2009年11月27日

金曜ブレステージ「内田康夫旅情サスペンス岡部警部シリーズ〜シーラカンス殺人事件〜幻の魚奇跡の捕獲に仕組まれた完全犯罪物言わぬ生きた化石のみが知る陰謀とは!?」 (11月27日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

金曜ブレステージ「内田康夫旅情サスペンス岡部警部シリーズ〜シーラカンス殺人事件〜幻の魚奇跡の捕獲に仕組まれた完全犯罪物言わぬ生きた化石のみが知る陰謀とは!?」 (11月27日放送分)ネタバレ批評(レビュー)です。


<あらすじ>
4月5日、警視庁では、岡部警部(近藤真彦)、神谷部長刑事(泉谷しげる)らが、テレビから流れる調査隊が1日にコモロ諸島でシーラカンス捕獲に成功したという帰国会見の模様に見入っていた。
翌日、品川マリンランドの水槽で調査隊員の平野優子が遺体で発見される。
品川署の上田刑事(植草克秀)から他殺の可能性が高いと聞いた岡部は、調査隊のスポンサーである大東新聞の記者で、プロジェクト担当の一条秀夫(眞島秀和)が一足先にコモロを離れたという事実を突き止める。
帰国会見が日央テレビの主催で、グループ企業の日央新聞がスクープ記事を載せていたことに気づいた岡部は、一条の実家を訪ねる。
妹の万里子(平愛梨)と一条の大学時代の後輩で日央テレビに勤める恵木学(鈴木亮平)が、行方不明の一条を心配していた。
調べが進むと一条は事件当日に帰国しており、一条家に電話をかけてきた女性が殺された平野だということが判明する。
さらには、凶器のバットの指紋が一条のものと一致した。
神谷たちは、調査隊がスポンサー契約が捕獲前日の3月31日で切れる大東新聞より条件のよい日央テレビと権益契約を結んだことへの恨みによる一条の犯行ではないかとにらむ。
岡部は、考えあって一条を指名手配するよう指示する。
その頃、万里子は調査隊のマネジャーで映像プロデューサーの桜井清三(鶴見辰吾)から呼び出されていた。
桜井は、5日の夜、一条から電話があり、調査隊を絶対に許さないと興奮していたという。
そこへ、再び一条から桜井の携帯に連絡が入り…。
果たして、事件は調査隊の裏切りを感じた一条の犯行なのか?
岡部の推理が鋭く働く。
(あらすじは公式HPより)


ここから、ネタバレ!!

犯人を脅迫していたとみられる大谷(田中要次)もまた殺害される。
大谷殺害後、一条秀夫の自殺体が発見される(後に他殺であると判明)。
江木と万理子も冷凍倉庫で凍死させられかけるも、こちらは未遂に終わる。

Q:果たして誰がこの残虐極まりない犯人なのか?

A:犯人は桜井。

シーラカンスを釣ったとされる当日(4月1日)。
小諸では映る筈のない満月(小諸は皆既日食だった)が映っていた写真を見たことから一条は桜井を問い詰めた。
「シーラカンスの入手先は別ではないか」と。
実は、シーラカンスは海外で入手したものだった。
秘密を知られ、桜井は一条を殺害。
後に一条の死体を冷凍倉庫に隠し、死亡時刻を誤魔化した。
一条殺害の現場を見られた平野も殺害。
万里子がシーラカンスのうろこを身に着けていたことから、襲う。
一条の件で桜井を脅した大谷も殺害。

桜井はあるミスを犯していた。
平野殺害の凶器であるバットの指紋に致命的なミスがあったのだ。
出てきたのは、一条の親指、薬指、小指の指紋。
指を握り込むような形でバットを持ったことになり、不自然。

最後に一条の遺体の口から発見されたカレンダーのメモ帳が決め手となり、桜井は犯行を認めた。

桜井が行った実際の犯行の時系列はこちら。

秀夫殺害→優子殺害→優子水槽へ→秀夫冷凍倉庫へ→大谷殺害→秀夫死体発見。

秀夫殺害はシーラカンスの冷凍倉庫を使ったアリバイ工作。
優子殺害は一条の親指、薬指、小指の指紋だけが出たバット。
大谷殺害は優子同様に一条の指紋トリック。


<感想>
原作は内田康夫さんの「シーラカンス殺人事件」。
管理人は残念ながら未読です。

近藤真彦版岡部警部シリーズでドラマ化第四弾。
キャストも豪華でした。それぞれ。

岡部和雄警部に近藤真彦さん。
一条万里子に平 愛梨さん。
上田刑事に植草克秀さん。
恵木 学に鈴木亮平さん。
一条秀夫に眞島秀和さん。
坂口刑事に松尾 諭さん。
桜井清三に鶴見辰吾さん。
岩本(監察医)に武田鉄矢さん。
神谷部長刑事に泉谷しげるさん。
大谷役に田中要次さん。

上の通り、武田鉄矢さんも出演されてましたね。
日曜劇場「JIN‐仁‐」での緒方洪庵役を彷彿とさせる監察医役でした。
要所要所を持っていきますね。
噂では「JIN」も映画化されるとか……。
本当でしょうか。

岡部警部役の近藤さん、頑張られてました。
万理子役の平 愛梨さんといえば「20世紀少年」のカンナ役の方ですね。
第五弾楽しみです。

ドラマの原作「シーラカンス殺人事件」です。
シーラカンス殺人事件 (講談社文庫)



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。