2016年04月24日

【2016年】映画「シャーロック・ホームズ3」が年内撮影開始予定!?

2010年に日本で公開された「シャーロック・ホームズ」と言えば、ロバート・ダウニー・Jrが武闘派のホームズを演じる映画版ホームズのこと。

その後、シリーズ化された本作は第2弾「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」が2012年に日本で公開されています。

その第3弾が年内撮影開始との報が伝えられています。
何でも、ロバート・ダウニー・Jrさんが発言されたとのことで注目を集めているようです。

これはファンとしては期待しても良いのかも!?
と言うワケで続報に注目です!!

「シャーロック・ホームズ ワーナー・スペシャル・パック(2枚組)初回限定生産 [Blu-ray]」です!!
シャーロック・ホームズ ワーナー・スペシャル・パック(2枚組)初回限定生産 [Blu-ray]



「シャーロック・ホームズ ワーナー・スペシャル・パック(2枚組)初回限定生産 [DVD]」です!!
シャーロック・ホームズ ワーナー・スペシャル・パック(2枚組)初回限定生産 [DVD]



posted by 俺 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【噂】『氷菓(古典部シリーズ)』実写映画化が進行中!?撮影情報が次々と……!!

以前にもお伝えしましたが『氷菓(古典部シリーズ)』実写映画化が進行中のようです。
ツイッター上では撮影情報が次々と伝えられています。

「ハルチカシリーズ」が実写映画化確定!!「古典部シリーズ」についても実写映画化が進んでいるとの報が!?

その情報によると奉太郎役に山崎賢人さん、える役に広瀬アリスさんの模様。
また、本郷奏多さんの目撃情報も出ているようです。
そして、群馬県安中市や岐阜県高山市などがロケ地となっているとのこと。
今後の続報が期待されます。

「ハルチカシリーズ」に続き、明らかとなりつつある「古典部シリーズ」の実写映画化……楽しみです!!

◆米澤穂信先生関連過去記事
「インシテミル」(文藝春秋社)ネタバレ書評(レビュー)

「儚い羊たちの祝宴」(新潮社)ネタバレ書評(レビュー)

「追想五断章」(集英社)ネタバレ書評(レビュー)

「折れた竜骨」(東京創元社)ネタバレ書評(レビュー)

『Do you love me ?』(『不思議の足跡』収録、米澤穂信著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『下津山縁起』(米澤穂信著、文藝春秋社刊『別冊 文芸春秋 2012年7月号』)ネタバレ書評(レビュー)

『川越にやってください』(米澤穂信著、早川書房刊『ミステリマガジン700 国内篇』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『ほたるいかの思い出』(米澤穂信著、新潮社刊『小説新潮 2014年7月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『リカーシブル』(米澤穂信著、新潮社刊『小説新潮』連載)ネタバレ書評(レビュー)まとめ

『リカーシブル リブート』(『Story Seller 2』収録、米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『満願』(米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【古典部シリーズ】
「氷菓」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「愚者のエンドロール」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「クドリャフカの順番」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「遠まわりする雛」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「ふたりの距離の概算」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

『鏡には映らない』(米澤穂信著、角川書店刊『野性時代』2012年8月号 vol.105掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『長い休日』(米澤穂信著、角川書店刊『小説野性時代 2013年11月号 vol.120』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『いまさら翼といわれても 後篇』(米澤穂信著、角川書店刊『小説野性時代 2016年2月号 vol.147』掲載)

【小市民シリーズ】
「夏期限定トロピカルパフェ事件」(東京創元社)ネタバレ書評(レビュー)

【S&Rシリーズ】
『犬はどこだ』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【太刀洗シリーズ】
『さよなら妖精』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『王とサーカス』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『真実の10メートル手前』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【シモンズシリーズ】
『913』(『小説すばる 2012年01月号』掲載、米澤穂信著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『ロックオンロッカー』(米澤穂信著、集英社刊『小説すばる 2013年8月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『金曜に彼は何をしたのか』(米澤穂信著、集英社刊『小説すばる 2014年11月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【甦り課シリーズ】
オール讀物増刊「オールスイリ」(文藝春秋社刊)を読んで(米澤穂信「軽い雨」&麻耶雄嵩「少年探偵団と神様」ネタバレ書評)

『黒い網』(米澤穂信著、文藝春秋社刊『オール読物 2013年11月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【その他】
探偵Xからの挑戦状!「怪盗Xからの挑戦状」(米澤穂信著)本放送(5月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「氷菓BD-BOX [Blu-ray]」です!!
「氷菓」BD-BOX [Blu-ray]



コミックキンドル版「[まとめ買い] 氷菓」です!!
[まとめ買い] 氷菓

posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土曜ワイド劇場「森村誠一の棟居刑事 偽完全犯罪 美女作家のニセ者は二度死ぬ?血痕が付着しない1冊の本の謎!!疑惑の男女4人に鉄壁のアリバイが」(4月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一の棟居刑事 偽完全犯罪 美女作家のニセ者は二度死ぬ?血痕が付着しない1冊の本の謎!!疑惑の男女4人に鉄壁のアリバイが」(4月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

フリージャーナリストの河上辰男(金子昇)の死体が、都内の自宅アパートで見つかった。臨場した警視庁捜査一課の刑事・棟居弘一良(東山紀之)は、血痕が霧状に飛び散った本棚の中に、一冊だけ血痕が付着していない本を見つけ、不審に思う。その本は、有名作家、檜山麗子(浅見れいな)の人気小説『湖上の恋』で、開いてみると著者のサイン入りだった。
同僚刑事・神林武人(きたろう)らは、事件発生直後から姿を消している河上の同棲相手・水野伸江(柴本幸)を怪しむが、棟居は血痕の謎が気になっていた。河上が殺されたとき、『湖上の恋』は本棚になかったのではないか。だとしたら、犯人はなぜこの本を本棚に戻さなければならなかったのだろうか。
そんな中、麗子が編集者の小幡明彦(葛山信吾)と共に、捜査本部がある目黒西署の捜査二課に相談にやって来た。実は、最近、麗子になりすました女があちこちで借金を重ねたり、旅館で宿泊代を踏み倒しているらしく、返済や支払いの要求が出版社に多数舞い込み、迷惑しているという。
「麗子に恨みを抱く人物は?」と聞かれ、小幡は旅行代理店勤務の高梨みどり(大塚千弘)の名を挙げる。『湖上の恋』の執筆にあたり、麗子はみどりに取材させてもらったが、彼女は本の内容が気に入らなかったらしく、「檜山麗子を許さない!」と編集部にクレームをつけてきたという。小幡が勤める出版社は、奇しくも神林のひとり娘・一子(貫地谷しほり)が勤めている会社でもあった。
その矢先、伸江が自ら出頭してきた。彼女はペットの猫を亡くしたショックから体調を崩し、アパートを離れ神奈川県内の実家に帰っていたと主張。自分は事件とは無関係であり、昨夜のニュースを見て急いで出頭してきたのだと話す。とはいえ、実家はすでに誰も住んでおらず、伸江のアリバイは証明できなかった。
しかし、伸江は気になることを口にする。河上は自分と同棲していながらも、別に女性がおり、その相手の名は高梨みどりだというのだ。麗子の詐欺事件で疑わしい人物として浮上したみどりが、死んだ河上とつきあっていたとは…。奇妙なつながりに、棟居らは驚愕するが…!?
その後、事件関係者のひとりが遺体となって発見された上、またしても麗子の偽者が出現する。はたして連続殺人の犯人は誰なのか…!? そして人気小説家になりすました女の正体は…!?
(公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……。

フリージャーナリスト・河上辰男が都内の自宅アパートにて発見された。
死因は撲殺、その惨状を示すように血痕が周囲へと霧状に飛び散っていた。

この捜査に乗り出したのは警視庁捜査一課の棟居弘一良刑事。
棟居は本棚に血痕が飛んでいるにも関わらず、一冊だけ付着していないことに注目する。
その本こそ、『激愛』でデビューした有名作家・檜山麗子の人気作『湖上の恋』であった。
しかも、麗子のサイン本だったのだ。
これに、棟居は河上殺害後に『湖上の恋』が本棚に戻されたのではないかと考える。

一方、棟居の同僚である神林武人は河上の同棲相手・水野伸江を疑っていた。
伸江が数日前から姿を消していたのだ。

同じ頃、麗子が編集者の小幡明彦に連れられ目黒西署の捜査二課を訪れた。
なんでも、麗子の偽物が出没しており被害に遭っているのだそうで、麗子宛てにあちこちから請求が舞い込んでいたのだ。

小幡は「高梨みどりが犯人に違いない」と主張する。
みどりは旅行代理店「隼ツーリスト」の社員で『湖上の恋』の取材協力者。
ところが『湖上の恋』の内容が「悪女に騙された男性が心中する」と知るや「麗子を許さない!!」とクレームを付けていたのだそうだ。

直後、伸江が出頭して来た。
伸江はペットの猫を亡くしたショックから神奈川県内にある相模湖付近の実家に戻っていたと供述する。
とはいえ、伸江には家族が居らずアリバイ証明は出来なかった。
さらに、伸江は河上がみどりとも交際していたと言い出した。

こうして、みどりを通じて「河上殺害」と「麗子の偽物」とが関わって来ることに。
当のみどりは河上との交際は認めるが、犯行は共に否認する。

棟居は「麗子の偽物」の行動を追うこととなった。
偽物が宿泊したとされる高級旅館によれば、偽物は鍔広の帽子を目深に被りサングラスを着用していた為に顔は分からないらしい。
だが、偽物は「麗子の名刺」を残していた。

指紋を調べたところ、旅館の支配人と麗子の指紋のみが検出された。
どうやら、偽物は指紋を残さぬよう手袋を着用していたようだ。
これに棟居は「偽物は麗子から名刺を貰った時も手袋をしていたのではないか」と仮説を告げる。
だが、麗子は「心当たりはない」と応ずるが……。

矢先、麗子と伸江が高校時代の友人であったことが明らかに。
しかも、麗子は元編集者から作家に転身を果たしており、小幡の後輩だったことも分かる。

その夜、伸江が麗子宅を訪れた。
伸江は麗子が飼っている猫のミイを目にして薄い笑いを浮かべる。

翌朝、棟居のもとに「河上の口座に500万円が振り込まれていた」との報が届く。
どうやら河上は誰かを脅迫していたようである。

調べたところ、河上が「東西四季観光」の収賄事件を追っていたことが分かる。
みどりが勤務する「隼ツーリスト」は「東西四季観光」の系列会社であった。
さらに、疑惑の人物である「東西四季観光」の総務部長・藤堂とみどりが3年前まで交際していたことも判明。
どうやら、河上はこれを調べるべくみどりに近付いたようだ。

矢先、偽麗子の宿泊先から伸江の指紋が検出された。
偽麗子の正体は伸江だったのだ。

数日後、伸江が溺死体で発見されることに。

時を同じくして2日前にまたも偽麗子が出没していたことが明らかに。
何でも2月18日22時30分ごろに千葉県のホテルに泊まっていたのだ。
これにより、2月18日以降の犯行とされた。

伸江殺害犯を追う棟居は藤堂と麗子を捜査。
しかし、2人とも2月18日以降のアリバイは不動であった。

そんな中、生前の河上が小幡と揉めていたことが分かる。
小幡によれば、肩が触れたことで口論になったのだそうだが……。
また、5年前から小幡と麗子は交際中だそうである。

翌日、棟居は麗子と伸江が1月20日に行われた同窓会の席上で揉めていたとの情報を掴む。
当時の同級生によれば、2人は高校時代からの親友で捨て猫にミイと名付けて可愛がっていたらしい。

さらに、棟居は麗子が『湖上の恋』の表紙に不満を抱いていたことを知る。
其処には麗子の故郷・相模湖の写真が用いられていた。

現地に飛んだ棟居は15年前に伸江の父・健司が行方不明になっていることを突き止める。
当時、健司は伸江に暴力を奮っていたらしい。

戻った棟居はペット美容室へ足を運ぶ。
すると、麗子も伸江も猫を飼っており共にミイと名付けていたことが分かった。
麗子は黒と茶のまだら、伸江は全身茶色の猫を飼っていたのだそうだ。

直後、河上宅から黒と茶の猫の毛が検出された。
しかも、この毛が麗子宅のミイちゃんの物と同一であると確認されたのだ。

棟居は麗子のもとへ。

麗子は河上に脅迫され500万円を支払っていたことを認めた。
小幡もこれに気付いており、揉めていたのは麗子に近付かないようにさせる為だったらしい。

琴の発端は15年前、伸江は健司から暴力を奮われていた。
これを見かねた麗子が健司に一撃を加え、伸江も加わり健司を殺害してしまった。
麗子たちは協力して相模湖の橋の下に健司を埋めた。

麗子にとって故郷は辛く苦い想い出の地だったのである。
だからこそ、それを想起させる『湖上の恋』の表紙を嫌ったのだ。

15年ぶりに同窓会に参加したのも『湖上の恋』の表紙について伸江に謝罪する為であった。
ところが、これを伸江を迎えに来ていた河上に知られ脅迫されてしまった。

其処で麗子は河上を殺害を決意する。
河上は勝ち誇ったように本棚にあった『湖上の恋』に麗子のサインを求めて来た。
応ずるふりをした麗子は隙を見て、河上を殺害した。
だから、『湖上の恋』が後から本棚に収められることになったのだ。

これで悩みが無くなったと思った麗子だが、今度は偽物に悩まされることに。
このとき、麗子は名刺に偽物の指紋が付いていなかったことを知り、伸江を疑うようになった。
麗子が伸江に名刺を渡した時、伸江が手袋を嵌めていたからだ。
伸江を問い詰めたところ、彼女は罪を認めた。

麗子は伸江にも非があることだからと、河上殺害の罪を告白し帳消しにしようと申し出た。
ところが、伸江はこれに激怒し麗子に襲い掛かったのだ。
揉み合う内に伸江が死亡してしまったのである。

これが事件の真相であった。

「友情なんて無かったんですよね」
涙ぐむ麗子。

「互いに猫にミイちゃんの名を付けた、それこそが友情の証です」
言い切る棟居であった。

藤堂は捜査の過程で収賄の罪が明らかとなり、逮捕されることとなった―――エンド。

<感想>

ドラマ原作は森村誠一先生『偽完全犯罪』(光文社刊)。

では、ドラマ版の感想を!!

偽麗子は初めからトリックに関わって来ると思っていただけに、後半で利用されることになったのはサプライズでした。
てっきり、本物の麗子が偽麗子を演じ河上殺害のアリバイ工作を行っていたものと思ってました。
個人的にはこんな感じのストーリーを予想していました。

麗子はアリバイ工作の為に敢えて自身で偽物を演じ、高級旅館に宿泊。
その付近に河上を呼び出し撲殺。
この際、犯行現場に河上の本棚にあった書籍を再現して血痕を付着させる。
その後、アリバイ成立を確認すると河上宅へ遺体と蔵書を運び込んだ。
ところが、実際の本棚の枠と運び込んだ蔵書の数が合わず、手持ちのサイン入り『湖上の恋』で穴埋めせざるを得なかった。
だからこそ、『湖上の恋』には血痕が付着していなかったのだ!!的な。

まさか、その場でサインする為に棚に無かったとは……想定外でした。
あれだけ魅力的な謎だっただけにもう少し大筋と絡んでも良かったと思うけどなぁ。

また結果として、麗子にとって伸江こそが最大の敵だったか……。
伸江の父殺害も巻き込まれたようなものだし、河上に脅迫されたのも伸江が原因だし。
そもそも、そんな河上と交際していたのも伸江だし。
河上殺害前の時点で伸江は偽麗子を演じているし。

棟居は麗子と伸江の間に友情が存在するとして「ミイちゃん」の例を挙げているけど。
伸江はだいぶ前から成功した麗子との同一化を望んでいたようだし、単にその一環のような気がするけどなぁ。

ちなみに、麗子が伸江殺害直前に連絡を取ろうと携帯に何度も電話していたのなら履歴を見れば容疑者はすぐ分かった気が。

それと、すぐに分かると言えば先述した「『湖上の恋』に血痕が付着していなかった謎」が途中で棚上げされていたのが気になるかなぁ……。
最初から「殺害後に本棚に戻されたことが分かっている」のに、どうして其処を放置してしまうのか。
しかも、サイン本だし。
河上が所持していて麗子にサインを依頼したのだから、指紋の付着順で決め手とは言わずとも傍証くらいにはなりそうだが。
その謎関係なしに物語が進んでいたので「血痕の件は放置で良いの?」と途中でかなりフラストレーションが溜まった。
棟居は『湖上の恋』であれだけ違和感を抱いていたのに、どうして終盤まで放置するかなぁ……。

麗子と言えば、河上に脅迫されていたけど伸江も共同正犯だし、伸江に責任を取らせれば良かったんじゃないかなぁ。
何しろ、河上が暴露すれば自動的に伸江も窮地に立つことになるワケだし。
寧ろ、1人で抱え込まず伸江に河上の対処をさせた方が良かったのではないか。

そして、河上。
伸江の出迎えに赴くとは意外とマメだ。
それとも、同窓会で伸江が浮気しないか見張っていたのだろうか。

でもって、藤堂は因果応報とは言え思わぬところで巻き添えに。
さらに、みどりは殆ど関係なし。
まさかの、このメンバーで最もクリーンで純粋に愛に生きた女性になるとはなぁ……。

そう言えば、今回も開始14分前後で公式にあったあらすじがあっさり消化されてしまった……導入部分のペースが早い印象。
全体を振り返ると、もう少し中盤と振り分けても良かったのではなかろうか。

そして、一子が「タクシードライバーの推理日誌」のあゆみ化しつつありますね。
気を付けなければ「一子の法則」が出来そうだ。

<キャスト>

棟居弘一良:東山紀之
神林一子:貫地谷しほり
檜山麗子:浅見れいな
水野伸江:柴本 幸
小幡明彦:葛山信吾
河上辰男:金子 昇
高梨みどり:大塚千弘
福永刑事:天宮 良
神林武人:きたろう
那須亮輔:森本レオ ほか
(順不同、敬称略、公式HPより転載)


◆森村誠一先生関連過去記事
【棟居刑事シリーズ】
土曜ワイド劇場「森村誠一作家50周年記念 棟居刑事の黒い祭 結婚前夜に連続殺人!?被害者3人に謎の接点!歯ブラシが消えた訳…」(3月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一の死海の伏流 姉の秘密旅行が連続殺人を呼ぶ!妹が迫る疑惑の男と女…棟居刑事VS謎の遺留品」(11月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一の棟居刑事 目撃美女は二度死ぬ猫が運ぶ犯人!?悪い男vs手玉に取る女…愛と欲の背徳の詩集」(7月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一の棟居刑事 愛犬が暴く不倫四重奏!」(11月21日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

【終着駅シリーズ】
土曜ワイド劇場「森村誠一作家50年記念 終着駅の牛尾刑事VS事件記者冴子 生存者 新宿行高速バス放火事件!!生き残った11名の中に殺人犯がいる!?1億円入りの鞄と消えた乗客の謎…」(1月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一作家50年記念 終着駅シリーズ・善意の傘 雨の夜の殺人者!!迎えに来るはずの夫が殺された!!刑事が追う2組の夫婦のアリバイと嘘!?」(9月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「年末特別企画 森村誠一の喪中欠礼〜終着駅の牛尾刑事VS事件記者・冴子 見知らぬ人からの殺意の年賀状 富山大牧温泉〜ふたりの女が買った共犯の秘密!」(12月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一の終着駅シリーズ〜残酷な視界 裏窓の女の完全犯罪!!エリート銀行員転落死の謎!?罠に落ちた脅迫者と割れた爪の行方」(6月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一の終着駅シリーズ『悪の魂』〜ベストセラー小説に仕組まれた二重殺人の罠!!見知らぬ女が依頼する1億の殺人!?」(9月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「35周年特別企画 終着駅の牛尾刑事VS事件記者冴子・森村誠一の『悪の器』九州唐津〜海色のイヤリングの殺意!!私を探して…女は東京に殺された!?」(12月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一の終着駅シリーズ・殺意の奔流〜ある退職刑事の死!!犯人が遺した二重血痕の謎容疑者はバスツアーの中にいる…」(10月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「35周年特別企画 終着駅の牛尾刑事vs事件記者冴子〜ラストシーン!!雪山に消えた第三の殺人者!チョコが告げる泥棒猫の殺意…」(2月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一の終着駅シリーズ・途中下車する女 凶器のない密室殺人を追う!!置き忘れた写真の中の殺人構図」(9月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「終着駅の牛尾刑事vs事件記者冴子・森村誠一の完全犯罪の使者!!富山八尾〜風の盆に始まる殺意の連鎖!!赤いルージュの伝言」(12月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一の終着駅〜新宿着あずさ22号の殺人同乗者・消えた姉と三千万の行方…顔のない脅迫者を追う!!」(7月31日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一の灯〜終着駅の牛尾刑事vs事件記者冴子!!バス事故から生還した3人新宿〜妙高高原に運命の連続殺人!?」(12月12日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

【刑事の証明シリーズ】
水曜ミステリー9「森村誠一サスペンス 刑事の証明9 疑惑の四重奏 目撃者500人演奏中の完全犯罪!!幻の曲に暗号が?謎の音符シ♯に秘めた愛」(7月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「森村誠一サスペンス 刑事の証明8」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「森村誠一サスペンス 刑事の証明7〜余命の復讐 疑惑の転落死!猫の遺伝子が導く20年前の黒い真相…警察が陥った完落ちの罠!」(4月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「森村誠一サスペンス 刑事の証明6〜愛憎の凶弾 警官殺し!不発に終わった執念のガサ入れ!修羅になった女が仕掛ける二重の罠(単位の情熱 警官殺し!復讐の凶弾に二重の罠!?)」(10月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「森村誠一サスペンス 刑事の証明5〜人間の十字架 疑惑の殺人に泣く女!華麗なセレブの秘密と不在証明の謎 辞職覚悟の逆転逮捕(恋人を殺された疑惑の女…三体の猿が暴く3つの殺人!)」(2月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「森村誠一サスペンス 刑事の証明4 正義の殉職 謎の喪服の女〜消えた1億円の宝石!禁断の愛に脅迫者の罠涙の殺人連鎖を断て(誇り)」(10月31日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「森村誠一サスペンス 刑事の証明3〜歪んだ正義 忘れられた女…連続殺人“R18”謎の犯行声明!?復讐の罠におちた幼い命を救え(同級生連続殺人!!残された謎のメモ!?正義の基準)」(5月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「森村誠一サスペンス刑事の証明〜大都会の死角 冤罪に泣く女!ガラスの密室に仕掛けた殺人トリック!?刑事が暴いた哀しみの罪」(1月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【魔性の群像 刑事・森崎慎平シリーズ】
月曜ゴールデン「森村誠一サスペンス 魔性の群像 刑事・森崎慎平 妻を亡くした熱血刑事を襲う謎!恩師の変死体は事故?殺人?疑いは親友へ…心に潜む魔性とは!?」(7月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「森村誠一サスペンス 魔性の群像 刑事・森崎慎平2 妻を失った熱血刑事を襲う謎!父の目前で奪われた娘の命…連鎖殺人は過去の因縁の序章…心に潜む魔性」(6月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「森村誠一サスペンス 魔性の群像 刑事・森崎慎平3 愛妻を殺された刑事の執念!60km移動した変死体 満員のエレベーターで消えた容疑者か!?全ての謎は瞬間移動!?」(11月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他ドラマ】
金曜プレステージ「3週連続・罪と女とミステリー第1夜! 森村誠一サスペンス・破婚の条件〜夫殺しを夢みた秘密の殺人日記 その夜、傲慢夫は既に殺されていた!追い詰められ墜ちてゆく女は極限の果てに!悲しい女の業を描いた本格サスペンス」(8月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「森村誠一サスペンス 正義の証明 私刑人が起こす連続狙撃事件、法か?個人か?2つの正義に心がゆれる刑事たち、人として本当の正義とは何なのか?」(9月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「二週連続特別企画 森村誠一 女のサスペンス『捜査線上のアリア』麗しきアリアと共に蘇る名作ミステリー!美しき青年死体。疑われた女流作家は文豪のアリバイを崩せるか」(6月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「二週連続特別企画 森村誠一 女のサスペンス『マリッジ』 その花嫁は地獄からやってきた…純白の誓いは真紅の嘘、隣で眠る妻は殺人犯?暴かれゆく恐怖の素顔、練炭…食中毒…血染めの結婚生活はじまる」(6月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「壮絶!女のミステリー第1弾 森村誠一サスペンス 孤独の密葬〜翻訳家の殺人推理〜死んだ女は部屋の前の住人だった 死者に届く手紙の罠…執拗な老女…誘う男…次に殺されるのは私」(11月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「森村誠一サスペンス 流氷の夜会 死者から届く写真…見たものは殺される?不倫・借金・殺人…浮かび上がった最愛の夫の裏の顔?追い詰められ墜ちゆく女…極限の果てに見た残酷な真実は?」(8月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

赤と黒のゲキジョー「森村誠一サスペンス 海の斜光 愛する子の不可解な死と夫の失踪不倫・殺人…暴かれる裏の顔?平凡な家族を襲う殺人連鎖!追い詰められ墜ちゆく女…極限の果てに届く亡き息子の伝言?」(11月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【アタミステリー紀行関連】
『ただ一人の異性』(森村誠一著、アタミステリー紀行2011より)ネタバレ書評(レビュー)

「アタミステリー紀行2010」結果が発表される

「熱海の靴屋」(森村誠一著、アタミステリー紀行2010より)3つのミスにチャレンジ!!

近付く「アタミステリー紀行2010」の足音……

アタミステリーへの誘い……
(アタミステリー紀行2009について触れた過去記事です)

【その他】
知ってましたか?森村誠一先生『人間の証明』が韓流ドラマに!!その名も『ロイヤルファミリー』!!

森村誠一先生「義仲・巴ネットワークフォーラム・イン・富山」にて講演

クリスマス(12月24日)の森村誠一さん!!
(「森村誠一 謎の奥の細道をたどる」についての過去記事です)

キンドル版「偽完全犯罪 (光文社文庫)」です!!
偽完全犯罪 (光文社文庫)

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。