2010年03月17日

東京創元社2010年5月以降刊行予定リスト!!

東京創元社さんの2010年5月以降刊行予定リストです!!

以下の情報はすべて、東京創元社メールマガジン(2010年3月15日発行)より転載しております。
正確な発売日等は不明です。ご了承ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1.近刊案内(2010年5月以降の刊行予定分)

【単行本】
◇『助手席のチェット 探偵バーニーと名犬チェット1』(仮) スペンサー・クイン著/古草秀子訳(四六判並製)
犬好き必読の傑作ミステリ! 犬が語る探偵と愛犬のハードな日々。

◇『天龍図〈1〉〈2〉』 権甲龍(クォン・カップヨン)著/徐禎T(ソウ・チョンホン)訳(碁楽選書/四六判並製)
韓国の囲碁教室で実際に使われ、イ・チャンホも学んだ「詰碁」教材。

◇『カエルはどこだ』 アンジー・セイジ著/斎藤倫子訳(創元ブックランド四六版上製)
〈いたずらアラミンタ3〉曲芸ガエルが掠われた!? 捜査はキミワルーイ探偵事務所にお任せ。

【創元推理文庫】(国内ミステリ)
『温かな手』 石持浅海著
最強の探偵兄妹が、難事件を解く! 精緻で不思議な連作ミステリ。

『サニーサイドエッグ』 荻原浩著
悪戦苦闘の猫捜し! 探偵・最上俊平の事件簿、シリーズ第2弾。

『疑惑の墓標』 藤桂子著
二人の素人探偵から調査を引き継いだ二人の警部。シリーズ第3作。

【創元推理文庫】(海外ミステリ)
◇『マクダフ医師のまちがった葬式』 ケイト・キングズバリー著/務台夏子訳
結婚式に葬式とペニーフット・ホテルは大忙し。シリーズ第3弾。

◇『兄の殺人者』 D・M・ディヴァイン著/野中千恵子訳
兄は卑劣な脅迫者だったのか? クリスティ絶賛のデビュー作復活。

◇『ルイザと水晶占い師』 アンナ・マクリーン著/藤村裕美訳
ルイザ、占い師の館で密室殺人に遭遇。名探偵オルコット第3弾。

【創元推理文庫】(ファンタジー)
◇『死者の短剣 遺産』 ロイス・マクマスター・ビジョルド著/小木曽絢子訳
晴れて夫婦となったフォーンとダグ。だが道は平坦ではなかった。

【創元SF文庫】
◇『未来医師』 フィリップ・K・ディック著/佐藤龍雄訳
医師が転移された先は平均寿命15歳、他人の治療を禁じる未来だった。

※本メールマガジンに記載されている作品名等は、本メールマガジン配信時のもので、変更されることがあります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(東京創元社メールマガジン 2010年3月15日発行より)


この中で注目は「ハードボイルド・エッグ」の続編「サニーサイドエッグ」か。
他は全体的に小粒な印象。

文庫化予定の「ハードボイルド・エッグ」続編「サニーサイドエッグ」です!!
サニーサイドエッグ (創元クライム・クラブ)





探偵・最上俊平の事件簿シリーズ第1弾「ハードボイルド・エッグ 」です!!
ハードボイルド・エッグ (双葉文庫)





ラベル:東京創元社
【関連する記事】
posted by 俺 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック