2009年12月25日

あの「ダレン・シャン」が映画に!!

「ハリー・ポッター」と双璧をなすと言われたあの「ダレン・シャン」が映画になるそうです!!

ダレン・シャンあらすじ―――
怪しいサーカスから盗み出した毒グモにかまれた親友・スティーブを助けるため、バンパイア(吸血鬼)になった少年ダレンが、バンパイアの世界に飛び込んで抗争に巻き込まれ、バンパイアと対抗するバンパニーズとなったスティーブと対決する―――。

ラストは○○になる本作。(ネタバレです!!○○の中は下の「続きを読むから」どうぞ)
新井隆広さんが「週刊少年サンデー」(小学館)で漫画化もしてました。

映画版スタッフは―――
監督・脚本:ポール・ワイツ
脚本:ブライアン・ヘルゲランド
原作:ダレン・シャン

キャストは―――
クリス・マッソグリア
ジョシュ・ハッチャーソン
ジョン・C・ライリー
サルマ・ハエック
ウィレム・デフォー
パトリック・フュジット
ジェシカ・カールソン

さらには渡辺謙さんも出演予定とか。楽しみですね。

日本では2010年3月19日公開予定!!


ここからネタバレです!!注意!!

あらすじ中の親友・スティーブとダレンは運命を司るミスター・タイニーを父とする兄弟だったが、結局スティーブはダレンと対立する種族の王となってしまい、ダレンと敵対することに。
タイニーの目的は二人の息子どちらが勝っても世界は自分の思いのままになるという野望の為だった。
それを阻止するため、最終的には相討ちに。

この悲劇を起こしてはならないと過去へ戻ったダレン。
過去の自分とシルク・ド・フリーク(あらすじの怪しげなサーカスのこと)の接点を無くし、全てを無かったことにする―――。

なんとも、辛いエンディングです。


・映画版「ダレン・シャン」(シネマトゥデイさん)
http://www.cinematoday.jp/movie/T0008160


シリーズ最終巻「ダレン・シャン 12 」です。結末が描かれます!!
ダレン・シャン 12 (小学館ファンタジー文庫)



【関連する記事】
posted by 俺 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック