2016年04月13日

【2016年】「本屋大賞」発表!!受賞作は宮下奈都先生『羊と鋼の森』(文藝春秋社刊)に!!

2016年4月12日、第13回「本屋大賞」の結果が発表されました。

候補作10作品から選ばれた大賞受賞作は宮下奈都先生『羊と鋼の森』(文藝春秋社刊)とのことです!!

大賞受賞おめでとうございまず!!

『羊と鋼の森』のあらすじは次の通り。

<あらすじ>

ゆるされている。世界と調和している。それがどんなに素晴らしいことか。言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。

「才能があるから生きていくんじゃない。そんなもの、あったって、なくたって、生きていくんだ。あるのかないのかわからない、そんなものにふりまわされるのはごめんだ。もっと確かなものを、この手で探り当てていくしかない。(本文より)」

ピアノの調律に魅せられた一人の青年。
彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。
(文藝春秋社公式HPより)


ランキングは次の通り(敬称略)。

大賞:『羊と鋼の森』(宮下奈都著、文芸春秋社刊)
2位:『君の膵臓をたべたい』(住野よる著、双葉社刊)
3位:『世界の果てのこどもたち』(中脇初枝著、講談社刊)
4位:『永い言い訳』(西川美和著、文藝春秋社刊)
5位:『朝が来る』(辻村深月著、文芸春秋社刊)
6位:『王とサーカス』(米澤穂信、東京創元社刊)
7位:『戦場のコックたち』(深緑野分著、東京創元社刊)
8位:『流』(東山彰良著、講談社刊)
9位:『教団X』(中村文則著、集英社刊)
10位:『火花』(又吉直樹著、文藝春秋社刊)

『羊と鋼の森』、要注目の作品です!!

◆関連過去記事
2016年(2015年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

『王とサーカス』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『戦場のコックたち』(深緑野分著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「羊と鋼の森」です!!
羊と鋼の森



キンドル版「羊と鋼の森 (文春e-book)」です!!
羊と鋼の森 (文春e-book)



キンドル版「王とサーカス」です!!
王とサーカス



キンドル版「戦場のコックたち」です!!
戦場のコックたち



キンドル版「流」です!!


posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説賞関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月曜名作劇場「税務調査官 窓際太郎の事件簿30 月曜名作劇場第一弾は窓際シリーズ最新作!文科省から極秘文書を持ち出したのは親友の息子だった!そこに現れる謎の調査官。巨大競技場建設に隠された陰謀とは?!」(4月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜名作劇場「税務調査官 窓際太郎の事件簿30 月曜名作劇場第一弾は窓際シリーズ最新作!文科省から極秘文書を持ち出したのは親友の息子だった!そこに現れる謎の調査官。巨大競技場建設に隠された陰謀とは?!」(4月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

世田谷南税務署の窓辺太郎(小林稔侍)は「窓際」と呼ばれている。もともとは国税局の査察課長という要職にあったのだが、ある事件の捜査中に部下を死なせてしまい、その責任を問われてヒラの税務署員に大左遷されたのだった。しかし、太郎にはもうひとつの顔があった。難事件があれば命を受けて悪を懲らしめる、陰の税務調査官なのだ。
太郎の勤務する世田谷南税務署に東京国税局の特別監察官・木島華子(内山理名)が業務を監督しにやって来た。表向きは世田谷南税務署の徴収率が非常に悪いため、という理由だが実は上司の酒井(近藤芳正)の命で太郎を探るためだった。酒井によると、10日ほど前に巨大競技場建設に関する極秘文書を持ち出した文科省職員・庄田周作(土田卓)が不審な転落死をし、文書は行方不明のまま。その極秘文書には華子が不正を暴こうと追っている民自党の大物代議士・殿山一郎(渡辺哲)の不正の証拠が記載されているとみられ、殿山も必死に文書の行方を探しているという。酒井は、極秘文書は周作の父・克之(山本圭)の手に渡っているのでは、と言うのだ。太郎と克之は大学時代の同期。克之が太郎を頼る可能性は十分にあるのだ……。
ある日、太郎は警察から克之が怪我をしたという連絡を受ける。息子・周作から極秘文書の入ったUSBを受け取っていた克之は、その内容を見て殿山に殺されたのだと確信、一人復讐を誓っていた。迷惑をかけまいと太郎にも何も告げなかった克之だが殿山の魔の手は伸びており、その様子に不自然さを感じた太郎はかつての上司・森村(北村総一朗)に極秘文書について調べて欲しいと依頼する。その文書には、オリンピック開催に沸く東京で計画された巨大競技場建設にまつわる政治家の不正が隠されていた……。
(月曜ゴールデン公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……。

世田谷南税務署の窓辺太郎にはもう1つの顔があった。
元国税局査察部長・森村の密命を受けて悪を懲らしめる陰の税務調査官だったのだ。
しかし、この秘密を知る者は少ない……。

そんなある日、世田谷南税務署に東京国税局から特別監察官の木島華子がやって来た。
現局長の酒井初男の懐刀として知られる凄腕の来訪に戦々恐々する島崎たち。

此の予感は的中、華子は徴収率を改善させると宣言するや大ナタを振るい島崎や冬美を震え上がらせる。
しかし、華子の狙いは別にあった。

遡ること10日ほど前、文部科学省職員・庄田周作が不審死を遂げていたのである。
実は庄田はある不正を告発しようと資料を持ち出し、口封じに殺害された疑いがあったのである。

その不正とは、オリンピックに向けて建設が続けられる巨大競技場のこと。
この建設に代議士の殿山一郎が携わっており、周作が持ち出した資料は殿山、ヤマネコーポレーション、織部建設ら三者の不正を裏付ける証拠となるらしい。

ところが、危険を察した周作は資料を父である庄田克之に渡していたのだ。
窓辺と庄田は大学時代の同窓生、其処で窓辺を監視するべく華子が派遣されたのである。

その頃、窓辺はと言えば母・トメと暮らす実家について問題が発生し困り果てていた。
先代の地主が病死し、これを相続した中島から立ち退くよう要求されたのだ。
何とかしようと奔走する窓辺だが……。

そんな中、窓辺を訪ねて庄田がやって来た。
もちろん、周作の件について相談する為だ。
だが、いざ窓辺の姿を目にした庄田は何も言い出せなくなってしまう。

実は庄田は周作から渡された資料により殿山の不正を知ると同時に、周作が彼に口封じされたことにも気付いた。
其処で弔い合戦とばかりに周作と行動を共にしていたジャーナリストの神谷らに協力を依頼したのだがこれを拒否され孤立無援の状況であった。
だからこそ旧知の窓辺を頼ったのだが、今更ながら巻き込むことを怖れたのである。

窓辺と別れた庄田だが、直後に殿山の部下から襲撃を受け入院することに。
事此処に居たり、窓辺も庄田の様子に気付いた。
さらに華子から事態を聞き出した窓辺は元上司・森村に助けを求める。
森村の情報網に期待したのだ。

ところが、此の間に庄田が殺害されてしまった。
間違いなく殿山の仕業である。

死の直前、庄田から託された資料を手に入れた窓辺。
其処には殿山の目的が隠されていた。

殿山は競技場建設を名目に大規模な用地買収を敢行。
しかし、敢えて競技場の問題点を挙げることで規模を縮小させる。
これにより不必要となった用地を織部建設の高層マンション建設に充てることで利益を得ようと目論んだのだ。

さらに森村から殿山の背後に「鎌倉の老人」なる大物が控えていることを知らされる。
どうやら、影の黒幕は彼らしい。

一方、窓辺を監視する内に彼の人柄に感化されて行った華子は尊敬するように。
こうして、華子も協力し打倒・殿山へと動き出すのだが……。

殿山は強大であった。
酒井に圧力をかける一方で、華子を襲撃させたのだ。
刺された華子は入院することに。

これに窓辺は激怒。
酒井を説得し協力を要請しつつ、森村の力を借りて強制査察に乗り出す。

対抗するは殿山の部下たち。
だが、窓辺の一撃に次々と沈んで行く。
庄田から託された資料が奏功したこともあって、殿山は罪を問われることとなった。

数日後、鎌倉の老人は殿山の失脚を知り憤慨していた。
窓辺への敵意を露にする彼だが……。

当の窓辺家では立ち退きが不要となったことに胸を撫で下ろしていた。
窓辺が中島の相続について相談に乗り信頼を勝ち取った為である。

一方、華子は今回の事件を経て鹿児島へ異動することとなった。
奇しくも窓辺と似たような異動を経験することとなった華子はより窓辺に親近感を抱いたそうである―――エンド。

<感想>

「税務調査官 窓際太郎の事件簿」シリーズ30作目。
前回(第29回)は2015年7月20日の放送なので、ほぼ9ヶ月ぶりの新作です。
前回のネタバレ批評(レビュー)については過去記事リンクをどうぞ!!

では、ドラマの感想から。

移動しながらの視聴となりました。
飛び飛びではありますが大筋は把握出来ていると思います。

そんな中での感想となりますが、何と言っても今回は「鎌倉の老人」の存在が大きいですね。
初期の小山田のようにシリーズを繋げる悪役となるのでしょうか。
ちなみに「鎌倉の老人」、どうやら政界ではなく財界の要人のようにも思えますが……。
また「鎌倉の老人」と聞き、『スケバン刑事』の「信楽老」を思い出しました。

そして、今回も森村、薫、トメ、秋男らが登場しほぼフルレギュラー状態でした。
こうなると夏子が居ないのが惜しいなぁ……。

さて、「鎌倉の老人」の登場で余程のことが無い限りシリーズ次回は約束されたか。
これは次回も楽しみです!!

◆関連過去記事
月曜ゴールデン「税務調査官 窓際太郎の事件簿29 奈良VS京都?高速鉄道誘致を巡る対立が恋人たちを引き裂く…美人女将へ秘めた想い…太郎激走!」(7月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「税務調査官 窓際太郎の事件簿28 福岡の美しい科学者が狙われた!?トクホ認定に潜む罠と涙の姉弟愛…太郎が命懸けで巨悪対決(トクホ認可に絡む不正を調べに博多へ飛んだ太郎!巻き込まれたリケジョの星を救えるのか?シリーズ最大の巨悪に太郎が挑む!)」(1月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「税務調査官 窓際太郎の事件簿27 日本の土地と農業が危ない!?北海道を舞台に太郎が大暴れ!外国人に土地を売る農民たちを苦悩から救え!」(7月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「税務調査官 窓際太郎の事件簿26 倉敷の街でひき逃げ殺人!?息子の夢を叶えて!高校球児と母の想いを裏切った悪い奴に痛快倍返し」(2月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「祝!シリーズ25回記念 税務調査官 窓際太郎の事件簿25〜楽しい九州旅行が一転!?心臓移植を待つ子の悲痛な叫び!不正の影?太郎が大人の嘘を斬る!!」(7月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「税務調査官 窓際太郎の事件簿24 母ちゃんが帰ってきた!?初恋の地・長崎で殺人事件と悪徳政治家を太郎が斬る!!」(11月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「税務調査官 窓際太郎の事件簿23 京都で見つけた初恋の面影!?純粋な心を踏みにじる悪党を太郎が斬る!!」(12月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「税務調査官 窓際太郎の事件簿22 ワイナリー相続を巡る隠し子騒動と飛び降り自殺?陰に大物政治家の欲と陰謀が!引き裂かれた母子の絆を取り戻せ」(6月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

窓辺太郎:小林稔侍
椿 薫:麻生祐未
島崎春男:渡辺いっけい
矢田秋男:出川哲朗
北島冬美:小林千晴
酒井初男:近藤芳正
森村真一郎:北村総一朗
窓辺トメ:野村昭子
木島華子:内山理名
庄田克之:山本 圭
殿山一郎:渡辺 哲
庄田周作:土田 卓
永沢幹夫:木原勝利
神谷 昇:稲荷卓央
老人:藤木 孝
鉄工所の社長:ビートきよし ほか
(公式HPより、敬称略)


「相続・贈与でトクする100の節税アイデア【新版】」です!!
相続・贈与でトクする100の節税アイデア【新版】





キンドル版「相続・贈与でトクする100の節税アイデア【新版】」です!!
相続・贈与でトクする100の節税アイデア【新版】





「〜税務調査の手続きが変わった今だからこそ〜 経営者であれば知っておきたい 税務調査のイロハ」です!!
~税務調査の手続きが変わった今だからこそ~ 経営者であれば知っておきたい 税務調査のイロハ





「調査官の「質問」の意図を読む 税務調査リハーサル完全ガイド」です!!
調査官の「質問」の意図を読む 税務調査リハーサル完全ガイド





キンドル版「ちょっと待った!! 社長! 御社の税務調査ココが狙われます!!」です!!
ちょっと待った!! 社長! 御社の税務調査ココが狙われます!!





キンドル版「税務調査対策パーフェクト・マニュアル」です!!
税務調査対策パーフェクト・マニュアル





「基礎控除引下げ後の相続税税務調査対策の手引−申告時と調査対応のポイント−」です!!
基礎控除引下げ後の相続税税務調査対策の手引−申告時と調査対応のポイント−