2010年02月17日

相棒season8 16話「隠されていた顔」(2月17日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

相棒season8 16話「隠されていた顔」(2月17日放送分)ネタバレ批評(レビュー)です!!

日本で100番目に早い(たぶん)、相棒season8 16話「隠されていた顔」(2月17日放送分)ネタバレ批評(レビュー)。

登場人物一覧(レギュラー以外)
鶴見:教授。次期学部長の本命。
曽田:鶴見研究室の准教授。被害者。
小笠原槙子:准教授。
室井:助教。女性。
岡本:眼鏡の学生
山下:男子学生
陽子:女子学生

<あらすじ>
学生が大麻を栽培した事件の後処理に大学を訪れる右京たち。
いざ、特命係に戻ろうとした矢先、農学部倉庫が大爆発を引き起こす。

相棒8-16-1

そのまま捜査を開始。

被害者は大学で心理学を教えている准教授の曽田。
死因は煙草の火が倉庫内のガスに引火したことによる爆発。
LPガスが漏れていたのだと云う。

曽田の死亡前の行動を調べる右京たち。
曽田の職場・鶴見研究室を訪ねる。
そこには、槙子、室井、岡本、山下、陽子たちが居た。

相棒8-16-3

曽田たち鶴見研究室のメンバーは、心理学の定例会があり大視聴覚室でビデオを見ていたと准教授の小笠原槙子が云う。

被害者の上司・鶴見教授によれば鶴見が学部長に就任した後、後任の教授のイスを巡り、曽田と槙子どちらを選ぶか悩んでいたらしい。

喫煙所はA号棟、B号棟にしかなく、大視聴覚室から距離があったので農学部倉庫を喫煙場所として利用したと思われた。

ここでLPガスのバルブが故意に開かれた疑惑が浮上。
殺人の可能性が。

農学部のある学生が煙草を所持していたのを見つけた右京。
農学部倉庫が喫煙所として常用されていた事実を突き止める。
そこから、ガスのバルブが緩められたのは事故直前と推測。

再び、鶴見研究室へ。
心理学定例会は毎週金曜だったが、今回に限り槙子の都合で日曜日になったらしい。
定例会会場が大視聴覚室になったのは岡本という学生が予約したからということも判明。

相棒8-16-2

研究室を出た槙子と会話する右京たち。
確認行為―――家を出た後で鍵をかけたか不安になり確認せざるをえなくなるような行為のこと―――について教えられる。
病気とは違い脅迫行為の一種で、槙子はよくこれをやるらしい。

曽田は1人暮らし。妹が九州に居るだけとのことだった。
曽田の部屋からレンタカーの領収書が大量に見つかる。
次いで中身のないカメラケースを発見。
望遠レンズにレンタカー……誰かを見張っていたのか?
外圧的動機づけに注目すべきだと提案する神戸。
神戸は教授のイスを巡って槙子が絡んでくると見たのだ。

曽田の机からカメラが発見。
そこには意外な人物が映っていた。
鶴見教授と室井助教である。
二人はにこやかにフレーム内で笑い合っていた。
室井と鶴見は不倫関係にあったのだ。

室井に接触する右京たち。
曽田に対してひとしきり憤慨した室井は岡本と槙子が付き合っていることを暴露する。
室井の岡本評は辛辣で、研究リポートをDVDにわざわざ焼いて槙子に提出したりしてキモイと一刀両断。
定例会の日、曽田は12時から煙草を吸う機会が与えられなかったことも判明。

神戸は曽田の行動をコントロールした人物が居たのではと推理。
つまり、犯人の条件は。
1、日付をコントロール出来る。
2、場所をコントロール出来る。
3、曽田の衝動をコントロール出来る
1と3は槙子の都合でコントロールしていた。
2は岡本がコントロールした。
当の岡本は槙子と交際している。
これらから槙子犯人説を唱える神戸。
右京は何かを考え込む。

曽田は鶴見の決定的な弱みを握っていたにも関わらず、それを使わなかったのは何故か?
そんな疑問が浮かぶ中、曽田の写真に小さく写っていた岡本のリポートに興味を示す右京。
早速、コマ送りで再生したところ、そこに映っていたのは岡本の写真。
普通に再生しただけではわからない……サブリミナル効果だ。
岡本によればサブリミナル効果を研究したかったと云う。
だが、鶴見教授には否定されてしまい、認めてくれたのは槙子だけだった。

大視聴覚室を利用したのは槙子に頼まれたからか確認する右京。
岡本はあっさり否定する。
岡本が主導した計画で槙子は関係ないと云うのだ。
サブリミナルで槙子を手に入れた岡本。
その槙子の為に計画したと告白。
定例会の映像にもサブリミナルが挿入されており、農学部倉庫の工作もすべて岡本がやったことだった。

サブリミナルによる殺人を立件できるのか?疑問を口にする神戸に対し、右京は岡本の信じている事実は真実とは違うかもしれないと呟く。
鶴見教授によればサブリミナルで人を殺すことは不可能。
あくまで行動の方針を定めることになんらかの影響を与えることは出来るが、行動それ自体を左右は出来ないと断言。
だが、送り手と受け手の間に濃密な関係があるということであれば、マインドコントロールならば可能かもしれないと示唆する。
マインドコントロールは槙子の得意分野だった。

右京は取り調べ中の岡本に接触。
岡本が槙子をコントロールしたのではなく、槙子が岡本をコントロールしたと指摘。
倉庫の件も槙子から聞かされていた。
喫煙衝動に関する参考記事に見せかけて「喫煙」と「爆破」を結びつけた。

先にあげた曽田殺害の3つの条件を満たすのは、やはり槙子。
曽田を誘導したのは槙子であることをひとつずつ立証していく。

曽田に農学部倉庫行きを勧めたのも槙子だろう。

だが、槙子の完全犯罪を突き止めたものの立証する術の無い右京たち。

そこへ米沢から電話が。
曽田が液体肥料を被っていたことを知る。
現場には相当肥料がまき散らかっていたらしい。
「これで何とか出来るかも」そう呟く右京。

槙子の研究室から靴を回収した上で、槙子を呼び出す。
なぜ曽田は鶴見を脅迫しなかったのか?
それは先に槙子を脅迫したからだった。
そこから槙子に曽田への殺意が生じた。

決め手は“確認行為”だった。
岡本がLPガスのバルブを開いた後、槙子はバルブを確認する為に倉庫を訪れていた。
倉庫内には土曜日の晩に肥料が撒かれた。
そして、その肥料が槙子の靴から検出されれば……槙子は土曜日の晩以降、倉庫を訪れたことになる。
事実を突き付けられた槙子は罪をあっさり認める。

好意を寄せたものを利用した。右京は憤慨。
「岡本さんへ謝罪すべきだ」槙子へ詰め寄る。
気持ちの挫けた槙子はそのまま連行された。

曽田は槙子の万引き現場を抑えていた。
それを盾に教授選の辞退を迫ったのだそうだ。

「身近な人間に秘密を知られたことが耐えられなかったのでは―――つまりは、自分自身の心に負けたのでしょう」
ぼつりと右京。
「お昼行きませんか」唐突に神戸を誘う右京。
二人は特命係を後にする。

エンド。

<感想>
右京と神戸。
漂々とした独自の相棒路線を確立して来たような気がします。
イイ感じです。

槙子は自白してたけど、あれって起訴できない気がする。
前にも丁度似たエピソードを思い出しました。
相棒season4 11話「汚れある悪戯」の回です。
スサノオによる誘拐事件。
あれの殺人犯は犯行を主張したにも関わらず結局、裁かれませんでした。
今回もあんな感じになるのかな。
現在立証できるのは、槙子が農学部倉庫に土曜日の晩から日曜日の昼までの間に足を運んだことだけだし。
自供抜きでは、「何となく」で済まされてしまうだろうし。
自供があっても、未必の故意が認定されるものだろうか?

そうそう、エピソード記憶と意味記憶も出てましたね。
心理学っぽい雰囲気に一躍買ってました。

ストーリー予測は、マインドコントロール当てたし、よしとします。(鶴見教授犯人説唱えちゃったけど)

そういえば、サブタイトルの「隠された顔」っていうのは、鶴見教授の裏の顔(不倫)だけじゃなくて、岡本のサブリミナルもかけてたんですね。むしろ、そっちを指してたのかな。見事、ミスリードに引っかかっちゃったことになるなぁ。

気になる点をもうひとつ。
右京さん、ラストでコントロールの発音を間違えてましたよね……。

犯行の主と従が二転三転する良回でした。

「相棒 season6下」です!!
相棒 season6下 (朝日文庫 い 68-12)





【関連する記事】
posted by 俺 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 相棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。