った上で「人を殺した」と打ち明けるではないか。
驚く悠里に燐太郎は「決して家族が反対しても続けるように」と告げるが……。
その直後、容態が急変し死亡してしまう。

思わぬ急展開に衝撃を受ける悠里たち。
ところが、事態は此処で止まらない。

悠里の弟で警視庁捜査一課管理官の一希が燐太郎を訪ねてやって来たのだ。
なんでも、先日殺害されたフリーライター・河島雪実の事件について捜査しているらしい。
燐太郎が雪実に何やら依頼していた形跡があったようだ。
この雪実こそ、冒頭で???に絞殺された女性であった。

悠里は雪実が燐太郎の依頼で家族について調べていたのではないかと考える。
つまり、直樹の横領や千鶴子の盗作疑惑は事実だったのだ。

さらに、自伝製作の取材を重ねる悠里。
徳間に取材したその夜、当の徳間が何者かに殺害されてしまった。
続いて宇佐美までもが殺害されてしまった。

燐太郎と徳間の過去を調べ始めた悠里は「ある赤ん坊」についての事実を突き止める。
其処には「信義」との文字が残されていたが……。

悠里は関係者一同を集めて真相を明かす。

まず、雪実殺害事件。
燐太郎は雪実に依頼し、直樹と千鶴子の疑惑について調べた。

千鶴子は「天熟ドルチェ」の盗作訴訟に当たり、当時から関係を隠していた宇佐美を原告側弁護士として送り込むことで事無きを得ていた。
この事実が露見すれば宇佐美は破滅する。
焦った宇佐美は雪実を絞殺したのだ。

では、徳間と宇佐美を殺害したのは誰か?
それには直樹の出生の秘密が絡んでいた。

燐太郎と悦子の息子・本物の直樹は死産だったのだ。
燐太郎は徳間と図り、ある赤ん坊を直樹と偽り育てた。

その名は「信義(のぶよし)」。
なんと、沙代の生き別れの息子であった。
燐太郎が口にした「人を殺した」とは「信義の人生を奪い直樹として育てた」ことだった。

当の直樹すら知らないこの事実を沙代は知っていた。
そして、影ながら支えていたのである。

悠里から取材を受けた徳間はこの事実が露見することを怖れ、自伝を中止した上で大滝家内で真実を明かすべきと訴えた。
もしも真実が明かされれば、血の繋がりが無い直樹は大滝家で居場所を失ってしまう。
其処で沙代は徳間を殺害した。

次いで、宇佐美が直樹の出生の秘密を嗅ぎ付け追い出しを目論んだ。
其処で宇佐美をも殺害したのである。

沙代は逮捕され罪を認めた。

「燐太郎は家族を愛していた」と語る悠里。
雪実の報告を耳にした燐太郎は自身の死後に家族が分裂することを怖れ、全てを明らかにするよう悠里に自伝製作を依頼したのであった。
これに悦子らは涙を流す。

燐太郎の自伝は書店に並ぶこととなった。
その告白は多くの読者の目を惹いたとのことである―――エンド。

<感想>

「ゴールドライタン」ならぬ「ゴーストライターの殺人取材」シリーズ第2弾。
原作なし、オリジナル作品です。

本作は「世界野球プレミア12」の放送延長により1時間50分繰り下げ22時50分からの放送となりました。
まさに「土曜ワイド劇場」ならぬ「日曜ワイド劇場」状態。
ちなみに、日本勝ちました!!
ばんざ〜〜〜い!!

興奮未だ冷めやりませんが、ドラマの感想は。

本作最大の特徴は「登場人物の苗字」でしょう。
詳しくはキャスト一覧をご覧頂きたいのですが、ほぼ「鮫島」と「大滝」のみ。
これほど登場人物の苗字に偏りのあった「2時間ドラマ」が未だかつてあったでしょうか!?

そして、冒頭の悠里の作品内描写と雪実殺害のシンクロ描写が凄くインパクトがありました。
アレでグイッと作品に惹き込まれましたね。
ああ言うの好きだなぁ……。

でもって、悠里たちの中盤のドライブシーン、合成感がパネェ!!

それにしても、宇佐美が大滝家の顧問弁護士をしている時点で数年前の訴訟の狂言が露見しそうなものなんだけどなぁ。
あと、その秘密を隠す為には宇佐美と千鶴子はずっと結婚できないねぇ。
結婚するつもりが全く無いドライな関係だったんだろうか?

それと「天熟ドルチェ」がどうしても「天竺ドルチェ」に空耳してならない。
これはこれできっと美味しそうだ。

そんな本作は前回に比べるとコミカル度が些か抑え目に。
とはいえ、悠里たち姉弟の遣り取りは変わらず軽妙だったから良かった。
シリーズ次回にも期待ですね!!

ちなみに、次週(11月24日)の「土曜ワイド劇場」は「ショカツの女11」、翌々週(2015年11月28日)は「法医学教室の事件ファイル41」が放送予定。
注目せよ!!

2015年11月21日の「土曜ワイド劇場」は「ショカツの女11」が放送予定とのこと!!

2015年11月28日の「土曜ワイド劇場」は「法医学教室の事件ファイル41」が放送予定とのこと!!

◆関連過去記事
土曜ワイド劇場「ゴーストライターの殺人取材〜セレブの罪を代筆する女!美貌のカリスマネイリストに疑惑の結婚歴…別れた夫の死体が歩いた!?」(8月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

鮫島悠里:浅野ゆう子
鮫島彩乃:若村麻由美
鮫島一希:鶴見辰吾
大滝悦子:多岐川裕美
大滝千鶴子:中山 忍
大滝燐太郎:螢 雪次朗
木島沙代:左 時枝
大滝やよい:月船さらら
大滝直樹:東根作寿英
河島雪実:大家由祐子 ほか
(敬称略、順不同、公式HPより)


「超合金魂 GX-32 ゴールドライタン」です!!
超合金魂 GX-32 ゴールドライタン





「超合金魂 限定版 ゴールドライタン (シルバー&ブラック)」です!!
超合金魂 限定版 ゴールドライタン (シルバー&ブラック)





「黄金戦士ゴールドライタン ブルーレイBOX<8枚組> [Blu-ray]」です!!
黄金戦士ゴールドライタン ブルーレイBOX<8枚組> [Blu-ray]





「ゴーストライター [DVD]」です!!
ゴーストライター [DVD]





「ゴーストライター [Blu-ray]」です!!
ゴーストライター [Blu-ray]



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。