2010年02月25日

「853〜刑事・加茂伸之介」第6話「生きているのも悪くない!(病室の友情…逮捕されたがる女!)」(2月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「853〜刑事・加茂伸之介」第6話「生きているのも悪くない!(病室の友情…逮捕されたがる女!)」(2月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

853〜刑事・加茂伸之介6−1

犯人逮捕の際に怪我を負った佐々木雪子(富田靖子)は肋骨にヒビが入りしばらく入院することに。そこで雪子は、入院患者の石嶺貴子(キムラ緑子)と顔見知りになる。

一方、加茂伸之介(寺脇康文)ら捜査一課のメンバーは通信販売会社社長の早乙女光隆の遺体が発見された現場に出向いていた。早乙女の周辺を探った武藤勇作係長(田辺誠一)らは、早乙女の通信販売会社社長という肩書きは名ばかりで、実際には出資金詐欺の疑いがあったことを突き止める。武藤の指示で捜査員は早乙女の殺害当日の足取りと、出資者たちのアリバイ捜査へ。浜育実(菅原大吉)と酒井十一(林剛史)は、早乙女の元妻・福山志保(滝沢涼子)とその娘・さやか(緑友利恵)に話を聞きにいく。

そんな中、入院中の雪子から加茂に電話が。雪子が刑事だと知った貴子がその瞬間、動揺したような表情を見せたので気になるというのだ。貴子が持っていたライターに書かれていた名前のスナックに行ってみてほしい、と頼む雪子。スナックへ行った加茂は、貴子がそこに勤めていたこと、そして早乙女は常連客だったことを聞き出す。さらに、貴子も早乙女の会社に出資していたようだと知り…。

病院に貴子を訪ねた加茂。商社に勤める夫を持ち、娘もいると話す貴子の姿を見て加茂は、「どうして真面目に病気を治そうとしないのか」と疑問に思う。同じころ、雪子もまた貴子の話は作り話なのではないかと思いはじめ・・・!?

そして退院の日。貴子は突然雪子に「早乙女を殺したのはあたしだよ」と凶器を捨てた場所の地図とともに告白し・・・!?
(あらすじ・写真共に公式HPより)


では、続きから……。

福山志保にアリバイが判明。
志保が自身のアリバイを黙っていたことからその娘さやかに容疑が向かう。

福山家を訪れた加茂。
長岡天神の合格祈願のお守りを見つける。

雪子からさやかの話を聞いた貴子は自分が犯人だと告白。
そのまま出頭する。
貴子は病気の為に残りわずかの命だった。

さやかは映画館(シネコン)でアルバイトをしていた。
アルバイト先の先輩と親しい様子。

さやかが貴子と同じ病院に入院していたことが判明。
志保に加え貴子が庇ったことからさやかに容疑が集中。
ついにさやかの取り調べが行われる。
さやかはあっさりと犯行を自供。
その際、知らないおばさんが死体遺棄を手伝ってくれたと語る。
そのおばさんが貴子だった。

さやかが逮捕され、貴子を傷つけない方法を模索する雪子に武藤は非情な態度をとる。
見かねた加茂が雪子に代わり貴子を取り調べることに。

加茂からさやかの事を聞かされた貴子はすべてを告白する。
入院中、会話も交わさなかったが、陰からさやかの笑顔に癒されていた貴子。
さやかが退院後、また笑顔を見たくなって家を訪ねたのだと云う。
そこには、殺害された早乙女の姿が。
貴子自身、早乙女と浅からぬ因縁(金を騙し取られた)があり、運命を感じ、死体遺棄を手伝ったのだった。

こうして事件は解決したかに見えたが……。
雪子はさやかを見て「貴子と同じ表情をしている」と加茂に呟く。
そこではっと気がつく加茂……さやかは2年生だった。

実は早乙女を殺害したのはさやかの高校(バイト先)の先輩だった。
当日、さやかから「お守りを渡す」と伝えられ家を訪れた彼。
虐待を受けるさやかを見て咄嗟に早乙女を刺してしまった。

雪子は貴子に真相を伝え、生きるよう励ます。
「放っといておくれよ」
「いえ、放っとけません。実は……私の母も貴子という名前なんですよ」
「嘘吐き……」
そこへやって来た加茂。
さやかからの伝言として「彼氏と罪を償うので見守って下さい」と云っていたと嘘を吐く。
「あんたたちは二人とも嘘吐きだね……でも、それもいいかもしれないね」やっと笑顔を見せる貴子。

その頃、三原と武藤。
「数字には見えない何かが変わりつつあるようです」
三原へ訴える武藤。武藤自身はその変化を好ましく思っていない様子だ。
「そうか、お前も数字以外のものに気がつくようになったか」
満足げな三原。

その変化の原因―――加茂はというと―――雪の降りしきる街の中を寒さに肩を竦めながら歩いていたのだった―――エンド。

<感想>
今回は武藤が小物化した感あり。
4話と似てる?
加茂は大活躍。
4、6話は加茂。3、5話は武藤と交互に加茂と武藤が能力を発揮してる感じ。

それと、武藤が加茂に感化されるフラグが成立。
でも、加茂が武藤に感化される様子はない。
この一方通行はどうかな……と。

二人が共に能力を発揮して競うなり、協力するなりが観たいんだけどなぁ―――どうも、それはあるとしても最終回のことになりそう。

とはいえ、今回は良回だと思う。
胸を温かくしてくれるほんわか回でした〜〜〜。

【6話結論】
ほんわか回。結構、良かった。

369が歌う「853〜刑事・加茂伸之介」主題歌「バラード」です!!


2月17日発売の主題歌「バラード」CDです!!
バラード/I LOVE YOU





こちらも853。
「V853 トルトショ シャンベルタン GC」です!!
V853 トルトショ シャンベルタン GC





【関連する記事】
posted by 俺 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。