2010年02月06日

土曜ワイド劇場「西村京太郎スペシャル 山形新幹線・つばさ111号の殺人!謎の駅に途中下車のトリック十津川警部vs黒い帽子の女…」(2月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎スペシャル 山形新幹線・つばさ111号の殺人!謎の駅に途中下車のトリック十津川警部vs黒い帽子の女…」(2月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)です。

<あらすじ>

山形新幹線 つばさ111号の殺人!1

十津川警部(高橋英樹)と亀井刑事(愛川欽也)は、宮田直人(佐伯新)が自殺したことを新聞記事で知った。宮田は、1年前に起った殺人事件の目撃証人だった。十津川は、宮田自殺の記事を見たとき、2週間ほど前に三浦半島の海岸で溺死した大石あずさ(黒澤はるか)のことを思い浮かべていた。
 1年前、中野にある喫茶店の主人・本間順一(久保酎吉)が白昼の店内で刺殺されるという事件が発生、刺したのはかねてから金銭トラブルのあったヤミ金融の社長・松木弘(中村譲)だった。そして、このとき店内にいたのが、ウエイトレスのあずさと4人の客で、その客の中の一人が宮田だった。
 松木は本間をナイフで刺したあと逃走を図ったが、まもなく逮捕され、懲役12年の判決を受けていた。この裁判で、証人として出廷した宮田たちに、松木は「お前たちを一人残らず殺してやる」と罵声を浴びせていた。だが、松木は収監されて間もなくクモ膜下出血で病死したのだった。あずさの溺死と宮田の自殺は果たして偶然なのか? 新聞記事によると、宮田はバスルームで手首をカミソリで切って死んだらしい。
 十津川と亀井はとりあえず三鷹にある宮田のアパートに向かった。所轄署員によると、死体が発見されたのは前夜9時過ぎのことで、宮田の下の部屋の住人から、天井から水が漏れているとの通報があり、駆けつけた管理人が上の階の宮田の部屋で彼の死体を発見したのだという。所轄署員は、現場の状況から他殺を疑わせるようなものは何もなかったと言い、ただ、部屋のカギは掛かっていなかったと付け足した。
 二人はその足で松木の恋人だった木村弥生(京野ことみ)のもとを訪ねる。弥生は、宮田が自殺ことなど知らないし、過去のことはもう忘れたいと二人に語った。だが、そう言う弥生の部屋には、宮田の死を伝える新聞が置かれてあった。なぜ、弥生はウソをつかなければならないのか、十津川と亀井は弥生に不審なものを感じる。
そんな中、本間殺害事件の目撃者のうちの二人、店の常連だった小川長久(有川博)と当時大学生だった黒柳恵美(橋本愛実)が相前後して行方不明になってしまう。小川は旅行に出ると家族に言い残し、恵美は山形の実家に戻ると、念のため彼女を訪ねた亀井に語ったまま連絡が取れなくなってしまったのだ。
 恵美と小川の足取りを追ったところ、二人は同じ日の『やまびこ・つばさ111号』に乗り込んだことが判明する。この列車は、東北新幹線の『やまびこ111号』と山形新幹線の『つばさ111号』が連結されたもので、福島で分離されたあとやまびこは終着地・仙台に、つばさは新庄に向かう。二人が同じ列車に乗ったのは何らかの理由があったのか? 十津川と亀井は、恵美や小川の身を心配するが…。
(あらすじ・写真共に公式HPより)


では、続きから……。

恵美と小川も(なんやかんやで)殺害される。

弥生の家から段ボール箱に入った1億5千万と殺害された目撃者たちのリストが発見され、容疑は弥生に傾く。
当の弥生は松木の占い師をやっていた佐久間を訪ね、松木の隠し金5億を隠し持っているのではないかと問い質す(怒涛の急展開)。
それを軽く受け流す佐久間。

ここで(なぜか)捜査の焦点は佐久間に向かう。

十津川は「別の動機を隠す為に松木の恨みを利用しているのでは」と推理(第六感?)。
そこから、大石殺害は、内海という本間の事件の目撃者による犯行と仮定。
それを目撃した佐久間が内海を脅迫し、以降の殺人を行わせたのではと仮説をたてる。

亀井は動機を探るべく、佐久間の生い立ちを調べる。
佐久間は過去に命の恩人と言える人物と出会っていたらしい。

弥生と連絡を取る佐久間。何かを依頼。内海も動き出す。

弥生、内海、佐久間が活動を開始。
十津川班は追跡を開始するがまかれる。

千葉方面に向かったことからあそこだと(なぜか)断言する亀井。

その頃、本間の墓の前で集まる3人。
佐久間は内海にワインを勧める。
おそるおそる口にしようとする内海。

そこへ現われる(まかれた筈の)十津川、亀井。
内海の手からワインを奪う。毒入りワインだったのだ。
亀井の調べたところによれば佐久間の恩人は本間だった。

本間を見殺しにした5人に復讐しようとしたのが動機だった。
内海は密かに交際していた大石が邪魔になり殺害。
それを目撃した佐久間が内海を脅迫。
宮田、恵美、小川を殺させた。
犯行を否定する内海だが、宮田のアパートの原稿用紙から内海の指紋が検出されていた。

佐久間は小川を1億で買収。
恵美の行動を監視させつつ、誘導させた。
小川は大宮で乗り換え、恵美を郡山で下車させた。
やまびこ111号に戻る小川。そのまま仙台でアリバイを作る。
恵美は郡山で内海の車に乗り、猪苗代湖で2時に絞殺される。
同時刻、小川は郡山へ向かい、捜査を撹乱。
後日、小川は内海により殺害。

十津川が推理を語る間に、佐久間の様子がみるみるおかしくなる。
脂汗を浮かべ、立つのもやっとの状況だ。
だが、誰も気付かない。

瀕死の佐久間は弥生に1億5千万円をあげると伝える。
松木の件を謝罪する弥生。
弥生は怪しげな行動の一切は“なんか、気になるから”いろいろ動いていただけだったのだ!!

ついに力尽きた佐久間が倒れる。
驚く十津川たち。
ワインの毒を佐久間も口にしていたのだ。
駆け寄る十津川、水を飲ませる。

佐久間は命を取り留めた。
「彼も身体をはって復讐を成し遂げようとしていたのだろう」十津川が語る。

エンド。

<感想>
いつもどおりでした。
このストーリーは好き嫌いが分かれそうです。
ツッコミどころは()に込めました。
最後の感動部分もおかげでズタボロです(涙)。
他は特にありません。
次回に期待します。

<キャスト>
十津川警部:高橋英樹
亀井刑事:愛川欽也
木村弥生:京野ことみ
佐久間有也:柏原収史
西本刑事:森本レオ
北条刑事:山村紅葉
清水刑事:井川晃一
久保田刑事:伴 杏里
黒柳恵美:橋本愛実
小川長久:有川 博ほか

シリーズの一冊「九州新幹線『つばめ』誘拐事件―十津川警部シリーズ 」です!!
九州新幹線「つばめ」誘拐事件―十津川警部シリーズ (トクマ・ノベルズ)





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。