2009年11月24日

湊かなえさん原作の「告白」が映画化!!

2009年度本屋大賞受賞作が映画化されることになりました。
そのタイトルは「告白」。湊かなえさん原作の小説です。
2008年8月5日発売。内容は下記。

2月15日追記:原作「告白」ネタバレ書評(レビュー)追加しました。こちら

5月17日追記:コミック版「告白」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
コミック版「告白」(湊かなえ原作、木村まるみ画、双葉社刊)ネタバレ批評(レビュー)

告白1<内容紹介>
我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。選考委員全員を唸らせた新人離れした圧倒的な筆力と、伏線が鏤められた緻密な構成力は、デビュー作とは思えぬ完成度である。
(内容紹介は双葉社公式HP・写真はアマゾン.コムより)




いかがでしょう。
既にご存知の方もご存じでない方もこれが映画化されれば……と思うとドキドキしませんか?
なになに……ふむふむ。
これだけでは内容がわからない。
なるほど、ごもっとも。
そういった方のために一部ですが立ち読みが出来るんです。
お気づきでしたか、写真の上部に「立ち読み」という神々しい文字が見えたのが。
書店の敵、読者の味方。
あの立ち読みが出来るんです。
すぐ下にアマゾンへの立ち読みリンクを貼っておきます。
アマゾンへ移動したらあちらにある「告白」の写真部分をクリックください。

おっと、急に画面が変わったからと驚かないように。
多少、読み込みに時間がかかりますが、立ち読み画面が出る筈です。
後は下部の進む・戻るボタンを駆使すれば、あなたの指のごとくページが行きつ戻りつするわけです。
いかが?

注意:たぶん、PC限定の機能かと思います。モバイルの方はお気を付け下さい。

立ち読みが出来る原作「告白」はこちら。(アマゾンへ繋がります)
告白



で、肝心の映画についてですが、

主演は松 たか子さん。復讐を誓う女性教師・森口悠子を演じます。

森口の後任、新米熱血教師・寺田良輝役には岡田将生さん。

「少年B」として告発される男子生徒の母親役が、木村佳乃さん。

その他の13名のクラスメートには無名の中学生が起用されるそう。

監督・脚本は『嫌われ松子の一生』『パコと魔法の絵本』を代表作に持つ中島哲也さん。
公開は2010年6月を予定だそうです。


「告白」映画化についての反応を各ニュースサイト別に取り上げてみました。(外部サイトに繋がります)

・「cinra.net」さん
2009年度本屋大賞受賞作『告白』が松たか子主演で映画化、監督は『松子』『パコ』の中島哲也 - CINRA.NET

・「日テレニュース」さん




【関連する記事】
posted by 俺 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

想像がつかないンですが…(@。@?)
Excerpt: 松たか子、まな娘を殺されて復讐を果たす女教師に挑戦!『告白』映画化 - シネマトゥデイ 「下妻物語」や「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」といった作品を監督した中島哲也氏が… あの湊かな..
Weblog: 映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?
Tracked: 2010-02-06 21:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。