2016年01月15日

『SROY 四重人格』(富樫倫太郎著、中央公論新社刊)

『SROY 四重人格』(富樫倫太郎著、中央公論新社刊)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

不可解な連続殺人事件が発生。傷を負ったメンバーが再結集し、常識を覆す新たなシリアルキラーに立ち向かう。人気警察小説、待望のシリーズ第六弾!
(中央公論新社公式HPより)


<感想>

富樫倫太郎先生による警察小説「SROシリーズ」、その2015年10月時点での最新作。
新たな敵が登場し、これに新九郎や麗子たちSROメンバーが挑みます。

その恐怖の手口と意外な真相とは!?
また、結末もなかなかです。

ちなみにネタバレあらすじは大幅に改変しています。
興味のある方は本作それ自体を読むことをオススメします!!

<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:

山根新九郎:SRO室長、天才的な頭脳を誇る
芝原麗子:SRO副室長
尾形:SROメンバー
富田課長:SROメンバー
針谷:SROメンバー、通称ダーティーハリー

林葉:???
工藤:???
ネフェルティティ:???
プリンス:???

まったく手口の違う殺人事件が連続発生。
だが、新九郎はこれを同一犯によるものと看破する。

なんと犯人は四重人格者だったのだ。
林葉、工藤、ネフェルティティ、プリンスら4つの人格を使い分け、人格により方法を変えて犯行に及んでいたのである。

麗子の活躍でこれを逮捕することに成功するが、林葉は残る3つの人格と共に生き残る方法を模索する。
すなわち、4つの人格のうち1つだけ罪を犯していないと主張し、その人格を主人格だとすることで無罪を訴え生き残る方法を。
戦いはまだ終わらない―――エンド。

◆関連過去記事
『SROシリーズ 1巻(警視庁広域捜査専任特別調査室)から5巻(ボディーファーム)まで』(富樫倫太郎著、中央公論新社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『房子という女 SRO episode0』(富樫倫太郎著、中央公論新社刊)ネタバレ書評(レビュー)

月曜ゴールデン「特別企画 SRO〜警視庁広域捜査専任特別調査室〜ベストセラーついにドラマ化!警察をあざ笑う“最凶の連続殺人鬼”登場…女刑事が見た衝撃のラスト」(12月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「SROVI - 四重人格 (中公文庫)」です!!
SROVI - 四重人格 (中公文庫)



キンドル版「SRO6 四重人格 SRO (中公文庫)」です!!
SRO6 四重人格 SRO (中公文庫)



「房子という女 - SRO episode0」です!!
房子という女 - SRO episode0





「SRO―警視庁広域捜査専任特別調査室〈1〉 (中公文庫)」です!!
SRO―警視庁広域捜査専任特別調査室〈1〉 (中公文庫)





「SRO〈2〉死の天使 (中公文庫)」です!!
SRO〈2〉死の天使 (中公文庫)





「SROV - キラークィーン (中公文庫)」です!!
SROV - キラークィーン (中公文庫)





「SROW - 黒い羊 (中公文庫)」です!!
SROW - 黒い羊 (中公文庫)





「SROV - ボディーファーム (中公文庫)」です!!
SROV - ボディーファーム (中公文庫)





posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「スペシャリスト」1話(1月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「スペシャリスト」1話(1月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

宅間善人(草ナギ剛)は東京刑務所に収監されていた。以前、殺人未遂罪で滋賀中央刑務所に入れられて以来、二度目の刑務所生活。一度目は冤罪であることが判明し、出所となったが…。 事の始まりは10カ月前に遡る。宅間は、密室で起きた小説家刺殺事件を捜査することに。現場を見た宅間は、次々とこの事件に隠されたトリックを暴き、見事に犯人を落とす。解決したかに思われたが、その裏にはとんでもない犯罪計画が隠されていて!?
(公式HPより)


では、続きから(一部、あらすじと重複あり)……

特別捜査班が解散となり、東京へ異動となった宅間。
ところが、宅間の姿は刑務所にあった。
ある事件で有罪判決を受け、再び服役生活を送ることとなったのだ。

土曜ワイド劇場 サスペンス特別企画(ドラマスペシャル)「スペシャリスト4」(12月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

事の発端は10ヶ月前に遡る。
滝道に招かれた宅間は我妻真理亜と共に新部署に籍を置くこととなった。
宅間の力を高く評価する滝道、その一方で真理亜は宅間の力に懐疑的だ。

其処で滝道の提案により、宅間と真理亜の2人が新宮司直兎殺人事件の捜査に携わることに。
新宮司は資産家の家に生まれた新進のミステリ作家で、内側から施錠された部屋の中で首を吊って死亡していた。
此処までならば自殺に見える。
ところが、その背中にナイフが刺さっていたことから他殺とされていたのだ。

捜査の為に新宮司家を訪れた宅間たち。
応対に現れたのは直兎の妻・朱子と執事の君原兼文である。
2人によれば直兎殺害当日には他に、君原の娘で今は体調を崩し入院中のさやか、ライターの横内幹也、顧問弁護士・近藤竜行の3人が居たらしい。

事件の推移はこうである。

その夜、直兎が何時まで経っても自室から出て来なかったことを気に留めた君原。
朱子を誘って部屋の扉を無理に開けたところ、中で直兎が首を吊っていたと言う。
室内へと足を踏み入れた君原は朱子に「横内とさやかを呼ぶ」ように指示。
戻って来た面々と合流し、直兎の遺体を確認したところ背中にナイフが刺さっていたのだ。

これを聞いていた宅間は室内に1ヶ所不審な点を見出す。
其処には隠し金庫が!!
宅間が中を確かめたところ、生命保険証書が発見された。

被保険者は直兎、受取人は君原となっていたが……。
此処で宅間は「本来、事件では無いものを事件に仕立ててしまった」と語り出す。

直兎は君原に保険金を遺そうと自殺した。
ところが、君原は免責期間のことを知らず自殺では保険金は下りないと思い込んでしまった。
其処で朱子にさやかたちを呼びに行かせた隙に、他殺に偽装したとの推理である。

これを君原はあっさりと認める。
こうして事件は解決したかに思われたが……。

宅間は未だに納得していなかった。
そっとさやかの病状を確認した宅間は彼女が移植手術が必要な身であることを突き止める。

さらに、宅間は横内が直兎の何を取材していたのかを確かめることに。
すると、横内は「新宮司家の呪われた系譜」について語り出した。

何でも、直兎と近藤は兄弟らしい。
ところが、先代が近藤を嫌い養子に出してしまった。
以来、近藤は新宮司家へ復讐の機会を窺っているのだそうだ。
横内は「あいつは恐ろしい奴だ」と近藤を評する。

再び直兎殺害現場を検分した宅間は「魔法の言葉を使ったに違いない」と呟く。
どうやら、宅間は近藤の犯行を疑っているようだ。

矢先、横内が自殺してしまう。
その机を調べた宅間は、これも近藤が仕組んだことと看破する。

宅間の推理は次のようなものだ。

直兎死亡時、第一発見者となった君原は「さやかと横内」を呼ぶよう朱子に指示した。
何故、近藤の名を口にしなかったのか?
それは、そもそも近藤が室内に隠れていたからではないか。
直兎を殺害した近藤だが、君原に発見され咄嗟にさやかの治療費で彼を買収したのだ。

そして、近藤は横内をも買収していた。
横内の机の上には最高級特養ホームの写真が残されていた。
おそらく、横内の母の介護を約束し横内に死を迫ったのだ。

これに気付いた宅間は「近藤を殺すしかない」と叫ぶや新宮司家へ。
ところが、何者かに襲われ意識を失ってしまう。

次に宅間が気付いたとき、隣には射殺された血塗れの近藤が横たわっていた。
こうして、宅間は近藤殺害容疑で逮捕され冒頭の状況に置かれていたのだ。

一方、そんな宅間の近況を伝え聞いた姉小路、松原、堀川らが動き出す。

そして10ヶ月が経過した頃、宅間は「そろそろか……」と何やら待っていた。
其処に「近藤殺害の真犯人が出頭して来た」との報が届く。

近藤殺害の真犯人は朱子であった。
朱子は近藤を殺害することで直兎の仇を取ったのだが、さやかのドナーとなっていたことで彼女の命を救うべく手術成功するまでの時間を稼いでいたのだ。
宅間もこれを知りつつ協力していたらしい。
「近藤を殺すしかない」との言葉も朱子の行動を予測したものだったのだ。

姉小路に迎えられ外の世界を満喫する宅間。
しかし、其処に真理亜が消えたとの連絡が届く。
宅間は真理亜が全てを仕組んだ首謀者に気付いた為に捕まってしまったと推測。
首謀者こと君原逮捕に動く。

君原は新宮司家の財産を横領しており、国外逃亡を目論んでいた。
君原の計画は次のようなものだ。

君原は自身が横領したにも関わらず、近藤に罪を着せることでこれを仲間に引き入れた。
そして、直兎を殺害されたのだ。
さらに、近藤を操り横内を自殺させた。
その上で、朱子に近藤の犯行を教え敵討を行わさせたのだ。

そもそも、近藤が直兎の弟であるとの事実は存在しなかった。
これも君原の嘘だったのだ。
近藤犯人説に信憑性を持たせる為の物だったらしい。

すべてを看破した宅間は国外逃亡を図る君原を逮捕。
さらに、君原に殺害されかけていた真理亜を助け出すのであった。

宅間の力を改めて知った我妻らは彼を認めることに。
また、姉小路らも新設された課に加わることとなった。

その夜、宅間は滝道から手に入れたUSBをチェックしていた。
其処には「我々」について語る武藤の音声データが記録されていた。

土曜ワイド劇場 サスペンス特別企画(ドラマスペシャル)「スペシャリスト3 無実の罪で10年服役した刑事!7体のフィギュアが結ぶ連続殺人 冤罪の謎が解ける衝撃の結末とは!?」(2月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

これを耳にした宅間は高倉の最期の言葉を思い出し、挑むべき敵を見定めることに―――エンド。

<感想>

「スペシャリスト」の連続ドラマ版、その第1話です。
宅間ピンチで前後篇になるかと思いきや、怒涛の1話完結でした。

取り敢えず1話の注目ポイントは次の点かな。

・真理亜が白川総監の親族。
・滝道は白川の意向で動いている。
・宅間は冤罪の罪を着せ、高倉をも殺した「我々」を突き止めようとしている。

で、此処からは推測ですが、白川や滝道たちは「我々」と対立しているのかな。
其処で「我々」に対抗するべく、課を新設し宅間らを呼び集めた。
でないと、わざわざ宅間たちを呼び集める必要がなくなるし、ましてや其処に親族の真理亜を置く必要もなくなる。
監視の為なら、滝道1人で十分だろうし。

で「我々」の正体ですが「スペシャリスト3」の感想で述べた通り「警察内部の派閥」か。
おそらく不正に手を染めている一派が存在しており、白川たちはこれの排除を目論んでいるものか。
でもって、わざわざ武藤が宅間を罠に嵌めたところを見ると「我々」にとって不都合な情報を宅間がそれと知らずに手にしている可能性が高い。
当時の宅間は所轄署の巡査だったので、何かを偶然目撃したのかも。
これはシーズン最終話で明かされそうかな。

ちなみに「燭台を盗み出して捕まりながら、牧師に助けられそうになった」のは「レ・ミゼラブル(ああ無情)」でのジャン・ヴァルジャンのエピソードか。
とはいえ、本作ではまさか当のジャンが逆切れするオチになるとは……。

でもって、これまたちなみに朱子の旧姓がダイイング・メッセージ以外にもポイントになるかと思いきやそんなことは無かった……。

◆関連過去記事
土曜ワイド劇場 サスペンス特別企画(ドラマスペシャル)「スペシャリスト〜無実の罪で10年服役した刑事と殉職警官の妻…異色タッグが京都を揺るがす4つの殺人連鎖に挑む!」(5月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場 サスペンス特別企画(ドラマスペシャル)「スペシャリスト2〜全ての犯罪を知る刑事VS完全犯罪を操る男!京都の街に現れた謎の暗号…女性議員を狙う殺人計画の罠」(3月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場 サスペンス特別企画(ドラマスペシャル)「スペシャリスト3 無実の罪で10年服役した刑事!7体のフィギュアが結ぶ連続殺人 冤罪の謎が解ける衝撃の結末とは!?」(2月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場 サスペンス特別企画(ドラマスペシャル)「スペシャリスト4」(12月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ドラマスペシャル 「スペシャリスト2&3」 ダブルパック Blu-ray」です!!
ドラマスペシャル 「スペシャリスト2&3」 ダブルパック <Blu-ray>





「ドラマスペシャル 「スペシャリスト2&3」 ダブルパック DVD」です!!
ドラマスペシャル 「スペシャリスト2&3」 ダブルパック <DVD>





「ドラマスペシャル スペシャリスト DVD」です!!
ドラマスペシャル「スペシャリスト」DVD





「ドラマスペシャル スペシャリスト[Blu-ray]」です!!
ドラマスペシャル「スペシャリスト」[Blu-ray]





「スペシャリスト [Blu-ray]」です!!
スペシャリスト [Blu-ray]





「スペシャリスト [DVD]」です!!
スペシャリスト [DVD]



posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。