2010年02月18日

東野圭吾さん「赤い指」がミリオン突破!!

「新参者」ドラマ化で話題の東野圭吾さん。
その著書「赤い指」がミリオンを突破したそうです!!

2010年12月3日追記「赤い指」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)追加しました。リンクよりどうぞ!!

「新参者」ドラマ化の情報はこちら

「赤い指」(東野圭吾著、講談社刊)とは―――

<あらすじ>

赤い指1

どこの家でも起こりうること。だけどそれは我が家じゃないと思っていた。
平凡な家庭で起こった、2日間の悲劇

人は事件の裏側にある別のものを隠し、苦しんでいる。加賀恭一郎は、その苦しみから救済し、人の心を解きほぐす。
「刑事の仕事は、真相を解明すればいいというものではない。いつ、どのようにして解明するか、ということも大切なんだ」

少女の遺体が住宅街で発見された。捜査上に浮かんだ平凡な家族。一体どんな悪夢が彼等を狂わせたのか。「この家には、隠されている真実がある。それはこの家の中で、彼等自身の手によって明かされなければならない」。刑事・加賀恭一郎の謎めいた言葉の意味は? 家族のあり方を問う直木賞受賞後第1作。

※本書は2006年7月に小社より刊行された作品です。
(あらすじ・写真共に公式HPより)


・「赤い指:東野圭吾のミステリーがミリオン突破 加賀恭一郎シリーズ7作目 オリコン本ランキング」(毎日jpさん、外部サイトに繋がります)
http://mainichi.jp/enta/photo/news/20100217mog00m200047000c.html

・ソースのオリコンさん(外部サイトに繋がります)。
http://www.oricon.co.jp/news/ranking/73473/full/

「赤い指 (講談社文庫)」です!!
赤い指 (講談社文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 既刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。