2009年12月04日

相棒season8 7話「鶏と牛刀」(12月2日放送分)採点&感想

相棒season8 7話「鶏と牛刀」(12月2日放送分)採点&感想です。

7話「鶏と牛刀」ネタバレ批評(レビュー)はこちらです。

まずは感想から。

場面転換と情報量が普段より多かった印象。
その分、がっつり楽しめた。
ただ、ミステリとして明らかに社会派寄り。
頭部の傷口から硝子片が検出されたから他殺を疑うのは弱い。
もう少し、何か欲しかった気が。

ただ、神戸君のキャラクターが如何なく発揮できていた点が凄く良かった。
この方向で確定か?

次に管理人のストーリー予測採点。

>藤石殺害の犯人は亜由美。
>動機は痴情のもつれかな。
>藤石が地位を捨ててでも不正を告発しようとしているの見て咎めたとか。
>藤石の死因が転落死だというのが過失による殺人。
>しかも、女性による事故を指し示していると思う。
>相棒の場合、社会的に大きなテーマを扱うケースでは、動機や犯人は個人的なモノに終始しがち。
>「鶏と牛刀」もここからか。
>更には経験則からも裏付けられる?

>で、不正の犯人は上司の柴田。
>こちらはミスリード要員兼社会問題を体現化した人物とみた。

犯人は六波羅。
柴田も絡んでました。
亜由美は半分当たり。
うーん。

ほぼ半分当たってたので100点満点中50点でしたー!!

そうそう、公式の「ヒラP・伊藤仁の事件簿」によれば11月19日時点で12話まで既に撮影済みとか。楽しみです。
相棒7−3
「ヒラP・伊藤仁の事件簿」に掲載されていた写真です。
撮影風景ですね。
机の上には怪しげなPC。
画面上にはチェスらしきものが見えますが……。

それと、6話「フェンスの町で」の考察で面白いサイトを見つけました。ご紹介します。

techinsightさんの【ドラマの女王】より「拍子抜け?すんなり二代目相棒に納まった及川光博。『相棒 Season8』」(12月1日記事)です。
外部サイトに繋がります。
http://japan.techinsight.jp/2009/12/mittidakedemomenohoyou-aibou8.html

映画「鑑識・米沢守の事件簿」です。
相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 [DVD]





【関連する記事】
posted by 俺 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 相棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。