2010年02月20日

五木寛之さん、直木賞選考委員を辞める!?

五木寛之先生が直木賞選考委員を自ら辞めるとの情報が。

なんでも、佐々木譲さんの今期の受賞作「廃墟(はいきょ)に乞(こ)う」を論評するなかで、「破顔した」という表現について論じたところ、その表現は作品中にはなかったことが判明。
五木さんが出稿後に勘違いに気付き、訂正を求めたが間に合わず、選評が22日発売の「オール読物」3月号に掲載されたためとか。

「オール読物」3月号1
「オール読物」3月号


直木賞を主催する「文芸春秋」サイドは強く慰留している模様。
文筆業に携わる者として「身を処す」という言葉を実践されようとしている五木寛之先生。
本当に辞任されるとするならば残念です。

3月16日追記:3月15日、直木賞選考委員の五木寛之さんと平岩弓枝さんが退任すると、同賞を主催する日本文学振興会が発表。五木さんは1978年上半期(第79回)から、平岩さんは87年上半期(第97回)から選考委員を務めていた。
お二人の退任により、同賞の選考委員は8人になるが今年の夏の選考(第143回)では補充しないとのこと。

・「直木賞選考委員、五木寛之さん辞意 『選評にミス』」(asahi.comさん、外部サイトに繋がります)。
http://book.asahi.com/news/TKY201002190466.html

・「直木賞選考委、五木寛之さん・平岩弓枝さん退任」(asahi.comさん、外部サイトに繋がります)。
http://book.asahi.com/news/TKY201003150396.html

・第142回「直木賞」&「芥川賞」結果発表はこちら

五木寛之先生の選評が掲載される「オール讀物 2010年 03月号」です!!
オール讀物 2010年 03月号 [雑誌]





【関連する記事】
posted by 俺 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説賞関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。