2015年12月29日

2時間サスペンスファン必見!?TBSチャンネルさんの「80時間トラベルミステリー」に注目せよ!!

2時間サスペンスファン必見!?TBSチャンネルさんの「80時間トラベルミステリー」に注目せよ!!

「2時間サスペンス」ファンでCS放送が視聴可能な方に朗報です。
TBSが運営するTBSチャンネルさんで2016年1月1日から8日に渡って「総額300万円新春お年玉!80時間トラベルミステリー」が行われることが明らかになりました。

ちなみに、管理人はCS放送が視られないら見事に対象外だよ……。
少し心が折れましたが、気を取り直して。

この「総額300万円新春お年玉!80時間トラベルミステリー」。
2016年1月1日から1月8日までの間、TBSチャンネルさんで放送される「十津川警部シリーズ」や「浅見光彦シリーズ」など各都道府県にちなんだ「2時間サスペンス」47本を視聴し番組内で明かされるキーワード1文字をチェック。
8日で全7文字(7日目と8日目が同じ1文字)が明かされるので、コレを並べ替えてある言葉を作ること。
1月7日、8日にこの言葉に関する三択問題が出題されるので、これに解答すると抽選で30名に10万円分の旅行券が当たるとの企画だそうです。

もちろん、この商品も魅力ですが、何と言っても放送される番組も凄い!!

「十津川警部シリーズ」に「浅見光彦シリーズ」、他にも「探偵・左文字進シリーズ」や「添乗員・早乙女千春シリーズ」、「上条麗子」に「窓際太郎」に「二階堂雪」と盛り沢山。
この機会に見逃したあの作品を視聴出来るチャンスかも!!

詳しくは「TBSチャンネル」さんの公式HPをチェックされたし!!

「火曜サスペンス劇場 主題歌集 DX」です!!
火曜サスペンス劇場 主題歌集 DX



「火曜サスペンス劇場 セレクション1 DVD-BOX」です!!
火曜サスペンス劇場 セレクション1 DVD-BOX



posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「実は私は」第141話「紅本先生とさくらさんB」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第141話「紅本先生とさくらさんB」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

登場人物一覧は本記事下部に移動しました。

<あらすじ>

〜〜〜これまでのあらすじ〜〜〜〜

「アナザル」こと「絶対に秘密を守れない男」黒峰朝陽は憧れのヒロイン・白神葉子の秘密を知ってしまった。
その秘密とは「白神葉子がハーフの吸血鬼である」こと。
朝陽は葉子の為に、この秘密を守らねばならない―――。
取り巻く人々を相手に、朝陽は秘密を守り抜くことが出来るのか?

矢先、実は宇宙人であった委員長・渚、狼男で肉食系女子な獅穂、悪魔っ娘の茜、未来人の凛、幼馴染のみかん、天使の華恋も加わって……。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・前回はこちら。
「実は私は」第140話「紅本先生とさくらさんA」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

特に追い詰められたワケではないのだが、さくらの見せたポテンシャルに恐れ戦いた茜は「騎馬戦」こと「天空独身城」で勝負を挑む。
空を埋め尽くすほど数多くの茜の分身を潜り抜け、城の最奥に居る明里から鉢巻を奪う必要があるのだ。

ただでさえハイスペックな明里に加えてのコレである。
朝陽たちは心が折れかけるかと思いきや……逆にさくらの為に一丸となって対抗することに。
其処には1人ではなく多くの仲間が居た。

鴉に搭乗した茜たちが天空から滑空して攻撃を繰り返す。
これに渚が活路を開く。
茜好みのお菓子を投擲したのだ。

城の前方を抑えていた茜達の陣形が大いに乱れた。
この間に、さくらたちは城へと駆け上る。

獅穂が痴女の本領を発揮し、鴉たちの足を止める。
みかんがロシアンシューシリーズで援護する。
葉子も……まぁ、意欲はある。

そうこうしているうちに遂にあと少しのところまで辿り着いたさくらたち。
1人減り、2人減りしつつ残されたのはさくら、朝陽、岡、嶋の4人だ。

もはや、1人たりとも通せないとばかりに残る茜の一斉攻撃が開始される。
朝陽、岡、嶋はさくらを先に行かせ、これと戦うことに。

そして遂にさくらが城奥に辿り着いた。
其処には婚活情報誌を手に血の涙を流す明里が立っていた。
教え子相手にも本気の彼女、遂にさくらが対決する―――142話に続く。

充実の「実は私は」が読めるのは「週刊少年チャンピオン」だけ。
本誌で確認せよ!!

<感想>

「週刊少年チャンピオン」にて「さくらDISCORD」を連載されていた増田英二先生の新作。
「さくらDISCORD」は未読の管理人ですが、1話を読んで注目している作品です。
コミックス1巻に続き2巻、3巻、4巻、5巻、6巻、7巻、8巻、9巻、10巻、11巻、12巻、13巻、14巻も重版出来とのことで目出度い。さらに15巻も発売予定。
そして、本作かなり面白い!!

2015年7月にはアニメ化も果たしており、シーズン2製作の報が待たれます。

【第EXTRA話】アニメ版「実は私は」スタッフさんとキャストさんの一部を明らかにされよう!

その141話。
サブタイは「紅本先生とさくらさんB」。

それぞれがそれぞれの特技を以て、さくらを明里の対決の場に送り出しました。
熱いです!!

まさにさくらにとって決戦の時。
明里の「ずば抜けた個人の力」に対抗するは、さくらを支えようとする朝陽たちの「衆の力(団結の力)」。
そして、さくらは「団結の力」を自身の力に変えることに目覚めた様子。
これは壮絶な戦いが始まる……のか!?

ただ1つ言えることは、茜が采配ミスを犯したことか。
あの時点で圧勝していたのだから逆転出来る100万点にする必要は無かったのになぁ……。
充分に勝ち逃げ可能だったのに。

ただ、これによりさくらが明里への告白を成功させそうな予感。
こうなると、明里がそれにどう応えるかがポイントか。
おそらく「教師と生徒の関係上から卒業までは保留も、卒業後に交際開始」となりそうな気がする。
果たして!?

うむ、今回も充実した回ですな。
多くは語るまい、とりあえず読め!!

そう言えば、上でもお伝えした通りコミックス14巻も発売。
表紙は1巻の葉子、2巻の渚、3巻の獅穂、4巻の茜、5巻のフクちゃんとみかん、6巻の凛、7巻の明里さんに続き、8巻が銀華恋、9巻が渚とみかんのコンビ、10巻が1周回って葉子、11巻は獅穂と凛コンビ、12巻は緑苑坂弓と桐子の夫婦コンビ、13巻は桃地結香、14巻は水奈川咲と葉子に!!
そして15巻は獅穂たち三人娘に!!ああ、嶋よ……。

ちなみに、上記のあらすじは本作の魅力を伝えられるよう改変を加えてまとめていますが、その面白さを伝えきれていません。
やっぱり、あの絵とコマ割りなどのテンポあっての本作。
是非、「週刊少年チャンピオン」本誌を読んで欲しい。

もう1度繰り返しましょう。
本作に興味を持たれた方には、是非、「週刊少年チャンピオン」本誌を捜して読んで欲しい。
最近の「週刊少年チャンピオン」は本作など本当に粒揃いでクオリティが高い作品が多い。
注目の雑誌の1つと言えるでしょう。

◆関連過去記事
「実は私は」第1話から第140話まで(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)まとめ

登場人物一覧:
黒峰朝陽:主人公、通称「アナザル」。
白神葉子:朝陽の意中の人物。ある秘密が……。
紫々戸獅狼:葉子の幼馴染。彼もまたある秘密を……。
紫々戸獅穂:葉子の幼馴染。彼女もまたある秘密を……。

藍澤渚:クラス委員長。彼女にも秘密が……。
藍澤涼:渚の兄、意外な形で登場することに……。
紅本茜:紅本の親族らしい。彼女にも秘密が……。
紅本明里:教師。彼女にも秘密が……。
黄龍院凛:33話より登場した謎の少女。彼女にも秘密が!?
黄龍丸:凛が駆るドラゴン。52話にて意外な正体が明らかに。

朱美みかん:朝陽の幼馴染。新聞部所属。通称「外道クイーン(オレンジ)」。
岡田:朝陽の友人の1人。通称・岡。眼鏡が特徴。割と友人想いの様子。
嶋田:朝陽の友人の1人。通称・嶋。軽い。124話にてフルネームが「嶋田結太」と判明。
桜田:朝陽の友人の1人。通称・サクラ。渋い。
フクちゃん:「福の神見習い」を名乗る眼鏡。
フクの介:フクちゃんの先輩。やはり眼鏡。
フク太郎:フクちゃんとフクの介の先輩。やはり眼鏡。
フク蔵:フクちゃんとフクの介とフク太郎の先輩。やはり眼鏡。
手崎:文字通り茜の手先な料理教室のシェフ。

朝陽の父:朝陽の家族。22話に初登場。
朝陽の母:朝陽の家族。22話に初登場。
黒峰鳴:朝陽の妹。22話、28話、48話に登場。48話にて名前と顔が判明。92話で高校に進学。
白神源二郎:吸血鬼。額に十字傷を抱く巨人。39話にて名前が判明。
白神桐子:葉子の母で人間。和服の美女。38話にて名前が判明。
銀華恋:茜に続く第2のツノツキ……の筈だったが。58話から登場。

緑苑坂弓:朝陽たちの副担任、実は源二郎。92話から登場。
桃地結香:忍者少女、92話(実際は105話)から登場。ある秘密が……。
黄龍院閃:鳴、結香のクラスメートの男子。瓶底眼鏡に腰の日本刀がトレードマーク。132話で苗字が判明。
水奈川咲:結香、閃、鳴のクラスメート。109話から登場。ある秘密が……。
箱入り娘:114話終盤に登場した謎の人物!?

「実は私は(15): 少年チャンピオン・コミックス」です!!
実は私は(15): 少年チャンピオン・コミックス



「実は私は(14): 少年チャンピオン・コミックス」です!!
実は私は(14): 少年チャンピオン・コミックス





こちらはキンドル版「[まとめ買い] 実は私は」です!!
[まとめ買い] 実は私は





キンドル版「透明人間の作り方 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
透明人間の作り方 (少年チャンピオン・コミックス)





キンドル版「[まとめ買い] さくらDISCORD」です!!
[まとめ買い] さくらDISCORD



posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。