2016年02月20日

スペシャルから連続ドラマへと転換した最強のドラマになるか!?「木曜ミステリー 警視庁捜査一課長」に注目せよ!!

「遂に此処まで来たか、恐るべき最強の刑事!!」と言うべきかもしれません。
「土曜ワイド劇場」でシリーズ5作まで放送された「警視庁捜査一課長〜ヒラから成り上がった最強の刑事!」が「木曜ミステリー」枠にて「警視庁捜査一課長」のタイトルにて2016年4月から連続ドラマ化されることが明らかになりました。

キャストについては大岩純一役の内藤剛志さん、平井真琴役の斉藤由貴さん、大岩小春役の床嶋佳子さん、小山田大介役の金田明夫さん、笹川健志役の本田博太郎さんが続投。
ファンにとって喜ばしい布陣となっています。
管理人的には内藤剛志さん、斉藤由貴さん、本田博太郎さんが出演されるのが嬉しい。

それにしても、まさかこのドラマが連続ドラマになるとは思わなかった。
本当に予想だにしなかった……そんな印象です。

思えば本シリーズと管理人の出会いは2012年7月14日に放送された第1弾でのこと。
初回の感想は過去記事をご覧頂きたく思いますが、あまり芳しいとは言えないものでした。

土曜ワイド劇場「警視庁捜査一課長〜ヒラから成り上がった最強の刑事!主婦達の4億円強奪トリック…血液型を自在に変える少女!!」(7月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

そして、翌年2013年8月3日に放送された第2弾。
第1弾のトラウマからか記事にしつつもほぼ見逃すとの事態に、全管理人がどよめきました。

土曜ワイド劇場「警視庁捜査一課長〜ヒラから成り上がった最強の刑事!2 殺意の誕生日…手編みブローチが死を招く!?火事でも燃えない女」(8月3日放送)たぶんネタバレ批評(レビュー)

さらに、2014年7月26日放送の第3弾。
キャラこそ良かったものの、薄味との評に。

土曜ワイド劇場「警視庁捜査一課長〜ヒラから成り上がった最強の刑事!3 結婚前夜に新郎新婦が殺人!?白骨が愛した美女9600人とルビーの謎」(7月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

でもって、2015年5月23日の第4弾。
個人的に合わないとの評。

土曜ワイド劇場「警視庁捜査一課長〜ヒラから成り上がった最強の刑事!4 東京湾が突然炎上!?死んだ夫に1億円の保険をかけた2人の美人妻…カレーとタマネギのアリバイトリック!!」(5月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

そして、2015年10月17日放送の第5弾。
個人的には抵抗なく視聴出来たとの評でした。おそらく個人的にシリーズ最高傑作。
ちなみに、今思えば第4弾に続き同年中の放送だったことが連続ドラマ化を見据えてのことだったのかもしれません。

土曜ワイド劇場「警視庁捜査一課長〜ヒラから成り上がった最強の刑事!5 美人容疑者が刑事と偽装結婚!?晴天なのに雨傘を持つ母娘のアリバイトリック…お洒落に散歩する死体の謎」(10月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

このように本シリーズについては割と辛口の評が続いていたのです。
それだけに連続ドラマ化についてはまさにサプライズ!!
ある意味、劇中の大岩のごとく何度となく立ち上がり続ける不屈の闘志を持つドラマなのかもしれません。
つまり、このドラマ侮れない!!

また、本シリーズでは視聴後にとあるブログの感想にドズル・ザビが登場することで(ごくごく一部に)有名。
これは作中の人海戦術シーンを象徴したものですが、それが連続ドラマ版でも受け継がれるかにも注目です。
本作のカラーなので受け継がれて欲しいところ。

ちなみに、あるブログの正体は目の前のソレです。
またまたちなみに、此の記事のタイトルが少しだけ土曜ワイド劇場版にちなんだものになっているのは……秘密です。

◆関連過去記事
土曜ワイド劇場「警視庁捜査一課長〜ヒラから成り上がった最強の刑事!主婦達の4億円強奪トリック…血液型を自在に変える少女!!」(7月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「警視庁捜査一課長〜ヒラから成り上がった最強の刑事!2 殺意の誕生日…手編みブローチが死を招く!?火事でも燃えない女」(8月3日放送)たぶんネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「警視庁捜査一課長〜ヒラから成り上がった最強の刑事!3 結婚前夜に新郎新婦が殺人!?白骨が愛した美女9600人とルビーの謎」(7月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「警視庁捜査一課長〜ヒラから成り上がった最強の刑事!4 東京湾が突然炎上!?死んだ夫に1億円の保険をかけた2人の美人妻…カレーとタマネギのアリバイトリック!!」(5月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「警視庁捜査一課長〜ヒラから成り上がった最強の刑事!5 美人容疑者が刑事と偽装結婚!?晴天なのに雨傘を持つ母娘のアリバイトリック…お洒落に散歩する死体の謎」(10月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

キンドル版「堀越捜査一課長殿/火繩銃 現世の夢シリーズ」です!!
堀越捜査一課長殿/火繩銃 現世の夢シリーズ



キンドル版「警視庁捜査一課長の「人を見抜く」極意 (光文社新書)」です!!
警視庁捜査一課長の「人を見抜く」極意 (光文社新書)



posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『光る崖』(夏樹静子著、光文社刊)

『光る崖』(夏樹静子著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

名古屋地検の検事・千鳥朱子は、秘めた関係にある服飾MD・郷原の誘いを断れず、飛騨へ旅に出かけた。旅行後、名古屋市内で傷害致死事件が発生。朱子の前に現れた参考人は、旅先で知り合った女性・北沢昌代だった。事件の調べを進めると、背後に女子高生売春グループの存在が浮かび上がってきた。――初めて女性検事を主人公に配した「記念碑的作品」が新装版で登場。
(光文社公式HPより)


<感想>

北沢昌代宅の事件(中尾の死)から始まり、豊松祥子の病死、富士川の毒殺事件と続く中で意外な真相が浮かび上がる作品。
実は、この3つの事件が密接に繋がっている。
さらに、朱子と郷原の不義などが結び付き男女の関係やモラルが問われている点が特徴だろう。

また、劇中では様々な愛の形が描かれます。

此処からは本作の内容のネタバレになっています、注意!!

朱子と郷原の「不義の愛」。
昌代から瑞枝の兄への愛は妄執を生みました。
久仁子から祥子への「娘を想う母の愛」。
祥子から奥平への愛は「純粋な愛」でしたが、奥平から祥子へは「偽りの愛」でした。
また、祥子の愛は「純粋過ぎた愛」とも言えそうです。

人は愛ゆえに強くなり、愛ゆえに妄執に陥る。
祥子は奥平の為に売春に走り、それ故に身の破滅を招いた。
昌代は瑞枝兄を失った為に、妄執に囚われ復讐に走った。
朱子もまた不義と知りつつ、郷原を追うのでしょう。
その先には何が待つのでしょうか!?

これらの様々な愛の形こそが本作のテーマ。
すなわち、「愛の強さ」や「愛ゆえの恐ろしさ」を示しているのかもしれません。

とはいえ、読後には何と言っても「昌代の恐ろしさ」が印象に残る。
なるほど、あの2人に対しては確かに許せないのは分かるがだからと言ってやり方がかなりエグイ。
しかも、きっちり自身は罪に問われないように謀っている点もエグイ。
それでいて周囲に最大限の被害が及ぶように狙っている点もエグイ。
正直、「男女の仲」や「モラル」よりも昌代の恐ろしさが何より心に残った。
幾ら相手が相手とはいえ、保身を行いつつ復讐に走るのはあまりにも虫が良過ぎるのではなかろうか……昌代よ。
さらに、無関係な祥子を巻き込み久仁子を悲嘆の淵に陥れたのは相当に罪深いぞ。
しかも、その久仁子にさらに罪を着せようとするし。
もちろん、その陰で動いていた奥平も十分に罪深い。

此の点、彼らは愛は愛でも「自己愛」なのかもしれないなぁ……。

そう言えば、ラスト以降も朱子と郷原の仲は続くようですし「社会的な倫理観」と「個人の感情」とは平時には守られても事有れば相容れないことを描いているのかもしれません。
何しろ、ラストでは法の番人である朱子を以てしても……なのですから。

なお、あらすじはまとめ易いようにかなり改変しています。
興味をお持ちの方は本作それ自体を読まれることをオススメ致します。

<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:
千鳥朱子:名古屋地検の検事。夫の没後、郷原と不倫中。
鮎子:朱子の1人娘。
郷原:朱子の不倫相手、病床にある妻・真苗が居る。
真苗:郷原の妻、病床にある。
北沢昌代:参考人であったが……。
奥平:中尾を過失致死で殺害したとされていたが……。
中尾:奥平に殺害された男性。
富士川:何者かに殺害される。
豊松:祥子の父、久仁子の夫。
久仁子:豊松の妻、祥子の母。
祥子:豊松と久仁子の娘。
瑞枝:???


千鳥朱子は名古屋地検の検事である。
夫は既に亡く、舅姑と娘・鮎子と暮らしている。

だが、朱子には秘密があった。
妻のある男性・郷原と不倫の関係にあったのだ。
郷原には妻・真苗がおり病床に臥せっている。
朱子は郷原と別れたくはないが、結婚出来ずにずるずると続くことにも焦りを募らせていた。
真苗の容態はあまり芳しくないようである。
朱子としてはいっそのこと真苗が居なくなってくれれば……と思わなくもない。
しかし、郷原はそんなことは露程も考えていない様子である。

そんなある日、朱子は郷原と飛騨に旅行へ出かけた。
其処で吊り橋に立ち往生する少女と彼女を助けようとする女性を見かけることに。
女性の奮闘で少女は救い出された。
どうやら肝試しに橋を渡っていたところ、怖くて立ち往生してしまったらしい。
少女を助けた女性の勇気を称賛する朱子であったが……。

それから暫くして朱子は彼女と再会する。
彼女の名は北沢昌代、中尾過失致死事件の参考人であった。

中尾過失致死事件の概要は次の通りである。
昌代が自宅で草刈を依頼した奥平青年と喧嘩になった。
其処に通りがかった中尾が仲裁に入り、誤って奥平青年が手にしていた鎌で落命したのだ。
昌代と奥平青年に深い接点はなかったことから、あくまで事故と思われた。
奥平青年は未成年であり事故となれば罪は軽い。
結局、事件は事故として処理されることとなったが……。

それから数ヶ月後、豊松家では久仁子が娘・祥子の素行について頭を悩ませていた。
祥子の異性関係がやたら派手になったのだ。
どうやら、あまり良くない仲間と売春を行っているらしい。
その矢先、祥子が子宮外妊娠で死亡してしまった。

久仁子は祥子の恋人であった奥平から事情を聞かされ愕然とする。
祥子は奥平と交際していたのだが、奥平が中尾の過失致死で弁償金を支払うことになり、その大金を工面する為に売春していたのだ。
祥子を其処まで追い詰めたのは売春組織を指導する富士川なる男だと言う。
久仁子は富士川への恨みを募らせる。

直後、富士川が毒殺されてしまった。
奥平から久仁子が富士川を恨んでいたと聞かされた捜査本部は彼女を取調べ自白へと繋げた。

さて、この事件を担当したのが朱子であった。
朱子は奥平の名を目にするや、中尾殺害事件を思い出し調べ始めた。

すると、中尾と富士川に接点があることが判明する。
富士川が売春組織を仕切っており、中尾がその客だったのだ。
どうやら、中尾が接待の際に富士川から少女を派遣して貰っていたようである。

さらに、奥平と富士川にも接点があることが判明。
瑞枝なる少女が富士川により売春を強要されており自殺していたのだが、この恋人が奥平だったのだ。

朱子が奥平に聴取を行ったところ、奥平は真相を語り出した。
奥平は瑞枝と交際していた。
ところが、瑞枝は富士川に追い詰められ自殺してしまった。
奥平は瑞枝の日記から事情を察したが、それは伏せておくことにした。

そんなある日、奥平は偶然に昌代と出会った。
驚くべきことに昌代は瑞枝の兄の恋人であった。
しかも、瑞枝の兄は妹の死に心を痛め死亡してしまっていた。

此処で、奥平は瑞枝の日記を昌代に見せた。
内容を目にした昌代は烈火の如く怒り、復讐すると言い出した。

昌代が復讐対象としたのは富士川、中尾、豊松の3人だ。
これには日記のある一節が関連している。

富士川により売春を強要されていた瑞枝は中尾の接待で豊松相手の席に呼ばれた。
ところが、豊松は瑞枝を一瞥するなり「そんなことはしない」と引き取らせていたのだ。

これが昌代の何かに触れた。
昌代は富士川よりも中尾よりも豊松を憎んだ。
そのとき豊松が瑞枝の兄に事情を伝えてくれればきっと自殺する筈も無かった、昌代はそう考えたのだ。
実際は豊松と瑞枝の兄には何の接点も無いのだが、昌代はそう考えたのである。

さらに豊松を調べ、祥子の存在を見出すや昌代はさらに豊松へ憎悪を向けた。
同じ年頃の娘が居ながら瑞枝を助けようとしなかったのはおかしいと主張したのだ。
しかも「あいつは抱こうとしなかったことを誇っているに違いない。自分の潔癖さを誇っているに違いない。とんだ偽善者だ」とまで罵ったのだ。
こうして、昌代は豊松へもっとも残酷な復讐を思い立つことに。

其処からは奥平は昌代の言いなりであった。
後に昌代の供述によれば、奥平が昌代から多額の金を掴まされていたことも明らかになっている。

まず、昌代と奥平は中尾を事故に偽装し殺害した。
この実行犯は奥平では無い、昌代である。
昌代は奥平が未成年であることに目を付けた。
奥平の犯行ならば罪が軽いと彼に罪を着るように言い含めたのだ。
さらに、昌代は中尾と密かに男女の仲となり、あの日あの場所へ呼び出していた。
油断していた中尾はあっさりと昌代に殺害された。

続いて奥平に祥子を誘惑させ、売春するように追い落とした。
昌代によれば面白いほど祥子はあっさりと罠に嵌ったのだそうだ。
奥平を純粋に愛してしまった祥子は客を取らされ続けた挙句、子宮外妊娠で死亡してしまった。

そして、富士川殺害だ。
富士川もまた昌代と男女の仲になっていた。
さらに、昌代は奥平を使って久仁子に容疑が向かうように工作した上で富士川を毒殺した。
この際、昌代はアリバイを作っていたが、これも朱子により看破されている。

奥平が崩れたことで、昌代も渋々ながら罪を認めた。
しかし、彼女は復讐を完遂したことを喜ぶ言葉は述べたが、一言も謝罪の言葉は口にしなかった。

真犯人である昌代が逮捕されたことで久仁子は釈放された。
久仁子は夜な夜な町で祥子に似た少女を見つけては、その後を追うようになった。
おそらく祥子を追い求めているのだろう。

ある夜、郷原から朱子に電話が入った。
「真苗が持ち直したんだ、良かったよ」
明るい声で語る郷原にショックを隠せない朱子。
ところが、郷原の言葉は終わらなかった。
「僕は真苗の死を一度たりとも望んじゃいないんだ。何故なら、そんなことがなくとも僕らは一緒に居られるからね。どうだい、これから出て来ないか?」
その意味が何かは分からない。
だが、朱子に郷原の誘いを断る理由は無かった。
朱子は高鳴る胸を抑えつつ、待ち合わせ場所に急ぐのであった―――エンド。

◆夏樹静子先生関連過去記事
【書籍】
「見えない貌」(夏樹静子著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「てのひらのメモ」(夏樹静子著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「天使が消えていく」(夏樹静子著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「第三の女」(夏樹静子著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『死なれては困る』(夏樹静子著、徳間書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

【ドラマ】
【検事・霞夕子シリーズ】
金曜プレステージ 夏樹静子サスペンス・検事・霞夕子「首吊り死体が歩いた!悲劇の始まりは1年前の交通事故…歯科医の死体!残された親指の指紋の謎が解けた時…事件の真相が明らかになる(森を歩く死体)」(2月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「3週連続・罪と女とミステリー第2夜 夏樹静子サスペンス・検事霞夕子〜無関係な死〜猟銃に撃たれた老人・痴漢に間違えられた男…2つの事故に疑惑が生じた時女たちの運命が変わる…!」(9月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「検事 霞夕子3 年一回の訪問者〜ピアノの音が聞こえる日は殺人が起きる!?元女弁護士が容疑者になった理由・衝撃の過去を持つ女」(6月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「夏樹静子サスペンス 検事 霞夕子4 誤認逮捕〜もう失敗できない!1年前濡れ衣で人生を狂わされた男の周りで再び起こる怪事件…!かつてミスをした刑事はどう挑むか…?」(6月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「夏樹静子サスペンス 検事 霞夕子5 幻の罪 夫の死をイメージすることは罪なのか?夫が本当に死んだ時、死がもたらす利害と愛憎が浮かび上がる…!」(12月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「夏樹静子サスペンス 検事 霞夕子6 不能犯 同じ日の真夜中に複数の無関係な人間が同一人物を刺殺!?こんな偶然あるわけない…!法律を悪用する強敵の意外な正体」(5月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

赤と黒のゲキジョー「夏樹静子サスペンス 検事霞夕子7 死人に口あり 運び出された遺体が口を開き、男の名前を言って息絶えた 犯人の名?あるいは…死者の遺したメッセージに込められた執念」(10月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【イソベン・里村タマミの事件簿シリーズ】
月曜ゴールデン 夏樹静子サスペンス「見えない貌〜イソ弁里村タマミの事件簿〜ダムに美しき水死体!出会い系美人妻の孤独と禁断愛…真相を追う母を襲う新たな殺人…真実のカギは親子愛」(6月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「夏樹静子サスペンス 霧氷〜イソベン・里村タマミの事件簿〜我が子を殺しました 育児疲れの母が落ちたワナ!霧に消えた更なる殺人!嫉妬・愛憎…家族の秘密とは?」(10月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【弁護士・朝吹里矢子シリーズ(フジテレビ版)】
金曜プレステージ「夏樹静子サスペンス弁護士・朝吹里矢子〜古都・おさない証言にゆらぐ老舗〜能登和倉温泉・目撃者は5才児金沢−東京繋ぐ犯行のシナリオ」(12月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【弁護士・朝吹里矢子シリーズ(テレビ東京版)】
水曜ミステリー9「夏樹静子サスペンス 逆転弁護士ヤブハラ 証言拒否 資産家セレブ一族の連続殺害事件!美しき内縁の妻の2つの顔…黒い保険金6000万円と封印された謎の遺書」(2月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「夏樹静子サスペンス 逆転弁護士ヤブハラ2 京都嵐山・17年前の謎 無罪判決は誤審…!?酷似した殺人で再逮捕に 弁護士生命の危機!血染めの手袋が鍵に…完全アリバイの盲点(京都・十七年前の真実)」(10月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
月曜ゴールデン夏樹静子原作「Wの悲劇」(1月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

NHKドラマスペシャル てのひらのメモ「あなたは本当にわが子を放置したの?裁判員に選ばれた一人の主婦がたどり着く真実」(10月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「夏樹静子作家40年記念 天使が消えていく〜小さな命を守れ!欲望の街を走る女性記者!死者からの手紙!驚愕の結末とは!?」(10月30日放送)ネタバレなし感想

土曜ワイド劇場「女刑事・左近山響子 90便緊急待避せよ 復讐殺人フライト!!ハイジャック未遂の罠隣席は、連続殺人犯!?立ち聞きされた密会」(5月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「夏樹静子・作家40年記念 第三の女 運命の出会いは交換殺人の幕開けフランスで愛しあったあの女は一体誰なのか禁断の恋はエリート准教授を転落させていく…」(12月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「夏樹静子サスペンス 女請負人〜仕掛けられた女の罠〜女便利屋に舞い込んだ殺人依頼!?狂わされた犯罪計画…不審死の男と暗躍するストーカーの正体は?なりすまされた容疑者 真犯人との騙し合い!哀しき女の罪を暴け!」(9月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「夏樹静子サスペンス “無敵の法律事務所”弁護士橘明日香 動機証拠も十分な依頼人の無罪を勝ち取れるか!?赤い帽子の謎…脅迫状と指輪が暴く悲しき復讐!(弁護の鉄人)」(6月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他情報】
夏樹静子先生インタビュー記事が「asahi.com」に掲載!!

夏樹静子先生、読売オンラインにて囲碁について語られる!!

「光る崖 (光文社文庫)」です!!
光る崖 (光文社文庫)



キンドル版「光る崖 光文社文庫」です!!
光る崖 光文社文庫

posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。