2009年11月20日

相棒season8 5話「背信の徒花」(11月18日)採点&感想

相棒season8 5話「背信の徒花」(11月18日)採点&感想です。

管理人の愉快な相棒ストーリー予測を採点していきます。
感想もあるでよ。

相棒season8 5話「背信の徒花」たぶん、日本一早かった(過去形)あらすじネタバレはこちら
(更新直後のものが余りにアレだったので、多少手直しを加えてます。Ver1からVer1.1ぐらいの改変ですが……)


>で、管理人の推理ですが、今回はムリ!!
>こんだけの情報からストーリー予測はムリ。
>辛うじて、犯人は片倉。
>動機は間宮村の開発にかかわる汚職か不正を糺そうとした三島が邪魔だったため。
>あとはわかりません!!
>11月18日(水)放送をお楽しみに(ムリヤリ締めてみる)。


やはり、無理でした。
正解は高速道路建設予定地を高く売却したかった土地主(ホームの管理者)でした。
これも詳しくは「5話ネタバレ」を見てね。
ただ、片倉の動機は当たった。普通、当たるよね……。
いやいや、これは評価するべき、されるべき。
今回はこの点を盛り込んで採点します。
結論はこの記事の最後で。

感想をば。
神戸君、あまり話に絡んでませんね。
神戸君話が進むのはメインと絡むので戸田山さん脚本時のようですね。

米沢さん、鉄道マニア属性をフルに活かしてますね〜。

5話をミステリ的に評価するならば、ロジックは弱かったような気が。
特に十日市線が単線だから三島が人を待っていたに違いないという推理は弱い。
その弱点を片倉が映るDVDの映像で無理に補強した感じ。
全体的にストーリー展開をDVDの映像に頼りすぎか?

しかし、転落死というトリックの味付けは凄く良かった。
「高所から低所へ」と視聴者に思い込ませておいて、それを活かし「低所からさらに低所へ」と捻ってある空井戸トリックはポイント高い。

ストーリー自体も面白かった。
犯人が公式HPに出ている人物ではなかったのが多少引っかかるが。
管理人的には総合で高く評価出来ると思います。


で、肝心の5話「背信の徒花」ストーリー管理人予測の点数は……片倉さん効果で80点でーす。



【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 相棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック