2016年05月15日

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第107話「いつかの文学全集」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2016年6月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第107話「いつかの文学全集」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2016年6月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)です!!

ネタバレあります、注意!!

登場人物一覧:
森羅:主人公。C.M.B.の指輪の主。多大な影響力を持つ。
七瀬立樹:森羅のパートナー。身体を動かすことが得意。

米倉律子:夫を亡くしハワイへと旅立った女性。
石羽:律子が目撃した男性。

<107話あらすじ>

米倉律子は壮年の女性、長く連れ添って来た夫を亡くし1人となったことからハワイ旅行へ出かけることに。

機上の人となった律子は偶然にも森羅と立樹たちと乗り合わせる。
森羅たちもハワイ旅行へ赴く途中だったのだ。

和気藹々と旅行の空気を楽しむ律子。
だが、宿泊先のホテルへ辿り着くや段ボール箱に入った荷物に取り組むことに。
実は律子の狙いは旅行ではなく、夫の世話への忙しさから未だ手を付けられなかった文学全集を読み耽ることにあった。

早速、文学全集を手に取る律子であったが、ふと目にした眼下の光景に息を飲むことに。
なんと、階下に望めるペンションの一室で男性が女性を殺害している光景を目撃してしまったのだ。
驚いた律子はすぐさま通報する。

ところが、すぐに駆け付けた現地警察は中を少し確認するや立ち去ってしまう。
特に男が逮捕された様子もない。
一体、どうしたことだろうか!?

不安を抱いた律子は事態を確認すべく警察へ。
すると、通報が悪戯として処理されたことが分かった。
律子が目撃した男性の名は石羽、彼は「妻と喧嘩別れしたが殺害はしていない」と否定したらしい。
念の為、ペンション内も確認したが女性の遺体は見つからなかったと言う。

どうしても目にした光景が忘れられない律子は再会した森羅たちにこの話を伝える。
すると、興味を持った森羅たちも協力を約束することに。

こうして、森羅、立樹、律子の3人は密かに石羽を尾行し始めた。
だが、石羽は一向に尻尾を掴ませない。
果たして、彼の妻の遺体は何処に隠されてしまったのか!?

業を煮やした律子は揺さぶりをかけるべく石羽に接触。
だが、石羽は律子が目撃者であることに気付き、命を狙おうとする。
其処へ駆け付けた立樹により、石羽は宙を舞うことに。
律子殺害未遂の現行犯となったことで石羽は逮捕された。

森羅は律子が目にした光景が事実だと断定。
何故なら、石羽は妻と喧嘩別れしたと言いながらも捜索願を出そうともしていなかった。
また、調べたところ石羽は食料を1人分しか購入していない。
これは妻が戻って来ないことを知っていたからであった。

では、石羽の妻は何処に消えたのか?
そして、律子が通報したにも関わらず、その姿がペンション内で目撃されなかったのは何故か?

まず、石羽は妻をレンタカーで運び何処かに埋めたのだろう。
問題となるのは最初の段階で遺体がペンションから見つからなかったことだが、石羽は咄嗟に逆光の中に妻の姿を隠したのだ。
通報を受けて駆け付けた担当者は眩しさのあまり見落としてしまったのである。

「あいつがあんたとなんて一緒にならければ良かったと言いやがったんだ!!」
殺害動機を叫ぶ石羽。
これを聞いていた律子は夫の死に涙を流せなかったことを思い出す。

その翌日、未だ手つかずの文学全集を残し律子は観光を始めた。
その耳朶に亡き夫との遣り取りが甦る。

当時、律子は夫に「文学全集が読めないのはあなたの世話で忙しいから」と言っていた。
だが、それは違っていた。
律子にとって夫は文学全集よりも優先しなければならないほど大切な存在だったのだ。

そんな夫は既に此の世にない。
そう実感したとき、律子は素直に泣くことが出来たのであった―――エンド。

<感想>

「月刊少年マガジン」2016年6月号掲載「107話 いつかの文学全集」です。

サブタイ「いつかの文学全集」の意味は「いつか読もうと思っている文学全集」のことですね。
つまり、何に優先しても読まねばならないものではない。
律子が旅行先で文学全集を読もうと行動したのも、夫の匂いが残る自宅で時間を費やすことの寂しさを無意識に感じ取っていたからでしょう。
そんな律子の心理は奇しくも石羽夫妻の行動によって意識されることとなった。

律子が泣けなかったのはそれだけ夫の存在が大きかった証。
それを意識して泣けるようになったのは、その死を漸く受け止められつつあると言えるのではないでしょうか。

森羅の活躍は石羽の罪を問い、律子の心に平穏を与える契機となった。
今回も良かったです。

ちなみに、あらすじでは良さを伝え切れてません。
本作自体を読むべし!!

◆関連過去記事
【「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」シリーズ】
「C.M.B. 森羅博物館の事件目録(「月刊少年マガジン」2012年6月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録(「月刊少年マガジン」2012年7月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録(「月刊少年マガジン」2012年8月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録(「月刊少年マガジン」2012年9月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 67話 ガラスの楽園・前篇(「月刊少年マガジン」2012年10月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 68話 ガラスの楽園・後編(「月刊少年マガジン」2012年11月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 69話「螺旋の骨董品店」(「月刊少年マガジン」2012年12月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 70話「4枚目の鏝絵」(「月刊少年マガジン」2013年1月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 71話「足摺厚焼き卵店」(「月刊少年マガジン」2013年2月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 72話「Nobody」(「月刊少年マガジン」2013年3月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 73話「グラウンド」(「月刊少年マガジン」2013年4月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 74話「二笑亭」(「月刊少年マガジン」2013年5月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第75話「ダイヤ泥棒」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年6月号」掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第76話「レース」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年8月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第77話「掘り出し物」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年9月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第78話「バッグ ストーリー」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年10月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第79話「その朝、8時13分」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス) 2013年7号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第80話「香木」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年12月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第81話「ゴンドラ」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年1月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第82話「ライオンランド(前篇)」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年2月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第83話「ライオンランド(後篇)」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年3月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第84話「兆し sign」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年4月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第85話「アステカのナイフ」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年5月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第86話「爆破予告」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年7月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第87話「幸運」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年8月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第88話「キジムナー」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年9月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第89話「空き家」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年10月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第90話「プラクルアン」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年11月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第91話「ホリデー(前編)」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年12月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第92話「ホリデー(後編)」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年1月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第91話「被害者、加害者、目撃者」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年2月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第92話「椿屋敷」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年3月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第93話「自白」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年4月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第94話「ドリームキャッチャー」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年5月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第95話「宗谷君の失踪」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年6月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第96話「JOKER」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年7月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第97話「ピーター氏の遺産」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年8月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第98話「地獄の穴」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年9月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第99話「ゴーストカー」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年10月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第100話「動き回る死体」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年11月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第101話「第27回探偵推理会議」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年12月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第102話「灯火」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2016年1月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第103話「混信」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2016年2月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第104話「邪視除け」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2016年3月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第105話(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2016年4月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第106話「動く岩」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2016年5月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B.番外編 M.A.U. “ブラック・マーケットの魔女”の事件目録 箪笥の中の幽霊」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス) 2013年6号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【「Q.E.D.証明終了」シリーズ】
「Q.E.D.証明終了(「月刊少年マガジン+(プラス)」2012年3号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス)」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了(「月刊少年マガジン+(プラス)」2012年4号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス)」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 金星(「月刊少年マガジン+(プラス)」2013年5号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス)」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 初恋」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年7月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 失恋」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス) 2013年6号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 巡礼」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年10月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 陽はまだ高い」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス) 2013年7号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 代理人」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス) 2014年8号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 iff」1話(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジンR 2015年1号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了iff」2話「素っ裸の王様」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジンR 2015年2号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了iff」4話「三人の刺客」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジンR 2015年4号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了iff」5話「自転車泥棒」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジンR 2015年5号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了iff」6話「碧の巫女」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジンR 2016年2号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

キンドル版「[まとめ買い] Q.E.D.iff ―証明終了―」です!!
[まとめ買い] Q.E.D.iff ―証明終了―



キンドル版「[まとめ買い] Q.E.D.―証明終了― (1-25)」です!!
[まとめ買い] Q.E.D.―証明終了― (1-25)



キンドル版「[まとめ買い] Q.E.D.―証明終了― (26-50)」です!!
[まとめ買い] Q.E.D.―証明終了― (26-50)



キンドル版「[まとめ買い] C.M.B.森羅博物館の事件目録 (1-25)」です!!
[まとめ買い] C.M.B.森羅博物館の事件目録 (1-25)



キンドル版「[まとめ買い] C.M.B.森羅博物館の事件目録 (26-28)」です!!
[まとめ買い] C.M.B.森羅博物館の事件目録 (26-28)



「NHK TVドラマ「Q.E.D.証明終了」BOX [DVD]」です!!
NHK TVドラマ「Q.E.D.証明終了」BOX [DVD]

posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

【ドラマ情報】門井慶喜先生『東京帝大叡古教授』(小学館刊)が「スペシャルドラマ 叡古教授の事件簿」としてドラマ化!!

2016年5月21日、門井慶喜先生『東京帝大叡古教授』(小学館刊)が「スペシャルドラマ 叡古教授の事件簿」としてドラマ化されることが明らかになりました。

原作である『東京帝大叡古教授』については過去にネタバレ書評(レビュー)していますね。

『東京帝大叡古教授』(門井慶喜著、小学館刊)ネタバレ書評(レビュー)

そのドラマ版ですが、キャストは主人公・宇野辺叡古に藤木直人さん。
他に宇梶剛士さん、浅野ゆう子さん、田中直樹さん、白洲迅さん、武田鉄矢さんらが出演されるとのこと。

また、舞台を現代に移してのドラマ化となるそうです。
原作はあの時代背景だったからこその作品でしたが、かなり大胆なアレンジが施されているのかも!?
特に阿蘇藤太のアレは流石に無理だろうし。

ちなみに主人公である「宇野辺叡古」の名は「ウンベルト・エーコ」氏が由来。
モデルとなったウンベルト・エーコ氏は2016年2月19日に亡くなられています。

これまたちなみに、ドラマ版のあらすじは次の通り。

<あらすじ>

捜査のたびにヘマばかりやらかしている警視庁捜査一課の刑事・南波陽人(田中直樹)はある日、捜査一課長・五十嵐修(武田鉄矢)に呼び出される。なんでも、南波の母校である帝都大学の法学部教授に『犯罪捜査百年史』なる本の監修を頼んでいたが、制作中止になってしまったため、謝罪に行ってほしいというのだ。南波は「こんなことをするために刑事になったわけじゃない…」と不本意ながらも、手土産を片手に帝都大学へ。だが、そこで思いがけない事件に遭遇する。次期学長候補だった医学部教授・高寺保の遺体が、講堂で見つかったのだ! しかも、高寺の遺体は舞台の天井からロープで吊るされ、どん帳には謎の数字を羅列した暗号が残されていた…。そんな不可解極まりない事件現場へ、興味深げに「この事件には物語がありそうだ」とつぶやく男が姿を現す。その男こそは南波が会いに行った人物――地球上のあらゆる学問に精通する文系の天才で、「知の巨人」の異名を取る宇野辺叡古(藤木直人)だった!

南波ら捜査一課はさっそく捜査を開始。その矢先、あろうことか事件現場から叡古が愛用しているパイプ用のタバコの葉が見つかる! どうやら犯人は叡古を犯人に仕立て上げようとしたらしい…。一体なぜ犯人は事件を起こすに至り、さらには叡古を巻き込もうとしたのか!?  その“物語”を読み解こうと立ち上がった叡古は、助手の阿蘇藤太(白洲迅)とともに、暗号の解明に着手。一方、捜査一課は容疑者として副学長・戸村麻美(浅野ゆう子)ら、被害者と次期学長の座を争っていた大学関係者たちにも目を付けるが、捜査は難航し…。

事件の早期解決を目指し、五十嵐は叡古を捜査アドバイザーに任命。捜査一課係長・川添徳治(宇梶剛士)からお目付け役を命じられた南波は、しぶしぶ叡古と行動を共にする。そんな中、帝都大学内で第二の教授殺害事件が発生! しかも、現場にはまたしても謎の暗号が残されており…。
(公式HPより)


こうしてあらすじを見る限り、展開こそ宇野辺叡古に容疑が向かうなど似通っているものの、原作とは異なる点が多い様子。
要注目せよ!!

◆関連過去記事
『東京帝大叡古教授』(門井慶喜著、小学館刊)ネタバレ書評(レビュー)

文庫版「東京帝大叡古教授 (小学館文庫 か 44-1)」です!!
東京帝大叡古教授 (小学館文庫 か 44-1)



キンドル版「東京帝大叡古教授」です!!
東京帝大叡古教授



キンドル版「明治断頭台 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)」です!!
明治断頭台 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)

posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『タルタルステーキの罠』(近藤史恵著、東京創元社刊『ミステリーズ!vol.76 APRIL 2016』掲載)

『タルタルステーキの罠』(近藤史恵著、東京創元社刊『ミステリーズ!vol.76 APRIL 2016』掲載)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

タルタルステーキを、「本日のメニュー」に載せてほしいという客が現れた……
(東京創元社公式HPより)


<感想>

「ビストロ・パ・マル」シリーズの短編です。
本シリーズは「商店街の小さなフレンチ・レストランであるビストロ・パ・マルを舞台に三舟シェフが来店客の不可解な行動から彼らの抱える問題や謎を解き明かす作品」。
三舟シェフは「ビストロ・パ・マル」から動かないので「安楽椅子探偵もの」と言えるでしょう。

シリーズは全て短編から成り立っており、既刊には『タルト・タタンの夢』と『ヴァン・ショーをあなたに』の2作が存在。
また、本シリーズの未収録短編も2016年時点で本作『タルタルステーキの罠』を含めて数作があるのでそろそろシリーズ第三弾にも期待出来そうかな。
ちなみに「ビストロ・パ・マル」シリーズには原尾有美子先生作画によるコミカライズ版も存在しています。

さて『タルタルステーキの罠』。
美味しそうなタイトルとは裏腹に「ビストロ・パ・マル」に意外な陰謀が張り巡らされることに。
メニューに無い「タルタルステーキ」をわざわざ載せて欲しいと申し出た客の狙いとは!?
其処にはある想いが秘められていました。
そして、今回も三舟シェフの推理が冴え渡ります。

あらすじはまとめやすくかなり改変しています。
あくまで本作のエッセンスを伝える雰囲気程度とお考えください。
興味をお持ちの方は『ミステリーズ!』を読むべし!!

<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:
三舟シェフ:ビストロ・パ・マルのシェフ、類稀な推理力を持つ。
福岡:今回の依頼人。
亜子:福岡の親友、緒方とは嫁姑の関係。妊娠中。
緒方:亜子の姑。


今日も「ビストロ・パ・マル」へ来客が。
福岡と名乗った女性客によれば、彼女の親友である亜子とその姑・緒方の為にシェフに腕を奮って欲しいらしい。
何でも、緒方は着付け教室の教師で礼儀に厳しい人物、また「タルタルステーキ」が大好物なのだそうだ。

シェフにとって「タルタルステーキ」はメニューにこそ載せていないが作れないことはない料理。
厳格な緒方もメニューに無い料理を振る舞われたと知れば喜ぶだろうと考えたのだが……。
奇妙なことに福岡はタルタルステーキをわざわざメニューに載せてくれないかと依頼して来た。

その意図を訝しむシェフであったが亜子が妊娠中であると知るや、ある推理に辿り着く。

亜子は「トキソプラズマ」を患っていたのだ。
当然、胎児にも大きな影響が出るに違いない。
厳格な緒方は嫁の失態だと亜子を責めて遂には追い出してしまうかもしれない。

其処で亜子の親友の福岡は緒方が「タルタルステーキ」に目が無いことを利用した。
「トキソプラズマ」の感染源の1つとして有名な物が「タルタルステーキ」なのだ。
緒方の為に用意した席で亜子が「タルタルステーキ」を食べて患ったとすれば、緒方も強く出られないだろうとの予測であった。

シェフの推理を聞いた福岡はこれをあっさりと認めた。
どちらにしろ緒方は亜子を義理の娘とし、孫を迎えるのだ。
ならば、少しでも2人が仲良く出来る道を模索した方が互いの為だろう。
それが彼女の考えだった。

図らずも「タルタルステーキ」を提供することで悪役を演ずることとなったシェフであったが、福岡の考えに同意することに―――エンド。

◆関連過去記事
『タルト・タタンの夢』(近藤史恵著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『天使はモップを持って』(近藤史恵著、実業之日本社、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「探偵Xからの挑戦状!」より「メゾン・カサブランカ(解決編)」ネタバレ批評(レビュー)

近藤史恵先生の〈ビストロ・パ・マル〉シリーズがコミック化!!

・「キキコトバ」第一回についての記事はこちら。
近藤史恵さん「タルト・タタンの夢」朗読劇開催!!

・「キキコトバ」第ニ回についての記事はこちら。
近藤史恵さん「タルト・タタンの夢」豪華声優陣による夢の朗読劇がふたたび!!

「ミステリーズ! vol.76」です!!
ミステリーズ! vol.76



「タルト・タタンの夢 (創元推理文庫)」です!!
タルト・タタンの夢 (創元推理文庫)



キンドル版「タルト・タタンの夢」です!!
タルト・タタンの夢



「ヴァン・ショーをあなたに (創元推理文庫)」です!!
ヴァン・ショーをあなたに (創元推理文庫)



キンドル版「ヴァン・ショーをあなたに (創元推理文庫)」です!!
ヴァン・ショーをあなたに (創元推理文庫)



キンドル版「[まとめ買い] ビストロ・パ・マルの事件簿(サンデーGXコミックス)」です!!
[まとめ買い] ビストロ・パ・マルの事件簿(サンデーGXコミックス)

posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする