2016年05月26日

「ダジャレ禁止令」(志水アキ画、講談社刊「週刊少年マガジン」掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「ダジャレ禁止令」(志水アキ画、講談社刊「週刊少年マガジン」掲載)ネタバレ批評(レビュー)です!!

【登場人物一覧】
主人公:企業に勤めるダジャレ好きの男性
友人:主人公の同僚男性

<あらすじ>

主人公は企業に勤める家族持ちの中年男性。
釣りもゴルフにも興味を持たない彼だが1つだけ決して譲れない趣味があった―――ダジャレである。
彼にとってダジャレは空気と同じ、自然に口を吐いて出るものであった。
そんな彼を部下たちは冷ややかに眺めていたが、同好の士であり友人である同僚だけは深い理解を示していた。

ある日、何がどうしたものか「ダジャレ禁止令」が法で定められてしまった。
ダジャレを口にした者はその内容に関わらず逮捕、厳罰を処されるとのものだ。
世間はこれを歓迎し、当初は主人公も「生きづらくなったなぁ……」と悲嘆に暮れる程度だったのだが。

次第に主人公の中に鬱憤が溜まって来る。
いつもなら、こんなときは気軽に口に出来ていたあんなダジャレやこんなダジャレ。
ところが、それを口にすれば彼は罪人になってしまうのだ。

それから幾らかが経った。
主人公は同好の士であった同僚が会社を追われたことを知った。
ふとした拍子にダジャレを口にしてしまったのだ。
彼は仲間を失ってしまった。

さらに数日が経ったある日、主人公は秘密クラブに誘われる。
其処はダジャレ好きの者たちが集まって作り上げたシャングリラであった。
主人公は其処であの同僚と再会を果たす。

此処でなら心行くまでダジャレを口に出来る。
早速、口を開こうとした主人公。

ところが、何やら騒がしい。
気付けば、入り口からは警官が押し寄せていた。
抜き打ちでダジャレの摘発が行われたのだ。

我先に逃げ出そうとするダジャレ愛好家たちだが次々と検挙されて行く。
その様子に、元同僚は主人公を庇い裏口から逃がす。

何とか表通りに逃げ出した主人公、その目の前を逮捕された元同僚が連行される。
耐え切れず駆け寄ろうとする主人公だが、それに気付いた元同僚が彼を庇おうとダジャレを連発して注意を惹こうとする。

それは罪を重ねることに他ならない。
逆上した捜査官が銃を抜き、元同僚へ向ける。

歯を食いしばる元同僚を目にした主人公は彼らの前に飛び出すや、これまでの鬱憤を晴らすかのようにダジャレを連呼する。
この行動に捜査官の怒りの矛先が主人公へと向き直り、次いで発砲音が響く。

(誰がこんな世の中にしちまったんだ……)

静かに倒れ込む主人公―――エンド。

<感想>

志水アキ先生によるフジテレビ系「世にも奇妙な物語」のコミカライズ第4弾。
これまでに「美女缶」、「張り込み先」、「私は、女優」がコミカライズされています。
「美女缶」と「張り込み先」については過去に批評(レビュー)してますね。

「美女缶」(志水アキ画、講談社刊「週刊少年マガジン」掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「張り込み先」(春名功武原作、志水アキ画、講談社刊「週刊少年マガジン」掲載)ネタバレ批評(レビュー)

そんな本作「ダジャレ禁止令」は「ダジャレが犯罪となった並行世界の日本」を描いた物語。
いわば「行き過ぎた規制の結末」がテーマであり「権力の恐ろしさ」や「言論統制の恐ろしさ」を描いています。

日常に少しずつ忍び寄る制限により追い込まれて行く主人公。
それは規制を超えて迫害の域にすら達している。
だが、その恐怖に怯えるのは一部の者たちでしかない。
もしかすると、その恐怖は形を変えてダジャレ以外のものにも適用されるかもしれないのに……。
ある種、主人公の最後の声は全ての迫害された者たちの声と言えるでしょう。

この「何かが禁止された並行世界」設定はSF的な作品では割とポピュラーなもの。禁止される内容が「夜間外出」だったり「漫画」だったりと「制限の対象が一般的かつ自由な行動であればあるほど制限された時の違和感が大きくなる」のですが、本作では「ダジャレ」であったことが新しかったように思います。

◆「世にも奇妙な物語」関連過去記事
「美女缶」ネタバレ批評(レビュー)

「美女缶」(志水アキ画、講談社刊「週刊少年マガジン」掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「張り込み先」(春名功武原作、志水アキ画、講談社刊「週刊少年マガジン」掲載)ネタバレ批評(レビュー)

【ドラマ化原作】
『殺し屋ですのよ』(星新一著、新潮社刊『ボッコちゃん』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『来世不動産』(升野英知(バカリズム)著、小学館刊『東と西 2』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『殺意取扱説明書』(東野圭吾著、集英社刊『毒笑小説』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『燔祭(鳩笛草 燔祭/朽ちてゆくまでより)』&『クロスファイア(上・下巻)』(宮部みゆき著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『憑かれる(「崩れる 結婚にまつわる八つの風景」収録)』(貫井徳郎著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『時計じかけの天使(「原色の想像力 創元SF短編賞アンソロジー」収録)』(永山驢馬著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『ドッキリチューブ』(小林泰三著、東京創元社刊『完全・犯罪』収録)ネタバレ書評(レビュー)

「人間電子レンジ」(竹本友二作、小学館刊「8 はち 1巻」収録)ネタバレ批評(レビュー)

『ニートな彼とキュートな彼女(「原色の想像力〈2〉 創元SF短編賞アンソロジー」収録)』(わかつきひかる著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『通いの軍隊』(筒井康隆著、新潮社刊『おれに関する噂』収録)ネタバレ書評(レビュー)

「世にも奇妙な物語 SMAPの特別編 [DVD]」です!!
世にも奇妙な物語 SMAPの特別編 [DVD]



「世にも奇妙な物語 映画の特別編 [DVD]」です!!
世にも奇妙な物語 映画の特別編 [DVD]



志水アキ先生が手掛けたキンドル版「[まとめ買い] 絡新婦の理(週刊少年マガジンコミックス)」です!!
[まとめ買い] 絡新婦の理(週刊少年マガジンコミックス)

posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「実は私は」第160話「藍澤渚と藍澤渚E」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第160話「藍澤渚と藍澤渚E」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

登場人物一覧は本記事下部に移動しました。

<あらすじ>

〜〜〜これまでのあらすじ〜〜〜〜

「アナザル」こと「絶対に秘密を守れない男」黒峰朝陽は憧れのヒロイン・白神葉子の秘密を知ってしまった。
その秘密とは「白神葉子がハーフの吸血鬼である」こと。
朝陽は葉子の為に、この秘密を守らねばならない―――。
取り巻く人々を相手に、朝陽は秘密を守り抜くことが出来るのか?

矢先、実は宇宙人であった委員長・渚、狼男で肉食系女子な獅穂、悪魔っ娘の茜、未来人の凛、幼馴染のみかん、天使の華恋も加わって……。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

渚は葉子に背中を押され「母星と地球との架け橋となる覚悟」を決めた。
その夜、朝陽に決意を語り気持ちを吹っ切ろうとすることに。

スイーツで買収した茜の力添えを得て、何人たりとも妨害できない空間にて万全の態勢で朝陽へと臨む渚。
ところが、あっさりと未来渚の侵入を許すことに。

真意が掴めず狼狽する渚に対し、未来渚は躊躇せずに攻撃を仕掛ける。

なんと、未来渚によれば両星間の和平は失敗し侵略戦争に繋がってしまったらしい。
結果、渚は朝陽と葉子と戦うことになってしまったのだそうだ。
未来渚は「悲劇をやり直す為に過去渚を排除し、これに取って代わる」と宣言する。
しかも、あまりの悲劇に未来渚は記憶除去装置を用いて大切な想い出すべてを抹消さえしたと言う。

これに激怒した渚は未来渚に挑みかかるのだが―――161話に続く。

充実の「実は私は」が読めるのは「週刊少年チャンピオン」だけ。
本誌で確認せよ!!

<感想>

「週刊少年チャンピオン」にて「さくらDISCORD」を連載されていた増田英二先生の新作。
「さくらDISCORD」は未読の管理人ですが、1話を読んで注目している作品です。
コミックス1巻に続き2巻、3巻、4巻、5巻、6巻、7巻、8巻、9巻、10巻、11巻、12巻、13巻、14巻、15巻、16巻も重版出来とのことで目出度い。さらに17巻も発売。
そして、本作かなり面白い!!

2015年7月にはアニメ化も果たしており、シーズン2製作の報が待たれます。

【第EXTRA話】アニメ版「実は私は」スタッフさんとキャストさんの一部を明らかにされよう!

また、本作が遂に舞台化とのこと。
こちらも注目です!!

増田英二先生「実は私は」が舞台化とのこと!!

その160話。
サブタイは「藍澤渚と藍澤渚E」。

未来渚の「記憶は抹消した」との台詞は嘘だよなぁ……。
でないと、たとえ記録を目にしていたとしても過去の自身と葉子の遣り取りを前に泣ける筈が無いし。
あれは当事者としての記憶があるからこその涙でしょう。

そもそも、未来渚の目的が渚に取って代わることならばもっと早くに行動に出ていた筈。
もしかすると、敢えて悪役を演じつつ渚の覚悟を試している可能性もある!?
だとすると、茜も共謀してそうな予感……。
もっとも、本気の可能性も未だに残るけど。
果たして、未来渚の真意とは!?

うむ、今回も充実した回ですな。
多くは語るまい、とりあえず読め!!

そう言えば、上でもお伝えした通りコミックス17巻も発売。
表紙は1巻の葉子、2巻の渚、3巻の獅穂、4巻の茜、5巻のフクちゃんとみかん、6巻の凛、7巻の明里さんに続き、8巻が銀華恋、9巻が渚とみかんのコンビ、10巻が1周回って葉子、11巻は獅穂と凛コンビ、12巻は緑苑坂弓と桐子の夫婦コンビ、13巻は桃地結香、14巻は水奈川咲と葉子のコンビ、15巻は獅穂たち三人娘、16巻はウェディングドレス姿の明里となっていましたが、17巻は「みかんと鳴」のコンビに。
どうやら、岡を巡る女性陣2人の表紙となったようです。
やはり男性陣は表紙にならない法則は健在だったか。

ちなみに、上記のあらすじは本作の魅力を伝えられるよう改変を加えてまとめていますが、その面白さを伝えきれていません。
やっぱり、あの絵とコマ割りなどのテンポあっての本作。
是非、「週刊少年チャンピオン」本誌を読んで欲しい。

もう1度繰り返しましょう。
本作に興味を持たれた方には、是非、「週刊少年チャンピオン」本誌を捜して読んで欲しい。
最近の「週刊少年チャンピオン」は本作など本当に粒揃いでクオリティが高い作品が多い。
注目の雑誌の1つと言えるでしょう。

◆関連過去記事
「実は私は」第1話から第150話まで(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)まとめ

「実は私は」第151話「焼き芋を作ろう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第152話「血を吸おう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第153話「紅本茜」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第154話「勘違いしよう!!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第155話「藍澤渚と藍澤渚@」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第156話「藍澤渚と藍澤渚A」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第157話「藍澤渚と藍澤渚B」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第158話「藍澤渚と藍澤渚C」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第159話「藍澤渚と藍澤渚D」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

登場人物一覧:
黒峰朝陽:主人公、通称「アナザル」。
白神葉子:朝陽の意中の人物。ある秘密が……。
紫々戸獅狼:葉子の幼馴染。彼もまたある秘密を……。
紫々戸獅穂:葉子の幼馴染。彼女もまたある秘密を……。

藍澤渚:クラス委員長。彼女にも秘密が……。
藍澤涼:渚の兄、意外な形で登場することに……。
紅本茜:紅本の親族らしい。彼女にも秘密が……。
紅本明里:教師。彼女にも秘密が……。
黄龍院凛:33話より登場した謎の少女。彼女にも秘密が!?
黄龍丸:凛が駆るドラゴン。52話にて意外な正体が明らかに。

朱美みかん:朝陽の幼馴染。新聞部所属。通称「外道クイーン(オレンジ)」。
岡田:朝陽の友人の1人。通称・岡。眼鏡が特徴。割と友人想いの様子。146話にてフルネームが「岡田奏」と判明。
嶋田:朝陽の友人の1人。通称・嶋。軽い。124話にてフルネームが「嶋田結太」と判明。
桜田:朝陽の友人の1人。通称・サクラ。渋い。
フクちゃん:「福の神見習い」を名乗る眼鏡。
フクの介:フクちゃんの先輩。やはり眼鏡。
フク太郎:フクちゃんとフクの介の先輩。やはり眼鏡。
フク蔵:フクちゃんとフクの介とフク太郎の先輩。やはり眼鏡。
手崎:文字通り茜の手先な料理教室のシェフ。

朝陽の父:朝陽の家族。22話に初登場。
朝陽の母:朝陽の家族。22話に初登場。
黒峰鳴:朝陽の妹。22話、28話、48話に登場。48話にて名前と顔が判明。92話で高校に進学。
白神源二郎:吸血鬼。額に十字傷を抱く巨人。39話にて名前が判明。
白神桐子:葉子の母で人間。和服の美女。38話にて名前が判明。
銀華恋:茜に続く第2のツノツキ……の筈だったが。58話から登場。

緑苑坂弓:朝陽たちの副担任、実は源二郎。92話から登場。
桃地結香:忍者少女、92話(実際は105話)から登場。ある秘密が……。
黄龍院閃:鳴、結香のクラスメートの男子。瓶底眼鏡に腰の日本刀がトレードマーク。132話で苗字が判明。
水奈川咲:結香、閃、鳴のクラスメート。109話から登場。ある秘密が……。
箱入り娘:114話終盤に登場した謎の人物!?
白雪:茜の前任の諸晴高校校長、153話に名前が登場。

稲葉:葉子のクラスメイト。
松本:葉子のクラスメイト。
佐々木:葉子のクラスメイト。彼氏と別れたばかり。

「実は私は(17): 少年チャンピオン・コミックス」です!!
実は私は(17): 少年チャンピオン・コミックス



キンドル版「[まとめ買い] 実は私は(少年チャンピオン・コミックス)」です!!
[まとめ買い] 実は私は(少年チャンピオン・コミックス)



「実は私は A 白神葉子 TINYアクリルキーホルダー」です!!
実は私は A 白神葉子 TINYアクリルキーホルダー



「実は私は B 藍澤渚 TINYアクリルキーホルダー」です!!
実は私は B 藍澤渚 TINYアクリルキーホルダー



「実は私は C 紅本茜 TINYアクリルキーホルダー」です!!
実は私は C 紅本茜 TINYアクリルキーホルダー



キンドル版「透明人間の作り方 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
透明人間の作り方 (少年チャンピオン・コミックス)



キンドル版「[まとめ買い] さくらDISCORD(少年チャンピオン・コミックス)」です!!
[まとめ買い] さくらDISCORD(少年チャンピオン・コミックス)

posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

『通いの軍隊』(筒井康隆著、新潮社刊『おれに関する噂』収録)

『通いの軍隊』(筒井康隆著、新潮社刊『おれに関する噂』収録)ネタバレ書評(レビュー)です!!

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

テレビが、だしぬけにおれのことを喋りはじめた。続いて新聞が、週刊誌が、おれの噂を書きたてる。あなたを狂気の世界へ誘う11編。

テレビのニュース・アナが、だしぬけにおれのことを喋りはじめた――「森下ツトムさんは今日、タイピストをお茶に誘いましたが、ことわられてしまいました」。続いて、新聞が、週刊誌が、おれの噂を書きたてる。なぜ、平凡なサラリーマンであるおれのことを、マスコミはさわぎたてるのか? 黒い笑いと恐怖にみちた表題作、ほか『怪奇たたみ男』など、あなたを狂気の世界に誘う11編。
(新潮社公式HPより)


<感想>

本作は短編集『おれに関する噂』に収録された一編で「戦場という非日常を舞台にしながら、日常の海外で繰り広げられる同じ日本人同士のビジネス競争」を描いています。
其処には同郷を越えた激しい争いがある。

また「会社員として上司の命令に歯向かえないこと」など「宮仕えの辛さ」を諧謔的に描写しつつ、コレに「自己保身に走りつつ、他者の命を奪うことには躊躇いを抱かないエゴ」を盛り込むことで「直接手を汚さずともそれを助長させる行動を取ること自体が罪である」と言った内容のものに仕上がっています。
何しろ、主人公は武器を供給することで直接は他者の命を奪わずとも間接的に同じことをしているので。

おそらく、主人公自身にとってソレは単なるビジネスに過ぎなかったのでしょう。
ある意味で対岸の火事を眺める様に近いか。
とはいえ、主人公は何時までも対岸の火事を見守る野次馬では居られませんでした。
何故なら、主人公は会社員であり上司の命令には逆らえないから。
こうして、火の粉は主人公自身に降りかかることに。
果たして主人公が体験した「因果応報」とは!?

一方で、主人公にソレを命じた存在……すなわち上司たちはラストでも健在。
彼らは何時までも傍観者として、時に協力者として利益を得つつ身を守っている。
きっと、すぐにでも主人公に続く被害者が用意されるに違いありません。

この様子は現代の上司と部下の関係にも近いかも。
もしかすると、此処までとは言わずともあなたも身に覚えがあるのでは!?
さらに、この関係は主人公の会社だけには留まらないことも描写されています。

これらをコミカルかつ皮肉に描いた本作。
一読して想いに耽るべし。

ネタバレあらすじではまとめ易いようにかなり改変しています。
興味をお持ちの方は本作それ自体をチェックされたし。

<ネタバレあらすじ>

私は日本からガリビアへと出向中の社員、ちなみに私の会社の仕事とは武器を売ることだ。
ガリビアは隣国ガバトと紛争中であり、武器が大量に必要とされていた。
その取引先に選ばれたのが我が社だったのだ。
そして、私は愛する妻と共に現地に駐在することとなった。

そんなある日、現地の高官に呼び出された私は愕然とする事実を知らされる。
なんと、我が社の納入した銃器にに欠陥が存在していたことが分かったのだ。
銃床の止めが甘かった為に連続して発砲出来ないのだ。
こうして500丁もの不良品を販売したことを批判された私は、本社の命令で戦場で商品のアフターケアを行うこととなった。
会社員である私に否やはない。

嫌々ながらも通勤電車に揺られて最前線へと赴けば、敵国からの迫撃砲に曝されることに。
非戦闘員であることを叫びつつ這う這うの体で逃げ出したものの、ガバト側の兵に拘束されてしまう。

しかし、相手の手にする銃を目にして一計を案じる。
その銃こそ例の欠陥品だったのだ。
どうやら、鹵獲された品のようだ。

敢えて一射目を発砲させると、予想通り二射目は弾が出ない。
戸惑う相手から距離を取ると手榴弾で爆殺し逃げ出すことに成功する。

こうして何とかガリビア側に戻ったのだが、今度は夜間の歩哨を行うよう命じられてしまう。
残業することとなった私は手当の額に想いを馳せつつ、任務に勤しんでいたのだが……何時の間にかまたも敵に捕らわれてしまう。

日本からやって来たビジネスマンであることを訴えて助けを求める私。
だが、相手はこれを聞くとニヤリと微笑んだ。
なんと、相手も同じく日本から来た火薬会社のビジネスマンだったのだ。
その目には戦場を「通いの軍隊」として渡り歩いた殺意が漲っていた。
どうやら、逃がしてくれることは無さそうだ―――エンド。

◆関連過去記事
【七瀬三部作】
「家族八景」(筒井康隆著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「七瀬ふたたび」(筒井康隆著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「エディプスの恋人」(筒井康隆著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「おれに関する噂 (新潮文庫)」です!!
おれに関する噂 (新潮文庫)



キンドル版「おれに関する噂(新潮文庫)」です!!
おれに関する噂(新潮文庫)

posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする