2009年12月28日

2夜連続ガリレオSP「ドラマレジェンド ガリレオエピソードΦ」(12月28日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

2夜連続ガリレオSP「ドラマレジェンド ガリレオエピソードΦ」(12月28日放送分)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>
とある島で密室殺人事件が起きた。事件解決の糸口を求め、専門家の意見を聞くため帝都大学を訪れた草薙刑事(北村一輝)は、大学の掲示板で懐かしい名前を発見する。その男の名は、湯川学(福山雅治)。かつて草薙と同じバドミントン部の仲間で、今は帝都大学理工学部物理学科の助教授だ。学生時代から"超がつくほどの天才"と名をはせていたこの男の頭脳にいちるの望みを抱き、草薙は、湯川の研究室を訪ねることにした。
湯川と再会した草薙は、助手の栗林宏美(渡辺いっけい)の制止を尻目に、熱心に湯川を口説く。はじめは「興味はない」と冷たくあしらっていた湯川だが、草薙に「事件現場の島には、ステキな水着美女がウジャウジャいる」とそそのかされてその気になり、捜査に協力するため事件現場に向かうことに。そして、湯川研究室研究生の塩野谷あかり(長澤まさみ)もこの事件に興味を示し、勝手に湯川たちについて行く。一方、事件現場を訪れた湯川らの前に現れたのは、被害者の父親で車いす生活を余儀なくされている友永幸正(蟹江敬三)、被害者の妹で父親の介護をしながら生活を共にしている奈美恵(香里奈)、そして彼女の婚約者、紺野宗介(長谷川朝晴)…。謎めいた人々が次々と捜査線上に浮かび上がってくる中、果たして犯人は誰なのか? 動機は? そして何より、密室殺人のトリックは?
今回の放送のために、新たに撮影したミニドラマにもご期待ください!
(公式HPより)


湯川と草薙の出会いが描かれた本作。
ストーリーの骨子は以下の通り。

殺害されたのは友永という男性。
彼は離れにひとりきりのところを殺害されていた。
その胸にはまるで刃物で貫かれたような傷口が。
そして、直後に発生した謎の失火。
離れは炎に焼き尽くされてしまった。
友永殺害と放火。
しかし、現場は密室。
誰も出入りした形跡はない。
果たして誰がどう行ったのか?
この謎に挑む湯川。

推理の結果、次のような仮説が成り立つ。
爆発の威力を利用し、鉄板(メタル)を変形させ鋭利な刃物状に成形。
それが被害者の胸を貫通し、その命を奪った。
犯人は成形する為の装置を離れに設置したのだ。
放火についても同様の装置を転用した。

メタルの魔術師と呼ばれる友永幸正…被害者の父である彼こそが犯人だった。
息子の素行に頭を悩ませていた幸正。
思い余って殺害を決意。
だが、車椅子の幸正は簡単に移動出来ない筈……。

犯行前、奈美恵に連れられ、離れの息子を訪ねた幸正。
ボトルシップを取りに来たふりをして装置を設置。
幸正が肌身離さず持つステッキ。
それを伸ばした長さが約120cm。
息子の心臓の高さと同じ。
この計画の為にあつらえたものだった。
こうして、計画に狂いが生じないよう完璧な準備を施した。

犯行当日、窓際に呼び寄せるため息子に電話。
射程距離に誘き寄せると装置を作動。
息子の命を奪ったのだ。

事件は解決した。だが、湯川の表情は冴えない。
何かを考え込んでいる様子。
「どうしたんですか?事件を解決したのは先生なんですよ」
声をかける塩野谷。
「解決したのは僕じゃない」と語る湯川。その真意は?

「父は誰かに気付いて欲しかったんだと思います」
草薙に語る奈美恵。
「完全犯罪になってしまえば父は捕まらない。そうすると私が介護しなければならないから。すべて私の為に―――」
涙ながらに訴える奈美恵。幸正は奈美恵に自由な人生を歩ませる為に今回の犯罪を実行したのだ。

湯川も「友永さんに操られたんだ」と呟く。
メタルの成形や幸正のステッキ、推理に必要な情報はすべて幸正によって提示されていたのだ。逮捕されることすら幸正の計画のうちだったことになる。

結局―――
奈美恵は紺野と幸正の帰りを待つことに。
幸正の会社の社員一同も一丸となって幸正を支えると宣言する。
塩野谷は科学捜査研究所に就職することを目標に決める。
最後は相変わらずの湯川節で締め!!

エピローグ
オオクラ医院長殺害事件が報道されている。
「洋上のクルーザーを狙い撃ったのでは?」と問うキャスターに、コメンテーターが「ありえない」と一笑に付す。
そこで「ありえない?」と疑問を呈する湯川。

エンド。

<感想>
実はこのエピローグが映画「容疑者Xの献身(以下、容疑者X)」のプロローグ部分に繋がってます。
「容疑者X」では、夜の闇の中、湯川がレールガンの原理を利用して洋上のクルーザーを狙い撃つシーンがあります。
ストーリーがリンクしてたんですね〜〜〜。

「相棒」の角田課長役の山西さんも出演されてましたね〜〜〜。
流石の演技でした。

明日の「容疑者Xの献身」は我が「ミステリ通信 創刊号」内過去記事に存在しています。ネタバレありですが、興味があればこちらからどうぞ!!

シリーズの一冊「ガリレオの苦悩」です!!興味のある方はどうぞ!!
ガリレオの苦悩





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。