2016年02月25日

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第30話「消えた英玖保」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第30話「消えた英玖保」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)です!!

登場人物一覧:
英玖保嘉門:往年の名探偵、引退を考えていたが……。ポアロポジション。
朝倉平助:英玖保の元助手、ブラジルから帰国した。ヘイスティングズポジション。
日之元警部:英玖保や朝倉と知己の警部。共に多くの事件を解決した英玖保を信頼している。
布村女史:英玖保嘉門の古馴染、ライバルにして同志。

ABC:英玖保に挑戦状を送り付けた犯人。
阿部力:『歯車』に執着する男。
馬老大人:華僑の元締。英玖保の依頼人。

芦屋留三:安の別れた夫。
芦屋安:煙草屋を経営する老女、第一の被害者。
土浦まり子:安の姪。

坂東美代:弁天島のカフェに勤める女給。第二の被害者。
鳴門降三:美代の婚約者。
たま:美代の姉。
灰川善太郎:静岡県警察部長。
片山清:浜松署署長。
黒武:浜松署の刑事。実は英玖保のファン。

千代田千寿郎:千倉に住む富豪。第三の被害者。
千代田祐司郎:千寿郎の弟。
ソーラ・グレコワ:千寿郎の女性秘書。

有野:映画館で殺害された第四の被害者。

<30話あらすじ>

〜〜〜これまでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

バーバラ・アレンの死の真相を暴いた名探偵・英玖保嘉門。
そんな英玖保に「ABC」を名乗る人物から挑戦状が届く!!

犯行を阻止しようとする英玖保だが「ABC」からの挑戦状通り4件の連続殺人が発生。

「A」で「浅草」の「芦屋安」。
「B」で「弁天島」の「坂東美代」。
「C」で「千倉」の「千代田千寿郎」。
「D」で「田園調布」の「有野」。

既に4人もの被害者が出てしまった。
そんな中、容疑者とされた阿部が遂に逮捕されることに。

・前回はこちら。
「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第29話「阿部の証言」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

阿部が「ABC」として逮捕されて数日、英玖保が姿を消してしまった。
どうやら、何かを調べているらしい。

それからさらに時が過ぎ、戻って来た英玖保はABCの被害者遺族を集めることに。
集められたのは祐司郎、ソーラ、まり子、鳴門、たまたちだ。

英玖保は1人1人に質問を投げかける。
まずは祐司郎にソーラを愛しているか。
これに祐司郎は「相手がどう思おうとも愛している」と答えた。

続いて鳴門に美代を愛していたか。
鳴門は「愛していたが、疎まれていたので身を退くこともある」と答える。

そしてたまに鳴門を愛しているか。
たまはこれを認める。

さらにソーラに千寿郎と結婚するつもりがあったかどうか。
ソーラは「好意を抱いていたが奥様を裏切ることは出来ない」と答えた。

これを聞いた英玖保はいよいよ本題へと踏み込んで行く。
すなわち「ABC殺人事件」の真相である―――31話に続く。

<感想>

エルキュール・ポワロが名探偵・英玖保嘉門として我々ファンの前に再臨しました!!
この英玖保嘉門、まさにポアロそのものの容姿です。
そして、その助手である朝倉もまた、まさに和製ヘイスティングズとの風貌。
これはかなり期待出来そうな作品ではないでしょうか。

遂にそんな本作の1巻と2巻が発売予定、見逃すな!!

その30話、サブタイは「消えた英玖保」。

遂に物語も終盤戦に突入か。
「名探偵、皆を集めてさてと言い」といったところ。
これまでの手掛かりをまとめると。

・第四の殺人は法則が破られている。
・第三の殺人だけは挑戦状が届くのが遅れている。
・田園調布に居た阿部を追いたてたのは誰だったか?
・映画館での犯行は暗闇に紛れてのことで阿部とは確認出来ていない。

つまり、第四の殺人は阿部の犯行に偽装する為のもの。
当然、犯人が阿部に変装していたことになる。
犯行可能なのは阿部を映画館まで追いたてた人物のみ。
そして、第三の犯行で利益を得たのは……その人物が犯人!!

英玖保は「ABC」の奸智を破ることが出来るのか!?
次回にも注目です!!

なお、3話までの原作『厩舎街の殺人』は早川書房『死人の鏡』収録作品なので興味のある方はチェックするべし!!

そうそう、ポアロと言えばデビッド・スーシェ版「名探偵ポワロ」のBlu-ray BOX化が明らかになりました。
なんと、2ボックス構成でそれぞれ「BOX1」が2015年11月3日、「BOX2」が2015年12月18日発売予定とのこと。

【注目せよ】遂にデビッド・スーシェ版「名探偵ポワロ」Blu-ray BOXが発売決定とのこと!!

さらに、アガサ・クリスティーと言えば2015年末に『そして誰もいなくなった』がミニドラマシリーズ化されることも判明!!

【2015年】『そして誰もいなくなった』ミニドラマシリーズ版が製作中とのこと!!

さらにさらに「トミーとタペンス ―2人で探偵を―」が2015年10月からNHKさんで放送されました!!

【朗報】英国ドラマ「トミーとタペンス ―2人で探偵を―」がNHKさん日曜23時枠にて放送開始とのこと!!

他にも2015年1月には三谷幸喜先生版「オリエント急行の殺人」が2夜に渡って放送されました。
こちらでのポアロポジションは「勝呂武尊」。

フジテレビ開局55周年特別企画「オリエント急行殺人事件 第1夜(前編) 原作アガサ・クリスティ 黒幕三谷幸喜 史上最も豪華な容疑者たち・世紀の話題作は今夜発進!」(1月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

フジテレビ開局55周年特別企画「オリエント急行殺人事件 第2夜(後編) 原作アガサ・クリスティ 黒幕三谷幸喜 犯人側から事件を描く世界が初めて目にする復讐劇・今夜完結!」(1月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

過去には赤冨士鷹も居ましたし、今度は勝呂武尊に英玖保嘉門とポアロこそ、まさに八面六臂の活躍を示す怪人物となりつつあるようです。
同時にこれはシャーロック・ホームズに続くエルキュール・ポアロブーム到来の兆しか!?

それを証明するように「カフェ・ポアロ」も期間限定オープン。
こちらは2015年2月27日(金)まででした。

さらに幻のシリーズ続編『ポアロとグリーンショアの阿房宮』も2015年1月9日に発売!!

2015年はポアロがブームに!?先駆けとなる「カフェ・ポアロ」が期間限定でオープンとのこと!!

やっぱりポアロブーム!!幻のポアロシリーズ続編『ポアロとグリーンショアの阿房宮』が2015年1月9日発売!!

ポアロシリーズと言えば、公式に正統続編として認められた『モノグラム殺人事件』もあります。
ファンはチェックせよ!!

これまでの登場人物一覧:
英玖保嘉門:往年の名探偵、引退を考えていたが……。ポアロポジション。
朝倉平助:英玖保の元助手、ブラジルから帰国した。ヘイスティングズポジション。

・「厩舎街の殺人」編(1話から3話まで)
馬老大人:華僑の元締。英玖保の依頼人。
加藤警部:地元の警部。
バーバラ・アレン:被害者。
プレンダーリース:バーバラと同居していた女性。
西喜一郎:バーバラの婚約者。
ユースタス:バーバラの元夫。貿易商。

・「ABC殺人事件」編(4話以降)
日之元警部:英玖保や朝倉と知己の警部。共に多くの事件を解決した英玖保を信頼している。
布村女史:英玖保嘉門の古馴染、ライバルにして同志。
ABC:英玖保に挑戦状を送り付けた犯人。
阿部力:『歯車』に執着する男。
馬老大人:華僑の元締。英玖保の依頼人。
芦屋留三:安の別れた夫。
芦屋安:煙草屋を経営する老女、第一の被害者。
土浦まり子:安の姪。
坂東美代:弁天島のカフェに勤める女給。第二の被害者。
鳴門降三:美代の婚約者。
たま:美代の姉。
灰川善太郎:静岡県警察部長。
片山清:浜松署署長。
黒武:浜松署の刑事。実は英玖保のファン。
千代田千寿郎:千倉に住む富豪。第三の被害者。
千代田祐司郎:千寿郎の弟。
ソーラ・グレコワ:千寿郎の女性秘書。
有野:映画館で殺害された第四の被害者。

◆関連過去記事
「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第1話(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第2話「南京街の事件」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第3話「死の真相」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第4話「手紙」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第5話「戒厳令下の殺人」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第6話「英玖保の憂い」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第7話「歯車の男」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第8話「第二の手紙」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第9話「弁天島へ」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第10話「湖畔の殺人」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第11話「第二の被害者」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第12話「捜査方針」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第13話「第三の手紙」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第14話「第三の被害者」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第15話「秘書の証言」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第16話「千代田千寿郎の妻」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第17話「遺族会議」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第18話「遺書」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第19話「ソーラの失踪」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第20話「化粧水」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第21話「阿部の不安」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第22話「第四の手紙」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第23話「人相書き」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第24話「宿帳」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第25話「予告前夜」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第26話「遭遇」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第27話「逃避行」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第28話「“D”の事件」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖」第29話「阿部の証言」(作画・星野泰視 原作・アガサ・クリスティー、小学館刊『ビッグコミックオリジナル』連載中)ネタバレ批評(レビュー)

◆関連過去記事
【書評(レビュー)】
・「ホロー荘の殺人」ネタバレ書評(レビュー)
「ホロー荘の殺人」(アガサ・クリスティー著、中村能三訳、早川書房刊)

『オリエント急行の殺人』(アガサ・クリスティー著・山本やよい訳 、早川書房刊)ネタバレ書評(レビュー)

・ポアロシリーズ最終作「カーテン」ネタバレ書評(レビュー)はこちらから。
「カーテン」(アガサ・クリスティー著・中村能三訳 、ハヤカワ書房刊)

「ねじれた家」(アガサ・クリスティ著、早川書房刊)ネタバレ書評(レビュー)

【映像化作品】
フジテレビ開局55周年特別企画「オリエント急行殺人事件 第1夜(前編) 原作アガサ・クリスティ 黒幕三谷幸喜 史上最も豪華な容疑者たち・世紀の話題作は今夜発進!」(1月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

フジテレビ開局55周年特別企画「オリエント急行殺人事件 第2夜(後編) 原作アガサ・クリスティ 黒幕三谷幸喜 犯人側から事件を描く世界が初めて目にする復讐劇・今夜完結!」(1月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【映画化関連情報】
【速報】ミス・マープルものがディズニーで映画化されるとのこと!!

アガサ・クリスティ原作「ねじれた家(Crooked House)」が映画化!!

アガサ・クリスティー原作映画「ねじれた家」キャスト発表!!

シュワちゃんがアガサ・クリスティ原作映画に出演!?「そして(敵が)誰もいなくなった」な映画のタイトルは「サボタージュ(原題)」!!

映画「オリエント急行殺人事件」がリメイクとのこと!!

【イベントその他】
アガサ・クリスティー生誕120年展覧会開催中!!

金沢にてアガサ・クリスティー原作「検察側の証人」舞台上演決定!!

舞台「検察側の証人」東京公演決定!!

「名探偵ポワロ」ニュー・シーズン DVD-BOX3は2010年12月3日発売開始!!

アガサ・クリスティ「ポアロにうんざり」発言にファン「え〜〜〜っ!!」と叫ぶ

「ザ・リッツ・カールトン大阪」にて「アガサ・クリスティー ナイト」開催!!

【注目】「アガサ・クリスティ大事典」が話題に

「名探偵ポワロ DVDコレクション」刊行中!!

アガサ・クリスティー『オリエント急行の殺人』が初の邦版翻案ドラマ化!!その名は「オリエント急行殺人事件」!!

2014年の今もポアロシリーズ続編が刊行されていた!?その名も『モノグラム殺人事件』(早川書房刊)に注目せよ!!

2015年はポアロがブームに!?先駆けとなる「カフェ・ポアロ」が期間限定でオープンとのこと!!

やっぱりポアロブーム!!幻のポアロシリーズ続編『ポアロとグリーンショアの阿房宮』が2015年1月9日発売!!

【注目せよ】遂にデビッド・スーシェ版「名探偵ポワロ」Blu-ray BOXが発売決定とのこと!!

「ABC殺人事件 名探偵・英久保嘉門の推理手帖(1): ビッグ コミックス」です!!
ABC殺人事件 名探偵・英久保嘉門の推理手帖(1): ビッグ コミックス





「ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖(2): ビッグ コミックス」です!!
ABC殺人事件 名探偵・英玖保嘉門の推理手帖(2): ビッグ コミックス





「ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)」です!!
ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)





これを読めばあなたもアガサ・クリスティー通!!
「アガサ・クリスティー完全攻略」です!!
アガサ・クリスティー完全攻略





こちらもアガサ通必読の書!!
「アガサ・クリスティ大事典」です!!
アガサ・クリスティ大事典





「名探偵ポワロ Blu-ray BOX1」です!!
名探偵ポワロ Blu-ray BOX1





「名探偵ポワロ Blu-ray BOX2」です!!
名探偵ポワロ Blu-ray BOX2





こちらは「名探偵ポワロ 全巻DVD-SET」です!!
名探偵ポワロ 全巻DVD-SET





posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課」7話「宿命の2人…明かされる衝撃の真実」(2月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課」7話「宿命の2人…明かされる衝撃の真実」(2月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

腹を刺されたまま車を運転していた謙人(DAIGO)が事故を起こす。相手の車には中学教師・浜岡(篠田光亮)の遺体が…。しかし浜岡の死因は事故ではなく殺人で、運転手が逃走していたと判明!浜岡を殺し、遺体を運んでいたのは誰なのか?この事件の真相が渚(堀北真希)と謙人の数奇な運命を紐解くカギとなる!あの日、何が起こったのか…殺人犯の息子と被害者の娘…20年の時を越え、再び出会ってしまった2人の宿命とは!?
(公式HPより)


では、続きから(一部、あらすじと重複あり)……

捜査七課に所属する渚は高い共感能力を用いて被害者とシンクロすることが出来る刑事である。

そんな渚たちが今回担当した事件は「浜岡殺害事件」。
夏子に腹部を刺された謙人が事故を起こし、相手の運転手が死亡した浜岡だったのだ。
当初こそ謙人が原因かとも思われたが、調べたところ浜岡は事故の3時間前に死亡していたことが判明。
つまり、誰かが浜岡の死体を乗せて運転していたことになる。

被害者である浜岡は私立女子中学校の熱血教師。
浜岡と婚約解消したばかりの美術教師・沙保里に容疑が向かうことに。

一方で、渚は転入生のひなたが犯人であると突き止める。
ひなたが浜岡を殺害してしまい、ひなたの父が彼女を庇うべく車に乗せて運んでいたのだ。

父が娘を庇ったのだ。
これを聞いた渚は20年前の父・来宮殺害についてある仮説を立てる。
問い詰められた謙人は彼が知る事実を語り出した。

20年前、狩野は謙人を来宮家へ養子に出そうとしていた。
これを嫌った謙人は狩野を毒殺しようとした。

此処からは謙人はその場に居なかったので分からない。
ところが、何がどうなったのか来宮が毒殺されてしまった。
謙人の犯行だと考えた狩野はこれを庇う為に来宮を刺した。

こんな感じだと思われるらしい。
謙人は狩野に確認しようとしたのだが、夏子に刺され確認出来ず仕舞いだったのだそうだ。

一方、神藤はすみれと20年前の来宮の事件について語っていた。
どうやら、すみれは来宮の死によって大出世を遂げたのだそうだが―――8話へ続く。

<感想>

「ヒガンバナ〜女たちの犯罪ファイル」が遂に連続ドラマ化!!
その名も「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課」、その7話です。

20年前の真相が少しずつ明らかになっている様子。
とはいえ、まだ裏がありそうですね。

特に神藤とすみれの遣り取りからすると、来宮は上層部の不正を掴んでいたのではなかろうか。
其処で命を狙われ殺害された。
これを狩野が謙人の犯行と誤認、あるいは事実を知りつつ買収され隠蔽した。
こんな感じかなぁ……。

とはいえ、すみれ自身の真意が不明だよなぁ。
渚を仲間に招いたことからも上層部の不正を暴くつもりなのだろうか。
次回も要注目です!!

◆関連過去記事
「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課」1話「殺害現場に残る真実の声」(1月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課」2話「誘拐犯の謎の指令…!真の目的とは」(1月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課」3話(1月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課」4話「愛の悲劇…女性科学者が謎の爆死!」(2月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課」5話「嫉妬と羨望…天才バレリーナの悲劇」(2月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課」6話「明かされる秘密!父を殺した男の謎」(2月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【2016年1月】日本テレビ系「ヒガンバナ」が連続ドラマ化されるとのこと!!

「ヒガンバナ〜女たちの犯罪ファイル [DVD]」です!!
ヒガンバナ〜女たちの犯罪ファイル [DVD]



「ヒガンバナ 警視庁捜査七課 STORY BOOK」です!!
ヒガンバナ 警視庁捜査七課 STORY BOOK



キンドル版「ヒガンバナ 警視庁捜査七課 STORY BOOK」です!!
ヒガンバナ 警視庁捜査七課 STORY BOOK

posted by 俺 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水曜ミステリー9「嫌われ監察官 音無一六3〜警察内部調査の鬼〜 連続殺人事件の現場に残されたのは、恋愛を詠った百人一首の札。怨恨か?それとも…?監察官・音無一六が“深読み力”で真相を暴く!」(2月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「嫌われ監察官 音無一六3〜警察内部調査の鬼〜 連続殺人事件の現場に残されたのは、恋愛を詠った百人一首の札。怨恨か?それとも…?監察官・音無一六が“深読み力”で真相を暴く!」(2月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

二件の不可解な殺人事件が発生する。釣りをしていた弁護士の五十嵐泰臣(長棟嘉道)が海辺で絞殺された事件と、その一カ月後に起きた芸能プロダクション社長・十文字みどり(宇津井香織)の毒殺事件だ。なぜか五十嵐の遺体には百人一首の藤原敦忠の上の句、みどりの遺体には下の句の札が残されていた。湾岸北署の捜査本部では、句の意味から恋愛絡みの怨恨による連続殺人であると推測。模倣犯を防ぐためマスコミには伏せて捜査が進められるが、三カ月経っても犯人逮捕に至らないでいた。そこへ警視庁人事一課の監察官・音無一六(小日向文世)が現れ、「捜査そのものの特別監察をする」と捜査員に宣言。だが本当は警務部長の千住遼子(田中美佐子)からある任務を任されていた…。

一六は、刑事の個人面談に加え、捜査を監察し続ける。三条渚(中越典子)、高崎邦茂(松田悟志)が向かった宗教団体「幸愛の光」への聞き込みに同行した一六は、本部前で抗議活動を行う被害者の会の姿を目にする。被害者の会と共に闘っていた五十嵐弁護士の殺害にも関与しているはずだと訴える彼らに対し、広報の真柴圭史(尾上寛之)は、全員アリバイがあると否定するが…。

そんな中、一六は元監察官の藤代栄治(宅麻伸)と遭遇。かつては誰からも好かれる監察官で、高崎が過去に問題を起こした際、温情で処分が軽くなったことも。数年前に警察を退職し、今は探偵として「幸愛の光」を調べているという。その頃、三条は刑事部長の七尾政和(石丸謙二郎)に呼び出されていた。一六を危険人物だと思っている七尾は、三条に一六を監視するよう命じる。

ところがその日の深夜、大学病院の心臓外科医・小玉道宣(大家仁志)の刺殺体が発見される。遺体にはまたもや右近という女流作家の百人一首の札が…。恋愛に関する句で、管理官の飯塚久雄(矢島健一)は今回も怨恨の線だと断言するが、一六はそんな飯塚の考えに異を唱える。句の背景に気付いた一六の“深読み”とは…。

さらに三条、高崎を監察していた一六は、被害者の会の代表・原雅義(井上高志)から、前代表の田辺秀治(藏内秀樹)が自殺した話を聞く。田辺の死もまた教団に仕組まれたものだと主張するが、やはり「幸愛の光」にはアリバイがあった。捜査が行き詰まる中、マスコミに伏せていた事件の捜査情報が漏れ、新聞の一面に「百人一首殺人事件」の詳細が掲載されてしまう。

なぜ情報が漏れたのか?連続殺人は教団の仕業なのか?そして百人一首に込められた意味とは…?
(水曜ミステリー9公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……。

音無一六は警視庁人事一課の監察官である。
警察の警察とでもいうべき仕事である監察官だが、一六はその厳しい姿勢により周囲から疎んじられていた。
そんな彼を理解し支持するのは刑務部長の千住遼子などごくわずかである。

そんな中、弁護士の五十嵐泰臣が何者かに絞殺される事件が発生。
さらに1ヶ月後には芸能プロダクション社長・十文字みどりが毒殺された。

一見、全く別件に見える2つの殺人事件。
ところが、2つの殺害現場には共に百人一首の句が残されていたのである。
藤原敦忠の上の句が五十嵐の殺害現場に、下の句がみどり殺害現場に置かれていたのだ。

三条渚が所属する湾岸北署では句の内容から恋愛絡みの怨恨殺人として捜査を開始。
ところが、3ヶ月経過するも犯人を捕まえられない状態であった。

此処へ一六が参加することとなった。
渚は刑事部長の七尾から一六監視の命を受けて相棒となることに。

一方、当の一六も千住遼子からの密命を遂行していた。
それは黒い噂の絶えない高崎邦茂を監察すること。
また、元監察官の藤代栄治について調べることであった。
藤代は監察官当時から一六と異なる温情派で知られており、高崎に対しても処分を軽くしたほどであった。
ところが、高崎は素行不良が改まらず、今も利益を貪り続けている。
そして、処分した筈の藤代が退職する羽目に陥っていた。
退職した藤代は探偵として「幸愛の光」を調べていたが、金属アレルギーに苦しんでいた。
「幸愛の会」はかなり悪評高い団体で、騙しては金を巻き上げていたらしい。

そんな中、「幸愛の光」と五十嵐が対立関係にあったことが明らかに。
五十嵐は「幸愛の光被害者の会」と共に訴訟を起こすつもりだったようだ。

「被害者の会」代表・原雅義は「幸愛の会」側が五十嵐を殺したと主張。
原によれば彼の先代となる前代表・田辺秀治も謎の首吊り自殺を遂げており、これも「幸愛の会」による謀殺だと主張する。

しかし、「幸愛の会」では広報担当の真柴圭史がこれに真っ向から反論。
五十嵐殺害時には1日かけて会報誌を撮影しており犯行は不可能だと主張する。
これを証明するように会報誌にはピンク色の酔芙蓉と共に映る真柴の姿が。
また、田辺死亡時には真柴は「幸愛の会」の会員では無かった。
同時に会員にも犯行不可能とアリバイを提示する。

その深夜、大学病院の心臓外科医・小玉道宣が刺殺体で発見される。
現場には右近による百人一首の句が残されていた。

一六は監察の結果から高崎が「幸愛の会」と繋がっていることに気付く。
しかも「被害者の会」側だった筈の五十嵐も実は「幸愛の会」側の人間であった。

直後、高崎が拳銃で死亡する。
一六は高崎宅の蛍光灯が取り換えられていたことから、何者かによる他殺だと考えるが……。

さらに、一六は原から田辺が被害者の会を立ち上げた動機を聞くことに。
原によれば、田辺は本人ではなく知人が被害に遭ったのだそうだ。

田辺について調べたところ、田辺が教師として百人一首研究会の顧問を務めていたことが分かる。
どうやら、現場に残された百人一首はコレを示していたようだ。

「スコトーマ(心理的盲点)だった!!」と叫ぶ一六。
一六は五十嵐、みどり、小玉の殺害方法がそれぞれ異なっていたことに注目。
百人一首から1人が別の方法で殺害したと考えていたが、そもそも複数が犯行に及んでいる可能性に思い至る。

まず、一六は田辺が首吊り自殺を遂げたとされていた点に注目。
五十嵐の殺害方法が絞殺であることから、この復讐と考えるように。
つまり、田辺は五十嵐に殺害されたのだ。

続いて、みどりについて調べたところ、みどりが従業員に靴を舐めさせ相手を死に追いやっていたことが明らかに。
みどり殺害直前の映像を調べたところ、靴を履きかえたと思しき人物を発見する。
どうやら、犯人は靴に毒を塗りみどりに舐めさせ毒殺し、靴を履きかえたようだ。

小玉もまた過去に手術ミスで患者を死に追いやっていた。
だからこそ、刺殺だったのだろう。

続いて、一六は会報誌の酔芙蓉に注目。
酔芙蓉は午前中は白色、午後はピンク色に変る花であった。
ところが、会報誌に真柴と共に載った酔芙蓉はピンクである。
つまり、真柴は午後から撮影に参加したが午前は不在だったのだ。
アリバイがこうして崩れた。

さらに、真柴について調べたところ田辺の教え子だったことが判明。

真柴宅を訪れた一六は、彼のPCに「天誅」と書かれたサイトを見つける。
しかし、パスワードが分からず中を確認出来ない。
当時の百人一首研究会の会誌「あまつかぜ」から「AMASTUKAZE」と推測した一六、さらに「12番の句」であることから「AMASTUKAZE12」と入力したところ、これがパスワードであった。

「天誅サイト」では、真柴らが五十嵐、みどり、小玉殺害について赤裸々に語っていた。
そして、もう1人・長谷部もターゲットにされていたのだ。

一六は長谷部を救うべく現場へ駆け付け、真柴らを逮捕する。
「天誅サイト」は五十嵐、みどり、小玉、長谷部に恨みを持つ4人が集まって運営していた。

真柴が田辺の恨みで五十嵐を殺害。
他のメンバーもそれぞれに復讐していたのであった。

逮捕された真柴たちは五十嵐、みどり、小玉殺害は認めるが高崎殺害については否定する。

一六は高崎殺害犯は別に居るとして、ある人物を呼び出した。
藤代だ。

藤代は温情をかけたにも関わらず高崎から恨まれていた。
高崎は「幸愛の会」に藤代の母・美和子を狙わせ金を奪い死に至らしめた。
これに激怒した藤代が高崎を殺害したのであった。

藤代には金属アレルギーがあり、高崎殺害時に首筋に金属片を浴びていた。
これにより湿疹が残ったことが決め手となり、藤代は逮捕されることに。

そんな藤代に一六は「あなたが高崎に温情をかけたことが仇になったんです!!」と叫ぶ。
藤代が高崎に温情をかけたことで「幸愛の会」により多くの人々が被害に遭ったのである。
監察官として「辛くとも厳しくあらねばならぬ」と訴える一六に、涙を流す藤代であった。

この一六の姿に感銘を受けた渚は彼に尊敬のまなざしを寄せるのであった―――エンド。

<感想>

「嫌われ監察官 音無一六〜警察内部調査の鬼〜」シリーズ第3弾。
原案は「金曜プレステージ 財前一二三」で知られる酒井直行先生。
そう言えば、名前が漢数字との共通点がありますね。
「財前一二三」のときも思ったけど「一六」の「3」って、面白いなぁ。

酒井先生と言えば、次のニュースも過去記事がありましたね。
興味のある方は本記事下部のアマゾンさんリンクをチェック!!

「医療捜査官 財前一二三」原作で知られる酒井直行先生がご当地キャラクター「あみたん娘」を題材にした小説を手掛けられるとのこと。

では、ドラマの感想を。

既に述べましたが、レギュラーキャラの名前がすべて数字に関連していますね。
また、今回から五月女ちとせに代わり三条渚が加わることに。

これにより数字も、主人公が一と六、三条渚が三、七尾政和が七、二宮満が二、千住遼子も千か。
それ以外にもゲストでは五十嵐泰臣が五十、十文字みどりが十だったり。
こういったところに遊び心が感じられます。

今回は一六の監察官としての信念が描かれました。
職務の内容が内容だけに、藤代のように温情をかけることは逆に多くの被害を生む。
だからこそ、冷徹と疎まれようとも忠実に職務を遂行する必要がある。
そんな一六の声が聞こえて来そうです。

そう言えば、真柴たちは1人で1人ずつターゲットに復讐していたのに、どうして長谷部のときだけ4人で集まっていたのだろう。
まるで一網打尽にされるのを待っていたかのようです。

総評として、2時間ではちょっと尺が不足していた気がします。
それくらい内容が濃かった。
内容的に2時間30分くらいでじっくり描いた方が良かったかも。

◆関連過去記事
水曜ミステリー9「嫌われ監察官 音無一六2〜警察内部調査の鬼〜 “深読み”の天才は刑事の敵!?15年前から届いた悪魔の告発文!!“時が止まった”母子を救え!!」(11月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「医療捜査官 財前一二三5 〜湯けむりに沈む殺意!温泉病院殺人事件〜 医師&刑事2つの顔持つ女シリーズ第5弾・病院長の令嬢が殺害!!遺産60億円!相続人は父の愛人!?鍵は温泉水、禁断の死因操作とは!?完璧な医療トリックに財前が挑む」(6月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「壮絶!女のミステリー第2弾 医療捜査官 財前一二三4 大人気医療サスペンス第4弾!名門校で相次ぐ生徒の心臓発作 不審死に秘めた学校の思惑と薬物投与疑惑!?証拠のない遺体に財前が正義のメスを刻む」(11月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「医療捜査官 財前一二三3 死のカルテが導くウィルス新薬の謎と悲しき真実…連続殺人の裏に潜む薬物犯罪!?医学部の陰謀を医療捜査のメスが刻む!」(8月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「医療捜査官 財前一二三2 遺体解剖後に消された病理医!?4年前の事件が呼び起こす歪んだ愛の殺人連鎖…闇に潰された再捜査が示す悲しい絆と復讐の鬼」(12月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「医療捜査官 財前一二三 顔と指紋の無い身元不明の焼死体!重病患者の謎の退院に隠された陰謀〜病院内に渦巻く復讐の罠…消えたカルテが誘う第2殺人」(5月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「医療捜査官 財前一二三」原作で知られる酒井直行先生がご当地キャラクター「あみたん娘」を題材にした小説を手掛けられるとのこと。

<キャスト>

音無一六:小日向文世
三条渚:中越典子
藤代栄治:宅麻伸
高崎邦茂:松田悟志
飯塚久雄:矢島健一
真柴圭史:尾上寛之
水守義昭:西山浩司
原雅義:井上高志
中川孝祐:田中聡元
末次俊:伊与勢我無
七尾政和:石丸謙二郎
二宮満:小野武彦
千住遼子:田中美佐子 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


酒井直行先生「あみたん娘 きときとNOVELS」です!!
あみたん娘 きときとNOVELS



「あみたん娘 The First ‐TAKAOKA きときと SONGS‐」です!!
あみたん娘 The First ‐TAKAOKA きときと SONGS‐

「相棒season14」第17話「物理学者と猫」(2月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「相棒season14」第17話「物理学者と猫」(2月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

日本で100番目に早い(たぶん)、「相棒season14」第17話「物理学者と猫」(2月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)。

<ネタバレあらすじ>

とある研究室でのことである。
1人の女性(大沼百合子)が床に倒れ込んでいた。
その傍らには一冊のノートが、そして「シュレディンガーの猫」……。

2ヶ月後、右京(水谷豊)と冠城(反町隆史)の姿は帝都大学にあった。
右京たちは謎の死を遂げた成田知子(大沼百合子)教授の遺品を返却に訪れていたのだ。
知子は物理学者、次世代機器として注目されていた量子コンピューターの実用化に成功しつつあったのだそうだ。
その矢先の死であった。
知子の後を継いだ研究者が奮闘しているが量子コンピューターの実用化は難航しているようだ。

【09:02】

知子と親しかった理論物理学者の堀井(正名僕蔵)准教授を訪ねる右京たち。
ところが、幾ら呼ぼうとも堀井は研究室から出て来ない。
留守なのだろうか?
右京は「成田教授のノートに書かれていたRTの意味を知りたかったのですが」と悔しがる。
其処には数式と共に赤文字で「RT」と大書されていたが……。

仕方なく総務部へ知子の夫・祐二を訪ねた右京たち。
知子の死を悼む祐二、知子の死因は誤って液体窒素で酸欠を起こし窒息死したことにあった。

右京は知子が書いたと思われる実験器具の注文票を確認し、液体窒素が1本から2本に変更されていることに気付く。
しかも、2本に変更した筆跡のみは他と異なっていた。
どうやら、知子以外の人物が手直ししたようだが……。

知子の助手であった山崎麻美を訪ねた右京たち。
彼女こそ、知子の後を継いだとされる研究者であった。
麻美によると、液体窒素は熱エネルギーを排除する為の物だったらしい。

改めて、堀井准教授を訪ねる右京たち。
今度は堀井も在室していた。
いや、先程も在室していたのだが研究に集中していて気付けなかったらしい。

「ニャア」
可愛らしい猫の呼び声に目を留めた右京。
其処には毛並みの良い黒猫が座っていた。

右京は猫を見るなり「シュレディンガーの猫ですね」と口にする。
これに目を細めた堀井は「シュレディンガーの猫」について語り出す。

「シュレディンガーの猫(シュレーディンガーの猫)」とは次のような現代物理の考え方である(あくまで本作中での解釈による)。

2分の1の確率で毒ガスが流れるケージがある。
此処に猫を入れたとする。
さて、猫は生きているか死んでいるか?
答えはケージを開けてみるまで分からない。
此の時、ケージの中には「生きている猫」と「死んでいる猫」が重なった状態で存在する。
すなわち、「猫が生きている世界」と「猫が死んでいる世界」とが並立してる。
しかし、ケージを開けた瞬間にどちらかの世界にシフトするのだ。
そして、残された世界もまた並行世界として存在する。

堀井の説明に狐に抓まれたような顔をする冠城であったが……。

【09:20】

突如として警報装置のアラームが鳴り響いた。
どうやら実験室で何かが起こったようだ。

右京と堀井が慌てて駆け付けたところ、研究生の近江が右往左往している。
実験室の中でガスが発生しているようだが換気装置が動いていないようである。
しかも、中には麻美が居るそうだ。

「どうせ鼠でも詰まったのだろう。それよりも、何のガスか分かるまでは扉を開けないように」

周囲から人払いを行う堀井。
結局、ガスではなく液体窒素であることが分かり中に入ったときには麻美は死亡していた。
奇しくも知子と同じ死因であった。

近江によれば麻美は知子と同じ研究を行っていたらしい。
麻美が知子の研究を引き継ぐこととなった経緯だが、知子と麻美は実践、堀井は理論と分かれていた為に自動的に麻美が研究を引き継ぐことになったと言う。
しかも、これにより麻美は知子の研究の権利を独占したのだそうだ。

堀井の言葉通り、換気口から鼠の死骸が検出された。
どうやら、この鼠が換気口を塞ぎ麻美を死に追いやったようだ。
ところが、鼠が毒殺されていたことが判明。
既に死亡していた鼠が換気口を塞げる筈が無い。
つまり、何者かが意図的に其処に置いたことになる。

【09:50】

右京は堀井の研究室を密かに調べ、当日の実験予定表を入手した。
其処には「麻美の実験が液体窒素を用いるものである」と記されていた。

右京は冠城と共に堀井の前へ。
まず、鼠の死骸から麻美の死が他殺であることを指摘。
これを堀井が「どうせ鼠だろう」と口走っていたこと。
さらに、堀井が液体窒素を用いた麻美の実験内容を事前に知っており「何のガスか分からない」と人払いする必要が無かったことから彼が犯人であると断定する。

「まさか、こんなときに警察が来るなんてね」
自嘲する堀井。

堀井と知子は同志であった。
そんな知子を殺害し研究を奪った麻美が許せなかったのだそうだ。

「あなたには本当にこの道しかなかったなんですか」
これを聞いた右京は堀井の犯行を惜しむ。

「麻美先生を殺さなかったとして僕には他にどんな世界があったのでしょうか?」
そんな右京に問いかける堀井だが……。

「ニャア」
猫の声と共に堀井の意識が消えた。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆第2の世界◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【09:20】

堀井が気付いた時、彼の姿は自身の研究室にあった。
目の前には右京と冠城の姿がある。
どうやら「シュレディンガーの猫」について説明した直後のようだ。

と、突如として警報装置のアラームが鳴り響いた。
どうやら、実験室で麻美の事故が起こったようである。

飛び出して行く堀井。
続こうとした右京だが、その目が机の上の資料で止まる。
其処には当日の実験予定表があった。
これを目にした右京は「おや?」と首を傾げる。

「どうせ鼠でも詰まったのだろう。それよりも、何のガスか分かるまでは扉を開けないように」
右往左往する近江に対し、人払いを行う堀井。
だが、右京はこれを無視して室内へ突入し麻美を救う。
実験予定表から「液体窒素」であると知った為だ。

数十分後、先と同じく換気扇を止めた鼠の死因が判明した。
右京は堀井の犯行と断定する。

【09:50】

堀井は一命を取り留めた麻美からある事実を聞かされていた。
驚いた堀井は研究室から内線電話を入れる。

数分後、堀井は祐二と密会していた。
堀井は麻美から聞いた内容を祐二に問い詰める。

祐二は知子の意志を無視し、量子コンピューターについて複数の企業と勝手に契約を結んでいたらしい。
これを知った麻美は研究の権利は自身の物だと祐二に主張、祐二が逆上し麻美へ殺意を抱いていたのだ。
しかも、祐二と知子の間には離婚話も持ち上がっていたそうである。

だが、堀井は祐二から全く逆のことを聞かされていた。
「麻美が知子を殺害し研究を奪った」と吹き込まれていたのだ。
しかも、実際に死因となった液体窒素を追加したのは祐二であった。
堀井は「お前が成田教授を殺害した」と叫ぶ。

数時間後、堀井の前に右京たちが現れた。
右京たちは堀井が祐二に騙され麻美を襲ったことを見抜いていた。

「成田さんは何処に居ますか?」
「もういません」
祐二の居場所を問う右京に、首を振る堀井。
その手には血塗れのナイフが握られていた。
祐二は堀井に殺害されたのだ。

「復讐を果たせて満足ですか、麻美さんを殺さずに済んだのに」
「そんなことは分かってます。でも、自分で自分を止められなかった……こうする以外に、他にどんな世界があったのでしょうか」
堀井が涙ながらに訴える。

「ニャア」
途端、猫の声と共に堀井の意識が消えた。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆第3の世界◆◆◆◆◆◆◆◆◆

再び堀井が目覚めた時、其処は麻美殺害に失敗した直後であった。
「私まで殺されかけたのかと思った」
麻美は祐二についての情報を堀井に語り出す。

【09:50】

右京たちは堀井が麻美を狙ったことを突き止め研究室を訪れた。
ふと、机の上を眺めた右京は堀井が内線で祐二を呼び出したことに気付く。
祐二が堀井を騙したことを察した右京は祐二に連絡を入れる。

堀井に狙われていることを教えられた祐二。
だが、既に隣には堀井が居た。
祐二は「トイレに行きたい」と嘘を吐きその場を離れようとする。
しかし、これに気付いた堀井が祐二に襲い掛かる。

必死に抵抗する祐二は「液体窒素を用意し知子殺害を目論んだことは認めるが、実行する前に既に死んでいた」と主張する。
知子に離婚され量子コンピューターの権利を失うことを怖れたのだ。
さらに、堀井を騙して麻美を殺害させようとしたことも事実であった。
量子コンピューターの権利を得る為に麻美が邪魔だったようだ。

揉み合う2人、右京たちが駆け付けた頃には堀井の胸にナイフが刺さっていた。
祐二の抵抗に遭い刺されてしまったのだ。

「僕にはどんな世界が選べたんでしょう……」
事切れる寸前に呟く堀井。

麻美を殺害する世界。
祐二を殺害する世界。
復讐せずに苦しみを抱え続ける世界。
どれを選んでも其処に知子は居ない。

「ニャア」
途端、猫の声と共に堀井の意識が消えた。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆第4の世界◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【09:02】

堀井は研究室で目覚めると、部屋の外が何やら騒々しいことに気付いた。
そっと聞き耳を立てる堀井。
すると「成田教授のノートに書かれていたRTの意味を知りたかったのですが」と悔しがる右京の声が。
諦めたのか、右京と冠城は部屋の前からそっと歩き去る。

(何だったのだろう?)
気になった堀井は少しだけ扉を開けると様子を窺うことに。
其処からは離れて行く右京と冠城の背中が見えた。
ところが……。

「ニャア」
何時の間に出て来たのか、ケージから這い出した黒猫が扉越しに大きな声で鳴いていた。
この声を聞き止めた右京が咄嗟に振り返る。
奇しくも堀井と目が合ってしまった。
堀井を認めた右京は笑顔を浮かべつつ彼に歩み寄って来た。

麻美殺害計画について気に掛ける堀井。
早々に右京たちに引き取りを願うべく、訪問の目的を問う。
これに右京は知子のノートにあった「RT」の意味を尋ねるが。

「ああ、それはRe Thinkですよ。つまり、もう一度考え直せ」

これに「そういう意味でしたか」と頷く右京。
しかも「だとすれば、成田教授は事故ではなく自殺ですね」と語り出した。

突拍子のない右京の言葉に真意を問い質す堀井。
右京は「シュレディンガーの猫」についての堀井のように静かに説明を始めた。

量子コンピューターの根幹となる数式に「RT」と記されていたのだ。
つまり、知子は「それに再考すべし」と考えていたことになる、
そう、知子が発表した数式は誤っていたのである。
これに気付いた知子が絶望し自殺してしまったのだ。
知子を殺したのは……麻美でもなく、祐二でもなく、彼女が提唱した数式であった。

部屋を去る右京、堀井は信じられないと言った表情で座り込んでいた。

【09:10】

堀井は麻美に実験中止を訴えていた。
堀井の剣幕に押されたのか、渋々これを認めた麻美。
講堂に残った堀井は静かに天井を見上げる。

実はあの数式を知子に提供したのは堀井であった。
つまり、知子を間接的に殺害してしまったのは堀井だったのだ。
それに気付いた堀井は自殺を図ろうとする。

「お待ちなさい!!」
其処へ割って入る右京。
堀井を制止すると、知子の遺留品にあった手紙を見せる。
それは知子が量子コンピューターの功績により招聘される筈だった企業への手紙である。
知子は手紙の中で堀井を推薦していた。

「何故、成田教授が数式があなたのものだと公表しなかったか分かりますか?」

数式が堀井のものだと公表すれば知子のダメージは最低限で済んだだろう。
だが、しなかった。
何故か?

知子は堀井の才能を守りたかったのだ。
だから、自身が命を絶とうとも彼を庇った。

「あなたには成田先生の遺志を継ぎ研究を完成させる世界があるのではないですか?」
右京の言葉にハッとする堀井、どうやら大丈夫のようだ。

「猫と出会ったのは何時ですか?」
「2ヶ月ほど前、成田先生が亡くなった後です」
堀井の姿に安心したのか、講堂を後にしようとした右京。
ふと、黒猫について問いかける。

「呼び止めてくれてどうもありがとう」
去り際、猫に呼びかける右京。
もちろん、09時02分の研究室前での出来事を指して居る。
猫は「ニャア」と嬉しそうに応じていた。

猫と共に講堂に残された堀井に知子の声が甦る。

「学べば学ぶほど自身の無知を知らされる。無知を知ればさらに知りたくなる……あなたは考え続けなさい」
それは知子のメッセージだ。

「研究を完成させる世界……」
そう呟く堀井の眼には新たな世界への道筋がはっきりと見据えられていた。
こうして、遂に猫の生死が明かされたのだ。

「ニャアァァァァァァ」
一際高い猫の鳴き声が響き渡った。
次に堀井が周囲を見回した時、其処からは猫の姿は消えていた。

同じ頃、帝都大学正門前を右京たちが歩いていた。

「何で猫のことを?」
「いや、成田教授の生まれ変わりではないかと思いまして」
「意外ですね、右京さんがそんなこと考えるなんて」
「君、僕たちの世界の隣には別の世界があるんですよ」

冠城の問いかけに笑って答える右京であった―――17話了。

<感想>

シーズン14第17話。
脚本は徳永富彦さん。

サブタイトルは「物理学者と猫」。

個人的に現時点で「相棒season14」ベストのエピソード。
こう言ったエピソードも扱えるのが「相棒」の懐の深さでしょう。
とはいえ「シュレーディンガーの猫」よりは「試行錯誤しつつ最適解を探ること」から「ループもの」に近かったかな。

知子は学問の深淵に殺されました。
しかし、その遺志を堀井に託した。
知子の真の後継者は堀井でした。
きっと堀井は知子の敵討を果たすことでしょう。
いや、仮に堀井の代で討てずとも知子が堀井に託したように別の誰かに託すことは出来る。
そして、何時かは知子や堀井の志が果たされる日は来る。
それを果たす為に、知子は猫となって堀井を守ろうとしたのでしょう。
此の点で本作は「猫(知子)が如何に堀井の犯行を防ぐか」とのループものとも言えるでしょう。

そんな本作ですが構造自体が「シュレーディンガーの猫」とも言えます。
「シュレーディンガーの猫」に登場する事物と置き換えてみると……。
猫=堀井
ケージ=第17話「物理学者と猫」という1時間のドラマ
毒ガス=堀井が犯行に及ぶこと
蓋を開ける観測者=視聴者の立場であり、ラストまで視聴することが蓋を開けることを意味していました。
すなわち「堀井が罪を犯す世界」と「堀井が罪を犯さない世界」がラスト(蓋を開ける)まで作中で並立していたワケです。
言うなれば、知らずして視聴者もドラマに参加していたことになります。
此の点もかなり興味深く感じました。

ちなみに「シュレーディンガーの猫」は量子力学の思考実験のことで様々な解釈が存在しています。
例えば「蓋を開けてみるまでは答えが分からない。すなわち、その時点では複数の可能性が存在する」的な解釈が割と多いように思います。

本作の場合は「ケージの中の猫は生死が重なった状態であり、蓋を開けた瞬間に世界が確定するが残された側も並行世界として存在する」との解釈でした。
本作の解釈を簡単に置き換えると「アドベンチャーゲームの選択肢を選ぶ直前の状態」だと思われます。
いずれかの選択肢を選んだ時点でその選択肢の世界が確定し、他の選択肢の可能性は並行世界となる。
選択肢まで戻ればもう一方の世界を選ぶことも出来る。
第4の世界にてようやく世界が確定したと言ったところでしょうか。
やはり、どちらかと言えば「ループもの」に近かったような印象です。

「ループもの」と言えば『七回死んだ男』や『リピートアフターミー』などがかなり面白いですね。
また、「シュレーディンガーの猫」を用いた「ミステリ」と言えば『メルカトルかく語りき 最終篇 収束』と『異次元の館の殺人』がオススメです。
興味のある方はチェックすべし!!

『七回死んだ男』(西澤保彦著、講談社刊)ネタバレ批評(レビュー)

「リピートアフターミー」最終話(第9話)「リピートアフターミー」(ヤマモトマナブ作、マッグガーデン刊「月刊コミックブレイド 12月号」掲載)ネタバレ批評(レビュー)

『メフィスト 2010 VOL.3』より『メルカトルかく語りき 最終篇 収束』(麻耶雄嵩著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『異次元の館の殺人』(芦辺拓著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「相棒 season9 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]」です!!
相棒 season9 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]





「相棒 season9 DVD-BOX I(6枚組)」です!!
相棒 season9 DVD-BOX I(6枚組)





「相棒 season9 DVD-BOX II(5枚組)」です!!
相棒 season9 DVD-BOX II(5枚組)





「相棒 Season8 DVD-BOX1」です!!
相棒 Season8 DVD-BOX1





「相棒 Season8 DVD-BOX2」です!!
相棒 Season8 DVD-BOX2





「相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版DVD BOX (初回完全限定生産)」です!!
相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版DVD BOX (初回完全限定生産)





「相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版Blu-ray BOX (初回完全限定生産)」です!!
相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版Blu-ray BOX (初回完全限定生産)





「相棒 Season 9 オリジナル・サウンドトラック」です!!
相棒 Season 9 オリジナル・サウンドトラック





◆「相棒」に関連した商品はこちら。
posted by 俺 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 相棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。