2015年12月18日

『修羅の家』第1話(我孫子武丸著、講談社刊『メフィスト 2015vol3』連載)

『修羅の家』第1話(我孫子武丸著、講談社刊『メフィスト 2015vol3』連載)ネタバレ書評(レビュー)です!!

ネタバレあります、注意!!

<感想>

かなり猟奇的かつ暴力に溢れた作品ですね。
同作者による『狼と兎たちのゲーム』(講談社刊)を思い出しました。

『狼と兎のゲーム』(我孫子武丸著、講談社メフィスト連載)ネタバレ書評(レビュー)まとめ

そして、優子により家族へ強制的に加えられることとなった晴男。
其処は優子が家長となり他人を支配しまとめあげた疑似家族。
まさに優子が君臨する世界。

とはいえ、冒頭の描写から分かる通り晴男もまたかなり凶暴な男です。
また、晴男が本名とは限らない、おそらく偽名ではないでしょうか。
もしかすると、晴男は優子が考えているよりも危険な男の可能性もある!?
だとすれば、主導権を巡り血の雨が降りそうな予感……。

ちなみに、ネタバレあらすじはまとめ易いように改変しています。
あくまで雰囲気を掴むに留めて下さい。
興味をお持ちの方は本編それ自体を読まれるようオススメします!!

<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:
晴男:危険な男
神谷優子:晴男を家族に加えた女性
神谷愛香:優子の娘を名乗る女性だが……


その夜、晴男はかねてから狙っていた女性を公園で襲い暴行していた。
相手の女性に息は無い、晴男が乱暴に扱っていたところ事切れてしまったのだ。
既に想いを果たした晴男は名残惜しそうに腰を振りつつ、そろそろその場を立ち去ろうと考え始めていた。

と、その現場を行きがかった女性に目撃されてしまう。
晴男は主導権を握るべく相手を恫喝。
さらに、相手の頬を打つと逃げられないように身分証を取り上げた。
これで善後策としては問題ないかと思われたが……。

相手の女性・神谷優子は逆に晴男を「気に入った」と叫ぶ。
知らず知らずのうちに、相手のペースに飲まれて行く晴男。
だが、優子に逆らえず神谷家を訪問することとなった。

神谷家には若く美しい愛香を始めとして多数の男女が在籍していた。
上は遥かに高齢の老人から、下は数歳の年少者まで。
まさに老若男女が揃っていたのである。

だが、彼らには1つの共通点があった。
優子に絶対服従していることだ。
彼らは一様に優子の機嫌を窺い、その意見に従っていた。

彼らを家族と呼ぶ優子。
しかし、優子と彼らに血の繋がりがないことは明らかであった。

これはマズイ……ようやく危険を察した晴男であったが遅かった。
口にした飲み物に薬物を盛られたらしく捕まってしまう。

優子から家族に加わるよう命じられる晴男。
これに応じるまでの間、散々に暴力を奮われることとなった。
結局、晴男は優子の軍門に下り家族に加わることを認めてしまう。

儀式として家族の尿を飲用するよう強制される晴男。
こうして晴男にとって屈辱の日々が始まった。

まずは、晴男が公園で殺害した被害者の遺体を片付けること。
これは優子の命令で愛香と共に処分することとなった。

そして翌日のこと。
優子に呼び出された晴男はノルマを達成出来ない家族への罰を命じられる。
鉄棒で血が飛び骨が見えるほど尻を叩く晴男。
その容赦のない姿に優子は手を叩いて喜ぶのであった―――2話へ続く。

◆関連過去記事
・【速水三兄妹シリーズ】
「8の殺人」(講談社)ネタバレ書評(レビュー)

『狼と兎のゲーム』(我孫子武丸著、講談社メフィスト連載)ネタバレ書評(レビュー)まとめ

『夏に消えた少女』(我孫子武丸著、新潮社『Mystery Seller(ミステリーセラー)』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『里親面接』(我孫子武丸著、光文社刊『小説宝石』2012年10月号掲載)ネタバレ書評(レビュー)

「監禁探偵」(我孫子武丸原作、西崎泰正画)まとめ

『狙われた病室(監禁探偵2)』(我孫子武丸原作、西崎泰正画、実業之日本社刊『漫画サンデー』連載)まとめ

「謎解きLIVE 美白島殺人事件」プレミアムメンバー試験、クリアしました!!

探偵Xからの挑戦状!「記憶のアリバイ」(11月18日)本放送ネタバレ批評(レビュー)

探偵Xからの挑戦状!「記憶のアリバイ」解決篇(11月25日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

「TRICK×LOGIC(トリックロジック)」5話「亡霊ハムレット」推理にチャレンジ&発売からほぼ一週間が経過して……
(我孫子先生担当の「盗まれたフィギュア」について推理)

『修羅の家』1話が掲載された「メフィスト 2015 VOL.3 (講談社ノベルス)」です!!
メフィスト 2015 VOL.3 (講談社ノベルス)



キンドル版「メフィスト 2015 VOL.3」です!!
メフィスト 2015 VOL.3



「監禁探偵2 ~狙われた病室~」です!!
監禁探偵2 ~狙われた病室~





我孫子先生が原作を担当したコミック「監禁探偵 (マンサンコミックス)」です!!
監禁探偵 (マンサンコミックス)





我孫子武丸先生の「殺戮にいたる病 (講談社文庫)」です!!
殺戮にいたる病 (講談社文庫)





◆我孫子武丸先生のその他の作品はこちら。


posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『真令子』(久坂部羊著、講談社刊『メフィスト 2015vol3』掲載)

『真令子』(久坂部羊著、講談社刊『メフィスト 2015vol3』掲載)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<感想>

「伊織の死の真相」を語り手である川島芳美の口から描いた短編作品。
果たして、その死の真相とは!?

また、本作は同時に「伊織を巡る2人の女の戦い」を「操りの構図」を通じて描いた作品でもあります。
すなわち、序盤から中盤にかけては「芳美が操り手」であり、中盤から後半にかけては「真令子が操り手」となっています。
とはいえ、あの結末は「真令子の狙い通り」と言うよりは我を忘れた芳美が「真令子」にかこつけての犯行と思えなくもない。
だからこそ、より深く業を感じるのでしょう。

そんな川島芳美は川島芳子の名をモチーフとしているのでしょうか。

ちなみに、ネタバレあらすじはまとめ易いように改変しています。
あくまで雰囲気を掴むに留めて下さい。
興味をお持ちの方は本編それ自体を読まれるようオススメします!!

<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:
川島芳美:伊織の幼馴染
真令子:伊織の妻
伊織:医者
冬司:伊織と真令子の長男
加瀬:冬司の家庭教師


公的には事故とされている伊織の死、それは他殺であった。
殺したのは伊織の妻・真令子だ。
伊織の幼馴染で真令子の親友であった川島芳美は伊織の死について語り始めた。

若かりし日からこれまで芳美は伊織をずっと愛していた。
伊織は眉目秀麗な医師であった。
周囲からは大きな期待と共に、多くの尊敬を集めていた。
芳美は何時か伊織が振り返ってくれればと願っていた。

だが、芳美の願いも虚しく伊織が選んだのは彼女の友人・真令子であった。
伊織と真令子は夫婦仲も良く、ほどなく長男の冬司が生まれた。

その頃である真令子から伊織について相談を受けたのは。
伊織の真令子への想いは激しく偏執的なものだったのだ。
伊織は真令子の一挙手一投足を監視し、真令子の行動に細かく制限を設けた。
それだけ真令子を愛しているのだ。
相談を受けた芳美は真令子に激しく嫉妬した。

それから数年が経過し冬司が成長した頃、芳美は真令子から別の相談を受けた。
なんでも冬司の家庭教師・加瀬に好意を寄せられて困っているらしい。

さらに数日後、真令子が泣きながら芳美を訪ねて来た。
なんと加瀬に押し切られ関係を持ってしまったのだそうだ。
芳美は伊織には絶対に隠すようにと真令子に口止めした。

ところが、その翌日には真令子が泣き付いて来た。
伊織にカマをかけられ真実を明かしてしまったらしい。
芳美は真令子を励ますと共に、密かに伊織に連絡を取った。
そして、傷心の伊織に求められるに応じて関係を持った。

其処からさらに数日後、真令子が伊織の浮気について相談を持ちかけて来た。
伊織が自ら浮気について明かしたようだ。
だが、真令子は相手が誰かまでは知らされていないらしい。
芳美は自分が伊織の復讐に利用されたことに気付いた。

それから数年が経過した。
真令子が病の床につき、これを見舞った芳美。
真令子には死の影が付きまとっていた。
口では励ます芳美だが「これで伊織が手に入る」と内心ではほくそ笑んでいた。

しかし、真令子の次の一言に我を失うことに。
なんと、真令子は芳美の行為を全て知っていたのだ。

加瀬を煽って真令子と関係を持たせたのは芳美の仕業であった。
さらに、真令子は伊織から浮気相手が芳美であることも聞かされていたと言う。
これを知りつつ、その様子をずっと窺っていたのである。

真令子は言う、伊織の心が何処にあるのか……と。
そして、真令子は此の世を去った。

晴れて独身となった伊織を芳美は山へ誘った。
もちろん、今度こそ伊織を手に入れる為だ。
だが、途中でふと真令子の言葉を思い出した。
そう、伊織の心が何処にあるのか……。

その後のことは、よく覚えていない。
気付けば、伊織は転落死を遂げていた。
だが、芳美の手には間違いなく「そのとき」の感触が残されていた。

芳美は思うのだ。
伊織を殺したのは真令子だ。
真令子はすべてを予期して芳美を操ったのに違いない。

そして今、80代となった芳美は病床に伏している。
芳美は老いた身体に囚われてしまった自身を嘆いていた。
自由を求める芳美だが、それが叶うことはない―――エンド。

◆関連過去記事
『無痛』(久坂部羊著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

『第五番 無痛2』(久坂部羊著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

『破裂』(久坂部羊著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

『真令子』が掲載された「メフィスト 2015 VOL.3 (講談社ノベルス)」です!!
メフィスト 2015 VOL.3 (講談社ノベルス)



キンドル版「メフィスト 2015 VOL.3」です!!
メフィスト 2015 VOL.3

posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。