2016年01月11日

『アルゴリズム・キル』8話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2016年1月号』掲載)

『アルゴリズム・キル』8話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2016年1月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

私は今、県警本部の捜査に必要とされていない――大人気警察小説シリーズ、再始動!
(光文社公式HPより)


<感想>

遂にクロハシリーズ最新作が『小説宝石 2015年6月号』より連載開始されました。
そのタイトルは『アルゴリズム・キル』。
『プラ・バロック』『エコイック・メモリ』に続く長編です。

『アルゴリズム・キル』、直訳すると「殺しの手法(解法)」か。
なかなかに意味深長。

そして、『プラ・バロック』では姉と、『エコイック・メモリ』では姉の忘れ形見・アイと、それぞれ形は違えど大切な存在と離れることとなったクロハ。
そんな彼女はそのショックの後遺症から所轄署の警務係に異動。
此の状態で埋もれることも考えていたクロハ。
だが、周囲はともかく事件が彼女を捨て置かなかった。
またも、事件と関わることに。

今回はそんな『アルゴリズム・キル』の第8話。

意外にも上層部の不正事件は今話で決着を見ることに。
残るは「Kiru」による連続殺人事件のみ。
どうやら、完全に別々の事件だったようです。

とはいえ、不正事件の余波でクロハが県警本部に復帰。
いよいよ連続殺人事件に真正面から挑むことに。
ところが、クロハが此処でイマイへの報告について悩みを。
再度、浮上したイマイの名ですが……これはやはり裏があるのか?

そして、クロハが思い起こすのはアイのこと。
アイは実父のもとですくすくと育っているようです。
これも本編の関わって来るのか?
だとすれば、クロハとアイが再び共に生活する日もやって来るのか?
次話も注目です!!

ちなみに、ネタバレあらすじはかなり改変を加えているので注意!!
あらすじを読んで興味を持たれたら本作にチャレンジすべし!!

<ネタバレあらすじ>

◆前回までのあらすじ

『プラ・バロック』『エコイック・メモリ』と2つの事件により所轄署の警務課へ異動となったクロハ。
続けて大切な者を失ったことで半ば自暴自棄の状態であった。

矢先、イベントの警護に駆り出されたクロハは女性の遺体を発見する。
その遺体は激しい暴行を加えられ、全ての歯を折られた無惨なものであった。
とはいえ、クロハが捜査に携わることは無い―――少なくとも此の時点ではその筈であった。

そんなある日、警務課に出動要請がもたらされた。
児童相談所から児童虐待の現場に同行する人手を出すように依頼されたのだ。
これに応じたクロハは区役所職員のイマイやタカシロと出会う。
イマイから「戸籍上存在が確認出来ないが実社会で存在が確認出来ている児童」の保護を求めらたクロハ。

同じ頃、シイナから「バーチャル陣取りゲーム」こと「侵×抗」に関与している「Kiru」なる人物の情報がもたらされる。

調べを続けたクロハはイマイの依頼と「Kiru」が重なり合うことに気付く。
どうやら「Kiru」はクロハが探す少年たちが所属するグループらしい。

一方、何者かの監視に気付いたクロハに会計課員のニシが接近。
クロハに正義を行う為に必要な品を手渡そうとするのだが射殺されてしまう。

・前回はこちら。
『アルゴリズム・キル』7話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2015年12月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

◆8話あらすじ

ニシがクロハに託そうとした品の正体は「上層部の不正を示すデータが入ったUSB」であった。
署長やナツメたちは架空の協力者を創出し、その謝礼金を計上しプール金を作っていたのである。

会計課であったニシはこのカラクリを知り告発しようとしていた。
其処でクロハを頼ったのだ。
だが、この動きに気付かれた為に上層部に雇われたサカイに殺害されたのである。
しかも、肝心のUSBはシオサキに持ち去られてしまった。

困り果てたクロハだが、迷惑メールの中にUSBと同じデータが含まれていることに気付く。
どうやら、ニシは念の為に別ルートでの受け渡しも考えていたようだ。

こうして「不正の証拠」を手に入れたクロハは後輩のミズノを通じナツメに接触。
ナツメに罪を認めさせることに。

所轄署に居場所を無くしたクロハは県警本部に戻ることとなった。
改めて、クロハは連続殺人事件と向き合うことに。

この被害者について新情報が浮上。
被害者自体も戸籍の存在しない児童であったが、加害者もまた同じ立場の児童だったのだ。

どうやら、イマイに依頼された児童も同じく加害者の1人のようである。
これをどうイマイに伝えるべきか……クロハは頭を抱えることに―――9話に続く。

◆関連過去記事
『アルゴリズム・キル』1話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2015年6月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『アルゴリズム・キル』2話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2015年7月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『アルゴリズム・キル』3話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2015年8月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『アルゴリズム・キル』5話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2015年10月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『アルゴリズム・キル』6話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2015年11月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『アルゴリズム・キル』7話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2015年12月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『プラ・バロック』(結城充考著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『エコイック・メモリ』(結城充考著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

ドラマスペシャル「クロハ 機捜の女性捜査官 連続殺人と集団自殺…2つの捜査本部8日間の激闘!!悪意に立ち向かう家族の絆!!真相にたどり着いた女刑事が交わす涙の約束とは!?冒頭20分…この中に犯人がいる」(2月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

8話が掲載された「小説宝石 2016年 01 月号 [雑誌]」です!!
小説宝石 2016年 01 月号 [雑誌]



7話が掲載された「小説宝石 2015年 12 月号 [雑誌]」です!!
小説宝石 2015年 12 月号 [雑誌]



6話が掲載された「小説宝石 2015年 11 月号 [雑誌]」です!!
小説宝石 2015年 11 月号 [雑誌]





5話が掲載された「小説宝石 2015年 10 月号 [雑誌]」です!!
小説宝石 2015年 10 月号 [雑誌]





4話が掲載された「小説宝石 2015年 09 月号 [雑誌]」です!!
小説宝石 2015年 09 月号 [雑誌]





3話が掲載された「小説宝石 2015年 08 月号 [雑誌]」です!!
小説宝石 2015年 08 月号 [雑誌]





2話が掲載された「小説宝石 2015年 07 月号 [雑誌]」です!!
小説宝石 2015年 07 月号 [雑誌]





「アルゴリズム・キル」1話が掲載された「小説宝石 2015年 06 月号 [雑誌]」です!!
小説宝石 2015年 06 月号 [雑誌]





「プラ・バロック (光文社文庫)」です!!
プラ・バロック (光文社文庫)





キンドル版「プラ・バロック 女性刑事クロハ」です!!
プラ・バロック 女性刑事クロハ





「エコイック・メモリ (光文社文庫)」です!!
エコイック・メモリ (光文社文庫)





キンドル版「エコイック・メモリ 女性刑事クロハ」です!!
エコイック・メモリ 女性刑事クロハ





「衛星を使い、私に (光文社文庫)」です!!
衛星を使い、私に (光文社文庫)





キンドル版「衛星を使い、私に (光文社文庫)」です!!
衛星を使い、私に (光文社文庫)





posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【解答編2話】「人形島殺人事件」第11話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【解答編2話】「人形島殺人事件」第11話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)です!!

「金田一少年の事件簿R」第8弾は「人形島殺人事件」!!
「火吐潟島」を舞台に発生する新たなる殺人事件に金田一少年が挑む!!


【「人形島殺人事件」登場人物一覧】
金田一:主人公。最終エピソードまで犯人にも被害者にもならないでしょう。
美雪:言わずと知れた金田一少年のベストパートナー。最終エピソードまで犯人にも被害者にも(以下略)。

朱鷺田忍:不動高校の日本史教師。
漢田切裏子:3人組の覆面作家「ペルソナドール」の1人。道化師姿。
紅小路巴:3人組の覆面作家「ペルソナドール」の1人。日本人形姿。
鈴丘魔矢子:3人組の覆面作家「ペルソナドール」の1人。アンティークドール姿。
星坂花梨:ミステリー雑誌の編集者。
雨野影近:金田一が出会った青年。
詩村瞳:金田一が出会った少女。
赤神双一郎:眼帯姿の男性。
田中豪:ポニーテールが印象的な男性。

林堂みずほ:「人形荘」の女将。
林堂まこと:幼馴染のまことちゃん、実は男性であった。
林堂まゆみ:まことの妹、故人。
蟻塚至:「人形荘」の番頭。
首代胴玄:村長人形のモデル。

時田朋江:5年前に消息を絶ったベストセラー作家。
弓月清吾:まゆみを轢き殺し、田中の母を殺害した犯人。

いつき陽介:ご存知、ルポライター。
剣持警部:金田一のもう1人のベストパートナー。

<あらすじ>

金田一が犯人として名指ししたのは星坂花梨であった。
金田一によれば花梨はおそらく弓月の妻の家族らしい。
動機は朋江の小説により死へと追い込まれた弓月妻の復讐だそうだ。

花梨は「ペルソナドール」の正体が時田朋江であることを突き止めると、これに接近。
剣持が「火吐潟島」で人形供養を行っていることを知ると、朋江にこれを教えて彼女を誘導した。
そして、朋江の計画を利用し殺害したのだ。

さらに金田一は2日目以降に花梨と巴が同時に存在していなかったことから、初日を除き花梨が巴に成り済ましていたことを指摘する。

さらにさらに巴の遺体発見時のアリバイトリックについても言及。
格子窓から覗くことを利用した錯視(遠近法)により、朋江の頭部と人形の胴体を1つの遺体だと誤認させたと明かす。

だが、これに花梨は証拠が無いと抵抗。
金田一は証拠を提示すると宣言する―――12話へ続く。

<感想&推理>

「金田一少年の事件簿」が「金田一少年の事件簿R」として帰って来ました。
その第8弾は「人形島殺人事件」です!!

今回はその第11話でした。
解決編の第2話です。

やはり、真犯人は花梨でした。
トリックも推理通りだったので一安心。
花梨の犯行方法などについては9話の感想を参照のこと。

【問題編最終話】「人形島殺人事件」第9話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

では、今回は未だ語られていない朋江の動機について推理してみましょう。
ただ、推理よりは妄想に近いのでご注意を!!

どうしても売れる必要があったとのことなので朋江の目的は金銭。
とはいえ、巴の生活は質素だったとされている。
だとすると、朋江は自分以外の何かに用いるべく貯金していた可能性が高い。
弓月の妻子の心中事件にショックを受けているところを見ると、弓月の遺族への贖罪の為の可能性が考えられる。
例えば、交通事故により強盗にまで手を染めてしまった弓月の轍を繰り返させない為に基金を設立しようとしているとか。
あるいは、弓月の残された親族に支払う為もありうるか。

この費用を稼ぎ出す為に売れる必要があり、ミステリアスなペルソナドールを創出した。
そして、目途が立った為にペルソナドールの抹殺を狙ったと言ったところか。
そもそもペルソナドールの終焉を謎の殺害事件で締めることで、その著作の売上アップに繋げようとしたのかも。
あるいは、こう言った形で正体を明かし話題性を狙ったのかもしれない。
いずれにしてもペルソナドールの著作の売上に繋がるに違いない。

ちなみに上記の仮定が正しいとして、花梨が弓月一家の復讐で朋江殺害に及んだとすれば、まさに朋江がペルソナドールを志したのは花梨の為だったのに皮肉な結末となる。

おそらく、朋江は花梨の正体を知っておきながら近づけたのだろう。
だからこそ、朋江は花梨に特別待遇を取ったのではないか。
ところが、花梨はこれを知らず犯行に及んでしまった。
でもって、朋江の真意を知りラストで泣き崩れるとか。
どうだろ!?

そして、気になる「カフェふくろうのマスターが高遠と連動している説」の真偽は!?
ちなみに「カフェふくろうのマスターが高遠と連動している説」とは次の通り。

高遠とカフェふくろうのマスターに何らかの関係があるのではないかとの謎。
新シリーズ「金田一少年の事件簿R」になって以来、カフェふくろうのマスターが登場するエピソードには高遠も必ず登場している(「亡霊校舎の殺人」「蟻地獄壕殺人事件」)。
例として挙げるには2作と些か心許なくはあるが、これは新シリーズになってからの高遠の登場自体が上記2作に限られている為。
つまり、今のところ100%となっている。
どうも、この登場には何か意味があるのではなかろうか。
マスター自身が高遠の変装なのか……それとも高遠のルーツがマスターに関わって来るのか。
今後もこの法則が守られるのかどうかに注目したい。

果たして、この法則は守られるのか!?

さて、既にご存知のことと思われますが2015年10月よりアニメ「金田一少年の事件簿R」が日本テレビ系にて放送中。
次回(2016年1月23日)からは「雪鬼伝説殺人事件」が放送予定とのこと注目すべし!!

・「金田一少年の事件簿R」より「雪鬼伝説殺人事件」のまとめはこちら。
「雪鬼伝説殺人事件」(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

【2015年10月】アニメ「金田一少年の事件簿R」が「RETURNS」の名の通り帰還を果たす!!さらに「魍邪ノ館殺人事件」とは!?

そう言えば『小説 野性時代』(角川書店刊)でも樹林伸先生『ドクター・ホワイト』が2014年11月号から連載開始されています。
こちらも注目すべし!!

綾辻行人先生「Another」シリーズ続編『Another 2001』が『小説野性時代132号(11月号)』にて連載開始!?

また、樹林伸先生による連続ドラマ「石川五右衛門」がテレビ東京系にて放送予定。
他に、「謎はすべて解けた!樹林伸の推理クイズ」が1月11日に四度登場とのこと。
こちらも注目です!!

「金田一少年の事件簿」原作者・樹林伸先生による連続ドラマ「石川五右衛門」がテレビ東京系にて放送予定!!主演は市川海老蔵さん!!

【ラジオ第4弾】「謎はすべて解けた!樹林伸の推理クイズ」が1月11日に四度登場とのこと!!

◆「人形島殺人事件」関連過去記事
【新章開幕】「人形島殺人事件」第1話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【舞台整う!!】「人形島殺人事件」第2話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【第一の殺人発生】「人形島殺人事件」第3話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【黒い影に秘密が!?】「人形島殺人事件」第4話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【第二の事件発生!?】「人形島殺人事件」第5話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【トリック解明宣言!?】「人形島殺人事件」第6話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【続・トリック解明宣言!?】「人形島殺人事件」第7話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【続々・トリック解明宣言!?】「人形島殺人事件」第8話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【問題編最終話】「人形島殺人事件」第9話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【解答編1話】「人形島殺人事件」第10話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

◆シリーズ関連過去記事
・「金田一少年の事件簿R」より「なぜ暖炉は燃えていたか?」のまとめはこちら。
「なぜ暖炉は燃えていたか?」(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)まとめ

・「金田一少年の事件簿R」より「吸血桜殺人事件」のまとめはこちら。
「吸血桜殺人事件」(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)まとめ

・「金田一少年の事件簿R」より「蟻地獄壕殺人事件」のまとめはこちら。
「蟻地獄壕殺人事件」(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿R」より「学生明智健吾の事件簿」のまとめはこちら。
「学生明智健吾の事件簿」(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿R」より「狐火流し殺人事件」のまとめはこちら。
「狐火流し殺人事件」(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿R」より「亡霊校舎の殺人」のまとめはこちら。
「亡霊校舎の殺人」(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)まとめ

・「金田一少年の事件簿R」より「雪鬼伝説殺人事件」のまとめはこちら。
「雪鬼伝説殺人事件」(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「薔薇十字館殺人事件」のまとめはこちら。
「薔薇十字館殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「香港九龍財宝殺人事件」のまとめはこちら。
「香港九龍財宝殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「暗黒城殺人事件」のまとめはこちら。
「暗黒城殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「人喰い研究所殺人事件」のまとめはこちら。
「人喰い研究所殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「ゲームの館殺人事件」のまとめはこちら。
「ゲームの館殺人事件」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・「金田一少年の事件簿」より「錬金術殺人事件」のまとめはこちら。
「錬金術殺人事件」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・同じく「高度1万メートルの殺人」のまとめはこちら。
「高度1万メートルの殺人」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・さとう先生による読み切り「トキメキトキナ消失宣言」のネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「別冊少年マガジン」(講談社)より「トキメキトキナ消失宣言」ネタバレ批評(レビュー)

【ドラマ版】
ドラマ版「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件・アジア北米同日放送〜美雪誘拐!破滅の街の悲劇…死体出現密室トリックの謎はすべて解けた!」(1月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件 マレーシアのジャングルで合宿中の生徒達が次々と消えた…太陽と月が交わる時暴かれる驚愕のトリック!謎はすべて解けた!」(1月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「金田一少年の事件簿N」(日本テレビ系、2014年)まとめ

「金田一少年の事件簿R(8): 週刊少年マガジン」です!!
金田一少年の事件簿R(8): 週刊少年マガジン



キンドル版「[まとめ買い] 金田一少年の事件簿R」です!!
[まとめ買い] 金田一少年の事件簿R





キンドル版「[まとめ買い] 金田一少年の事件簿 (1-25)」です!!
[まとめ買い] 金田一少年の事件簿 (1-25)





キンドル版「[まとめ買い] 金田一少年の事件簿 (26-34)」です!!
[まとめ買い] 金田一少年の事件簿 (26-34)





「【Amazon.co.jp限定】「金田一少年の事件簿R」 Blu-ray BOX(オリジナルB2サイズ布ポスター付)」です!!
【Amazon.co.jp限定】「金田一少年の事件簿R」 Blu-ray BOX(オリジナルB2サイズ布ポスター付)





「【Amazon.co.jp限定】「金田一少年の事件簿R」 DVD BOX(オリジナルB2サイズ布ポスター付)」です!!
【Amazon.co.jp限定】「金田一少年の事件簿R」 DVD BOX(オリジナルB2サイズ布ポスター付)





「「金田一少年の事件簿R」 Blu-ray BOX」です!!
「金田一少年の事件簿R」 Blu-ray BOX





「「金田一少年の事件簿R」 DVD BOX」です!!
「金田一少年の事件簿R」 DVD BOX





「金田一少年の事件簿N(neo) DVD-BOX」です!!
金田一少年の事件簿N(neo) DVD-BOX





「金田一少年の事件簿N(neo) Blu-ray BOX」です!!
金田一少年の事件簿N(neo) Blu-ray BOX





◆金田一少年の事件簿シリーズコミックはこちら。


◆金田一少年の事件簿シリーズ映像作品はこちら。
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。