2016年01月09日

スペシャルドラマ「刑事バレリーノ」(1月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

スペシャルドラマ「刑事バレリーノ」(1月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

自分が白鳥の生まれ変わりだと信じているくるみ(中島裕翔)は、バレエ教室を経営する母の英才教育を受け、バレエひと筋に生きてきた“バレリーノ”。しかしある時、事件現場で“白鳥”のような華麗な活躍を見せた男性に影響を受けて刑事になることを決意。念願叶って東雲北署に配属されることになった。くるみの教育係に任命されたのは、スマホのゲームばかりやっているいい加減な刑事・鷲尾(高嶋政宏)。くるみは鷲尾こそ自分が目撃した“白鳥”ではないかと直感するが、鷲尾に一蹴されてしまう。
2人が担当することになったのは、医学界最高の賞に輝く心臓外科の名医・片桐(内田紳一郎)が殺害された事件。くるみの活躍もあり容疑者の尾澤が逮捕されるが、尾澤と片桐医師の間には何の接点も見つからない。目撃者の杏子から、尾澤が片桐を殺害する直前に「オモチャ買ってくれないの?」と話しかけていたことを聞いたくるみは、片桐の共同研究者である大崎(大和田伸也)と金城(綾田俊樹)にも事情を聞きに行くのだが、やはり手掛かりはなく…。
そんな中、金城が高級クラブのロシア人ホステス・マカロワに殺された。金城を殺す直前に「オモチャ買ってくれないの?」という謎の言葉を口にしていながら、事件のことはまったく覚えていないと主張するマカロワ。くるみと鷲尾は、課長の小曽根(杉本哲太)のススメで、セラピストのあずさ(永作博美)のもとへマカロワを連れていくことに。奇人だが優秀なセラピストであるあずさは、“前世療法”によりマカロワの“前世”の記憶を呼び戻すことに成功。その証言を元に過去の事件を調べたくるみは、ある児童養護施設から2人の兄弟が失踪していたことを突き止めるのだが!?
(公式HPより)


では、続きから……(一部、重複アリ)。

臼島くるみは自身を白鳥の生まれ変わりと信じている男性である。
彼は幼い時分からバレエの英才教育を受けており将来を嘱望されるバレリーノであったが、ある刑事の姿に憧れ刑事を志すこととなった。

大人となり念願叶って刑事の職に就いたくるみは其処で運命の出会いを果たすことに。
なんと、くるみの相棒・鷲尾こそが憧れの刑事だったのだ。

もっとも、当の鷲尾はそれを認めずスマホゲームで遊んでばかりで到底、同一人物とは思えない。
しかも、46歳にも関わらずゲームランキング1位の座を「カリノミナト」なる人物と争っては一喜一憂していた。
くるみは、そんな鷲尾に些かガッカリしつつも信じようと心に決める。

矢先、医学界最高の賞に輝いた心臓外科医師グループの1人・片桐が何者かに殺害される事件が発生。
意気揚々と捜査に乗り出したくるみは犯人の尾澤を逮捕する。
ところが、尾澤は「何故、片桐を殺したのかさっぱり分からない」と供述。
これを裏付けるように片桐と尾澤には何の接点も見出せなかった。
つまり、尾澤には動機が無いのだ。
くるみたちは片桐と共にグループのメンバーであった大崎や金城にも尋ねてみるが彼らも動機に心当たりはないらしい。

一方、事件の目撃者・古森杏子によれば尾澤は犯行直前に「玩具買ってくれないの?」と呟いていたらしいが……。
また、杏子は鷲尾に何処かで会ったような……と親しみを見せる。
ところが、かくいう杏子こそが「カリノミナト」であった。

直後、今度は金城がホステスのマカロワに殺害されてしまう。
マカロワもまた尾澤同様に動機らしい動機はない。
「何故、殺したのか分からない」との供述もそっくり同じであった。
しかも、不思議なことにマカロワも犯行直前に「玩具買ってくれないの?」と呟いていたのだ。

共に動機がなく同じ言葉を口にしていた2人。
くるみたちは上司の小曽根に紹介されたセラピストのあずさのもとへ。

あずさの治療を受けたマカロワは前世の記憶を語り出した。
それはある少年の記憶……彼は40年前に大崎、金城、片桐らの実験の犠牲になり死亡していた。
その復讐でマカロワが金城を殺害したのである。
どうやら、尾澤による片桐殺害も同じく前世の仇を討つ為だったようだ。

マカロワらの証言に基づき、当時の大崎らの研究施設を調べたところ古井戸から子供の物と思われる遺骨が発見される。
ところが、遺骨は3人分であった。

1人は尾澤の前世、1人はマカロワの前世として、もう1人大崎たちに前世からの恨みを持つ人物が居ることになる。
つまり、大崎もまた狙われている可能性が高いのだ。

そんな中、鷲尾が挙動不審な様子を示す。
くるみは鷲尾こそが3人目なのではないかと疑うが……それを鷲尾が否定する。

それもその筈、鷲尾は46歳。
大崎たちの被害者が40年前に殺害されたのならば、当時6歳として既に生まれている鷲尾が生まれ変わりではあり得ないのだ。

しかし、何かがあると自説を固持するくるみに説得され鷲尾も渋々ながらあずさの治療を受けることに。
すると、大崎たちの研究施設に4人目の子供がおり、それこそが鷲尾であったと判明する。

鷲尾の記憶をもとに大崎たちの研究施設で働いていた看護師・和恵を突き止めたくるみ。
和恵によれば大崎たちの陰謀を知り、何とか鷲尾1人を連れ必死に逃げ出したらしい。
つまり、6歳の鷲尾もまた実験材料になりかねない危険に遭遇していたのだが、和恵により助け出されていたのだ。

さらに、鷲尾の記憶から大崎たちによる3人目の被害者が「紀香ちゃん」であると判明する。
これに基づき、過去の大崎たちの被害者の身許を調べたくるみは「紀香ちゃん」が「戸波紀香(トナミノリカ)」であると突き止める。

これに驚きを隠せないくるみ。
「トナミノリカ」を逆から読めば「カリノミナト」。
つまり、戸波紀香の生まれ変わりは「カリノミナト」こと古森杏子だったのだ。

くるみたちは杏子のもとへ。
すると、当の杏子は大崎をナイフで狙っていた。

これを阻止しようとするくるみだが距離が遠過ぎて止められない。
そのとき、鷲尾が高く高く跳躍した。
その姿に白鳥を見るくるみ、だが直後に鷲尾は失速し膝を痛めて蹲ってしまう。
そんな鷲尾に触発されたくるみも大ジャンプ!!

なんと、杏子と大崎の間に割って入ることに成功する。
代わりに足をナイフで刺されてしまったものの、杏子を逮捕するくるみ。

こうして疲労困憊のくるみと鷲尾だが、杏子の犯行を阻止することに成功し満足するのであった。

後日、あずさに事件について語るくるみと鷲尾。

実は杏子の素性に気付く手掛かりは既に示されていた。
杏子が尾澤の犯行の目撃者となった理由、それは杏子も仇の1人である片桐を狙っていたからであった。
さらに、杏子が鷲尾を知っていると口にしたのも紀香時代の記憶に基づくものであったのだ。

それにもっと早く気付いていれば……と洩らすくるみ。
それにしても、くるみの前世は本当に白鳥なのだろうか?
それはまだまだ謎である―――エンド。

<感想>

原作なし、オリジナル作品です。

早速、ドラマ感想を!!

視聴前は、あらすじから「てっきり、あずさがセラピーにかこつけて前世の記憶を植え付けて他者を操っているのかなぁ……」と予想していたのですが、良い意味で予想を軽々と乗り越えられてしまいましたね。
前世の記憶が前提となった上で、過去の因縁とそれにより浮かび上がる犯人こそがメインのストーリーでした。
つまり「ホワイダニット」と「フーダニット」のドラマでしたね。

それにしても、割とライトに描写されていましたが「知らず知らずに前世の記憶に操られて犯行に及ぶ」との内容はかなり怖い。
ある意味、他者に操られているのと同じような気がします。
此の点、自身の意志では無い行動に囚われることの恐ろしさも描いていたのかな。

とはいえ、ストーリー自体は重くならず、バレリーノ設定などが「まさか、ここでこうして使うとは!?」と思うようなシーンで用いられており面白かった。
くるみ、鷲尾、あずさらのキャラも魅力的。

クスリと来る小ネタも多数ありました。
例えば、小曽根がブラインド越しに外を覗くのは「西部警察」の木暮課長のパスティーシュですね。

全体的にかなりのポテンシャルを秘めた作品のように感じられたので、連続ドラマ化も期待したいかな!!

<キャスト>

臼島くるみ:中島裕翔
鷲尾鷹男:高嶋政宏
古森杏子:松井玲奈
羽賀翔:長谷川純
大崎守:大和田伸也
金城文彦:綾田俊樹
片桐大二郎:内田紳一郎
鬼山紋二郎:カンニング竹山
小曽根大輝:杉本哲太
深平あずさ:永作博美 ほか
(公式HPより、敬称略)


「「刑事バレリーノ」 [DVD]」です!!
「刑事バレリーノ」 [DVD]



「ACTIVOACO(クティボアコ) ストラップシューズ バレリーノ ブラック 39inch(24.0cm) KYOTO 08」です!!
ACTIVOACO(クティボアコ) ストラップシューズ バレリーノ ブラック 39inch(24.0cm) KYOTO 08



「ACTIVOACO(クティボアコ) ストラップシューズ バレリーノ ブラック 40inch(24.5cm) KYOTO 08」です!!
ACTIVOACO(クティボアコ) ストラップシューズ バレリーノ ブラック 40inch(24.5cm) KYOTO 08



「ACTIVOACO(クティボアコ) ストラップシューズ バレリーノ ブラック 38inch(23.5cm) KYOTO 06」です!!
ACTIVOACO(クティボアコ) ストラップシューズ バレリーノ ブラック 38inch(23.5cm) KYOTO 06



2016年1月23日のアニメ版「金田一少年の事件簿R」は「雪鬼伝説殺人事件」が放送予定とのこと!!

2015年10月より日本テレビ系にて好評放送中のアニメ版「金田一少年の事件簿R」。
次回放送は2016年1月23日予定ですが、そのアニメ化エピソードが「雪鬼伝説殺人事件」であることが明らかになりました。注目すべし!!

・「金田一少年の事件簿R」より「雪鬼伝説殺人事件」のまとめはこちら。
「雪鬼伝説殺人事件」(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

また「金田一少年の事件簿R」と言えばラジオ「謎はすべて解けた!樹林伸の推理クイズ」第4弾が1月11日(月)に放送予定とのこと、こちらも注目。

【ラジオ第4弾】「謎はすべて解けた!樹林伸の推理クイズ」が1月11日に四度登場とのこと!!

さらに、アニメ版「金田一少年の事件簿R」が放送されるている日本テレビ系土曜日17時30分。
その次の番組と言えば「名探偵コナン」。
本日(1月9日)は17時30分から1時間スペシャル「コナンと海老蔵 歌舞伎十八番ミステリー」が放送予定。
本作は前後篇となっており、後篇は1月16日から放送予定とのこと。
こちらも注目です!!

ちなみに、こちらには市川海老蔵さんが出演。
その市川海老蔵さんが2016年にテレビ東京系にて連続ドラマ「石川五右衛門」を主演されるとのこと。
この原作・脚本が「金田一少年の事件簿」原作者である樹林伸先生だそうです。
こちらも注目ですね!!

「金田一少年の事件簿」原作者・樹林伸先生による連続ドラマ「石川五右衛門」がテレビ東京系にて放送予定!!主演は市川海老蔵さん!!

◆「人形島殺人事件」関連過去記事
【新章開幕】「人形島殺人事件」第1話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【舞台整う!!】「人形島殺人事件」第2話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【第一の殺人発生】「人形島殺人事件」第3話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【黒い影に秘密が!?】「人形島殺人事件」第4話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【第二の事件発生!?】「人形島殺人事件」第5話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【トリック解明宣言!?】「人形島殺人事件」第6話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【続・トリック解明宣言!?】「人形島殺人事件」第7話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【続々・トリック解明宣言!?】「人形島殺人事件」第8話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【問題編最終話】「人形島殺人事件」第9話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【解答編1話】「人形島殺人事件」第10話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

◆シリーズ関連過去記事
・「金田一少年の事件簿R」より「なぜ暖炉は燃えていたか?」のまとめはこちら。
「なぜ暖炉は燃えていたか?」(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)まとめ

・「金田一少年の事件簿R」より「吸血桜殺人事件」のまとめはこちら。
「吸血桜殺人事件」(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)まとめ

・「金田一少年の事件簿R」より「蟻地獄壕殺人事件」のまとめはこちら。
「蟻地獄壕殺人事件」(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿R」より「学生明智健吾の事件簿」のまとめはこちら。
「学生明智健吾の事件簿」(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿R」より「狐火流し殺人事件」のまとめはこちら。
「狐火流し殺人事件」(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿R」より「亡霊校舎の殺人」のまとめはこちら。
「亡霊校舎の殺人」(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)まとめ

・「金田一少年の事件簿R」より「雪鬼伝説殺人事件」のまとめはこちら。
「雪鬼伝説殺人事件」(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「薔薇十字館殺人事件」のまとめはこちら。
「薔薇十字館殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「香港九龍財宝殺人事件」のまとめはこちら。
「香港九龍財宝殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「暗黒城殺人事件」のまとめはこちら。
「暗黒城殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「人喰い研究所殺人事件」のまとめはこちら。
「人喰い研究所殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「ゲームの館殺人事件」のまとめはこちら。
「ゲームの館殺人事件」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・「金田一少年の事件簿」より「錬金術殺人事件」のまとめはこちら。
「錬金術殺人事件」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・同じく「高度1万メートルの殺人」のまとめはこちら。
「高度1万メートルの殺人」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・さとう先生による読み切り「トキメキトキナ消失宣言」のネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「別冊少年マガジン」(講談社)より「トキメキトキナ消失宣言」ネタバレ批評(レビュー)

【ドラマ版】
ドラマ版「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件・アジア北米同日放送〜美雪誘拐!破滅の街の悲劇…死体出現密室トリックの謎はすべて解けた!」(1月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件 マレーシアのジャングルで合宿中の生徒達が次々と消えた…太陽と月が交わる時暴かれる驚愕のトリック!謎はすべて解けた!」(1月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「金田一少年の事件簿N」(日本テレビ系、2014年)まとめ

「金田一少年の事件簿R(8): 週刊少年マガジン」です!!
金田一少年の事件簿R(8): 週刊少年マガジン



キンドル版「[まとめ買い] 金田一少年の事件簿R」です!!
[まとめ買い] 金田一少年の事件簿R





キンドル版「[まとめ買い] 金田一少年の事件簿 (1-25)」です!!
[まとめ買い] 金田一少年の事件簿 (1-25)





キンドル版「[まとめ買い] 金田一少年の事件簿 (26-34)」です!!
[まとめ買い] 金田一少年の事件簿 (26-34)





「【Amazon.co.jp限定】「金田一少年の事件簿R」 Blu-ray BOX(オリジナルB2サイズ布ポスター付)」です!!
【Amazon.co.jp限定】「金田一少年の事件簿R」 Blu-ray BOX(オリジナルB2サイズ布ポスター付)





「【Amazon.co.jp限定】「金田一少年の事件簿R」 DVD BOX(オリジナルB2サイズ布ポスター付)」です!!
【Amazon.co.jp限定】「金田一少年の事件簿R」 DVD BOX(オリジナルB2サイズ布ポスター付)





「「金田一少年の事件簿R」 Blu-ray BOX」です!!
「金田一少年の事件簿R」 Blu-ray BOX





「「金田一少年の事件簿R」 DVD BOX」です!!
「金田一少年の事件簿R」 DVD BOX





「金田一少年の事件簿N(neo) DVD-BOX」です!!
金田一少年の事件簿N(neo) DVD-BOX





「金田一少年の事件簿N(neo) Blu-ray BOX」です!!
金田一少年の事件簿N(neo) Blu-ray BOX





◆金田一少年の事件簿シリーズコミックはこちら。


◆金田一少年の事件簿シリーズ映像作品はこちら。
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『孤狼の血』(柚月裕子著、角川書店刊)

『孤狼の血』(柚月裕子著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員失踪事件を追う。心を揺さぶる、警察vs極道のプライドを賭けた闘い。
(角川書店公式HPより)


<感想>

2016年1月現在の第154回直木賞候補作。

第154回芥川賞&直木賞候補作発表!!

そんな本作は「正義の在り方」を問う長編作品です。
正義と一口に言えど「悪を糺す正義」「弱者を救済する正義」「組織を守る正義」「大義名分を重んじる正義」など様々な正義が存在します。
それはそれぞれの立場により異なる。

とはいえ、1つだけ共通することがある。
たとえ其処に「正義」があろうとも行われなければ意味がないこと。

「手段を問うあまり行われない正義」と「手段を問わないものの行われる正義」。
果たしていずれが正しいのでしょうか?
いや、そもそも正否を定めることが出来るのか?
あるいは、問うことに意味があるのか?

読者は一読後に「正義」についていろいろと考えさせられるでしょう。
そして「正義」の所在についても悩まされる筈です。
その内にいつしか「大上の正義」を継いだ日岡の次なる物語を読んでみたいと思う筈です。
とはいえ、本作は本作で見事に完結しておりそれは望むべくもないのかもしれません。

そんな「正義」について描かれた一大叙事詩が本作です。

ちなみに後の日岡については佐方シリーズの短編『正義を質す』にて触れられています。
興味のある方はチェックすべし!!

『正義を質す』(柚月裕子著、宝島社刊『このミステリーがすごい!2016年版』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

なお、ネタバレあらすじはまとめ易いように改変しています。
あくまで雰囲気を掴むに留めて下さい。
興味をお持ちの方は本編それ自体を読まれるようオススメします!!

<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:
日岡:新人刑事、大上の下に配属されるが実は……。
大上:捜査二課のベテラン刑事、様々な黒い噂を抱えている。
晶子:大上が出入りしている小料理屋の女将。
尾谷:尾谷組組長、服役中の身である。
一之瀬:尾谷組若頭。
五十子:仁正会系五十子会の会長。
瀧井:仁正会系瀧井組組長。


新人刑事の日岡は捜査二課の大上のもとに配属されることとなった。
型破りは当たり前、何かにつけて奔放な大上に反発する日岡。
そもそも大上には地元の暴力団と癒着しているとの黒い噂があったのだ。
にも関わらず大上が処分を受けないのは上層部の弱味を握っているからだとされていた。

この噂を証明するように大上はジッポーを手に尾谷組と親しげな様子を見せる。
尾谷組は県下きっての武闘派組織、少数精鋭で鳴らし組長の尾谷が服役中の今は若頭の一之瀬が切り盛りしていた。
大上はこの尾谷と一之瀬にも顔が効いたのだ。

一方、尾谷組と対立する仁正会系に所属する大組織・五十子会を牽制する大上。
大上は互いのバランスを保つことで流血を避けようとしていた。

当初こそ批判的な目で大上を見ていた日岡だが、そんな大上の姿を目の当たりにして考えを改め始めた。
大上が他の誰よりも本気で抗争阻止に動いており、それ故に地元の暴力団から絶大な信頼を受けていることを知ったからだ。

そんな日岡に目をかける大上。
大上とも親しい仁正会系瀧井組の組長・瀧井によれば、大上は過去に妻子を殺害されており、その子供の名が日岡と同じだったのだそうだ。

大上の過去を知るにつれ、彼への信頼感を深めて行く日岡。
大上は日岡に行きつけの小料理屋の女将・晶子を紹介する。
日岡は2人の間に存在する強い絆の正体に頭を悩ませる。

そんな中、五十子会と尾谷組の対立は深刻化。
これを重要視した大上は抗争阻止の為に仲裁に乗り出す。

数に優る五十子は尾谷の引退と多額の金銭に加えて尾谷組の解散を要求。
危機感を抱いた大上は尾谷の引退と多額の金銭は飲むものの、尾谷組を一之瀬に継がせることで手打ちに持ち込もうとする。
これを拒否する五十子であったが、大上は自身の知る情報をネタに五十子から譲歩を引き出す。

ところが、その数日後に大上が姿を消した。
日岡らが心配する中、大上が溺死体で発見された。
どうやら、五十子に殺害されたらしい。
大上に弱味を握られたことが許せなかったのだろう。

大上の葬儀が行われた夜、日岡は晶子から一冊のノートを渡される。
其処には噂されていた上層部のスキャンダルがびっしりと記されていた。
晶子によれば何かあった場合には日岡に渡すよう言づけられたらしい。
大上は日岡を後継者に選んだのだ。

これを受け入れるべきか躊躇する日岡。
実は日岡は大上の素行を調査し、このノートを奪うよう言い含められたスパイであった。

そんな日岡に晶子は彼女と大上の関係を明かす。
過去、晶子は夫の敵討を行い、これを大上に救われた過去があった。
言わば、2人は共犯者の間柄だったのだ。
晶子によれば大上が居たからこそ生きて居られたと言う。
これを知った日岡は自身も共犯者となることを約束する。

大上の後継者となる決意を固めた日岡。
そんな日岡から尾上が五十子に殺害されたと聞いた瀧井は深く頷くのであった。
大上の復讐がこうして始まった。

其処からは早かった。
まず、五十子が仁正会から破門処分を受けた。
同時に尾谷が引退を表明し一之瀬がその後を継いだ。

次いで、五十子配下が次々と検挙された。
検挙されなかった者は殺害された。
追い詰められた五十子は逃げようとしたところを殺害された。
これは尾谷組の仕業とされた。

当の尾谷組は瀧井の推挙で仁正会に加盟した。
後に一之瀬が仁正会の会長となる。

日岡はと言えば上の命令に反したことから地方の駐在所へ飛ばされることとなった。
しかし、2年後には捜査二課へ復帰した。
あのノートの力だ。
そして、いつしか日岡は大上と同じように後輩を持つ身となった。
今では日岡も地元の顔役である、その手には大上のジッポーが握られていた―――エンド。

◆関連過去記事
【佐方シリーズ】
『最後の証人』(柚月裕子著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『検事の本懐』(柚月裕子著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『検事の死命』(柚月裕子著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『裁きを望む』(柚月裕子著、宝島社刊『このミステリーがすごい!2015年版』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『正義を質す』(柚月裕子著、宝島社刊『このミステリーがすごい!2016年版』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【その他】
『臨床真理』(柚月裕子著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【ドラマ版】
「最後の証人 ホテル密室殺人事件!目撃証言、物証…99%有罪確定の法廷に落ちこぼれ弁護士が挑む!!二転三転する真相、誰かが嘘の証言を!?開いたカーテンから見えた予期せぬ真犯人とは!?」(1月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【「大藪春彦賞」関連記事】
「第15回大藪春彦賞」受賞作は柚月裕子先生『検事の本懐』に!!

「孤狼の血」です!!
孤狼の血



キンドル版「孤狼の血 (角川書店単行本)」です!!
孤狼の血 (角川書店単行本)



『正義を質す』が掲載された「このミステリーがすごい! 2016年版」です!!
このミステリーがすごい! 2016年版



『裁きを望む』が掲載された「このミステリーがすごい! 2015年版」です!!
このミステリーがすごい! 2015年版





「検事の死命 (「このミス」大賞シリーズ)」です!!
検事の死命 (「このミス」大賞シリーズ)





「検事の本懐 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)」です!!
検事の本懐 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)





「最後の証人 (宝島社文庫)」です!!
最後の証人 (宝島社文庫)



posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。