2010年03月03日

相棒season8 18話「右京、風邪をひく」(3月3日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

相棒season8 18話「右京、風邪をひく」(3月3日放送分)ネタバレ批評(レビュー)です!!

日本で100番目に早い(たぶん)、相棒season8 18話「右京、風邪をひく」(3月3日放送分)ネタバレ批評(レビュー)。

登場人物一覧(レギュラー以外)
樫山ジュン:西嶋宅の隣家に住む女性。
戸倉:樫山の交際相手。
西嶋:遺体で発見された窃盗犯。
遠山:シーズン4 第2話「殺人講義」(石橋 蓮司さんの回)に出て来た大家。
宮村:遠山の店子。とある悩みを持つ。
梢:病気がちの少女。

<あらすじ>

◆今回、時系列が肝要です。
視点別に分割しました。
それと、同一時間軸には(場面数字)のチエック入れてます。

3月4日追記:補足にて出来事を時系列順に並べ変えました。理解の参考にどうぞ。補足はこちら

◆視聴者視点

3月4日深夜―――山中にて穴を掘る男女の姿。樫山と戸倉だ。
どうやら死体を埋めたらしい。
戸倉は死体から奪ったネックレスを自慢げに手にしていた。

3月7日早朝―――TVを観て、タケノコ掘りにやってきた一組の夫婦が死体を発見する。

相棒season8-18-1

同日、特命係―――その頃、右京は風邪をひいていた。
神戸はそんな右京をからかう。

同日、鑑識課―――発見された死体の身元が判明。
大家から捜索願が出されていた西嶋という窃盗犯だった。
米沢は西嶋の所持品である油性ペンがついた軍手に注目。
右京に意見を求めるが風邪気味の右京は曖昧に頷くだけだった。

一方、伊丹たち一課の面々は捜索願に基づき西嶋宅を訪れる。
一課の質問に対し淀みなく返答する大家。

相棒season8-18-3

更なる聞き込みを行う伊丹たちは隣家の樫山を訪ねる。
樫山は激しく動揺。
その様子から伊丹は樫山をマークする。

その日の夜。
真っ向勝負とばかりに樫山にアタックをかける伊丹たち。
樫山はあっさり犯行を認める。

樫山の口から共犯者・戸倉の存在が浮上。
こちらも逃走中にあっさり逮捕される。

こうしてあっさり事件は解決した。

伊丹は鼻高々。
上機嫌で特命係に「勘と足が捜査の決め手」と宣言する。(場面1)

それを聞き、何やら微笑み合う右京と神戸。
「運も必要なのでは」と語る神戸。
「この場合は縁というべきでしょう」何やら納得している右京。

◆神戸視点

時間を遡ること1日、3月6日のこと。
風邪気味の右京に電話がかかって来る。
電話の相手は遠山。以前の事件(シーズン4 第2話「殺人講義」)の関係者だ。
神戸が1人で向かうことに。
遠山によれば店子の宮村が結婚詐欺に遭い、自殺未遂したという。
ところが、宮村に金銭的被害はなく、精神的に被害を被ったに留まっていた。こうなると警察では介入できない。
宮村は相手と直談判すると訴える。
手を引こうとした神戸だが、電話で報告したところ、右京に促され仕方なく付き合うことに。
場所はとある喫茶店。そこにやって来た男。
その相手こそ戸倉だった。
別れ話の最中とあり緊迫した中で戸倉の携帯に電話が。
戸倉から電話を取り上げた遠山が口にした名前は「樫山ジュン」。
かっとなった宮村は隠し持っていたナイフを手に戸倉に襲いかかる。
取り押さえ、なだめる神戸。
剣幕に怖れをなした戸倉はお詫びにと例のネックレスを差し出す。
神戸から高級品と聞いた宮村は喜んで受け取る。
そのバックでは、『竹林でタケノコを掘って掘って30年、ベテランの斎藤太一さん』が紹介されていた。

夜。
一件落着と安心した神戸に再び電話が。
遠山である。それによれば戸倉がやって来て無理矢理ネックレスを奪っていったと云う。
翌日の対応を約束して電話を切る神戸。

3月7日、朝。
戸倉宅を訪ねる神戸。
戸倉は旅行とやらで留守にしていた。

夕方。
宮村宅を訪れる神戸。
神戸は予言する「彼は罰を受けます。おそらく大きな罰を」。

その頃、戸倉は伊丹たちに取り調べられていた。
戸倉は罪を認める。

事件の発端はこうだった。

3月4日、夜。
樫山と戸倉が肩を抱いて歩いている。
ふとした拍子に樫山のネックレスが飛んだ。
どこかへと消えるネックレス。
そこへネックレスを手に西嶋がやって来る。
戸倉は西嶋を捕まえ、ネックレスを返却するよう要求。
断った西嶋を殴りつける。
そのまま殴り続け、ついには死に至らしめた戸倉。
西嶋の手にしていたネックレスは樫山のものではなかった。

ここで、伊丹とバッタリ出会う特命係。(場面1)
再び、過去へ。

◆右京視点

三日前、3月5日。
角田課長が特命係を訪ねていた。
どちらか1人でいいので人手を出すよう依頼している。
譲りあった結果、右京が赴くことに。

祖母から母へ母から被害者へと親子3代に受け継がれたネックレスが盗まれたらしい。
プレミアがつくという高級品・スチュアートハミルトンのネックレスだった。
被害にあったのはネックレスだけ、目利きの人間による犯行ではと語る被害者。
被害者宅を見て回る右京。被害者の娘・梢に出会う。
梢は風邪をひいていた。

梢から「捜しても無駄だ」と告げられる右京。
梢によれば「失くしたものを盗られたと言っているだけ」とのことだった。
被害者の夫はTV局の人間。携帯に向けて「タケノコ掘り〜〜〜?」と喋りながらその場を去る。(これが視聴者視点の発見者、神戸視点のタケノコ名人斎藤さんに繋がる)

スチュアートハミルトンを売りに来た人物が居ないか近隣の貴金属店をまわる右京。
その中の一件でそれらしき人物の証言を得る。
店主によれば相手の男(西嶋)には売る気が無く、値段を聞くと慌てて帰っていったと云う。

3月6日。
神戸から電話がかかって来る。遠山の店子が談判するらしい。立ち会うように指示する右京。
「ナイフで傷害事件になるかもしれない」と言い添える。
貴金属店の監視カメラの映像から西嶋へと辿り着く右京。
右京の質問に答える大家。(後の伊丹の質問にすらすら答えられたのはこのため)

相棒season8-18-2

行方不明ということで大家に捜索願を出すよう依頼する右京。
帰り道、樫山に遭遇する右京。
西嶋のことを尋ねると「ほとんど付き合いが無かったので」と返答。
過去形に疑問を持った右京は樫山を追及。
その場はやり過ごしたものの、不安になった樫山は直後に戸倉に電話。
この時、戸倉は宮村と談判中。慌てて電話を切る。
折り返し戸倉からの電話を受ける。その内容に驚く樫山。
戸倉がネックレスを譲ってしまったからだ。
取り返すよう指示を出す樫山。

その日の晩、被害者宅を訪れる右京。
梢に何事かを尋ねる。

3月7日。
大家から西嶋が死体で発見された連絡を受ける右京。

鑑識にて米沢から被害者の身許を聞く。

戸倉はニュースを見て逃亡。

神戸と右京は互いの情報を突き合わせ関連性に気付く。

神戸は戸倉宅を訪れるが、旅行に出かけたと聞かされる。

右京と合流し、ここで樫山の名前が浮上。

右京たちは樫山宅へ。
逃走しようとしていた樫山に出会う。
戸倉の件を持ち出し、樫山を問い詰める右京。
宮村との二股交際を明かす神戸。

事件当日。
西嶋を殺害した戸倉に樫山は別の女と別れることを約束させた上で死体処理を手伝う。
孤独死が怖い―――戸倉を失えば自分は孤独の中に死んでしまう。
その点、西嶋には身寄りも無く誰も悲しむ人間はいない。
真相を突き止めた所で誰が幸せになれるのかと訴える樫山。

そこで不意に切り出す右京。西嶋の軍手を見せる。
「黒い点なんだかわかりますか?」
首を振る樫山。
右京はある少女(梢)の話を語って聞かせる。
梢は病気がちだった。
そんな梢を見かけた西嶋は励ます為に軍手を使い人形劇を演じた。
マジックはこの為(人形の眼と口)。
お礼に梢はいずれ自分が受け継ぐであろうネックレスを渡した。
西嶋は価値を知らず、軽い気持ちで受け取ってしまった―――。

西嶋は孤独ではなかった―――そう証明されてしまった樫山。
「孤独な人間などいない」と語る右京の前に心が折れる。

その日の晩。
樫山が自分の行いを後悔し始めた頃、伊丹たちが訪ねて来る。
そこへ犬がこんなの拾ったんですが……と届けに来た通行人。
その手には樫山の失くしたネックレスが。
それを見て苦笑する樫山。

こうして事件は解決した。

右京は梢にネックレスを返却。

その日の夜、花の里。
右京によれば、西嶋は仕事で遠くへ行ったと梢に説明したらしい。
梢ちゃんが両親に真相を明かさなかった理由はいろいろありそうですねと語るたまき。
そんな中、神戸が咳き込む。どうも風邪をひいたようだ。
一方、右京の風邪は治った様子。
ひょっとして、風邪がうつったのでは?
どこかで誰かと繋がっているのかもしれない―――エンド。

<感想>
パズルのようにちょっとずつちょっとずつ完成していく真相がよかったですね。
神戸君もいい味出してました。
season8でも屈指の良回だと思います。

来週、最終回とのこと。
イイ感じに仕上がってきているだけに期待と同時にもっと見たいという気持ちもあり複雑。

たまきさん、声がちょっとかすれてましたね。風邪でしょうか。

そんな“花の里”のたまき役を演じられている益戸育江さん。
「映像で地球を考える〜アースデイ2010〜」にてナビゲーターをされた様子。
下記リンクよりコメントが拝見できます。

・高樹沙耶を返上した益戸育江、今の生活は『アバター』状態!?月の暦に合わせ自給自足の生活を語る(シネマトゥデイさん、外部サイトに繋がります)。
http://www.cinematoday.jp/page/N0022816

「相棒 season6下」です!!
相棒 season6下 (朝日文庫 い 68-12)



【関連する記事】
posted by 俺 at 22:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 相棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あとの99人はどんだけ早いんですか。

子供が出てきたときに、ああ、軍手はウサギの目にしたんだとわかったんですけど、自慢できる相手がいないのが寂しい限りです。

あの展開で、あの後ろを通り過ぎる犬はわざとらしすぎる、きっと絡んでくるだろうなと思ってみていたんですけど、むしろなくした方のネックレスのことを失念していたことに気がついて、しまったと思いました。

風邪がうつって、人のつながりがあったというのは、いいエンディングでしたね。

神戸さん気の毒に。

ふえーん、一週間で一番楽しみにしてたのに、終わっちゃいます。

しくしく。
Posted by 誰か at 2010年03月04日 15:33
Re:誰かさん

お久しぶりで〜〜〜す!!
管理人の俺です!!

軍手のウサギ、気が付きませんでした……。
犬も事前に出てたんですね。
ここで堂々とコメントして行って下さい。

風邪が感染って人と人との繋がりを示すのは良かったですね。
いいエンディングです。

やっぱり、この話はseason8屈指の出来と思います。

来週はどうも神戸君が右京さんを内偵していたのではなく、神戸君自身が試されていたという展開の様子。
どういう結末になるのか気になりますね。
終了が残念なような、ラストが楽しみなような。

映画化の噂も聞きますが……どうなるのかなぁ。
Posted by 俺 at 2010年03月04日 23:16
この回、ほんとに良回でしたよね〜!私の住んでいる地域では今日この回の再放送なのですが、通院のため見られず…悔しい〜(もう何回も見てますが笑)

俺さん元気かなぁ〜?心配してますよ。
Posted by かおり at 2016年10月14日 10:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック