2016年02月10日

三部けい先生「僕だけがいない街」が『ヤングエース 2016年4月号』にて最終回とのこと!!

三部けい先生「僕だけがいない街」が次号『ヤングエース 2016年4月号』(角川書店刊)にて最終回を迎えることが明らかになりました。

明かされたのは3月4日に発売された『ヤングエース 2016年3月号』でのこと。
「僕だけがいない街」はテレビアニメ化もされており、実写映画版の公開も控えています。

また、最終回が掲載される『ヤングエース 2016年4月号』では本作に関して何か発表されるとの噂も……。
果たして事実か否か、ファンは注目すべし!!

最終回の予告が掲載された「ヤングエース 2016年3月号」です!!
ヤングエース 2016年3月号



キンドル版「【電子版】ヤングエース 2016年3月号<【電子版】ヤングエース> [雑誌]」です!!
【電子版】ヤングエース 2016年3月号<【電子版】ヤングエース> [雑誌]



「僕だけがいない街 コミック 1-7巻セット」です!!
僕だけがいない街 コミック 1-7巻セット



キンドル版「[まとめ買い] 僕だけがいない街」です!!
[まとめ買い] 僕だけがいない街



「【早期購入特典あり】僕だけがいない街 上(メーカー特典:「ステンレスマグカップ」付) (上下巻連動購入特典:「上下巻収納BOX」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray]」です!!
【早期購入特典あり】僕だけがいない街 上(メーカー特典:「ステンレスマグカップ」付) (上下巻連動購入特典:「上下巻収納BOX」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray]



「【早期購入特典あり】僕だけがいない街 下(上下巻連動購入特典:「上下巻収納BOX」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray]」です!!
【早期購入特典あり】僕だけがいない街 下(上下巻連動購入特典:「上下巻収納BOX」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray]



「『僕だけがいない街』 映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ)」です!!
『僕だけがいない街』 映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ)



posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「実は私は」第146話「岡田奏と朱美みかん」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第146話「岡田奏と朱美みかん」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

登場人物一覧は本記事下部に移動しました。

<あらすじ>

〜〜〜これまでのあらすじ〜〜〜〜

「アナザル」こと「絶対に秘密を守れない男」黒峰朝陽は憧れのヒロイン・白神葉子の秘密を知ってしまった。
その秘密とは「白神葉子がハーフの吸血鬼である」こと。
朝陽は葉子の為に、この秘密を守らねばならない―――。
取り巻く人々を相手に、朝陽は秘密を守り抜くことが出来るのか?

矢先、実は宇宙人であった委員長・渚、狼男で肉食系女子な獅穂、悪魔っ娘の茜、未来人の凛、幼馴染のみかん、天使の華恋も加わって……。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・前回はこちら。
「実は私は」第145話「朱美みかんと黒峰朝陽」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

実は岡には秘密があった。
周囲の人々の考えが読めるテレパシーの能力の持ち主だったのだ。

この岡の能力は両親を不仲に追いやり、岡は離婚した母に引き取られることとなった。
それは岡に深い傷跡を残した。

さらに、岡の人格形成に大きな影響を与えたのは周囲の思考である。
彼は外界で本音と建前があることを知ったのだ。

以来、岡は皮肉屋となり誰も信じなくなった。
しかし、彼らと出会ったのだ―――「アナザル」こと朝陽と「外道クイーン」ことみかんに。

彼らは岡が知る誰とも違っていた。
何より2人には表裏が無かった。

朝陽は「アナザル」だけに心情がすぐに表に出た。
みかんはそもそも朝陽以外には心情を隠さない。

結果、2人は岡にとって本当の友人となった。
いつしか、岡はみかんに惹かれていたのである。

そして現在、遂に岡は奇跡を信じてみかんへの告白を決行し……あっさりと玉砕した。
みかんは岡に言ってのけた「あんたは本気じゃない」と。
また「昔の自分を見ているようだ」とも。

あっさりとフラれた岡は空を見上げて物思いに耽っていた。
奇跡はそう簡単に起こる筈が無い、と。

しかし、その直後に岡は別の奇跡を目にすることとなる。
なんと、岡の目の前で眼鏡が喋ったのだ。
そう、いわずもがなフクちゃんであった。

こうして出会った岡とフクちゃん。
果たして何が起こるのか―――147話に続く。

充実の「実は私は」が読めるのは「週刊少年チャンピオン」だけ。
本誌で確認せよ!!

<感想>

「週刊少年チャンピオン」にて「さくらDISCORD」を連載されていた増田英二先生の新作。
「さくらDISCORD」は未読の管理人ですが、1話を読んで注目している作品です。
コミックス1巻に続き2巻、3巻、4巻、5巻、6巻、7巻、8巻、9巻、10巻、11巻、12巻、13巻、14巻も重版出来とのことで目出度い。さらに15巻も発売。
そして、本作かなり面白い!!

2015年7月にはアニメ化も果たしており、シーズン2製作の報が待たれます。

【第EXTRA話】アニメ版「実は私は」スタッフさんとキャストさんの一部を明らかにされよう!

その146話。
サブタイは「岡田奏と朱美みかん」。

今話にてみかんと岡のカップリングはほぼ確定したと見て良いでしょう。
此処でフクちゃんが出て来た以上、2人の仲を取り持つことになるのは想像に難くありません。
また、岡の両親が離婚しているとのことですが、もしかすると「岡田は母方の姓で父方が黄龍院だったりしてみかんと交際する内に両親が復縁して姓が黄龍院になる可能性」とか出て来たりしちゃったりしたのではないでしょうか。
あるいは他にも何かあるのか。

それにしても岡も異能力者だったとは驚きました。
朝陽の友人たちも「仏のさくら」に「脅威のタフネスを誇る嶋」に「テレパシーを持つ岡」と一筋縄ではいかない面々ばかりだったんだなぁ……。
そして、岡がノイズと語っているのは葉子や渚たちのことか。
つまり、岡のテレパシー能力は人間限定なのかな。
ちなみに、岡にとってさくらも嶋も親友なのでしょう。
なにしろ、さくらは「仏のさくら」で表裏なし、嶋も言動に裏表のない清々しいまでのアレだし。

うむ、今回も充実した回ですな。
多くは語るまい、とりあえず読め!!

そう言えば、上でもお伝えした通りコミックス15巻も発売。
表紙は1巻の葉子、2巻の渚、3巻の獅穂、4巻の茜、5巻のフクちゃんとみかん、6巻の凛、7巻の明里さんに続き、8巻が銀華恋、9巻が渚とみかんのコンビ、10巻が1周回って葉子、11巻は獅穂と凛コンビ、12巻は緑苑坂弓と桐子の夫婦コンビ、13巻は桃地結香、14巻は水奈川咲と葉子に!!
そして15巻は獅穂たち三人娘に!!ああ、嶋よ……。
こうなると16巻は「明里とさくら」か「明里、茜、華恋」かなぁ。

ちなみに、上記のあらすじは本作の魅力を伝えられるよう改変を加えてまとめていますが、その面白さを伝えきれていません。
やっぱり、あの絵とコマ割りなどのテンポあっての本作。
是非、「週刊少年チャンピオン」本誌を読んで欲しい。

もう1度繰り返しましょう。
本作に興味を持たれた方には、是非、「週刊少年チャンピオン」本誌を捜して読んで欲しい。
最近の「週刊少年チャンピオン」は本作など本当に粒揃いでクオリティが高い作品が多い。
注目の雑誌の1つと言えるでしょう。

◆関連過去記事
「実は私は」第1話から第140話まで(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)まとめ

「実は私は」第141話「紅本先生とさくらさんB」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第142話「紅本先生とさくらさんC」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第143話「紅本先生を取り返そう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第144話「クラスメイトと仲良くしよう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第145話「朱美みかんと黒峰朝陽」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

登場人物一覧:
黒峰朝陽:主人公、通称「アナザル」。
白神葉子:朝陽の意中の人物。ある秘密が……。
紫々戸獅狼:葉子の幼馴染。彼もまたある秘密を……。
紫々戸獅穂:葉子の幼馴染。彼女もまたある秘密を……。

藍澤渚:クラス委員長。彼女にも秘密が……。
藍澤涼:渚の兄、意外な形で登場することに……。
紅本茜:紅本の親族らしい。彼女にも秘密が……。
紅本明里:教師。彼女にも秘密が……。
黄龍院凛:33話より登場した謎の少女。彼女にも秘密が!?
黄龍丸:凛が駆るドラゴン。52話にて意外な正体が明らかに。

朱美みかん:朝陽の幼馴染。新聞部所属。通称「外道クイーン(オレンジ)」。
岡田:朝陽の友人の1人。通称・岡。眼鏡が特徴。割と友人想いの様子。146話にてフルネームが「岡田奏」と判明。
嶋田:朝陽の友人の1人。通称・嶋。軽い。124話にてフルネームが「嶋田結太」と判明。
桜田:朝陽の友人の1人。通称・サクラ。渋い。
フクちゃん:「福の神見習い」を名乗る眼鏡。
フクの介:フクちゃんの先輩。やはり眼鏡。
フク太郎:フクちゃんとフクの介の先輩。やはり眼鏡。
フク蔵:フクちゃんとフクの介とフク太郎の先輩。やはり眼鏡。
手崎:文字通り茜の手先な料理教室のシェフ。

朝陽の父:朝陽の家族。22話に初登場。
朝陽の母:朝陽の家族。22話に初登場。
黒峰鳴:朝陽の妹。22話、28話、48話に登場。48話にて名前と顔が判明。92話で高校に進学。
白神源二郎:吸血鬼。額に十字傷を抱く巨人。39話にて名前が判明。
白神桐子:葉子の母で人間。和服の美女。38話にて名前が判明。
銀華恋:茜に続く第2のツノツキ……の筈だったが。58話から登場。

緑苑坂弓:朝陽たちの副担任、実は源二郎。92話から登場。
桃地結香:忍者少女、92話(実際は105話)から登場。ある秘密が……。
黄龍院閃:鳴、結香のクラスメートの男子。瓶底眼鏡に腰の日本刀がトレードマーク。132話で苗字が判明。
水奈川咲:結香、閃、鳴のクラスメート。109話から登場。ある秘密が……。
箱入り娘:114話終盤に登場した謎の人物!?

稲葉:葉子のクラスメイト。
松本:葉子のクラスメイト。
佐々木:葉子のクラスメイト。彼氏と別れたばかり。

「実は私は(15): 少年チャンピオン・コミックス」です!!
実は私は(15): 少年チャンピオン・コミックス



「実は私は(14): 少年チャンピオン・コミックス」です!!
実は私は(14): 少年チャンピオン・コミックス





こちらはキンドル版「[まとめ買い] 実は私は」です!!
[まとめ買い] 実は私は





キンドル版「透明人間の作り方 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
透明人間の作り方 (少年チャンピオン・コミックス)





キンドル版「[まとめ買い] さくらDISCORD」です!!
[まとめ買い] さくらDISCORD



posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。