2009年10月31日

探偵Xからの挑戦状!問題編「殺人トーナメント」配信第三回より推理

探偵Xからの挑戦状!より
「殺人トーナメント」(著:井上 夢人)第三回配信レビューです。
予想もあります。

今回から情報量が急に多くなりました。要チェックや!!

登場人物一覧:
●深倉 澄子
┗会社社長。政財界からは、女帝とも呼ばれている。
●佐分利 光一
┗深倉澄子の下級秘書。
●飯島 真理
┗殺人トーナメントの参加者。女性。コンピューターの達人。
●門脇 敦子
┗殺人トーナメントの参加者。女性。
●柴田 勇
┗殺人トーナメントの参加者。男性。格闘技が得意。
●新海 亜希
┗殺人トーナメントの参加者。女性。
●芳賀 弘
┗殺人トーナメントの参加者。男性。
●服部 秀治
┗殺人トーナメントの参加者。男性。
●村越 光昭
┗殺人トーナメントの参加者。男性。
●山崎 哲郎
┗殺人トーナメントの参加者。男性。
                      (公式携帯サイトより)

登場人物が8人増えて10人になりました。
しかも、どことなく非個性的な面々。
明らかにレッドへリング的な匂いがプンプンします。
単純に考えても正解は10分の1の確率になりましたし。
これに加えて、後述しますが4人の情報屋が存在しており、
今回の解答フォームは賑やかになること請け合いです。


では、第3回の内容兼レビューです。今回、情報量が圧倒的です。
重要そうな箇所は通し番号をふっております。ご参考下さい。
過去のレビュー内容はこちら(第一回第二回)から。



深倉(以下、深ちゃん)から情報を求められた佐分利(以下、サプリ)。ここで、情報屋についての情報が。

@情報屋についてサプリ君は、それぞれ3年から5年間彼らから情報を買っているが、かつて間違った情報をつかまされたことは一度もなかった。

A情報屋は全部で4人。それぞれ“レッド”、“ブルー”、“イエロー”、“グリーン”と名乗っている。


で、サプリ君が催促のメールを送ってB5分も経たないうちに最初の“レッド”からの報告がケータイに届きます。
どうやら、トーナメントにエントリーされた8人についての追加情報のようです。

C現在、訓練を受けている生徒たちは各校、3期生から6期生までの4年にわたっており、今回トーナメントの代表に選ばれたのは3期生、4期生、5期生、6期生から2人ずつ(計8人)。

D上の8人は「東京校、大阪校、神奈川校、愛知校、埼玉校、千葉校、北海道校、兵庫校」の8校から1校につき1人ずつ、成績優秀者が選ばれているが各学校ごとの学年は現状、明らかにされていない。
 つまり、各校の代表者が何期生かはわかっていない。
 仮に、東京校と兵庫校が3期生だとすると「3期生は2人」の条件を満たしたので残り6校には3期生はいない。

E8人の内訳は男性5人、女性3人。
 男性は、柴田勇、芳賀弘、服部秀治、村越光昭、山崎哲郎の5人。
 女性は、飯塚真理、門脇敦子、新海亜希の3人。


 レッドの情報はまだまだ続きます。

 
F柴田勇は、武術全般を得意としている。
 空手、柔道、合気道、剣道……武術というより、格闘技が得意。

G飯塚真理は、コンピューターの達人。情報撹乱が得意。

 ここで、第二回配信分終わりです。



今回(第3回目)が“レッド”からだったので、明日以降、順次“ブルー”、“イエロー”、“グリーン”からの情報が届くのか。
1回の配信につき1人の情報屋ということでしょうか。
これで火曜日までが、ぼんやり見えてきましたね。
おそらく、明日の配信(第4回)は今回の“レッド”の情報を受けての深ちゃん、サプリ君の会話と“ブルー”からの情報かと思います。
内容は「芳賀、服部情報の組み合わせ」か「芳賀、門脇情報の組み合わせ」のどちらかだと予測。
どうも、8人の内訳時の人物紹介順くさい気がします。

ここで、疑問点がひとつ。
レッドから、B5分で返信が来たにしては情報量が圧倒的(携帯メールにも関わらず)すぎること。
この情報量はPCで入力したとしてもまず不可能ではないか。
では、これが何を指し示すのか。
レッドの存在自体が疑問視される(サプリ君の自演?)ところか、
あるいは、レッドが事前に事あるを予期して用意していた(HTSの関係者?)ことを表すものか。

うーん。悩みどころですが、管理人の推理をどうぞ。

(1)サプリ君その人説。
   正確に言うとサプリ君を名乗る殺し屋。
   上記、疑問を解決できる方法のひとつ。

(2)深ちゃん(を名乗る女性)説。
   実は女性殺し屋で、深ちゃんはサプリ到着ギリギリ前にすでに殺害されている。
   急の来客(サプリのこと)に驚き、深ちゃんに成り済ました?
   サプリ君の情報提供者4人を炙り出すためにサプリ君に話を合わせているのか。
   執拗にサプリ君に情報提供を求めているし。

で、今回追加がこちら
(3)飯塚真理説。
   コンピュータが得意で情報撹乱が特技なので、
   情報提供者が4人いると思わせといて正体は彼女ひとりということも。
   でも、これはミスリードか。


ストーリーに学校を絡めてきた上に何期生とか出してきたのがすでにミスリードだとすると、優勝者は学生(イメージ的に若い)と思わせておいて深ちゃん(政財界の重鎮ならば年齢は高い?)というのもありかなと思う。
だから、意外性を重視するなら、今回登場した8人の中に犯人はいない。

で、これは全くの勘ですが、前回の情報提供者4人=トーナメント1回戦脱落者ではないか説も合わせると、レッドは飯塚真理かなと。コンピュータ得意でいかにも情報担当っぽいし。
(2)説と合わせると深ちゃんは裏切り者の4人を追ってるのか?
でも、きれいにまとまらないなぁ……。ぐだぐだだ。

結論:いまのところ、管理人は(2)の深倉説をとります。




【関連する記事】
posted by 俺 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵Xからの挑戦状! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック