2009年11月13日

行列48時間 第3回「宝福タイホ」(10月30日放送)ネタバレ感想

行列48時間 第3回「宝福タイホ」(10月30日放送)のネタバレ感想です。観てない方のために現状のまとめもあります。

行列48時間(NHK)
全6回(現在3回まで放送終了)
毎週金曜夜10時〜放送中

ただし、先週(11月6日)はお休み。次回(第4回)は13日になります。→第4回は20日に変更


「第3回あらすじ」
行列48時間3-1

 2億円の身代金を持って行列に並ぶ生方(金田明夫)。
その後ろに並ぶ沙也加(平愛梨)との擬似恋愛に
心ときめかせる宝福(國村隼)だったが、
謎の女・駒子(かたせ梨乃)から「いっしょに死んで」と言われ…。
駒子は、元愛人の古久根(長谷川初範)と無理心中を図ろうとしていた。
大河原刑事(渡辺いっけい)は、古久根や宝福の妻・聡子(森下愛子)も誘拐事件を起こした一味だと推理し始めるが、いったい真犯人は…?
                 (あらすじ、写真共に公式HPより)
                    
第3回はほぼあらすじそのままでした(爆)。
一応、2、3補足してまとめると、
各自の現状は、次の通り。

宝福→沙也加と二人きりのところをひったくり犯(本当は誘拐犯)に襲われる。その件で警察に拘留中。
聡子→帰宅。予告によると次回は行列に現れる?
生方→行列にて待機中。犯人はまだ来ない。
沙也加→宝福とともにひったくり犯に襲われるも持っていた包丁により撃退、ひったくりに気付いた巡邏の警官から宝福により逃がされる。
笹島→相変わらず行列内。しかし、時折姿を消している?
駒子→古久根を待つ。
古久根→聡子を送った後、移動中。
大河原刑事→いよいよ宝福と直接対決(誘拐犯だと思ってる)。
車椅子の老人→新年の爆竹が鳴った際に立ちあがった。実は歩行可能?
誘拐犯→身代金を受け取ることができず、イライラ。どうも、行列内に仲間がいるらしい…。


で、年をまたぎました。劇中では新年(1月1日)でーす。
各自の思惑が複雑に絡み合ってストーリー展開も予測がつきません。
果たして、宝福は福袋を買えるのか?
本当に強い人間とは変化に順応できる人間だと宝福は証明できるのか?
残り3回楽しみです。

原作は直木賞作家である藤田宜永さんの「喜の行列悲の行列」。
恥ずかしながら管理人は未読です。
これを機会に読んでみるのもアリかも?



【関連する記事】
posted by 俺 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。