2009年12月07日

交渉人 8話(2009年12月10日予定)ストーリー予測

交渉人 8話(2009年12月10日予定)ストーリー予測です。

<あらすじ>
サマー・クロースに命を狙われている弓坂警視正(浅野ゆう子)を警護しつつ、捜査を続ける玲子(米倉涼子)らの目の前で、高林元警視正(大杉漣)が何者かに射殺された。
弓坂警視正を庇うように、彼女を狙った銃弾に倒れたのだ。
高林はサマー・クロースではなかった…!?
玲子は高林が最期に口にした「これで、いい」の真意を探ろうとするが…。
玲子から、高林が死んだことを聞いた真里谷(城田優)は、「これで、あいつも僕の仲間だ」と謎めいた言葉を口にする。
さらに「玲子だけが仲間はずれ」とも。
真里谷の言葉はいったい何を意味するのか…?
サマー・クロースからの連絡が途絶える中、高林の周辺を調べていた蓮見(高知東生)から、高林に絶縁状態の直樹という息子がいるという報告が入る。
絶縁状態とはいえ親子は親子。
高林の家にあった、幼い直樹を撮影したホームビデオをチェックした玲子はがく然となる。
高林を失脚させた玲子を、直樹は恨んでいるのではないか…?
サマー・クロースは直樹で、すべては自分に対する恨みを晴らすための犯行だったと推理する玲子。
そんな玲子のもとに、サマー・クロースからの連絡が入る。
そしてついに、サマー・クロースの正体が明らかに…!?
(公式HPより)


今回も公式HPにゲスト紹介ありません。

高林の息子・直樹はずばり王子隼人だとみた。
管理人もずっと王子=サマー・クロース説を唱えているので。
以上です。

いよいよ、エンディングに向けて加速してきた「交渉人」。
目が離せません。


【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。