2009年12月22日

曾我佳城 (奇術探偵曾我佳城全集)

お久しぶりの「今日のこの人」は「曾我佳城(そがかじょう)」です。

泡坂妻夫氏の創造された探偵の1人です。
ネタバレ含みますので、続きを読みたい人は「続きを読む」からどうぞ。(注意:今回はエルキュール・ポアロのネタバレもあります)曾我 佳城(そが かじょう)−−−−−−−−−−−−−
性別:女性
国籍:日本
備考:超有名な女性マジシャン。その鋭い洞察力を駆使した結果として探偵役をこなす。
――−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
マジックを駆使した犯罪を暴く女性探偵。
曾我佳城シリーズの主人公。
シリーズは全22本。

助手の串目君との仲が妙にエロティックだったことを覚えています。
串目君は小林少年をイメージしていたのでびっくりでした。
管理人にとって、ラストは旧劇場版エヴァンゲリオン(E.O.E)の葛城ミサトと碇シンジのそれを彷彿とさせるものがありました。(佳城は2000年1月メフィストにて完結、旧劇エヴァは1997年公開

そのラストに至る原因がアレ
「奇術探偵 曾我佳城全集」収録のシリーズ最終作「魔術城落成」において、長年の願いを叶えた直後のアレはショックだった。

アレ=最終的に殺人犯になってしまう点では、エルキュール・ポアロ(カーテン)と同じ。ただ、動機が違うんだよなぁ。

まぁ、だからこそ佳城の女性らしさが活きてくると思うんだけど。
ラストの串目君、可哀想だったなぁ。












posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のこの人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。