2009年11月23日

交渉人第6話(2009年11月26日放送予定)ストーリー予測

交渉人第6話(2009年11月26日放送予定)管理人によるストーリー予測です。

第5話ネタバレ批評(レビュー)はこちら

<第6話あらすじ>

老人ホーム『みどりシニアホーム』で、入居者の老人たちとボランティアに来ていたアイドル歌手・tamaki(大江朝美)を人質にした立て篭もり事件が発生した。
犯人は、ホームに出入りしている弁当配達員の三浦知之(中村優一)。
入居者で人質のひとりである筒井則之(山田明郷)が持っていた猟銃を奪い、スタッフ食堂ホールに立て篭もったのだ。tamakiのマネージャー・伊藤(古本新乃輔)が食堂ホールを出た直後のことだった。

桐沢(陣内孝則)は、玲子(米倉涼子)と墨田(笹野高史)を現場担当に任命。
すると、桜庭(塚地武雅)が半ば強引についてくる。
どうやら人質になっているtamakiのファンらしい。
まるでライブにでも行くような装備の桜庭に、呆れる玲子と墨田。

現場に到着した3人は、蓮見(高知東生)から事件の説明を受ける。
すでに事件発生から50分が経過していたが、三浦からは何の要求もない。
だが、人質の中には心臓に持病がある人質もいるため、玲子は食堂ホールに電話をかける。
「俺は本気だ」とだけ言い、電話を切ってしまう三浦。
動揺はしているものの、薬物中毒、計画的知能犯ではないようだ。
マネージャーの伊藤によると、最近ネットにtamakiの誘拐予告や殺害予告も書きこまれていたという。
果たして、tamakiを狙った単独犯なのか?
それならなぜホームの入居者まで人質にする必要があったのだろうか……?

そのとき、tamakiのブログが更新された。
そこには、三浦とtamakiのツーショット写真のほか、身代金5000万円と逃走用の車の要求、さらに人質となっている老人全員のフルネームが書き連ねてある。
いったい、三浦の真の狙いは何なのか?
玲子は三浦と接触するため、食堂ホールへと向かうが……。
(公式HPより)



ブログの更新……魅力的な言葉です〜〜〜〜〜。
はっ!!つい、ぽーっとしてしまいました。

早速、管理人のストーリー予測をば。

犯人はマネージャー伊藤。
動機はtamakiの話題作りのため。
伊藤は三浦を唆している。
三浦は筒井ら老人たちのために立ち上がったと思い込まされている。

……と見せかけて。

犯人は筒井。
まず、ホームに猟銃を持ちこむことが不審。
さらに、それを三浦に奪われていることがおかしい。
なにより、猟銃に実弾を込めた状態で所持している点が決め手。
三浦と筒井はグル。
三浦は筒井ら老人たちの現状を知りそれを改善するために立ち上がった。
アイドルtamakiも巻き込めばマスコミにも主張を伝えられる。
ホームで虐待があり、それを世間に公表したいのか?
あるいは、老人たちを顧みないその家族への警告が目的か?

管理人のストーリー予測は以上です。
当たっているかどうかは11月26日(木)のテレビ朝日21:00〜ご確認ください。


交渉人6-1
「筒井役の山田明郷(やまだ めいきょう)さんです。
MR.BRAINの津田役を演じた俳優さんです」


交渉人6-2
「三浦役の中村優一(なかむら ゆういち)さん。
ジャニーズJr出身で、現在ワタナベエンターテインメント所属です。
仮面ライダー電王にも出演された、売り出し中の若手俳優さんです」


交渉人season1はこちら。
交渉人~THE NEGOTIATOR~ [DVD]




【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック