2015年11月23日

「美女缶」(志水アキ画、講談社刊「週刊少年マガジン」掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「美女缶」(志水アキ画、講談社刊「週刊少年マガジン」掲載)ネタバレ批評(レビュー)です!!

【登場人物一覧】
雄太:主人公の高校生。
サキ:「美女缶」で出来た美女。
雄太の母:出張中の雄太の母。

<あらすじ>

主人公の高校生・雄太は母1人子1人の母子家庭の息子である。
そんな雄太は同級生が自慢する「美女缶」が羨ましくて仕方がない。

「美女缶」とは、とある企業が売り出した画期的な商品。
缶詰をお風呂に漬けることで好みの美女が出来るのだ。
しかも、その美女は創造主に服従する。
だからこそ、年頃の男子高校生からは圧倒的な人気を誇っていた。
また、値段が高く、おいそれと購入できない点も人気を集めた理由である。
ちなみに、この「缶」には他にもシリーズがあり、好きな家族を創造出来る「家族缶」シリーズも人気となっている。

そんなある日、雄太はスーパーで売られていた格安の「美女缶」を目に留める。
そのお値段39800円。
其処には「見切り品」と書かれていた。

欲望を爆発させた雄太は奮発してこの「美女缶」を購入。
母が仕事で出張中であることを利用し、取扱説明書に従い自宅で創造することに。

創造は無事に成功。
出来た美女に「サキ」と名付けた雄太は強引に関係を結ぼうと迫るのだが……サキに拒否されてしまう。
どうやら、雄太に恋心を抱いているようではあるが性には抵抗があるとの設定らしい。

ふと露になったサキの背中に品質保持期限の表示が。
その期限は残り数日となっていた。
品質保持期限切れが迫っているからこその「見切り品」だったのだ。

これを目にした雄太。
同い年の少女と変わらないサキの言動もあって深く同情することに。
雄太はサキにせめて期限切れまでの間を楽しんで貰おうと考える。

こうして数日が経過。
その間を雄太とサキは楽しく過ごす。

ところが、いよいよ最終日となったところでサキが美女缶の産物であることに気付いてしまった。
混乱したサキは家を飛び出し、雄太もこれを追い掛ける。
サキに追い付いた雄太は愛を告白するのだが……。

同じ頃、雄太の母が帰宅し彼の不在に気付き愕然としていた。
彼女の手には「家族缶」、其処には今日の日付が「品質保持期限」として記されていた。
そう、雄太もまたサキ同様に「缶」から生まれた存在だったのだ。

これを知らない雄太だが、サキと見つめ合うと満足しつつ消えて行く―――エンド。

<感想>

フジテレビ系「世にも奇妙な物語」放送25周年を記念した2号連続特別編の第1弾。
ドラマや映画化もされた「美女缶」のコミカライズ版です。

「美女缶」ネタバレ批評(レビュー)

コミカライズ版はオリジナル展開との触れ込みがありましたが、基本はドラマ版に忠実だった印象です。
ドラマ版、漫画版共に「消費社会への警鐘」と「作られた存在の悲哀」がテーマでした。

ちなみに、ドラマ版からの変更点は次の2つ。

1.主人公が社会人から高校生へ。
2.主人公が美男缶から家族缶へ。

これ以外は結末含めて特に変更点は見受けられなかったように思います。

ただ、ドラマ版だと恋人同士の三角関係を利用することで「美女缶を利用し彼女を作った主人公もまた今の彼女によって作られた存在だった」=「主人公が当初の美女缶に抱いていた感情と同じく、あくまで主人公も彼女にとっての消耗品に過ぎなかった皮肉」が強調されていたのに対し、コミカライズ版では主人公を息子に変更したことでコレが活きていない気がします。
「彼氏と彼女」と「母と子」では立場がだいぶ異なるし。
これだったら、かなり忠実だっただけに細部もドラマ版の通りで良かった気もするかな。

◆「世にも奇妙な物語」関連過去記事
「美女缶」ネタバレ批評(レビュー)

【ドラマ化原作】
『殺し屋ですのよ』(星新一著、新潮社刊『ボッコちゃん』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『来世不動産』(升野英知(バカリズム)著、小学館刊『東と西 2』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『殺意取扱説明書』(東野圭吾著、集英社刊『毒笑小説』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『燔祭(鳩笛草 燔祭/朽ちてゆくまでより)』&『クロスファイア(上・下巻)』(宮部みゆき著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『憑かれる(「崩れる 結婚にまつわる八つの風景」収録)』(貫井徳郎著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『時計じかけの天使(「原色の想像力 創元SF短編賞アンソロジー」収録)』(永山驢馬著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『ドッキリチューブ』(小林泰三著、東京創元社刊『完全・犯罪』収録)ネタバレ書評(レビュー)

「人間電子レンジ」(竹本友二作、小学館刊「8 はち 1巻」収録)ネタバレ批評(レビュー)

『ニートな彼とキュートな彼女(「原色の想像力〈2〉 創元SF短編賞アンソロジー」収録)』(わかつきひかる著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「美女缶 [DVD]」です!!
美女缶 [DVD]



単行本版「美女缶」です!!
美女缶



キンドル版「美女缶」です!!
美女缶



posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第101話「第27回探偵推理会議」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年12月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第101話「第27回探偵推理会議」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年12月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)です!!

ネタバレあります、注意!!

登場人物一覧:
森羅:主人公。C.M.B.の指輪の主。多大な影響力を持つ。
七瀬立樹:森羅のパートナー。身体を動かすことが得意。

黒津:17回転職を繰り返しているフリーター。
山田:有名マジシャン。
一番弟子:山田の一番弟子。
二番弟子:山田の二番弟子。

<101話あらすじ>

黒津は17回転職を繰り返しているフリーター。
これまで誰にも認められなかったが何時か誰かに認められる筈と信じて生きている。

そんな黒津のもとに1通の手紙が届いた。
中身は「第27回探偵推理会議」の招待状、もしも謎を解き明かせれば100万円と記載されていた。
これぞチャンスと考えた黒津は一も二も無く参加することに。

一方、同じ招待状は森羅のもとにも届いていた。
賞金に釣られた森羅と立樹もまた参加することとなった。

「第27回探偵推理会議」当日、一同に会した参加者たち。
もちろん、その中には黒津や森羅たちも居る。

そんな中、仮面で顔を隠した主催者から出題が開始される。
主催者によれば実在の事件をもとにした問題らしい。

被害者は有名マジシャンの山田。
彼には娘と2人の弟子が居た。

山田は近頃になって引退を考えるようになり、その名跡を2人の弟子のいずれかに継がせようとしていた。
冷静ながらも大胆さに欠ける一番弟子、大胆ながらも冷静さに欠ける二番弟子だ。
弟子たちも互いが後継者であると主張し譲らない状態であった。
だが、山田の後継者はどちらか1人なのである。

そんなある日、山田は最後の公演を迎えた。
それは水中脱出のマジックだ。
山田が逆さ吊りの状態で水槽に入り、天井に据えられた照明の中から脱出するのだ。

山田は娘に対し最後の公演の前に後継者を明かすと打ち明けていた。
ところが、その日は何も口にせず二番弟子の手で静かに水槽へと入った。

いざ、公演が開始されたのだが山田の様子がおかしい。
見れば照明が明滅している。
確認したところ、山田は既に絶命していた。
照明が漏電しており感電死したものと思われた。

此の間、傍に居たのは一番弟子。
二番弟子は買い出しに出かけており、不在であった。
一番弟子には犯行機会があるが、二番弟子には完璧なアリバイがある。

さて、山田の死は自殺か他殺か?
他殺ならば誰が彼を殺したのか?

この問いに参加者たちが挑むことに。

参加者たちは様々な推理を述べて行く。
その中で、黒津は一貫して一番弟子の犯行を主張し続けた。
何しろ、犯行可能なのは彼なのだから。

ところが、此処で森羅が語り出す。
彼はこれまでの内容から犯人を突き止めたらしい。
そして、この会議の本当の意図も。

まず、山田の死は自殺か他殺か。
これは山田がマジシャンであったことを考えれば自殺はあり得ない。
わざわざ最後の公演中を選ぶ筈が無いからだ。
何しろ、失敗したと疑われてしまう。

同時に事故もあり得ない。
最後の公演ならば管理はしっかりしていただろう。

残るは他殺だ。
確かに犯行可能なのは一番弟子だ。
だが、気になるのは山田が娘に伝えていた公演前の後継者指名を行わなかったことだ。

そもそも、指名を行えなかったとしたら!?
すなわち、その時点で既に山田が殺害されていたとしたら!?
犯行が可能なのは、山田を水槽に運んだ二番弟子しか居なくなる。

そして、森羅は二番弟子の名を明かす。
すなわち、黒津である。

黒津は会議中、一番弟子の犯行に固執した。
何故か?
簡単だ、彼は自身の犯行を暴きたくなかったのだ。

そもそも、この会議の真の目的な黒津の犯行を参加者たちに証明させることにあった。
指摘を受けた主催者が仮面を取ると出て来たのは……山田の娘であった。
さらに、参加者の1人こそが一番弟子であると分かる。

犯行を暴かれた黒津は「あいつが後継者に指名しないから!!」と動機を語り出した。
ところが、これは一番弟子に否定されてしまう。

山田は黒津を後継者に選ぶつもりだったのだ。
何でも若い頃の山田に黒津が似ていたらしい。
しかし、黒津はそんな山田の真意を知らず早合点して殺害してしまったのである。

「そんな、そんな……そんなぁぁぁぁぁぁぁ」
真実を知った黒津が叫ぶ―――エンド。

<感想>

「月刊少年マガジン」2015年12月号掲載「101話 第27回探偵推理会議」です。

今回は「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」100話「動き回る死体」や「Q.E.D.証明終了iff」4話「三人の刺客」に続き特別企画「あなたを殺します。」が行われました。
この「あなたを殺します。」は応募者の中から抽選で「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」や「Q.E.D.証明終了iff」作品中に登場する権利が得られる企画。
詳しくは下記記事をご覧ください。

【2015年】あなたが「Q.E.D.iff ―証明終了―」と「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」に登場する!?記念イベントに参加せよ!!

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第100話「動き回る死体」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年11月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了iff」4話「三人の刺客」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジンR 2015年4号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

では、今回の内容について。

何時か誰かに認めさせたいと願っていた黒津。
しかし、既に彼は認められていた。
そして、そんな認めてくれていた相手を殺してしまった。
なかなかに衝撃的です。

きっと、これまでにも黒津を認めた相手は居た。
にも関わらず、黒津がそれを見ようともせず否定してしまった。
結局、黒津は自身が認められようとすることに執着する余り、相手の気持ちを推し量ることを忘れてしまったのでしょう。

「自身が相手に認められる為には、自身も相手を認める必要がある」と言ったところでしょうか。

それにしても、冒頭で語られた黒津の17回の転職の中に山田の二番弟子もあったとの展開もサプライズでした。

とはいえ、探偵役が森羅であることは読者ならば既に承知のこと。
これが黒津を主人公と思わせておいての仕掛けならば……と思うとかなり惜しい。
きっと、相当なサプライズだっただろうに。
むしろ、読切で行うべきストーリーだったかも。
あるいは読切と思わせておいて、最後の最後に森羅がゲストで登場し探偵役を担うとか。

かなり楽しめただけに此の点が惜しい。
次回にも期待!!

ちなみに、あらすじでは良さを伝え切れてません。
本作自体を読むべし!!

◆関連過去記事
【「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」シリーズ】
「C.M.B. 森羅博物館の事件目録(「月刊少年マガジン」2012年6月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録(「月刊少年マガジン」2012年7月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録(「月刊少年マガジン」2012年8月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録(「月刊少年マガジン」2012年9月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 67話 ガラスの楽園・前篇(「月刊少年マガジン」2012年10月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 68話 ガラスの楽園・後編(「月刊少年マガジン」2012年11月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 69話「螺旋の骨董品店」(「月刊少年マガジン」2012年12月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 70話「4枚目の鏝絵」(「月刊少年マガジン」2013年1月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 71話「足摺厚焼き卵店」(「月刊少年マガジン」2013年2月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 72話「Nobody」(「月刊少年マガジン」2013年3月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 73話「グラウンド」(「月刊少年マガジン」2013年4月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 74話「二笑亭」(「月刊少年マガジン」2013年5月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第75話「ダイヤ泥棒」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年6月号」掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第76話「レース」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年8月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第77話「掘り出し物」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年9月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第78話「バッグ ストーリー」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年10月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第79話「その朝、8時13分」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス) 2013年7号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第80話「香木」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年12月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第81話「ゴンドラ」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年1月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第82話「ライオンランド(前篇)」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年2月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第83話「ライオンランド(後篇)」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年3月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第84話「兆し sign」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年4月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第85話「アステカのナイフ」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年5月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第86話「爆破予告」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年7月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第87話「幸運」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年8月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第88話「キジムナー」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年9月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第89話「空き家」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年10月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第90話「プラクルアン」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年11月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第91話「ホリデー(前編)」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年12月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第92話「ホリデー(後編)」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年1月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第91話「被害者、加害者、目撃者」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年2月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第92話「椿屋敷」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年3月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第93話「自白」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年4月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第94話「ドリームキャッチャー」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年5月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第95話「宗谷君の失踪」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年6月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第96話「JOKER」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年7月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第97話「ピーター氏の遺産」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年8月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第98話「地獄の穴」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年9月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第99話「ゴーストカー」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年10月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第100話「動き回る死体」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年11月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B.番外編 M.A.U. “ブラック・マーケットの魔女”の事件目録 箪笥の中の幽霊」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス) 2013年6号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【「Q.E.D.証明終了」シリーズ】
「Q.E.D.証明終了(「月刊少年マガジン+(プラス)」2012年3号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス)」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了(「月刊少年マガジン+(プラス)」2012年4号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス)」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 金星(「月刊少年マガジン+(プラス)」2013年5号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス)」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 初恋」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年7月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 失恋」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス) 2013年6号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 巡礼」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年10月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 陽はまだ高い」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス) 2013年7号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 代理人」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス) 2014年8号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 iff」1話(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジンR 2015年1号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了iff」2話「素っ裸の王様」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジンR 2015年2号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了iff」4話「三人の刺客」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジンR 2015年4号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.iff ―証明終了―(1): 月刊マガジン」です!!
Q.E.D.iff ―証明終了―(1): 月刊マガジン





キンドル版「[まとめ買い] Q.E.D.―証明終了― (1-25)」です!!
[まとめ買い] Q.E.D.―証明終了― (1-25)





キンドル版「[まとめ買い] Q.E.D.―証明終了― (26-50)」です!!
[まとめ買い] Q.E.D.―証明終了― (26-50)





キンドル版「[まとめ買い] C.M.B.森羅博物館の事件目録 (1-25)」です!!
[まとめ買い] C.M.B.森羅博物館の事件目録 (1-25)





キンドル版「[まとめ買い] C.M.B.森羅博物館の事件目録 (26-28)」です!!
[まとめ買い] C.M.B.森羅博物館の事件目録 (26-28)





「NHK TVドラマ「Q.E.D.証明終了」BOX [DVD]」です!!
NHK TVドラマ「Q.E.D.証明終了」BOX [DVD]



posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。