2016年01月02日

【2016年1月】「古典部シリーズ」最新作『いまさら翼といわれても 後篇』が『小説野性時代』に掲載!!

既にご存知のことと思われますが、米澤穂信先生による「古典部シリーズ」2016年1月現在最新作が『小説野性時代』(角川書店刊)に掲載されています。

その名は『いまさら翼といわれても』!!

この『いまさら翼といわれても』は前後篇。
前篇は既に発売中の『小説野性時代 2016年1月号 vol.146』に、後篇は『小説野性時代 2016年2月号 vol.147』に掲載予定とのことファンは見逃すなかれ!!

また、『いまさら翼といわれても』によって「古典部シリーズ」の未収録短編は『連峰は晴れているか』『鏡には映らない』『長い休日』と加えて4作となりました。
どうやら「古典部シリーズ」最新作の単行本化も近付いている様子。
こちらも期待です!!

『鏡には映らない』(米澤穂信著、角川書店刊『野性時代』2012年8月号 vol.105掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『長い休日』(米澤穂信著、角川書店刊『小説野性時代 2013年11月号 vol.120』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

◆関連過去記事
「インシテミル」(文藝春秋社)ネタバレ書評(レビュー)

「儚い羊たちの祝宴」(新潮社)ネタバレ書評(レビュー)

「追想五断章」(集英社)ネタバレ書評(レビュー)

「折れた竜骨」(東京創元社)ネタバレ書評(レビュー)

『Do you love me ?』(『不思議の足跡』収録、米澤穂信著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『下津山縁起』(米澤穂信著、文藝春秋社刊『別冊 文芸春秋 2012年7月号』)ネタバレ書評(レビュー)

『川越にやってください』(米澤穂信著、早川書房刊『ミステリマガジン700 国内篇』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『ほたるいかの思い出』(米澤穂信著、新潮社刊『小説新潮 2014年7月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『リカーシブル』(米澤穂信著、新潮社刊『小説新潮』連載)ネタバレ書評(レビュー)まとめ

『リカーシブル リブート』(『Story Seller 2』収録、米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『満願』(米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【古典部シリーズ】
「氷菓」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「愚者のエンドロール」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「クドリャフカの順番」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「遠まわりする雛」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「ふたりの距離の概算」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

『鏡には映らない』(米澤穂信著、角川書店刊『野性時代』2012年8月号 vol.105掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『長い休日』(米澤穂信著、角川書店刊『小説野性時代 2013年11月号 vol.120』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【小市民シリーズ】
「夏期限定トロピカルパフェ事件」(東京創元社)ネタバレ書評(レビュー)

【S&Rシリーズ】
『犬はどこだ』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【太刀洗シリーズ】
『さよなら妖精』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「名を刻む死(ミステリーズ!vol.47掲載)」(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『ナイフを失われた思い出の中に』(米澤穂信著、東京創元社刊『街角で謎が待っている がまくら市事件』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『真実の10メートル手前』(米澤穂信著、東京創元社刊『ミステリーズ!vol.72 AUGUST 2015』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『王とサーカス』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

米澤穂信先生、次なる新作は太刀洗シリーズ最新長編『E85.2(仮)』とのこと!!

【発売日判明】米澤穂信先生『王とサーカス』(東京創元社刊)は2015年7月29日発売とのこと!!

【シモンズシリーズ】
『913』(『小説すばる 2012年01月号』掲載、米澤穂信著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『ロックオンロッカー』(米澤穂信著、集英社刊『小説すばる 2013年8月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『金曜に彼は何をしたのか』(米澤穂信著、集英社刊『小説すばる 2014年11月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【甦り課シリーズ】
オール讀物増刊「オールスイリ」(文藝春秋社刊)を読んで(米澤穂信「軽い雨」&麻耶雄嵩「少年探偵団と神様」ネタバレ書評)

『黒い網』(米澤穂信著、文藝春秋社刊『オール読物 2013年11月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【その他】
探偵Xからの挑戦状!「怪盗Xからの挑戦状」(米澤穂信著)本放送(5月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

古典部シリーズ『いまさら翼といわれても』が掲載された「小説 野性時代 第146号」です!!
小説 野性時代 第146号



単行本版「真実の10メートル手前」です!!
真実の10メートル手前



キンドル版「真実の10メートル手前 (太刀洗万智シリーズ)」です!!
真実の10メートル手前 (太刀洗万智シリーズ)



「王とサーカス」です!!
王とサーカス





キンドル版「王とサーカス」です!!
王とサーカス





古典部シリーズ『長い休日』が掲載された「小説 野性時代 第120号」です!!
小説 野性時代 第120号





古典部シリーズ『連峰は晴れているか』が掲載された「野性時代 第56号 62331-57 KADOKAWA文芸MOOK (KADOKAWA文芸MOOK 57)」です!!
野性時代 第56号 62331-57 KADOKAWA文芸MOOK (KADOKAWA文芸MOOK 57)





古典部シリーズ『鏡には映らない』が掲載された「小説 野性時代 第105号 KADOKAWA文芸MOOK 62332‐08 (KADOKAWA文芸MOOK 107)」です!!
小説 野性時代 第105号 KADOKAWA文芸MOOK 62332‐08 (KADOKAWA文芸MOOK 107)





◆米澤穂信先生の作品はこちら。


posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「相棒season14」元日スペシャル第10話「英雄〜罪深き者たち」(1月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「相棒season14」元日スペシャル第10話「英雄〜罪深き者たち」(1月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

日本で100番目に早い(たぶん)、「相棒season14」元日スペシャル第10話「英雄〜罪深き者たち」(1月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)。

<ネタバレあらすじ>

燃え盛る炎に包まれた小屋から2人の子供が飛び出して来た。
1人の手には脇差が、もう1人の手には掛け軸が握り締められている。
2人は暫し走ると崩れ行く小屋を振り返る。
宙には火の粉が激しく舞い散っていた。
1人が手にした掛け軸を開くと、中には「大黒天」が描かれている。
もう1人が脇差を抜くと刀身が月光の輝きを受けて淡く輝いていた。
2人は「大黒天」の掛け軸を中央に置くと互いに脇差で掌に傷を付ける。
そして血の流れ出る掌を重ね合わせ、ある誓いを立てた。
これが十数年前のことである。

そして現在。
官房長官・音越栄徳(西村和彦)と官房副長官になった片山雛子(木村佳乃)による記者会見が行われていた。
2人は新会派の結党宣言を行うと共に「新世界秩序」を高らかに謳い上げる。
異変はその直後に起こった。

背後の壁が爆発したのである。
炎の舌はチロチロと舐めるように周囲を燃やし尽くすのであった。
この騒動の中、音越と雛子はその場を慌てて逃げ出すことに。

その夕方、この事件は「KBMニュースタイム」と取り上げられていた。
それをじっと静かに眺める男、その背中には破壊神・シヴァの刺青が……。
そして、男の隣にはフードを被った若い男性が1人。

一方、右京(水谷豊)と冠城(反町隆史)もこのニュースを目にしていた。
どうやら、特命係は今回も蚊帳の外に置かれているようである。
右京は冠城に年末年始の休暇を満喫すると宣言し、冠城はと言えば何やら考え込んでいた。

その夜、花の里。
休暇をハーブティーの研究に費やすと決めたらしい右京。
其処に懐かしい顔が訪ねて来る。
元捜査一課の三浦刑事(大谷亮介)だ。
三浦は「火の玉大王」が関わる事件(「season12」1話)で負傷し退職していた。

「相棒season12(twelve)」初回(第1話)2時間スペシャル「ビリーバー」(10月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

退職後、日本全国を旅行していると語る三浦だが富山を旅行中に聞き捨てならない噂を耳にしたらしい。
それは、あの本多篤人・茉莉親娘の噂であった。
本多と言えば「カナリアの娘」(「season8」1話)で登場し、「亡霊」(「season9」18話)で意外な結末を迎えた人物である。

「相棒season9」最終回(最終話、第18話)「亡霊」(3月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

本多親娘は「亡霊」事件以降、雛子により木本の名を与えられ富山でひっそりと暮らしていた。
ところが、三浦によれば入院中の茉莉を残して本多が姿を消してしまったと言うのだ。
本多がどれほど茉莉を愛していたか知る右京としては到底信じられないことであった。

翌日、右京は茉莉の入院先であった病院へ足を運ぶ。
しかし、担当看護師によれば茉莉は3日前に既に死亡していた。
どうやら、余命幾許も無い状態だったようだ。
遺体は茉莉が暮らしていた役場の職員が引き取り弔ったのだそうだ。
尚更、信じられない想いを抱く右京。

その頃、冠城は雛子に呼び出され緊急対策会議に参加していた。
参加者の1人である公安三課・菅原警部補によれば、爆破事件の容疑者として本多が浮上したらしい。
実は5年前(「亡霊」事件時)に小野田が招集した対策メンバーの中に冠城も居たのである。
其処で改めて当時の対策メンバーが集められたのであった。
当時、本多は既に一度死亡した身であった。
死人に法律は適用出来ない。
だからこそ、本多は木本を名乗り別人として生きることとなったのである。

同じ頃、右京は電車に揺られながら茉莉が眠る町へ向かっていた。
町に辿り着いた右京は其処が音越の選挙区であることに気付く。
役場では職員である植村明梨(武田梨奈)が右京を出迎えた。

茉莉は母方の早瀬家の墓所に葬られていた。
在りし日の茉莉を思い返す右京。

次いで、右京は明梨に本多の暮らしていた家へと案内して貰う。
其処は山深い森の奥であった。
明梨によれば毒蛇の多い土地柄なのだそうで解毒剤は欠かせないらしい。
当の茉莉も常に所持しているとのことであった。

訪れた本多宅は留守であった。
玄関前の落ち葉や屋内の埃の様子から本多の長期不在を確信する右京。
中に入ると、本多と茉莉の写真が多数飾られていた。
きょろきょろと周囲を見回した右京は「大黒天の置物」や「願い石」を発見する。
明梨も身に着けている「願い石」は「一つの石を二つに割り、同じ願いを持つ者で分け持つと成就する」らしい。

残された「願い石」は茉莉の物のようだ。
ということは、もう半分を誰が持っているのだろうか?
右京は茉莉の「願い石」をそっと持ち去ることに。

こうして本多宅を辞去しようとした右京。
だが、多数の黒服に同行を求められてしまう。

向かった先には雛子たちが待ち構えていた。
どうやら、本多宅に監視が張り付いていたようだ。
さらに、会議に冠城の姿を見出した右京は目を細める。

雛子と再会した右京は「本多の監視が甘かった点」や「本多の隠棲先が音越の地元であった点」を取り上げ、揺さぶりをかける。
さらに右京は5年前の本多が犯行を悔いていたことも挙げ、再犯は考えにくいと指摘。
何か事情がある筈と真相を突き止めるよう促す。
だが、雛子は右京の言葉を聞こうとしない。

これに対し、冠城は雛子のやり方に反発し右京に協力を約束。
そんな冠城に、右京は本多宅から持ち出した「願い石」にこそ手掛かりがあると主張する。

米沢(六角精児)に「願い石」の鑑定を任せた右京。
米沢はそれが「ラピスラズリ」だと指摘する。
どうやら、米沢は石のコレクションを始めたらしく詳しいようだ。
右京は米沢のコレクションに明梨の「願い石」を見出す。
米沢によればそれは「カーネリアン」だそうだ。
右京は「カーネリアン」を用いて「願い石」を作ると「事件解決」を願って冠城と所持することに。

その頃、シヴァの刺青を施した男は本多と何やら相談を行っていた。
さらに、奥にはフード男がもう1人……この3人が彼らの仲間であった。
彼らはある目的を果たすべく行動を共にしていた。

翌日、右京は再び明梨を訪ねていた。
彼女と共に改めて本多宅へと足を進めていたところ不審な人影を目にする。

人影を追った右京は焼け跡も生々しい小屋の跡地に辿り着く。
その小屋の前には1人の男性が立っていた。
遅れてやって来た明梨によれば、男性は音越の秘書・森戸らしい。

森戸に声をかけた右京。
森戸は少し驚いた様子を見せながらも、この場所について語り始める。
其処は十数年前に焼身自殺を遂げた代議士・大黒孝明の小屋の焼け跡だそうだ。
小屋の焼失に伴い大黒も焼死してしまった。
ところが、焼け爛れた小屋の壁には未だ新しい掛け軸が吊るされていた。
心当たりがないと述べる森戸、掛け軸に描かれていたのは「大黒天」であった。
右京によれば「大黒天」は破壊神を示すらしい。

その夜の宿泊先を求めた右京。
すると旅館にも「大黒天」が飾られていた。
従業員によれば「大黒天」は大黒のシンボルマークだそうで土地の者に親しまれていたのだそうだ。
だが、ある事件を機に一変する。
大黒は身寄りのない子供たちを小屋に引き取る篤志家の顔を持っていたが、実は子供たちに性的欲望をぶつけていたとの噂が流れたのだ。
さらに音越の出馬に伴い大黒は落選、その直後に焼身自殺を遂げていたのである。
今や、地元の声望は音越に集中し大黒は忌むべき記憶に変っていると言う。

同じ頃、冠城は角田から相談を受けていた。
角田たちが危険視していた鞘師なる男性がサルウィンから姿を消したのだそうだ。
どうやら、鞘師は帰国しており大量の爆薬を持ち込んだ可能性があるらしい
この鞘師こそシヴァ神の刺青の持ち主であった。

直後、冠城は右京から大黒について調べるよう依頼を受ける。
冠城は同期で東京地検特捜部の黒崎(「season14」4話に登場)に協力を依頼し、捜査資料を手に入れる。

「相棒season14」第4話「ファンタスマゴリ」(11月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

また、冠城は角田の情報から本多のみに注目することを危険視。
雛子ではなく音越が狙われた可能性もあるとして、鞘師への警戒も訴える。

その頃、右京は帰郷していた音越に接触していた。
それとなく大黒について尋ねる右京。
大黒が児童虐待していたことについては音越も噂として聞いていたらしい。
さらに音越によれば、森戸は元大黒の秘書だったのだそうだ。

森戸に大黒について問う右京。
すると、例の掛け軸について新事実が浮上する。
何でも「大黒天」の掛け軸は大黒の所持品であったが、小屋焼失前後に少年2人が掛け軸を持ち去ったらしい。

少年2人に注目した右京は明梨と共に児童相談所へ。
すると、森戸が口にしていた少年の1人と思われる人物を特定する。
その名は柄谷時男、彼の腕には火傷の痕跡が残されていたそうだが……。

同時刻、鞘師に連れられたフード男にも同じ火傷の跡が……。

一方、本多は茉莉の想い出を思い返していた。
「彼らに力を貸してあげて」
茉莉は病床でそう本多に頼んだのだ。
だから、本多はこうして行動している。

何やら思い立った本多は雛子に「最高傑作が出来た」と爆破予告を入れることに。
これに雛子たちは震撼した。
事此処に至り、事態を重く見た峯秋も捜査に乗り出す。
もちろん、伊丹たちも一緒である。

そんな中、雛子に本多から再度のメッセージが届く。
本多は「想い出の場所に爆弾を隠した」と告げるが……。

「不思議よねぇ……ドラマだと正義の味方が少人数で悪の組織に戦いを挑む。でも、現実は逆。だから私が思う正義とは……お父さん、あなたなの」
再び茉莉の病床の言葉を思い返す本多。

矢先、「想い出の場所」と聞いた伊丹が閃いた。
小野田と本多の密会場所を思い出したのだ。
調べたところ、クルーザーに隠された爆弾を発見することに成功する。

こうして、爆破は未然に防がれた。
右京はこの事態に「もう1つの爆弾の可能性」を示唆する。
そう、まだ事件は終わっていないのだ。

一方、当の本多たち。
「時は来たな、時男」
鞘師に声をかけられたフード男・時男はナイフを手にその場を去って行く。
これに何やら目配せを交わす本多と鞘師。

その夜、音越の船上パーティーが行われようとしていた。
これに参加する右京、明梨。
さらに峯秋から命を受けた冠城もこれに合流。

一方、時男は既にパーティー会場に忍び込んでいた。
さらに機関室には本多、鞘師の姿も。

パーティーが開会し、用意して貰った自室へ籠った右京。
其処で何者かの襲撃を受け、これと格闘を繰り広げることに。
接戦の末、相手を下した右京はこれを拘束する。

同じ頃、パーティー会場では本多と鞘師が事を起こしていた。
2人は時男を人質に取り、音越の身柄を要求する。
さらに、爆弾の存在を仄めかし本多が起爆スイッチで牽制を仕掛ける。

その頃、会議室では雛子と峯秋がこれの対処について協議し激しく火花を散らしていた。
峯秋は船内に居た右京を交渉人として指名、さらに冠城に協力するよう依頼する。
こうして、右京と冠城が本多と鞘師に対することに。

本多は音越の目指す新世界が取り返しのつかない事態を招くと批判し、これを止める為に音越を排除すると宣言する。

だが、右京はそんな本多の言葉を嘘だと断ずる。
さらに茉莉の「願い石」を取り出すと、茉莉にこそ動機があったと指摘する。
加えて、右京は本多が一般市民に被害を出す方法を選ぶ筈が無いとまで熱弁する。
激しく動揺する本多と鞘師だが銃撃を以て応じることに。
右京と冠城は撤退を余儀なくされる。

一度は右京を退けた本多たち。
とはいえ、右京の存在を危険視した本多は短期決戦へと切り替える。
すなわち、時間を区切ったのだ。

同じ頃、雛子は本多たちの武力排除を目論んでいた。
これに抵抗する峯秋は右京に助言を求める。

右京は本多たちの動機を大黒の復讐と見ていた。
其処で本多たちが爆弾を隠す場所として、大黒から音越に変ったことにより生じた建築物ではないかと推理する。
右京は爆弾さえ無ければ交渉の余地が十分に生まれると考えていた。

早速これを重点的に調べたところ、爆弾を発見し解体に成功する。
この事実を雛子は音越にのみ伝えた。
どうやら事態を上手く乗り越える秘策があるようだ。

雛子の秘策とは相手の要求に応じ、音越の身柄を本多たちに預けることにあった。
音越は敢えて危険に身を曝すことにより、相手を油断させSPによる制圧を目論んでいたのだ。
本多たちが爆弾が有効であると信じている限り、この効果は絶大となる。
この事実を以て新会派の大々的な宣伝に代えようとしているのだ。

峯秋はこれに反発し、指揮権を放棄。
責任者に雛子が就任する。

雛子と音越の狙いは的中。
爆弾の効果を信じる本多は起爆装置を片手に牽制するが、これも虚しく銃撃されてしまった。
人質を演じていた時男は音越に襲い掛かりナイフで一太刀浴びせるが、これもその場で射殺される。
鞘師も抵抗したものの、取り押さえられてしまった。

事態を察し、息も絶え絶えの本多に駆け寄る右京。
本多は真の動機を語り出す。

「彼らにとって大黒さんはヒーローだったんだと思う。彼らはもう止まらない。だから、彼らを助けて欲しい」
あの日、茉莉はそう語ったのだ。
だから、本多は茉莉の願いを叶えるべく「願い石」を胸に時男たちに協力していたのである。
こうして、本多は絶命した。

逮捕された鞘師は部下と共に個室に居た。
部下とは右京を襲って拘束された男である。
右京は鞘師の取調べを行うことに。

鞘師によれば時男とは大黒を通じての知人だったのだそうだ。
時男から今回の計画を聞かされた鞘師は協力する為に帰国したらしい。
本多も時男が茉莉を通じて仲間に引き入れたそうだ。

時男の計画は人質交換に偽装して音越を殺害するもの。
一方、本多と鞘師は爆弾で牽制しつつ時男を保護しサルウィンへ逃亡する手筈だったらしい。

右京は鞘師に時男と共に消えたもう1人の少年について問う。
だが、何故か黙して語らない鞘師。

そのとき、ふと時男の所持品を目にした右京は顔色を変える。
其処には「カーネリアン」の「願い石」があったのだ。
「もう1人の少年はこの船に居るんです」
冠城を連れて走る右京。

同じ頃、時男に受けた傷に苦しむ音越。
どうやら、時男のナイフには毒が塗られていたようだ。
明梨を呼んた森戸は解毒剤を手に入れるのだが、これを塗られた途端に音越が泡を噴いて痙攣し始めた。
解毒剤にこそ、毒薬が仕込まれていたのだ。
驚く森戸の前で笑い出す明梨であったが、彼女も服毒し倒れ込んでしまう。

音越は傷に塗られた毒が原因で死亡した。
明梨は咄嗟に右京が本物の解毒剤を用いたことで一命を取り留め逮捕された。

そう、本多と鞘師が守ろうとしていたのは明梨と時男だったのだ。
本多は本多ではなく木本として茉莉と同じ墓に葬られることとなった。

「あなたが関わるといつも人が死にますね」
「それは僕の台詞ですよ」
雛子と対した右京の言葉である。

数日後、入院している明梨のもとを訪れた右京。
明梨は幼少時に時男と共に虐待を受け続けていた。
周囲からは少年と思われていたのだそうだ。
そんな明梨たちを救った人物こそ大黒だったのだ。
明梨は大黒を慕っていた。
ところが、大黒は音越に敗れ焼身自殺を遂げてしまった。
大黒は死の直前に仇を討つよう時男と明梨に言い含めた。
時男と明梨たちはこれに素直に従ったのである。

「あなたの行為はただの破壊に過ぎません。シヴァは破壊の後に豊穣をもたらしますが、あなたは破壊の後に草木も生えない」
明梨の復讐を批判する右京。
それでも、本多と茉莉の願いが半分だけ叶ったと言い残す。
これに明梨は子供のように泣き出すのであった。

音越の死により、雛子が目指した新会派は露と消えた。
さらに雛子は事件の責任を問われ議員辞職することとなった。

その夜、右京と冠城は互いに「カーネリアン」の「願い石」をそっと懐に忍ばせると挨拶を交わす。

「来年もよろしく」
「はい、また」

共に同じ志を抱きつつ別々の道を行く右京と冠城の姿が其処にはあった―――10話了。

<感想>

シーズン14第10話。
脚本は真野勝成さん。

サブタイトルは「英雄〜罪深き者たち」。

本作を終えて、本多と茉莉が死亡し雛子が辞職するなど思わぬ結末となりました。
一方で峯秋や黒崎などが再登場しファンにとってのサプライズもありましたね。

そんな本作ですが、まさにサブタイトル通りか。

英雄とは自ら生まれるモノではなく、誰かに望まれて初めて生まれる存在。
本多は茉莉に望まれ英雄となり、大黒は明梨と時男に望まれ英雄となった。
あくまで英雄を望んだ者の意志が色濃く反映される、其処に実体は必要なく虚像のみでも英雄は生じうる。
英雄とはソレを望んだ者が生み出す。

そして茉莉にとって本多が英雄であったように、明梨と時男にとって大黒が英雄であった。
英雄を求めた彼らは英雄を汚した存在を許すことが出来ず、排除に動くことに。
こうして、それぞれがそれぞれの立場で抱く英雄像が彼ら自身に多くの影響を与えると共に多くの悲劇を残しました。
此の点で、彼らにとっての英雄は罪深い存在となっている。

まず、明梨と時男。
彼らは彼らを救った大黒に英雄を投影した。
そして英雄である大黒の言葉に従い復讐に動きました。
長い年月をかけて行ったソレは時男の死を招き、明梨を犯罪者としました。
幼い2人に復讐を言い含めた大黒、彼の行動は決して英雄と称されるモノではないでしょう。
また、その罪はかなり重い。
それでも、明梨たちにとっては大黒は英雄である。

次いで、茉莉。
彼女にとっての本多はいつまでも英雄であった。
だからこそ「カナリアの娘」にて英雄では無くなってしまった本多を許せず事に及んだ。
そんな彼女は、この機会に再び本多に英雄たることを求めたのではないでしょうか。
結局、本多は茉莉の死と共に後を追うこととなりました。
最後まで英雄であることを求められたが為の悲劇。
とはいえ、本多自身は茉莉あってこそだったこともあり、これで満足して居そうではありますが。

そして、音越と雛子もまた英雄である。
彼らを英雄とするのは彼らの支持者である民衆だ。
民衆は大黒を持ち上げておきながら、音越が登場するやこれを熱烈に支持した。
音越と雛子に権力を与えたのは民衆である。
きっと音越が消えても次の誰かを求めるのでしょう。
民衆が大黒を殺し音越に力を与えたと言えるかもしれません。

そんな音越と雛子は「新世界」を旗印に自身らが権力を手中にすべく精力的に動きました。
ピンチをチャンスに変えるそのバイタリティは凄まじい。
だが、音越は道半ばに死し、雛子もまた退場を余儀なくされることに。
とはいえ、雛子のバイタリティならば復活も可能でしょう。

それにしても、今回の右京さんは些か迂闊な点が多かったかなぁ。
右京さんが鞘師の部下の襲撃を受けた時点で、右京に詳しい人間が情報を流したことに気付いても良さそうだったのだが……。
本多は右京の乗船を知らない以上、明梨ぐらいしか居なくなるし。
メタ的な視点だと、視聴者はオープニングと「願い石」の件ですぐに明梨に辿り着いただろうだけに些かもどかしかったか。

そう言えば、森戸が大黒の小屋を訪問した理由が不明だったりする。
てっきり、大黒の死が森戸の謀殺だと考えていたのだけどなぁ……。
大黒の児童虐待の噂も音越と組んだ森戸の陰謀だと思っていたのに……。
明梨と時男はこれの復讐に動いているのだとばかり思っていたから、ラストは驚いた。

それと明梨か時男が小屋に「大黒天」の掛け軸を掛けたが理由がよく分からないなぁ……。
音越たちへの予告ならば、もっとはっきりした予告を行うだろうし。
亡き大黒への弔いの意味が強いのだろうか。

そう言えば、地元の人は旅館も含めて大黒を飾っていたのだからあながち大黒を否定していたワケでもないのか?
それと、本多の予告は爆弾に信憑性を持たせる為で良かったのだろうか?

雛子が暗躍していない気もするなぁ。
てっきり、明梨と時男の存在を知りつつ本多の隠棲先として用意し彼らの結託を促して音越排除を目論んでいるのかと思っていたのに……。
これが再登場のフラグとなるのか……注目ですね!!

「相棒 season9 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]」です!!
相棒 season9 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]





「相棒 season9 DVD-BOX I(6枚組)」です!!
相棒 season9 DVD-BOX I(6枚組)





「相棒 season9 DVD-BOX II(5枚組)」です!!
相棒 season9 DVD-BOX II(5枚組)





「相棒 Season8 DVD-BOX1」です!!
相棒 Season8 DVD-BOX1





「相棒 Season8 DVD-BOX2」です!!
相棒 Season8 DVD-BOX2





「相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版DVD BOX (初回完全限定生産)」です!!
相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版DVD BOX (初回完全限定生産)





「相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版Blu-ray BOX (初回完全限定生産)」です!!
相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版Blu-ray BOX (初回完全限定生産)





「相棒 Season 9 オリジナル・サウンドトラック」です!!
相棒 Season 9 オリジナル・サウンドトラック





◆「相棒」に関連した商品はこちら。
posted by 俺 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 相棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。